2006年03月21日

自然界の匠たち

バイオミミクリー(biomimicry)という言葉があるそうです。バイオ=生物、ミミック=模倣からの合成語で、自然の叡智に学んだものづくりのことです。
資源の枯渇、大量の廃棄物、化学物質の人体への影響など、環境・エネルギー問題は人類が文明を継続していくうえで避けて通れない課題です。
自然エネルギーの利用、自然に分解される素材といった、自然のサイクルや生物のメカニズムに学んだ技術開発が、各分野で進められています。


地球上で最も繁栄している生物は、なんといっても昆虫です。空に地中に水中に、あらゆる場所に生息しています。
カイコの生み出すシルクや、クモ(正しくは昆虫ではありませんが)の糸は、どんな人工繊維にも勝るハイテク繊維です。カイコは繊維の原料となるだけでなく、フィブロイン、セリシンという純度の高いタンパク質を生み出し、医療分野への応用も期待できます。
タマムシやモルフォチョウの羽は、光の当たり具合によって様々に色が変化し、構造色と呼ばれます。この仕組みを応用した繊維や塗料が生まれています。
コオロギの行動の研究は、人間の行動の研究にも影響を与えるかもしれません。コオロギは闘争本能の強い昆虫ですが、相手を傷つけることはありません。しかし、集団と隔離して育てられたコオロギは、相手構わず攻撃を仕掛け、ついには殺してしまいます。隔離コオロギにはセロトニンなどの生体アミンが明らかに少なく、生物の攻撃性との関わりが研究されています。

昆虫以外にも、植物や微生物に学んだ新素材、新技術の数々が本書には紹介されています。科学って素晴らしい!
そして、ニッポンのものづくりの未来は明るい!

(3月21日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。