2006年03月13日

イケナイコトカイ?

麻薬密売人とシャブ中、彼らはお互いに納得のうえで自発的な取引をしているのだから、非難すべきではない…こんな主張をどう思いますか?



この本には、上記の麻薬密売人とシャブ中の他、売春婦、ポン引き、ダフ屋など世間から忌み嫌われる職業や嗜好の人々が登場し、ブロック教授は彼らを擁護します。なぜなら、彼らが「原初の暴力」を行使していないからです。他人の生命や財産をおびやかしたり、取引の強要をしない限り経済活動は自由である・・・それがリバタリアニズムの原則です。

ラディカル(過激かつ根源的)な議論からは、経済の思わぬ真相も見えてきます。
著者は、ニセ札づくりを擁護します。ニセ札づくりが作るのは、ニセ札のニセ札にすぎません。なぜなら紙幣そのものが、国家が金や銀の代わりに偽造したニセ札だからです。
(借金大国・日本の通貨に今後も信頼はあるのでしょうか・・・)

原著はウォルター・ブロックによって1976年に書かれたもので、現在とは状況が変わっている部分も多く、現在の日本人にわかりやすいよう「超訳」がなされています。例えば「2ちゃんねらー」「ホリエモン」なんて項目もあります。でも、著者の主張はそのままです。

リバタリアニズムについては、訳者の橘玲が巻頭でわかりやすく解説しています。
社会を営むにあたって、国家の役割を最小限にし、市場原理に委ねるのがリバタリアニズムです。だからといってリバタリアニズムは、弱肉強食を肯定するものではありません。奴隷制度廃止を真っ先に唱え、婦人参政権や公民権運動を支持してきたのもリバタリアンです。右翼的と呼ばれる事の多いリバタリアンですが、その主張はリベラル派と多く重なります。

リバタリアニズムの本質は、「自由な個人」という近代の虚構(というかウソ)を徹底する過激さにある。その無謀な試みの先に、国家なき世界という無政府資本主義(アナルコ・キャピタリズム)のユートピアが蜃気楼のように浮かぶとき、人はそれを「希望」と呼ぶのかもしれない。
(「はじめてのリバタリアニズム」橘玲)


(3月12日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:54| Comment(23) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この本は読んでいる最中です。訳者の橘玲は、自分のブログで何回か紹介しました。
Posted by おおくぼ at 2006年03月13日 01:52
この本とは関係ないですが、「イケナイコトカイ?」は岡村靖幸を連想します。
Posted by おおくぼ at 2006年03月13日 10:22
はい、ご指摘のとおりです。今回のタイトルは、岡村靖幸から拝借しました。彼は実際にイケナイコト(薬物使用)をして捕まっちゃいましたね(笑)

ブロックによる「不道徳な人々」擁護に対し、詭弁や極論との反応を示す人は多いでしょう。また、リバタリアニズム自体が机上の空論かもしれません。しかし、ラディカルな問いからこそ、物事の真相(深層)が見えてくると思います。橘玲の序文はまさにそれを的確に表現してると思い、そのまま引用しました。
Posted by 管理人 at 2006年03月13日 13:01
「不純文学交遊録」いいタイトルです。私が20代の頃、あなたと同じようなことを考え、一生懸命本を読みました。懐かしいです。また、訪問いたします。
Posted by 蒜 太郎 at 2006年03月18日 19:28
タイトルは、お粗末な語呂合わせですが、気に入っていただけて光栄です。「録」は「ログ」とお読みください。
子供の好奇心を忘れないことを旨としておりますので、成人向けサイトからのトラックバックはご遠慮願います(笑)
管理人が交遊した本を記録するのが目的のため、ごくまれにしか更新できませんが、今後も気長にお付き合いください。

Posted by 管理人 at 2006年03月20日 01:04
この本は「倫理学入門」であるともに、「経済学入門」であると思います。それは理論的に厳密にススメると、非常識なことを認めざる得なくなるということです。特に資本主義を厳密に肯定する人は、認めなければいけない例が出てきます。

これは一種の論理ゲームのような本ですね(橘玲の定義では原理主義ですね)。宮台真司や加藤尚武の本も、そんな作りですけど(ミヤダイの場合は少し捻っているのですが・・・だから難解なんです)。

あと橘玲の超意訳はいいですね。
Posted by おおくぼ at 2006年04月04日 01:13
私も、応用倫理学とは「思考ゲーム」であると思います。だから面白い!
また、自分が何に重きをおいて生きるかという、個人の価値観の表明でもあります。

加藤尚武は、とてもわかり易いですね。
宮台真司は、おおくぼ様でも難解なのですか。私の能力不足ばかりではないと知って安心しました(笑)
Posted by 管理人 at 2006年04月05日 22:38
私にとっては思想や法律関係は難解です。なぜなら観念論だからです。ロンボルグの『環境論』みたいに統計と具体例を使って書いてくれるといいのですが・・・

加藤尚武は、論理的には明快ですが、統計無視ですね。まさに観念論。でも倫理学入門には最適です。

「M2」について、また山形浩生の文章を参考にして下さい。

http://cruel.org/cyzo/cyzo200408.html

ここで山形さんは宮崎さんをダブルスタンダードと分析しています。宮崎さんのダブルスタンダードぶりについては小谷野敦も指摘しています。

けれど、一番のダブル・スタンダードはミヤダイだと思いますし、故意にやっています。確信犯です。だから議論に強く見えるのです。

あと外国語じゃないんですから、高校卒業レベルの読解力があれば、難解なのは「私じゃなくて、本の方が悪い!」と思った方がいいです。
f(^^)
私も昔は、自分が悪いと思ってました。

こちらの本は現代思想批判として痛快です。

http://cruel.org/cut/cut200007.html
Posted by おおくぼ at 2006年04月06日 01:31
↑ご紹介のリンクは、あの有名な「アラン・ソーカル事件」についてですね。
ポストモダン用語を散りばめて、見た目をそれらしき文章に仕立てた、論旨デタラメのでっち上げ論文が、ポストモダン系だかカルスタ系だかの学術誌に、見事掲載されてしまったという。
文系人間である私には、ちょっとショックでした(笑)
文系のヤツなんて論理的思考が苦手だから、見栄えのする文章なら論旨が無茶苦茶でも簡単に引っかかってしまう、って馬鹿にされてるみたいで。
Posted by 管理人 at 2006年04月06日 23:50
はいそうです。あの事件です。雑誌『現代思想』でも特集しました。自然科学系の専門用語を散りばめた「現代思想」的文章が、いかにいい加減かを暴露した本です。お経みたいなもんで、みんな有り難がって呪文のように朗読したのでしょうか?

私としては『知の欺瞞』の続編や、日本版も出て欲しいです。昔、浅田彰が「ニュー・サイエンス批判」をしていたことがあるのですが、話題になりませんでした。

ただ文系だからダメというわけでは無いと思います。「と学会」の「トンデモ本ハンター・シリーズ」を読みますと、理系でも論理的思考の苦手な人は多いみたいです。ちなみに私は計算が苦手です。

ところで近代経済学なんてエセ自然科学だと思います。あと一部の心理学とか・・・。マル経もそうだったけど・・・。最近、稲葉氏が、懲りずにまた、マル経の本を出しました。専門家以外理解不能ですhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4778310101/qid=1144338429/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/503-7683317-7071147
Posted by おおくぼ at 2006年04月07日 00:51
数式・・・それは私にとって、異国の言葉です(笑)
しかし、文系人間であっても、自然科学の話題は大好きであります。

世の中にトンデモ科学本は数多くありますが、タイトルからしてウソっぽい思っても、面白そうなので読んでしまいます。地球がフォトンベルトに突入すると大天変地異が起こるとか、彗星が大地震の原因だとか・・・
今日のトンデモが明日の常識になる可能性も、全く無いとは言い切れないので、トンデモ科学ウォッチングは時々いたします(笑)

マルクスと言えば、自動車雑誌編集者の鈴木正文は、堂々とマルクス主義者を名乗っていることで有名です。
Posted by 管理人 at 2006年04月09日 19:58
鈴木正文は、元『NAVI』編集長ですね。『まるくす』という本を出してますね。矢作俊彦の小説のモデルですね。

『NAVI』は浅田彰と田中康夫の『憂国呆談』が連載してた頃読んでました。
Posted by おおくぼ at 2006年04月09日 23:55
おおくぼ様も『NAVI』読者でしたか!
浅田・田中対談、連載時は『間違いだらけのニッポン』というタイトルでしたね。
『憂国放談』は、『NAVI』→『GQ』→『ダイヤモンド』へと舞台が移りましたが、『NAVI』の新編集長が村上春樹ファンなので、村上批判を繰り返す浅田・田中の連載を打ち切ったのだとか・・・
同時期に、笠井潔も「アナルコキャピタリスト宣言」という連載を持っていて、のちに『国家民営化論』として出版されました。
Posted by 管理人 at 2006年04月10日 22:51
『憂国呆談』は最初、創刊当時の女性誌『CREA』に連載してました。同時に中沢新一&山田詠美の『ファンダメンタルな2人』も。
ファンダメンタル=原理主義の・・・すごいタイトルですね。書籍化しました。文庫にもなっています。

連載途中に湾岸戦争が起きました。その時は、私は浪人生でした。

笠井潔の「自由論」は、変わり種として橘玲も推薦してます。また栗本慎一郎と対談本も持ってます。
Posted by おおくぼ at 2006年04月11日 00:46
笠井潔の自由論の面白さは、国家なき社会の姿を、とても具体的に想像していることです。例えば、犯罪被害者の加害者に対する復讐権を認め、体力でのハンデがないようにロシアンルーレットで決闘するとか。
辛口編集者・安原顕は『図書新聞』(だったかな?)で、笠井の『国家民営化論』を「どうして人類の未来にそんなに期待するんだろう」と評していたのが印象的でした。
Posted by 管理人 at 2006年04月11日 13:01
復讐権の実行が、「国家無き社会」と、どう関係するかわかりません。「仇討ち」は江戸時代にも有りましたけど、公的な機関が、第三者として管理しないと、維持できないと思います。「仇討ち」は呉智英も、現代に復権すべきだと主張しています。

ところで安原顕については、『文藝春秋』4月号で、村上春樹が原稿流出事件について書いています。
Posted by おおくぼ at 2006年04月12日 10:19
おおくぼ様、端折ってしまって、申し訳ありません。

笠井の『国家民営化論』では、警察も裁判所も刑務所も民営化。そして(社会から超越的な倫理を剥奪するために)死刑も廃止です。
それでも、死をもって犯人に報復したい、被害者の遺族や友人には決闘権を保証します。
決闘権の要求は、私立裁判所へ。要求が正当なものであるかどうかは三審制で審査し、疑わしき申請は拒否され、最終審で決闘が可決された場合、免れることはできません。
・・・実現のほどは、どうなんでしょう(笑)

死刑廃止の前段階として、殺人を犯してでも報復を決意した者が、自らの手で死刑を執行するという案も出していて、これには私も大賛成です。
一方、自分が取り返しのつかない重罪を犯した場合に、自ら申し出るためにだけ死刑を残して欲しいという加藤尚武にも同感です。
Posted by 管理人 at 2006年04月12日 22:46
かなり前に『世にも奇妙な話』で、仇討ちの話が有りました。最近では漫画『フリージア』が、仇討ちの話です。もうすぐ映画化されます。

民営化については、賛成なので、どんどん民営化してもらいたいです。税務署も警察も軍隊も。

死刑については、私は賛成派です。理由は簡単。コストが安いからです。終身刑と比べれば、そのコスト差は大きいです。ちなみに中国は毎年、多くの人が死刑になってます。
Posted by おおくぼ at 2006年04月13日 00:01
死刑に犯罪抑止効果はあるのか?
例えば、万引のような窃盗罪に死刑が適用されるとなれば、その効果は絶大であります。一方、極刑覚悟で殺人に手を染めようとしている者に対する抑止効果は無いとの指摘もあります。
しかし、未成年なら死刑にならないと思い、殺人に至った少年犯罪者がいるであろうことも否定できません。
私は、抑止効果はあると思いますが・・・

ちなみに、笠井のリバタリアン社会における極刑は、社会からの隔離。市場のルールを犯したものは、市場から排除される・・・現代版村八分といったところでしょうか。
Posted by 管理人 at 2006年04月16日 14:09
『週刊 少年ジャンプ』に『DEATH NOTE デス・ノート』という漫画が連載されていて大人気です。これは死神の力を借りて人を殺すという話です。しかも主人公は頭がよくて、正義感が強いのです。

今週の『ジャンプ』を読んでも、まさに抑止効果の話が語られています。コンビニで立ち読みされてはどうでしょうか?
かなり論理的に書かれた漫画です。

ところで笠井氏は刑務所の維持費については、考えてないのでしょうか?

あと村八分で連想するのは陪審制です。アメリカでは深刻な問題です。
Posted by おおくぼ at 2006年04月18日 01:52
久しぶりにBLOG界へ復帰です(しばらく体調不良でダウンしていました・・・)。

日本でも始まる裁判員制度。私の心配は、有罪判決を受けた被告が刑期を終えて出所した後に、当時有罪に賛成した裁判員(だった人)を探し出して、報復する恐れは無いのかということです(日垣隆が指摘していたような・・・)。

笠井潔は、私立警備会社・私立裁判所・私立刑務所をセットで考えているようです(警備会社の顧客からの収入で、刑務所のコストを賄うのかな?)。また、個人は万が一自分が加害者になったときのことを想定して、自動車保険のような犯罪保険に入るとしています。損害を賠償することで、民事事件での服役囚はいなくなると考えているのかもしれません。
Posted by 管理人 at 2006年04月23日 17:13
瀬名秀明のブログにこんな書評がありました。

http://senahideaki.cocolog-nifty.com/book/2006/04/post_c971.html
Posted by おおくぼ at 2006年05月08日 00:04
↑瀬名秀明のリンク、できれば『マイ脳リティ・リポート』の方にもしていだけませんか?(笑)
Posted by 管理人 at 2006年05月08日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。