2006年08月14日

スーパーサウルスは存在し得ない?!

幕張メッセで開催中の世界の巨大恐竜博2006には、体長33mにもなる史上最大の恐竜スーパーサウルスの全身骨格が展示されています。
スーパーサウルスが巨体を維持するためには、大量の酸素が必要です。しかし12mもの長い首から肺に酸素を送るには、時間がかかります。
スーパーサウルスはどうやって呼吸していたのか?
常識的に考えると、こんな巨大な生物は地球上に存在し得ません。

恐竜VSほ乳類



NHK「恐竜」プロジェクト編 / 小林 快次監修



TVをご覧になった方も多いでしょう。NHKスペシャル『恐竜VSほ乳類』の単行本です。
恐竜はなぜ絶大なる繁栄を遂げたのか。
我々の祖先である哺乳類は、どのように進化したのか。
カラーでわかりやすく解説しています。

スーパーサウルスの巨体を支えた呼吸の秘密は、骨の空洞だと考えられています。
空洞のある骨は含気骨と呼ばれ、恐竜以外では鳥類に見られる特徴です。含気骨は軽いだけでなく、鳥は骨の空洞を利用した気嚢という呼吸システムを持っています。気嚢による高い呼吸効率が、鳥の飛翔を可能にしているのです。
軟組織である気嚢は、化石に残らないので物証は困難ですが、これでスーパーサウルスの呼吸の秘密も解き明かせそうです。
羽毛をもった恐竜が多数存在したことも明らかになっています。
地上最強の生物として名高いティラノサウルスも、子供時代は羽毛をもっていたと考えられるようになってきました。
恐竜が鳥の祖先であるとの説は、ますます有力になってきたようです。

恐竜全盛の時代、哺乳類はどうしていたのでしょうか。
小さく弱々しいネズミのような姿の我々の祖先は、恐竜たちが寝静まった夜に、新天地を見出します。
夜の世界への適応は、聴覚と脳の発達を促しました。
小さな生物は寿命が短いのですが、早い世代交代は進化を加速させます。
恐竜時代は哺乳類不遇の時代ではあるのですが、恐竜という脅威の存在が、哺乳類に様々な適応戦略をとらせることで、のちの繁栄の下準備になったと考えることができます。

羽毛恐竜や初期の鳥類・哺乳類の化石が次々と見つかり、注目されているのが中国の熱河層群です。常識を覆す大発見が、今後も待ち受けているかもしれません。

(8月14日読了)

<<不純文學交遊録・過去記事>> 図鑑の誘惑


ラベル:恐竜
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:24| Comment(6) | TrackBack(1) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、おおくぼです。私はもっとすごいトンデモ仮説を考えています。
Posted by 通りすがりの、トンデモ野郎 at 2006年08月14日 23:41
おおくぼ様の考えるものすごいトンデモ仮説とは…
「当時の地球の重力は今の半分で、恐竜は体重を苦にしなかった」とか、
まさか「恐竜は宇宙人が品種改良したペットだった」なんて言わないですよね…(笑)

追記;「通りすがり」って名乗ると、なんだか「荒らし」っぽいです(笑)
Posted by 管理人 at 2006年08月15日 10:46
そうですね、嵐です。ジャニーズかい?

はい、重力説です。証拠ないですけど・・・

でもブロンドザウルズの長く重い首はどうやって支えるのか?

どうしてティラノザウルスは小さな足で獲物を襲えるほど、早く走れるのか?

恐竜の中にはシロナガスクジラより大きなサイズのがいるのです。現在の生物は、どうして、こんなにスモールになってしまったのでしょう?

Posted by おおくぼ at 2006年08月17日 23:31
太古の地球は、重力や酸素濃度が現在とは随分違っていたのかもしれません。
翼長70cmもある超巨大トンボ「メガネウラ」が空を飛べたのですから。
…ええ、私もトンデモさんです(笑)

ティラノサウルスの巨大なアゴは確かに地球史上最強ですが、あの華奢な前足でどうやって狩をしていたのか疑問です。ティラノサウルスはハンターではなく、死肉を漁っていたという説があります。
最近の学説は、本書でもNHKスペシャルでも紹介されましたが、ティラノサウルスは集団で狩をしていたというものです。
ティラノサウルスの成獣は、おおくぼ様ご指摘のように、立派な体格に対して脚が小さく、速く走れそうにありません。しかし幼獣は身軽なので、幼獣が獲物を追い立て、待ち伏せしていた成獣がガブリ!という、親子連係プレーを想定しています。

昔の恐竜の復元図は、首を高々と掲げて尻尾を地面に垂らしていましたが、最近は頭から尻尾まで地面と水平に伸ばした姿で描かれています。
長く重い首は、吊り橋のような構造だったようです。そうなると、キリンのように首を高く揚げることはできませんね。
恐竜の足跡の化石には尻尾を引きずった跡がありません。尻尾も水平に伸びていて、頭とバランスをとっていたのでしょう。
Posted by 管理人 at 2006年08月18日 22:17
吊り橋なら、両側で支えるモノが無ければイケナイと思うのですが・・・

水平に伸びていたら、重くて大変ですね。手を水平に伸ばした場合、10分間耐えるだけでも痺れるんですけど・・・

逆転の発想で、手足のある巨大な蛇なら理解できますが・・・
Posted by おおくぼ at 2006年08月19日 11:38
恐竜さんは、頭から尻尾まで水平に伸ばした姿勢が楽だったんでしょうか?
同じく首の長いキリンが脳貧血を起こさないように(笑)

巨大恐竜がカバのように湖沼に浸かって生活していたのなら、浮力で楽に動けたでしょう。
かつてはそのような復元図が多くありましたが、最近では見かけなくなりました。

スーパーサウルスは巨体を維持するために一日中食べ続けていたそうですが、あんなバケモノが何百頭もいたら森林が一気に消滅しちゃいそうです。

常識的な理解では、地球上に存在し得ないスーパーサウルスです。
(やっぱり重力と酸素濃度が、今の地球とは違っていたのかも…トンデモさんのつぶやき)
Posted by 管理人 at 2006年08月20日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

化石の種類を解説。
Excerpt: 化石の種類を知ってみよう。 恐竜やアンモナイトの化石ってどうやって発掘されるの? 化石の種類についての説明。
Weblog: 化石の種類を徹底解説
Tracked: 2006-12-21 21:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。