2006年05月21日

モナリザ・コード

タテ77cm×ヨコ53cm。この小さな一枚の絵は、世界最高の名画と呼ばれています。
レオナルド・ダ・ヴィンチ作『モナ・リザ

名画の条件とはなんでしょう?
見る者を圧倒するスケールの大きな絵や、技術的に優れた絵は世に数多くあります。題材が名画の条件なら、神話や聖書のシーンを描いた作品、歴史上の重要な事件を描いた作品こそが相応しいでしょう。たかが一人物の肖像画が、何故これほどもてはやされるのか…常識を疑うのが好きな私は疑問に思います。
あるいは、作者が偉大だから名画なのでしょうか?
万能の天才レオナルドは、ルネサンスいや世界史を代表する芸術家です。文句の付けようがありません。しかし私には、職業画家としては疑問符を付けたい点もあります。
レオナルドの現存する絵画は、二十点弱。作品数が画家の優劣を決めるものではありませんが、未完成で投げ出した作品が多い人です。絵画よりもデッサンにこそ、レオナルドの真髄があるとの意見もあります。
技術的にも問題があります。『モナ・リザ』と並んで有名な『最後の晩餐』ですが、こちらは当時の壁画の主流であるフレスコ(速乾性)ではなく、定着性が悪く壁画には向かないテンペラ(遅乾性)を用いています。そのため完成直後から、剥落が始まっているのです。


モナ・リザの罠



西岡 文彦著



『モナ・リザ』をめぐる美術批評を超越した言説、それはウォルター・ペイターという人の文章から始まっているそうです。以降、ペイター抜きに『モナ・リザ』を語れなくなってしまいました。まさに「モナ・リザの罠」です。
では『モナ・リザ』の名声は、ペイターによって水増しされているのかというと、そうでもありません。
見るものに謎掛けするような不思議な微笑み
画面に筆跡を残さないスフマートという技法
地質学的素養の深さを示す背景のリアルな地形
やはり『モナ・リザ』が名画であることに変わりはありません。

そういえば『モナ・リザ』の背景って、不思議ですね。
なぜ彼女は、荒野の中に一人ぽつんといるのでしょう。しかもその背景は、本書の指摘で初めて知ったのですが、上下左右に4つの異なる風景を描いています。
それから絵の両端が切断されているとの疑惑。過去の『モナ・リザ』の模写には、両端に柱が描かれているのです。ルーブル美術館の検定結果はモナ・リザの切断痕を否定していますが、著者は複数の模写の存在から切断説を支持しています。
しかし何よりも『モナ・リザ』最大のミステリーは、記録魔・メモ魔であったレオナルドの手記に『モナ・リザ』に関する記述が一行も無いことです。ただ、現存する手記は全体の4割だそうなので、驚くような発見が今後あるかもしれません。

あわせてこちらも読んでみました。


レオナルド・ダ・ヴィンチ芸術と科学


カルロ・ペドレッティ〔ほか〕著 /
ラーン・大原三恵訳 / 小林 明子訳 / 前田 富士男監修・監訳


絵画、機械のデッサン、人体解剖図までカラー写真で見ることができます。

(5月15日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
キリスト・コード


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:44| Comment(17) | TrackBack(1) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西岡さんの本は読みました。面白かったです。でも『モナリザ』切断説には、まだ納得できません。
Posted by おおくぼ at 2006年05月21日 23:22
モナ・リザに切断痕は無いという鑑定結果と、両端に柱が描かれた過去の模写…
う〜ん、どっちなんでしょう?
5月20日のフジテレビの番組は、両端に柱があったと決めつけていましたね。

この本、『モナ・リザの罠』というタイトルから、井上章一が桂離宮を否定したように、モナ・リザが名画であることを否定する内容の本かと思いましたら、全くそうではなかったです(笑)。
Posted by 管理人 at 2006年05月22日 01:08
話によると、ルーブルではこの絵の前では立ち停まって観ることが出来ないそうですね、人が多すぎて。でも、一度は見てみたい。少なくも、10分間位は、絵の前でジーッと観たいですね。きっと、この絵から何か私なりのインスピレーションを受けるのでしょうね。皆さんの「名画」が私にも名画とは限りませんけれど。
Posted by エイブ at 2006年05月22日 06:34
エイブ様、いらっしゃいませ。
芸術作品を写真で見るのと、実物を見るのとでは、ずいぶん印象が違うでしょうね。
私は博物館で化石を見るのが好きなのですが、実物は図鑑で見るのとは違って、ぱっと見ただけでは石の模様と区別がつきません。私が発掘現場にいたら、きっと見落としています(笑)。

Posted by 管理人 at 2006年05月23日 23:12
レオナルド神話は、レオナルドの死後作られたと思ってます。完成した絵は少ないですし、「最後の晩餐」も、当時は高い評価を受けていません。「モナリザ」は彼が死ぬまで持ち歩いていました。レオナルドを足して、三大画家と称されるミケランジェロやラファエロに比べると、レオナルドの当時の評価は著しく低かったと思います。

ところで西岡氏の本を読んで驚いたのは、メドゥーサの絵がダヴィンチ作と信じられてたことです。最初にレオナルドの伝記を書いたヴァザーリーの伝記にも、レオナルドはメドゥーサの絵を描いたという記述が有ります。
Posted by おおくぼ at 2006年06月11日 23:14
レオナルド・ダ・ヴィンチ、イエス・キリスト、聖徳太子…
死後に神格化されたと思われる、歴史上のスターは多いですね。
いずれもおおくぼ様がその虚像を剥ごうと取り組んでいる人たちばかりでは…?
Posted by 管理人 at 2006年06月12日 01:19
例のブログでの議論、面白いです。いろんな人が参加してます。
でも、どうしてダヴィンチなの? という疑問が有ります。無名な人の方が、陰謀論として作りやすいと思いますけど。有名人を使うのは、売るための常套手段だけど・・・。ちなみにダヴィンチと、ノストラダムスは、時代的には近いんです。でもノストラダムスの人気は過去のモノに。
今回のある人気コンビGの芸人Yさんみたいな感じでしょうか?
Posted by おおくぼ at 2006年07月21日 00:15
おおくぼ様

例のダ・ヴィンチ・コードBlog、白熱していますね(ハイレベルで、私には入り込む隙間がなさそう…)。
作者様は、キリスト教の核心に迫りすぎて命が危ないとか…
「モーセはエジプト王イクナートン?」とか「明治天皇は大室寅之祐?」とか書いてある、このBlogも危ないかも…(笑)

陰謀論は流布してナンボ、やはり有名人でなければダメでしょう?(笑)
ノストラダムス人気が過去のものとなったのは、結局1999年に何も起こらなかったからに尽きます。五島勉さん、お元気ですか〜。
かつての人気番組、矢追純一さんのUFO特番も今や忘却の彼方へ。
マヤ文明の暦が2012年で終わっていることから、人類の滅亡は2012年だとする終末論もあります。あと6年なんですが、今ひとつ盛り上がりに欠けますね…。
やっぱり、マヤはマイナーだから?(笑)
Posted by 管理人 at 2006年07月22日 00:15
有名人ではないと、ダメですか、残念。架空の人物をでっちあげるとかはダメなんですね。

ところでマヤ文明って小さい頃に流行りました。でも詳しくありません。あとナスカの地上絵とか。


例のブログはイジメ過ぎました。可哀想なことしました。私はドSなんで、もっとイジリたくなるのですが、そうすると完全に荒らし=悪人になってしまいます。

ツッコミ所としては、

「もし危険なら、どうしてオフ会の誘いをするの? 敵(どんな?)が潜入するかもしれないじゃないか。」

あるいは「メール・アドレスと住所録(本を送るのに必要)が敵(どんな?)の手に渡り、悪用されたらどうするの?」です。

これは完全なイジメですね。(^^;)

でもNHKの陰謀説は面白い! そして自分の得た資料の入手先は非公開だそうです。そして信じるか、信じないか?という二者択一だそうです。ハイレベルですね〜。他の方々のコメントのレベルも高いです。私自身も相当高いという自身があるのですが、上には上がいました。

でも、もっと壮大な嘘の方がいいなあ〜。ブッシュと金日成は宇宙人で、地球征服を企んでいるとか・・・・。デビルマンは実在するとか・・・


ところで、ノストラダムスの研究書は「と学会」から出ています(宝島文庫)。当然、五島氏の本も研究対象になっています。「と学会」の山本弘さんによると、ノストラダムスの予言は予定の半分ぐらいしか書いてないそうです。だから1999年で地球が終わるというのは間違いです。

でもノストラダムスの予言は、半分も当たっていないし、当たっているかどうかわからない不鮮明な予言が大半らしいです。はっきりハズれだとわかっている予言もあるそうです。ちなみに予言書の訳は岩波書店!から出ています。ノストラダムスの伝記は朝日新聞社!から出ています。

Posted by おおくぼ at 2006年07月22日 01:51
例のブログのコメント欄を読んでいると、こちらのコメント欄と話題が同じなんでオドロキ!!!です。真似しているなか? とかと邪推してしまいます。日本史の話を始めているじゃないですか!!
『ムー』や『歴史読本』の愛読者かな? シンクロニイティだなあ〜。

でも、例のブログの管理人と「Mの詩人」さんの『最後の晩餐』の「コップの謎」と「2つのCGの謎」の説明が違っているんですが、気にならないのかなあ?? その辺り、議論して欲しいのですが・・無理みたいですね。ツッコミ入れたいなあ〜。
Posted by おおくぼ at 2006年07月22日 11:20
おおくぼ様

「トンデモ陰謀論の常套手段」
・自分たちは、真理を知る選ばれし民である
・自分たちの説が浸透しないのは、誰かが邪魔をしているから
・情報ソースは明かせない、明かすと情報提供者の命が危ない
・物的証拠は(天災・戦災等で)既に失われた
・あるいは物的証拠は敵によって奪われた、破壊された
…こんなところでしょうか。

おおくぼ様のご指摘するツッコミ所と、ダ・ヴィンチの絵の解釈の正否とは、とりあえず別次元の問題ですから、イジメ過ぎなくて賢明だと思います(笑)

おおくぼ様が、自分では全く信じていない思いつきの陰謀論をでっちあげて、匿名でインターネット上に秘密結社を立ち上げたら、本気で信じて書き込んでくる人がたくさん出現するかもしれません。実験してみませんか(笑)

例の「ダ・ヴィンチ・コードBlog」の方々、こちらも読んでいるのでしょうか。気になりますね。
でも、私は「日ユ同祖論」や「明治天皇替え玉説」や「マヤの予言」の話題を取り上げてはいますが、信じているわけではありませんので、ご了承ください(笑)

追記;マヤ文明、流行りましたね。横向きの人物の壁画が、ロケットに乗っているように見えるって(笑)
Posted by 管理人 at 2006年07月23日 18:09

自分では全く信じていない思いつきの陰謀論をでっちあげて、匿名でインターネット上に秘密結社を立ち上げたら、本気で信じて書き込んでくる人がたくさん出現するかもしれません。実験してみませんか(笑)



今より人気が出ることは確実だと思います(笑)。

最近「サイゾー」の宮台& 宮崎のMM対談を読んでて思ったのは、これも「トンデモ対談」では? ということです。根拠が余りに弱いのです。「現代思想」オタクは専門用語を必要もなく使います。そして実証を嫌います。今月の「考える人」で坪内祐三と井上章一の対談を読むと、「考える人」は実証を軽蔑するそうです。

「トンデモ陰謀論者」は確信犯のような気がしますが、「考える人」は無自覚な気がします。人生ハッピーなら問題ないですけど・・・。
Posted by おおくぼ at 2006年07月24日 01:26
おおくぼ様

読んだ人をハッピーにする陰謀論があるといいですね!
(作ってみません?)

どうも陰謀論って、暗いのが多くて…(笑)
Posted by 管理人 at 2006年07月24日 19:34
私のブログも明るくないです。ミステリー映画とかホラー映画が好きだし。
でも「と学会」の皆様は「地球の危機というトンデモ本」を笑ってハッピーになっていると思います。でも世の中にはブッシュ大統領に代表されるキリスト教原理主義者みたいに、本当に地球を危機にしている人達がいます。「啼かぬなら啼かせてしまえ! ホトトギス」でしょうか?
Posted by おおくぼ at 2006年07月26日 00:54
おおくぼ様

おおっぴらに地球を危機に陥れようとする、ブッシュや金正日は「陰謀家」ならぬ「陽謀家」?(笑)
Posted by 管理人 at 2006年07月27日 23:55
世の中で、陰謀という人はどうやって、その陰謀情報を手に入れたのでしょうか?スパイ活動かな? 私も陰謀が大好きですが、情報は本屋や図書館で手に入れます(笑)。

でも人の心は見えないものです。言葉は本心を現しているとは限りません。だから陰謀論は、本音を見抜く能力ではないでしょうか・・・そのように陰謀論を定義すると、批評家やジャーナリストには必須の方法だと思えます。

ところで昭和天皇を扱った映画『太陽』について雑誌『映画秘宝 9月号』で監督・ソクローフと鈴木邦男が対談しています。また太田出版から「映画『太陽』オフィシャルブック』が出ました。
Posted by おおくぼ at 2006年07月29日 22:09
おおくぼ様

自分の理解や知識が及ばないものを、深く考えずにすぐ「陰謀」のせいにしてしまうのは、思考停止です。
しかしながら、世の中が目に見えるモノだけで動いていると考えるのも、早計です。
おおくぼ様がおっしゃるように「陰謀の想像力」とは「洞察力」そのものであると思います。

陰謀は、書店や図書館に満ち溢れています。
陰謀に気付いた者は命が危ないなら、たま出版の韮山社長や飛鳥昭雄さんは、命がいくつあっても足りないですね(笑)
Posted by 管理人 at 2006年07月30日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

万能の天才という神話
Excerpt: レオナルド・ダ・ヴィンチは<万能の天才>というイメージは、日本人なら誰でも持っていると思う。実際にダヴィンチは<万能の天才>に相応しい能力の持ち主だったらしい。でも生前ダヴィンチは高い評価を受けなかっ..
Weblog: お茶の間の話題にでも・・・。
Tracked: 2006-05-22 10:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。