2006年08月27日

日本のメディアは“杉林”

NHK番組改変問題、フジテレビ買収騒動、ファイル交換ソフトウィニーによる相次ぐ情報流出…テレビとインターネットをめぐる数々の事件の裏側には、一体なにが潜んでいるのでしょうか…?
ビデオ・ニュース・ドットコム宮台真司神保哲生が、ネット時代の目利きである東浩紀水越伸西垣通池田信夫をゲストに迎えて、討論を繰り広げます。



ネット社会の未来像

インターネットの普及は、膨大な情報のなかから欲しい情報を誰もが簡単に入手でき、また誰でも自由に情報を発信できる、革命的な事態をもたらしました。
そうした利便性の一方、情報技術の革新は監視社会化を推し進めるとの声もあります。

日本のマスメディアは杉林…そう表現するのは水越伸です。
NHK、5大紙とそれに対応する民放5局(朝日+テレ朝、毎日+TBS、読売+日テレ、産経+フジ、日経+テレビ東京)、さらに広告代理店(電通、博報堂)というメディアの生態系は、国策で作られた人工の杉林のようだといいます。杉林には下草も生えず(新規参入メディアが育たない)、時には花粉症のような害ももたらす、と。

池田信夫は、ファイル交換ソフトウィニーの仕組みを判りやすく解説しています。要はサーバーを介さずに、映像や音楽などが欲しい人のパソコンと持っている人のパソコンを、直結しちゃうんですね(初めて知りました)。
ウィニー騒動では、違法に映画やゲームを頒布した者ばかりでなく、ウィニー開発者が著作権幇助で逮捕されました。また、事件を捜査していた京都府警のパソコンから、ウィニーによって捜査情報が流出するという皮肉な事態も起きました。
ネット時代の著作権はどうあるべきか、技術そのものが罪に問われることは妥当なのか、考えさせられる事件です。

ネット社会の大きな課題(だと思う)のは、ふたつ。
ひとつは、ネット時代のビジネスモデル。テレビは広告代理店と結びつき、CM枠を売ることで高収入を得るというビジネスモデルで成り立っています。それではインターネットでオンデマンド放送となった場合、従来の番組の合い間にCMを流すというビジネスモデルは、果たして成立するのでしょうか。
もうひとつは、ネット時代の権力の在り方です。個人的な快不快のみを行動規範とする動物化した者たちは、アーキテクチュラルな権力(建築的な=東浩紀のいう環境管理型権力)で管理されます。そして、決して裕福ではないが社会に対して具体的な不満を抱いていない「低IQ・非不満層」が、政治家に潜在的な不安を煽られる「不安のポピュリズム」で動員される危険性を指摘しています。
宮台真司はエリート主義者(?)ですから、民草を見下した発言が多いです(笑)。

ネット社会は自由な開かれた社会で、誰もが表現者、誰もが起業家になれるという明るい未来よりは、より監視がすすみ、より均質化されるといった負の側面が露呈されました。しかし西垣通の言うように、IT・インターネットは多大な可能性をもった21世紀の鍵です。
皆さんのブログから(このブログからも?)、21世紀の新しいコミュニティやビジネスモデルが生まれるかもしれません。

(8月25日読了)

<<不純文學交遊録・過去記事>>
2011年、テレビをまだ見てますか


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 15:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
池田信夫のブログは読んでいます。

あと著作権についてはこんな本を買いました。

http://www.ascii.co.jp/books/books/detail/4-7561-4770-4.shtml

京都府警がウィニー開発者を逮捕した事件は、おかしいです。例えばナイフを開発した人を逮捕とか、車を開発した人を逮捕と言ったことと同じです。

ウィニーが爆弾のような禁止されたモノならわかりますが・・・。
Posted by おおくぼ at 2006年08月28日 02:00
ウィニーが、開発時点で悪用されることが予想できたとしても、開発者の逮捕はおかしいですね。
コピー機にビデオデッキ、情報をいくらでもコピー&ペーストできるパソコンそのものの方が、著作権侵害幇助という点では、ずっとずっと罪が重いです。カラーコピー機なんて、贋札まで作っちゃいますから。

コピー&ペーストといえば、ブログの4割は他のウェブサイトの記事のまるっきりパクリだとの記述もありました。それを踏まえてか、ブログの多くは見る価値がないとも…
不純文學交遊録をパクっている奇特な方は、いないと思いますが(笑)

当ブログの書籍紹介記事は、本の丸写しではなく、管理人が要約したものであります。著作権は管理人に帰属します。また、記事が著者の意図を正確に伝えていないようでしたら、それはすべて管理人の力量不足です。
Posted by 管理人 at 2006年08月29日 21:35
私のブログは99%がパクリです(笑)。また自己紹介欄にも書ているのですが、著作権は主張しません。

それは山形センセイの影響です。こちら  ↓

http://cruel.org/linkpolicy.html

私は大学時代に指導教官に厳しく指導されたので、他人のをアイデアや情報を借りる時は、他人の名を表記するようしています。だからリンクや引用だらけになるのです(笑)。

学問は1個人の偉業よりも、共同作業の積み重ねの方が優先されます。個人の評価は、あくまで先達の遺産の上にあるという認識です。だから自分の業績は単独では存在しないという考えです。学問はチームや分業によって業績ができるし、その業績は誰が利用してもいいというのが原則です。

最近、著作権法の暴走が多い気がします。中国のような著作権無視のような国もありますが・・・
著作権は本来は弱者のための権利です。強者が営利を独占するためのものではありません。また、なんでもかんでも著作権を言い出すと切りがありません。許可を取るだけで、時間と労力と金が無限にかかります。例えば映画でも、完全にオリジナルは存在しないし、建物や人に著作権があると言えば、撮影が不可能になってしまいます。

池田信夫氏も、そのことを危惧しています。
Posted by おおくぼ at 2006年08月29日 23:24
同感です。
この世に完全なオリジナルは存在しません。
あらゆる知は、人類数百万年の歴史の蓄積であります。
また、他人のアイデアを借用したり、文章を引用した場合は、出典を明記するのが当然であると思います。

当方のサイトの書籍画像は、BK1にブリーダー登録することで使用許可を得ています。
不純文學交遊界の岩井小百合さんの画像は、所属事務所および撮影者の承諾済みです。
それ以外の写真は、私が撮影したものです。

不純文學交遊録は、もちろんリンクフリーです。
ただ、このブログを赤の他人が100%コピーしたミラーサイトが存在しても困りますので、このブログに著作権が有るのか無いのかと問われれば、答えは「有る」になります(笑)

おおくぼ様のブログには著作権を主張しないと書いてありますが、拡大解釈して、椎名林檎の画像等をおおくぼ様のブログからコピーして(ここに著作権フリーって書いてあるもん!とか言って)使うヤツがいないか、ちょっと心配です。

Posted by 管理人 at 2006年08月30日 00:41
>「 著作権を主張しないと書いてありますが、拡大解釈して、椎名林檎の画像等をおおくぼ様のブログからコピーして(ここに著作権フリーって書いてあるもん!とか言って)使うヤツがいないか、ちょっと心配です。 」

それは大丈夫です。そんな輩の責任は負わないことを、ちゃんと、注意書きを入れています。

また私は自分のブログは「公共性を目的とし」、「非営利であり」、「教育目的である」ことを表記しています。だから宣伝は一切入っていません。

昔からずっーと思っているのですが、ネットニュースは著作権違反では?日本では著作権を改正しない限り、ネット・ニュースは禁止するのが法治国家としての筋だと思います。禁止にされると困りますが・・・・
(^^;)

あとミラーサイトの問題は、財産権と違う点で問題です。私は自分のブログに著作権は主張はしませんが、自分のブログの主張には責任が必要だと考えています。だから私のブログはかなり危険なブログだと思っています。
あと似たモノとして、風評被害は著作権とは違いますが、重要な問題です。
だから「2ちゃんねる」を、どう評価するかは難しいのです。
(><)
Posted by おおくぼ at 2006年08月30日 01:06
おおくぼ様の著作権に関する注意書き、確認しました。ただ、サイドバーが下に落ちちゃっていますね。エリアの枠を拡げれば、上がってきます。
画像については作成者に著作権があると明記されていますが、おおくぼ様ご自身も画像の掲載にあたって何らかの承諾を得ていないとマズイのではないかと、思います。余計な心配でしょうが…

私は著作権について、財産権とかオリジナリティの基準とかよりも「ヒトという生物はなぜ私的所有を主張するのか」という、私有の起源に興味があります。これは自我の起源…いや、ヒトの存在そのものに関わる問題ですね。

「2ちゃんねる」は、一種のコモンズ(共有地)なのでしょうね。各種の絵文字(アスキーアート)も誰か最初に書いた原作者がいるのでしょうが、2ちゃんねる内では自由にコピー&ペーストして構わないようですし。また、タカラが「ギコ猫」を商標登録しようとした際には、2ちゃんねらーが一致団結して阻止したといいます。
ただ、誰もが匿名発言できる自由さ(実際にはIPアドレスが残る)ゆえに、風評被害のような「コモンズの悲劇」も起こりうるのでしょう。でも、犯罪予告のような書き込みは、例えジョークであってもタイーホされます(笑)
Posted by 管理人 at 2006年08月31日 23:11
お立ち寄りいただきありがとうございます
素晴らしい博識にただただ感動です
変なオジサンには理解できないところもありますが
一生懸命に勉強したいです
どうぞよろしくお願いしますd(^-^)ネ!
どうぞ1ポチッでご声援お願いしますねヽ(^o^)丿
Posted by eternal0660 at 2006年09月01日 00:10
前に山形氏の本を長々と引用したら、匿名の方から注意を受けました。
(^^;)

私は不純文学さんのように律儀に了解を取ることはしなません。その理由は面倒だからです。言い訳としては、非営利のブログなんで、いいんじゃないかと思っています。あと相手が忙しい場合や、ネット上には繊細な方が多いので。

以前、私は何気ないコメントを書いたつもりが、かなり相手がショック受けたことが何度か有りました。そして私のコメントを無断で削除あるいは訂正されたことが何度かあります。それに対しては怒りは全くなく、繊細な人が自分のルールを張り巡らして、一生懸命に防御していることがわかって驚きました。

サイトやブログに「許可なく使用不可」と書いてあるところのは使いません。でも、そんなサイトやブログが「全てがオリジナルで出来ている」とか、「借りたものは全て許可をとっている」とは思えませんが・・・
(^^;)

私が問題にしているのは、他人が作ったものを自分のものと主張することです。それがイケナイという訳ではなく、度を過ぎるのは問題では? ということです。


ところで「コモンズの悲劇」や私的所有には関心がありますし、その類の本もいろいろ読んでいます。逆に共産主義にも興味があります。稲葉振一郎の『「資本」論』も、私的所有について難しい議論を書いていますね。

著作権については、財産権以外の問題が複雑に絡んでいるので、議論する時は分けて議論しないと炎上する可能性大です。爆破予告もそうですが・・・中傷などの人格権や、ミラー・サイトによるフィシング被害とか
(^^;)

あとサイドバーはFIRE FOXで見ると上に上がっているんですけど・・・
Posted by おおくぼ at 2006年09月01日 00:21
eternaIO660様、いらっしゃいませ。

『不純文學交遊録』は、管理人が交遊した書物と、コメントをくださる来訪者の皆様のおかげで成り立っております。
博識なのは書物の著者とコメンテーターの方々であって、管理人ではありません(笑)
当ブログにも、ご声援お願いします!

追記;お名前は、もしかして三菱のおくるまでしょうか?
Posted by 管理人 at 2006年09月01日 00:51
おおくぼ様。サイドバーの件、大変失礼いたしました。
Netscapeに変えてみたら、サイドバーがきちんと揃っていました。
でもI.E.で見ると、本文のフォントが巨大で、サイドバーが下に押しやられちゃってるんですよ。
ユクスキュルの『生物から見た世界』を実感しました(笑)

個人の場合、著作権には財産権以外の、その人の自意識といいますかナルシシズムの問題に関わってきますね。私のかけがえのないブログがパクられた、貶された、どうしてくれるんだ…という。
私もナルシシストなんで(?)、そのへんが気になります。
ご指摘のように、完全にオリジナルを誇れるブログなどないでしょう。あらゆる知は、既知のものの寄せ集め。造物主(いらっしゃるなら)以外に、真のクリエーターなど存在しません。
しかしクリエーターならずとも、アレンジャーとしての自分のオリジナリティに、こだわる方は多いのではないでしょうか。
自分の書いたものに著作権は主張しません、パクリ上等!のおおくぼ様のようなサイト管理者は、ごく少数派だと思います。

コメントの著作権も、難しいですね。
コメントを書いたのはおおくぼ様、でもサイトの持ち主は別の人。著作権者は、さあどっち?
Posted by 管理人 at 2006年09月01日 01:42
著作権で思いだしのは小谷野敦先生です。

まずは小谷野先生のブログから

http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20060826

「絶望書店」の管理人とのやりとり。サイトの下の方です。

http://home.interlink.or.jp/~5c33q4rw/
Posted by おおくぼ at 2006年09月03日 22:17
なるほど。
絶望書店の管理人さんは、メールを投稿した小谷野氏自身からメール削除依頼があり、削除を了承した。本人からの依頼であるし、管理人だから記事の削除は基本的に自由。しかし事情を知らない人から、小谷野氏のメールの内容に不満があって削除したと誤解されて小谷野氏支持者から攻撃を受けることも考慮し、小谷野氏本人が削除依頼したことを言明するよう依頼した、と。
それが長々としたメールの遣り取りに。

小谷野氏の国会図書館との遣り取りも面白いですね。最後には小説家へのやっかみになっていて。栗本慎一郎が国会議員に当選した際、学者としてテレビ出演していた時よりもギャラが落ちたって、ぼやいていました。国会議員って、ギャラ安いんだ(笑)
小谷野氏の『猫を償うに猫をもってせよ』…目には目を、ってことですか。
Posted by 管理人 at 2006年09月04日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。