2006年02月22日

情報と生命と聖性と

みなさんには「この分野の本を読むなら、この著者で」という人はいませんか?
私の場合、IT(情報技術)分野はいつも、西垣通を読んでいます。


情報学的転回

西垣 通著



西垣通はエンジニア出身でありながら、情報と社会・文化の関わりについての著書を数多く手掛け、近年は小説も発表しています。本書は、彼の提唱する情報学のあり方を語り下ろしたもので、彼が文系の知と理系の知を横断する思考に至った経歴も明らかにされる、興味深い一冊です。

情報とは何かと聞かれて、0か1かでデジタル処理されるものと答える方が多いのではないかと思います。しかし、それは最も狭義の情報の定義であり、西垣は、情報とは生命的なものだと言います。
世界の根源的な要素である、物質とエネルギーと情報。前二者は宇宙の創生から存在しましたが、情報は生命の誕生とともに生まれました。実体のある前二者に対し、情報とは生命と対象との関係性から生まれるものです。

IT文明の根底には、ユダヤ=キリスト教の一神教的世界観があります。神が生物を創ったとする一神教的世界観が矮小化されると、生物を機械とみなし、人間をもロボットとみなす危惧をはらんでいます。
ユダヤ=キリスト教文明の産物である近代合理主義を、表層の実利的な部分だけを取り入れ、一方で自国の伝統的価値観は形骸化してしまった、無宗教国・日本。過当な競争は、中高年の自殺、ニート化する若者などを生み出しました。人間をIT文明の奴隷から解放するために・・・西垣は、人知を超えた聖なるもの=聖性を取り戻すことの必要を訴えます。
IT文明の本家・アメリカは、キリスト教が生活に根ざした、実は宗教的な国です。

ユダヤ=キリスト教を相対化しうる思想として、西垣は古代インド哲学に期待します。生物を神の創造物として外側から眺める前者の生命観に対し、後者は生命は自己創出するという最新の生命観=オートポイエーシスと共鳴するというのです。
古代インド哲学云々・・・は、正直よく判りませんでした。しかし、彼の学問といいますか、知のあり方に対する態度には非常に共感いたしました。

(2月20日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:23| Comment(10) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西垣 通の本を新書で一度読みましたが、実を言うと、ちょっと分りにくかったのですが。変わった感性の持ち主だと思いました。この方は小説なども書いていらっしゃるんですね。また、尋ねてきます。
Posted by 蒜 太郎 at 2006年02月24日 00:49
蒜太郎様、いらっしゃいませ。

私も、最初に読んだ西垣通は、新書(『AI 人工知能のコンセプト』)でした。
情報学の本というと最新テクノロジーの紹介というイメージがありますが、文化・思想面を重視する西垣の本は異色かもしれませんね。エンジニアから大学教員になった経緯や、小説を手掛ける理由が、本書『情報学的転回』で明かされています。

当blogも、文系・理系を問わず幅広い話題を、皆様にご提供できれば良いなと思っています。
Posted by 管理人 at 2006年02月24日 22:18
西垣さんの本については、1996年に出た以下の本を読んだことがあります。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334005683/qid=1141231038/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/249-6393961-4287531

誰か西垣さんの予測について検討して欲しいです。
Posted by おおくぼ at 2006年03月02日 01:39
昨日、久しぶりに『インターネットの5年後を読む』を引っ張り出してみました。96年刊ですから、もう10年が経過しています。
「インターネットが普及してもマスメディアは衰退しない、相変わらず流行はマスメディアによって作られる」という予想は、的中していますね。当時は容量的に困難だとされていた映像配信や定額料金は、今や当たり前になりました。インターネットの高速道路ともいうべき「GII」は、現在どこまで進行しているのでしょうか?

直接民主制の可能性についても言及していますが、安易な多数決主義に陥ることや、カルト的集団による大衆扇動などの問題があるとも指摘しています。(←だから「制限選挙」なんだって!(笑))
Posted by 管理人 at 2006年03月03日 22:54
西垣さんの予測はハズしたのも多いと思います。
F(^^;)
ただこの人は現代思想しているので、宮台真司と共通するところが多いのでは?

宮台さんは、特殊な事例を普遍化するのがダメだと思います。でも面白い! 特に個人的な体験の暴露とその抽象化がいいです。

あとITに関する予測本には、こんなのがありました。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489691502X/qid=1141403129/sr=1-14/ref=sr_1_2_14/249-8730479-0648304

共著ですが、東谷暁さんは経済評論家としても有名です。

この人の本は、私のブログでも引用しました。

http://blogs.dion.ne.jp/ohkubo/archives/1995433.html

あとITといえば山形浩生さんが詳しいです。あと最近、池田信夫が気になります。
↓ 池田信夫のブログ(著書たくさん有り。)

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo

池田さんは宮台さんと神保哲生(アホなジャーナリスト、ブログも有り)との鼎談本にゲストで参加しています。著作権の回。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/439333244X/qid=1141403801/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-8119650-9413843
Posted by おおくぼ at 2006年03月04日 01:41
西垣通は、現代思想のみならず生命科学への関心も強いので、たいへん私好みの研究者でございます。
ちくま新書の『こころの情報学』は、情報とは生命なりという彼の主張が溢れていますし、アフォーダンス、オートポイエーシスといった新しい生命科学の概念がわかりやすく紹介されています。
一方、最近ではTVに進出している茂木健一郎が提唱するクオリアって、私には実感がつかめないんですけど・・・(笑)

Posted by 管理人 at 2006年03月06日 01:03
クオリアって簡単ですよ、脳の専門的なことを無視すれば・・・。

流行の「記憶のシステム」と絡めれば実感できます。

私としては、作家で学者の瀬名秀明の世界が実感できません。かなり、あっちの世界に行ってる感じです。
Posted by おおくぼ at 2006年03月06日 01:32
クオリアにしっくりこない理由・・・実は、初めてクオリアという言葉に出会った時、リンゴなら「リンゴの赤い質感」というのを読んで、実在するのは「リンゴ」ではなくて「赤さ」の方なのか?・・・と、考えこんでしまったんですよ(笑)

瀬名秀明の「あっちの世界」って『BRAIN VALLEY』のことでしょうか?
『パラサイト・イヴ』はドタバタ怪物モノだし・・・『八月の博物館』は、科学少年の夢が溢れていて、好きですが(笑)
養老孟司は、晩年神秘思想に傾倒した脳科学者エックルスのことを「老人ボケ」って言っていました。
Posted by 管理人 at 2006年03月06日 02:44
確かに『BRAIN VALLEY』もそうですけど、小説はトンデモの方が楽しいです。でも瀬名さんの対談本なんかが、ちょっとついていけないなあ〜。

あと「知の巨匠」立花隆ってIT神秘主義だと思うのですが・・

>実在するのは「リンゴ」ではなくて「赤さ」の方なのか?・・・と、考えこんでしまったんですよ(笑)

ウィトゲンシュタインの『探究』に出てくる最初の話みたいですね。
Posted by おおくぼ at 2006年03月06日 03:26
神秘主義・・・私も、トンデモ小説・トンデモ学説は大好きです。
科学を極めていっても、人知の及ばない大いなるモノ(西垣通の言う「聖性」)を感じるというのも、わかります。
ただ、科学の言葉で説明可能な現象は、科学の言葉で語られなければなりません。
例えば、UFOが異性人の乗り物である可能性があるとしても、気象現象や他の飛行物体の見間違いなどで説明可能ならば、そうすべきです。


Posted by 管理人 at 2006年03月07日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

★★★★「ユダヤ商法」ラビ・マービン・トケイヤー、日本経営合理化協会
Excerpt: ユダヤ商法」マーヴィン・トケイヤー、日本経営合理化協会(2000/09)¥10,290 (評価:★★★★☆) ●素晴らしい本です。国を持たないユダヤ人の知恵には感服します。
Weblog: 本のソムリエの読書日記
Tracked: 2006-03-12 06:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。