2006年01月04日

天皇家は渡来王朝か?

今上陛下が数年前、桓武天皇の生母・高野新笠が百済出身であることに触れられ、皇室と韓国のゆかりについて語られたことが話題となりました。
しかし、一国の王族が近隣国の者と婚姻関係を結ぶことは、なんら珍しいことではありません。また、太古より日本列島には海流に乗って様々な民族がやって来たでしょうし、歴史上活躍した渡来人は数多くいます。純粋な縄文人の末裔でなければ日本人でないというのなら、そんな人は現在この国にどれだけいらっしゃるのでしょうか。



戦後、江上波夫の騎馬民族征服王朝説が学会を揺るがしました。しかしながら、今のところそれを実証するには至っていません。果たして天皇家のルーツは、渡来人による征服王朝なのでしょうか?
日本書記には、意富加羅国(伽耶)王子ツヌガアラシトの来日説話があります。一方、古事記には新羅王子アメノヒボコ来日説話があり、ツヌガアラシトとアメノヒボコは同一人物との説があります。関は、アメノヒボコの渡来ルートに、古代の鉄の流通ルートを見ます。
関の説を乱暴に簡略化すると、ヤマト朝廷の成立過程は、鉄をめぐっての政界再編劇です。アメノヒボコと神功皇后は、ヤマト勢力を代表し、北九州の邪馬台国(ヒミコ)を征服。さらにヒミコの後継女王とされるトヨを、神功皇后と同一人物であるとします。そしてアメノヒボコと神功皇后の子が応神天皇であり、応神天皇はヤマトへ東遷。これが神武東征神話のモデルです(・・・な、なんだって?!)。
アメノヒボコとは、鉄を求めて朝鮮半島へ渡り、再び日本へ戻ってきた人物・・・つまり関は、皇室の祖先は海峡を往還したとのアクロバチックな説を採るのです。
アメノヒボコゆかりの但馬地方で、古代の製鉄遺跡が発掘されれば、関の説に大きくプラスとなりますが・・・
(1月4日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『歴史読本』2006年2月号の特集は、古代日朝関係史。
前田晴人は神功皇后・応神天皇は架空の人物で、応神の事績とされているものは、次の仁徳天皇のものであるとしています。
千田稔はアメノヒボコ説話を、銅鐸を祀る勢力に鏡を祀る勢力が取って代わったとの説を書いています。
http://jinbutsu.jp/
Posted by 管理人 at 2006年01月08日 16:33
大変興味深い本のご紹介を頂きまして、さっそく読んでみたくなりました。
白木鳥居という呼称が、単に樹皮を剥いだということだけか、あるいは白木=新羅という関係からか、その呼称にも関心がありましたから。伊勢神宮は、形態上は「伊勢鳥居」ですが、樹皮のことからいうと「白木鳥居」ですもんね。この白木を新羅と結びつけるのは、こじつけかもしれませんけど。
Posted by Nitta at 2006年01月08日 23:09
管理人様、こんにちは。はじめまして。
私のブログを訪れてくださって、ありがとうございます。
こちらのサイトのタイトルが、あやしげ、でしたので、「なんだろう?」と不可思議に思っておりました。勇気を出しまして、訪問させていただきましたところ、なんとも真面目で教養深いサイトで、驚きました。完ぺきに誤解しておりました。すみません。
「不純」の意味も、なるほど、分かりました。

ご職業柄か何かなのでしょうか?内容の薄くない書物を、かなりの速度で読了されていて、すごいです。

私は、嵯峨天皇の頃が大好きで、色々と調べたことがありますが、そのときに、百済出身の高貴な女性たちのことを知りました。

ところで、飛躍しますが、天之御中主神は、どちらにいらっしゃるのでしょうか?

興味深い書物を、たくさん紹介してください!
Posted by reine7 at 2006年01月09日 11:20
>Nitta様
blog『越天楽』では、全国各地の神楽を通して、今に生きる神話の世界を見せていただいております。
私は、大化の改新に「韓人が鞍作臣(入鹿)を殺した」との記述があることに興味があります。
単に、渡来人の刺客が入鹿暗殺の実行犯という意味なのか?
当時の政界に、後の白村江の戦いにつながる親百済派と親新羅派の争いがあったのか?
あるいは韓人とはズバリ、百済王子豊璋と藤原鎌足が同一人物であるとの証か・・・?

>reine7様
当blogは、あやしげなタイトルに誘われてアクセスが増えることを、少しは狙っております(笑)
職業は自動車業界でして、本は休日の数時間で一気読みします。したがって、余り分厚い本は読みません(笑)
歴史は大好きですが、特別詳しいわけではないので、嵯峨天皇の御世の女性と言っても藤原薬子くらいしか思い浮かびませんし、天之御中主神も調べてみないと何とも・・・(笑)
今後もお気軽にお立ち寄りください。

Posted by 管理人 at 2006年01月09日 23:43
但馬に製鉄(たたら)の跡地(遺跡?)ありますよ?
旧気田郡内で、現在の地名も小字タタノヤという地域です。
大きい古墳も近くにあります。
Posted by あああ at 2007年01月27日 12:21
あああ様、いらっしゃいませ。

但馬国気多郡は、現在の兵庫県豊岡市ですね。
ご紹介くださった製鉄遺跡は、何世紀頃のものでしょう?遺跡の名前を教えていただけると助かります。
鉄の国・但馬の全貌が明らかになれば、アメノヒボコの物語が現実味を帯びてくる気がします。
Posted by 管理人 at 2007年01月27日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。