2006年04月29日

ポストモダン再考

小説、絵画、建築、思想・・・ポストモダンという言葉は幅広いジャンルで使われていますが、改めてなんだろうと考えてみることがあります。
また、ポストモダンというからにはモダンもあるわけでして、モダン=近代とはなんだろうと、またまた頭を悩ませるのです。



非常に乱暴に本書を要約しますと、モダン=近代とは、大きな物語が信じられていた時代のことです。近代には、民主政治だとか経済成長だとか科学技術の進歩だとか、人類共通の大きな目標がありました。それらが失われた時代がポストモダンです。
ポストモダンを考える素材として、東浩紀の『 動物化するポストモダン』を採り上げています。ポストモダンを、大きな物語の時代に対してデータベースの時代と呼んで、大きな話題になりました。現代は大きな物語が消滅し、あらゆるモノゴトが等価なデータベースになってしまった・・・なるほど、判らないことはないです。
東はまた、データベース=萌え要素と読み解き、オタク的メンタリティーを肯定する論者でもあります。
稲葉振一郎は、東の問題提起を重要なものとしながらも、ポストモダンの時代を生きる処方箋としてはどうかと。むしろ大塚英志のように近代の可能性を考え直そうという立場であると、巻末で表明しています。ただし、これまでのような万人共通の夢の近代ではなく、少しクールダウンした近代だそうです。この続きは「次の巻で」・・・だとか。

本書では全く触れられていませんが、私はモダン=近代を象徴する人物は、ヘンリー・フォードであると思います。20世紀文明を代表するモノである自動車を普及させたことはもちろんですが、流れ作業による大量生産を実現しました(大量消費・大量廃棄のはじまりでもある)。それによって人は、材料から完成品までを手掛ける職人から、分業による単純作業を繰り返す、取り替え可能な労働者となったのです。
近代の権力は、工場労働に代表される規律訓練型ですが、ポストモダンな権力は環境管理型(稲葉はテーマパーク型と呼ぶ)であるといいます。マクドナルドの椅子は座面が堅く、長時間座るのに適さないため、客の回転が速いのだとか。誰かが指示したわけでないのに、経営者の意図に自然と従ってしまうのです。
私たちは知らないうちに、見えざる力に操られているのかも(?)しれません。

(4月24日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
マルクスさんではありません


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:53| Comment(25) | TrackBack(1) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
永井均の「冷めない夢」をしつこく取り上げていたのが印象に残りました。

『<魂>に対する態度』に入っています。また、この本は柄谷行人の『探究』の書評も入ってます。面白い!
Posted by おおくぼ at 2006年04月30日 00:32
ポストモダンの定義はたくさん有りますね。言葉通り解釈するなら「近代の次の時代」になります。でも中世と近代の違いは、よくわかりません。
日本だと幕末と明治維新の違いでしょうか?(笑)

リオタールのようにマルクス主義を信じてた人々は、「大きな物語=社会主義国家の夢」に希望が託せなくなったことが、大きいでしょう。

ところで最近アーティスト村上隆が話題です。自分のブログにも書きました。

映画評論家:町山智浩の言葉を引用すると、

「オイラはポストモダン以降の高度情報化社会に住んでる以上は、既成の作品の引用や模倣なしには何も作れないと思っている」

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/

あと東浩紀の文章も似たことを書いています。

http://www.hirokiazuma.com/archives/000214.html


ボードリヤールのシュミレーション神学もそうですが、「現代はオリジナル=唯一神がいないと時代」という考えです。オリジナルと思われたものは、実は過去の反復あるいは組み合わせで有る。そしてオリジナルとコピーの間に本質的な違いは無い、そんな時代に生きているということです。

だからできるのは、過去の反復、引用、組み合わせ、パロディとなるのです。
Posted by おおくぼ at 2006年04月30日 17:58
おおくぼ様、BLOGを拝見いたしました。

村上隆のDOB君と、ナルミヤのマウス君。確かに似ていますが、記事タイトルから想像したほど悪質な類似ではないな、と思いました。DOB君とミッキーマウス程度の類似(笑)
私も人類の知的な営みは、歴史の積み重ねであると思います。世界を変えた発明・発見も、人類が原始時代から蓄積してきたミームの賜物です。偉大な発明家とは、偉大なエディターであり、アレンジャーであり、サンプライザーであります。
ただ、違法コピー・海賊版は、厳しく取り締まられねばなりません。中国など労働コストの安い国で、日本製品のコピーが大量生産されては、日本企業は価格で太刀打ちできなくなり、私たちの生活を脅かします。日本人の著作権意識が低いままでは、こうした国や企業に強い態度で臨むことはできないでしょう。

時代区分についてですが・・・
豊饒なギリシャ・ローマ文明の時代を古代、ルネサンス以降を近代と呼び、その間を停滞した暗黒の時代として中世と呼んだそうです。
私もおおくば様と同じくひねくれ者なので(失礼!)、暗黒の時代なんて言われると、逆に中世に興味を持っちゃうんですよ。
一般に、近代の諸要素が生まれたのは市民革命・産業革命以降ですから、それ以前(西欧では絶対王政、日本では江戸時代)を近世と呼ぶことも多いですね。
Posted by 管理人 at 2006年04月30日 19:57
はい、私はかなりのひねくれものです。

ポストモダンについてはこんな本があります。『異議有り!、生命・環境倫理学』の著者です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4888489505/qid=1146817417/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-3297472-7549923

村上隆については、東氏の批評が正論だと思います。村上氏は海外で商売する芸術家です。売りの主流は、日本のオタク・キャラクターです。オタク・ワールドは芸術とは見なされにくいけど、それを芸術として販売したのです。岡倉天心が「日本美術」を発明したように、彼も「日本オタク美術」を発明しました。

ところで、たしかに中国のコピー問題は酷い状況です。

>中国など労働コストの安い国で、日本製品のコピーが大量生産されては、日本企業は価格で太刀打ちできなくなり、私たちの生活を脅かします。

けれど、この理由は本音として正確だと思いますが、建前としてはイケナイと思います。なぜなら日本の経済成長も同じ過程を経たからです。この理由では日本の戦争と同じく、過去を否定することになります。

価格に関しては、労働コストに差が有っても、建前では文句は言えません。


あとルネッサンス論は面白いです。「12世紀ルネッサンス説」が有ります。その説が面白いのは、当時イスラームの方が圧倒的に高いレベルで、そのイスラーム文化を輸入することによって、ルネッサンスが生まれたのです。トーマス・アキナスもアラビア語訳のアリステレスを読んだみたいですね。
Posted by おおくぼ at 2006年05月05日 17:43
こんなんありました。

ちょっと有名な経済学者のブログの書評。いなばさんと仲がいいらしい。

http://reflation.bblog.jp/entry/284744/
Posted by おおくぼ at 2006年05月05日 20:44
「オリジナル」の問題。
ご指摘のように、日本がモノマネ製造業で経済発展を遂げたことを忘れてはいけませんね。だからこそ過去を反省して、今から特許とか著作権を大切にしないと、発展途上国に対し「特許侵害だ!」と訴えても「そういう日本はどうなんだ?」と切り返されるのがオチだと思います。一方でアメリカのように、人工物ではなく解読した遺伝子情報にまで特許を認めるのもどうかと思いますが…。

12世紀ルネッサンス説、面白そうですね。ギリシャ・ローマ時代の知の遺産は、そのままヨーロッパに残ったのではなくイスラム世界に受け継がれ、中世ヨーロッパの知識人たちはイスラムからアラビア語訳でギリシャ・ローマを知ったのですから。それにアルコール、アルカリ、アルゴリズムなどはアラビア語由来だそうですね。

追記;スミマセン。ご紹介のBLOGの経済学者(田中さん?)、残念ながら存じません。
Posted by 管理人 at 2006年05月05日 23:48
エコノミストの田中さんはこちらを参考にして下さい。

WEB連載「ノーガード経済論戦」、明日のジョーか?
この人は韓流にハマッているそうです。

http://blog.goo.ne.jp/hwj-tanaka/

こんな本が有ります。「エコノミストミシュラン」。話題になりました。ちなみに金子先生が叩かれています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872337956/qid%3D1146878466/250-8024079-5912221


あと講談社現代新書も出しています。
Posted by おおくぼ at 2006年05月06日 10:27
田中秀臣は『エコノミストミシュラン』の著者(の一人)ですか、なるほど。経済論争を論じるのが得意な方のようですね。
同様の趣向の本と言えば、最近では福田和也の『作家の値打ち』がベストセラーになりましたし、古くは現代思想のスターたちを斬りまくった栗本慎一郎の『鉄の処女』を思い出しました。

金子勝(↑ですよね?)の経済学者としての業績はよく知らないのですが、彼のメディア・リテラシー論は勉強になります。

おおくぼ様の守備範囲の広さには、いつも敬服します。これからもいろいろ教えてください。
Posted by 管理人 at 2006年05月07日 17:57
はい、金子勝先生です。

あと私の専門分野は経済学なんですが・・・(笑)。

山形浩生訳のクルーグマン教授の「経済本」はお薦めです。訳&解説共に素晴らしい。ロンボルグの『環境危機をあおってはいけない』も経済学の入門書としては、最高のものだと確信しています。

岩波新書の経済学者:佐和隆光&宇沢弘文の駄本『地球温暖化シリーズ』と比べると、その良さは一目瞭然です。

ところで私のブログは母校のゼミ生向けとして始めたのです。実は前身としてサイトや掲示板もやってました。人気が無くて今は閉鎖。
(><)
Posted by おおくぼ at 2006年05月07日 23:04
スミマセン、おおくぼ様は経済学部ご出身でしたか。
人文・社会科学はもちろん、自然科学や映画や漫画にもお詳しくて、オールマイティですね。

エコロジーとエコノミーは同源の言葉ですし、広義の経済学とはヒト(生物)が地球上でどう生命を営んでいるかに始まりますから、優れた環境問題の書は優れた経済学の書でもありますね。
私なんて、まずヒトがどのような生物で地球がどんな惑星なのかに思いを馳せないと、足元が不安で現代社会の問題に手をつけることができません(笑)

母校の後輩のためにblogを始められたとのことですが、おおくぼ様のblogは学問ばかりでなく息抜き的な話題もあるので、学生さんの反応もよろしいのではないでしょうか。
Posted by 管理人 at 2006年05月08日 00:01
私のブログを母校のゼミ生に何回か宣伝に出向いたことがあるのですが、まったく影響無しです。
(><)

ところでロンボルグの本は、経済学の広義や語源的な意味でなく、普通にコスト問題(費用対効果)や統計入門として最良だと思っています。

経済学の語源で言うと、エコノミーはエコノ・ポリテイックスで、政治学や経営学ですね。ポリテイックスは古代ギリシャの都市国家ポリスの経営術ですし。アリストテレスやアダム・スミス的な倫理学&政治学も経営術の1つです。だから経済学を経営学(会社の運営術)と考えることも出来ます。

ところで人類は地球に寄生している生命体なので、「環境の危機」は「人類の危機」でもあります。だけど自然は、人類にとって怖い存在でもあります。地震、台風などの災害、ウイルスや細菌の攻撃。その他いろいろ。だから人工というのは、自然から身を守るための工夫でもあるわけです。
Posted by おおくぼ at 2006年05月08日 01:58
環境問題とは「地球の危機/自然の危機」ではなく「人類の危機」でしか有り得えないと思っています。
人類が環境を破壊しまくって滅びたとしても、地球は滅びません。人類の生存に適さない環境の地球が残るだけです(もちろん、巻き添えになって滅びる生物種は少なくないでしょうが…)。地球が滅びるのは数十億年後、赤色巨星と化した太陽に飲み込まれる時でしょう。
これからも文明を維持したい(発展させたい)、でも美しい自然や地下資源は残したい…このジレンマこそが環境問題です。人類を滅亡させればよいとか、文明を放棄して原始時代に戻れば済むのなら、環境問題は存在しません。

おおくぼ様のblogはアクセス数上位なのに、後輩たちの反応がないとは残念ですね。学生さんたち、もっと見てくださいね(もちろん、私のところも!)


Posted by 管理人 at 2006年05月09日 21:27
「学問」のランキングに出ていますが、大したことないです。ただ「政治・経済」から「学問」に移動して過去記事のアクセスが増えたのが嬉しいです。だから過去記事も、暇を見て手直しています。
Posted by おおくぼ at 2006年05月10日 00:44
検索サイトから過去記事にアクセスされる方も少なくないですから、書きっぱなしではなく時々見直すことは大切ですね(反省…)。
過去に書いたことが最近話題になったり、科学記事は新発見で内容が事実とそぐわなくなることも有り得ますし…。
Posted by 管理人 at 2006年05月10日 22:04
稲葉氏のブログを読んでいたら、福井総裁の進退を巡って現代思想遊びをしてました。
田島正樹という哲学史では有名な方のブログの記事の感想です。学生運動時代の記憶が抜けないのかな〜。大庭健もそうだけど。

http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20060622

ヒロ・ヤマガタ氏も参入。ブラックなツッコミというか馬鹿にしているなあ〜。でも面白いです。
Posted by おおくぼ at 2006年07月01日 23:29
日銀総裁といえば…
かつて渡辺美智雄が、当時の三重野康総裁を「死刑に値する!」と罵倒したことを思い出します。
景気にインパクトのない、ちびちびとした利下げを五月雨式にやって、結局は世界的にも異例のゼロ金利。銀行は儲からないから貸し渋り、庶民の虎の子の預金に利息は付かず。

日銀総裁の経済政策への影響力は絶大なのに、失政があっても任期途中で解任されないとは…
Posted by 管理人 at 2006年07月02日 20:31
Posted by おおくぼ at 2006年07月03日 03:48
実は私も、福井総裁と村上ファンドの関係が報じられて、リクルート事件を思い出した一人です。

お金のある人が資金をどこで運用しようが勝手ですが、地位や立場を利用したインサイダー取引はイケマセン!

ホリエモン→村上世彰→宮内義彦→?
…事件はどこまで拡がるのでしょうか。
Posted by 管理人 at 2006年07月03日 15:52
あのー、これはインサイダー取引とかと言ったセコイ話ではないんですけど・・・・。
あと、自分のブログにも書きましたが、村上ファンドのインサイダー取引疑惑での逮捕は、別件だと思います。彼は「プロ中のプロ」と自分で言っているように、証拠を残していません。またライブドアは法的な意味では悪い会社ではありません(日本の道徳上では極悪かもしれませんが)。これも自分のブログに詳しく書きました。東京地検が逮捕したから、「悪に間違いない!」、というのは早計です。

ではキリコミ隊長の記事の説明に移ります。前後の記事を読むとよく、わかると思いますが・・・これは、ものすごいことを示唆しています。それは村上ファンドはオリックスのダミー会社で、投資&マネー・ロンダリングをした可能性についてです。これが、事実だとしたらオリックスはどうなるのでしょうか?

マネー・ロンダリングについては、橘玲の小説『マネー・ロンダリング』(幻冬舎文庫)を読んで下さい。
Posted by おおくぼ at 2006年07月03日 23:41
前後の記事を読んでいませんでした。スミマセン…

村上世彰が宮内義彦の子分であるにとどまらず、村上ファンドこそがオリックスのダミー投資会社そのものであるという指摘だったのですね。
宮内氏まで司直の手は及ぶのでしょうか…

ここで、久しぶりに暴論です(笑)。
私は国会議員の資産公開なんて、しなくていいと思っています。単なるプライバシーの侵害です。もちろん、公人である政治家と一般市民とでは、プライバシーの度合いは違うとは思いますが…
重要なのは政界のお金の流れ(フロー)を明らかにすることであって、既に持っている資産(ストック)ではありません。

資産公開の結果、不正蓄財が発覚したケースがあるでしょうか?
せいぜい、あの人は金持ちだ、あの人は意外と庶民的だといった、ワイドショー的好奇心を満たすに過ぎません(少なくともマスコミの扱いはそうです)。
資産公開に、不正蓄財に対する心理的抑止効果があるとは思いますが。

私が国会議員なら、資産公開なんてしたくありません!
Posted by 管理人 at 2006年07月04日 20:57
暴論とは思わないですけど、よくわかりません。
(^^;)
資産公開の効果って、なんなんでしょうか?でも選挙ってお金がすごくかかるのです。基本は2世などの地縁を持っている人が強いです。あと有名人とか。だから無名な人が選挙に出ても、投票する側は、どうやって判断していいかわかりません。

ところでロッキード事件について調べたことが有ります。
Posted by おおくぼ at 2006年07月08日 03:17
おおくぼ様。連夜のワールドカップ観戦、お疲れさまです。

お金のかからない選挙の実現は、我々に課せられた大きな宿題です。
選挙運動は政見放送と政策チラシのみとし、街頭運動は一切禁止すべきだと思います。
それから、選挙期間中に候補者本人のホームページ・ブログの更新をしてはイケナイ理由がわかりません。大いに活用すべきなのに。

選挙運動自体にお金がかからなくなっても、有名人が有利なことには変わりがありませんが…

ロッキード事件については、日中国交回復を実現し独自外交をすすめる田中角栄を、アメリカが陥れたとの陰謀説が消えませんが、いかがなものでしょう。
Posted by 管理人 at 2006年07月09日 08:15
陰謀説を否定した本は以下のが有ります。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334933491/503-1220525-5276734
Posted by おおくぼ at 2006年07月09日 12:30
田中角栄と検察についての本も有ります。著者は元新聞記者です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4795841322/qid=1152425525/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-4323743-0650703
Posted by おおくぼ at 2006年07月09日 15:14
1970年代生まれの管理人にとって、田中角栄は物心ついた時には既に悪徳政治家の代名詞でした。
(80年代以降生まれの人にとっては、田中眞紀子の父親でしかないのでしょうか?)
小さい頃の記憶にあるのが、田中内閣全盛期にあやかって「角栄」と名付けられた子供が、学校でいじめられることを理由に裁判所に改名を訴え、認められたという一件です。
リンク先の本の内容紹介によると、ロッキード事件=アメリカ陰謀説を最初に唱えたのは、田原総一郎だったんですね!
Posted by 管理人 at 2006年07月10日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

材料・生産の近代 (シリーズ 都市・建築・歴史)
Excerpt: 材料・生産の近代 (シリーズ 都市・建築・歴史)
Weblog: ロドリゲスインテリーン
Tracked: 2009-12-03 22:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。