2006年09月23日

これはオレのモンだ!

2006年9月20日、自由民主党の新しい総裁に安倍晋三官房長官が選出されました。
小泉純一郎内閣は、郵政や道路公団の民営化などの「聖域なき構造改革」を推し進めましたが、一方で社会格差が拡がったとの批判も受けました。安倍新総裁は改革路線を引き継ぎつつも、改革で痛みを被った人々の「再チャレンジ支援」を掲げています。

市場経済においては、人々が財やサービスを自由に交換し、神の見えざる手によって丸くおさまる…ことになっています。
しかしながら、実際には財は万民に平等に分配されず、自由競争のもとで勝ち組と負け組み、持てる者と持たざる者とが生まれています。

それでは、所有するとは一体何なのでしょうか?
原始時代、誰かが「これはオレのモンだ!」って叫んだときから所有の概念が生まれたのでしょうか?
公平な市場、公平な分配って、有りうるのでしょうか?
…なんて、取りとめのないことを考えるのに、最適なお供はこの本でしょう。


所有と国家のゆくえ



稲葉 振一郎著 / 立岩 真也著



稲葉振一郎立岩信也、両者とも市場原理の矛盾を指摘しつつも、市場そのものは否定していません。

立岩は、分配する最小国家を唱えます。最小国家というと、普通は「国家は治安の維持に専念し、あとは市場原理に任せるべきだ」との考え方が思い浮かびます。立岩の考える最小国家は、財の分配のみに専念し、それ以外の余計なことはしない、経済成長も目指しません。しかも分配の範囲は一国の範囲を越え、世界を想定しています。
私は立岩の思想に、従来の社会主義国家とも福祉国家とも違う、なんとなく静かなユートピア(?)を感じました。

一方の稲葉は、自らの思想を、資本主義への抵抗を正当化しつつ、現行の資本主義を基本的には肯定するものとしています。
経済成長は再分配するパイを大きくするために必要であり、経済成長の環境負荷についても、技術革新なくして環境問題の改善はありえないとします。そして社会主義的・福祉国家的な考え方は、資本主義(顕教)を補完する密教であると。

書店でのトークライブが基になっているので、内容のわりには読み易いのですが、抽象的なテーマだけに「これだ!」という結論が導かれているわけではありません。
それでも、所有とは市場とは国家とは何なのか、秋の夜長にじっくりと考えてみるには、いいヒントが溢れています。

(9月17日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ポストモダン再考
マルクスさんではありません


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:13| Comment(29) | TrackBack(1) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰いたします。

9月出版の新本をお知らせします。
題名は「靖国・天皇問題と市民主権」です。


http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31766311 へのショートカット


本の中で、天皇について、こんなことを提案しています。

●天皇の定年を70才とし、70才の誕生日を迎えたときに一市民となる。
●天皇は、自己の都合で、1か月前に申しでることにより、退職できる。
●天皇になる資格をもつ者も、天皇への就任を辞退することができる。
●新しく天皇になる者は、就任の前に、市民の信任を受けなければならない。
●憲法に定められた行為以外の仕事はおこなわない。
●天皇にも姓を採用し、戸籍をつくる。

Posted by エノク&トマス at 2006年09月23日 22:32
エノク&トマス様、お久しぶりです。

現在の皇室典範では、天皇は終身退位できないんですよね。
昭和天皇危篤の際、テレビが人間の死に行く様をカウントダウンするように実況していた異様な(あれを不敬と言わずになんと言うのでしょうか!)光景が甦ります。あの時、天皇が生前に退位できないことに疑問を感じました。
天皇がころころ変わるのも困りますけど(笑)

生前譲位した最初の天皇は、なにかと議論となる、あの継体天皇だそうです。安閑天皇に譲位したその日のうちに崩御したとか…(暗殺説もあり?)

↑ご紹介の本、こんな提案をするくらいなら「皇室を廃止する」って書けばいいと思うのですが?


Posted by 管理人 at 2006年09月24日 21:18
拝復
ロシア映画「太陽」(銀座四丁目の三原橋下の映画館で上映中)の主題は、人間天皇宣言です。
侍従長他取り巻きは、反対の態度です。
人間天皇であれば、皇室典範変更、欧州の王国のように、。
安倍内閣の皇室典範変更を注視したいですね。
本日発売の週刊朝日では(電車ぶら下がり広告)安倍家のルーツは朝鮮である、と安倍の父親が語った由。
桓武天皇は朝鮮系であると語った平成天皇にあやかって、権威付けしたいのでしょうか?
Posted by エノク&トマス at 2006年09月26日 03:57
エノク&トマス様、アベさんと言えば…

阿倍氏…武人の阿倍比羅夫、遣唐使の阿倍仲麻呂が有名。阿倍御主人は、かぐや姫の求婚者として『竹取物語』に登場。見事な鉄剣で知られるメスリ山古墳の主は、阿倍氏の祖・オオビコ?

安倍氏…安倍清明を輩出した、陰陽道の大家。のちに土御門氏。御主人の末裔らしいが、いつの間にか阿倍⇒安倍に。

安倍氏…奥州の豪族。俘囚の長。前九年の役で源頼義・義家に敗れる。

さて、安倍晋三さんのルーツは、どのアベさんなんでしょう?
「安倍家のルーツは朝鮮・・・」は、権威付けではなくアジア外交立て直しのためのリップサービスでは?

余談ですが…称徳(考謙)女帝の名は、阿倍内親王ですね。母は光明子=藤原氏ですけど、阿倍氏となにか関係があるのでしょうか。
Posted by 管理人 at 2006年09月26日 21:56
この本は、難しいですね。インターネット上の所有権は、それ以前の所有権の常識が通用しません。

柄谷の岩波新書は、戦争と国家がテーマです。自由と国家という矛盾する概念をアメリカ人は好きですね。
Posted by おおくぼ at 2006年10月01日 22:01
おおくぼ様、おかえりなさいませ。
新IDになりましたら、コメントの際にURLもお願いいたします。

この『所有と国家のゆくえ』は、難しい本ですね。
まあ、本なんて最初から最後までひと文字残らず理解する必要はないので、なにか面白かった部分があれば収穫だと思います(笑)

人はひとりひとり、みな違います。身体・能力・財産など、決して「結果の平等」にはなり得ません。
それでも、なぜ格差社会がいけないのか…同じ社会にまるで生活概念が違う集団が存在すると、お互いに「共感」が成り立たないからだというのは、納得できます。

次は京極夏彦の極厚本『邪魅の雫』に取りかかりますので、しばらく更新が途絶えるかもしれません(笑)
Posted by 管理人 at 2006年10月01日 23:39
本文と関係ないですけど、またまたまたまた自分のブログでバトルを始めました。コメント欄を参照して下さい。
(^^;)
Posted by おおくぼ at 2006年10月05日 00:13
↑バトル(?)、大したことないな…と思ったら、主戦場は『ラヴログからのおしらせ』だったんですね。
火種は「ブログの命名」についてですから、自己所有権と公共の利害に関する問題であり、本文と関係ないどころか大いに関係します!

単にアクセス増を狙って、検索エンジンが拾い易い言葉を散りばめるなら、タイトルや本文にではなく背景と同じ色の文字で書くという手があります(笑)
これは私が考えたのではなく、どこかのブログで拝見しました。

『ラヴログからのおしらせ』の本題は、新規テンプレート追加の件ですね。
私は新テンプレートが出来るたびに、カスタマイズして遊んでいます(笑)
両側サイドバーに改造しましたが、ブラウザによっては正しく表示されないかもしれません。
Posted by 管理人 at 2006年10月05日 22:53
私は「学問」から「本/雑誌」にカテ移動したんですが、「学問」に残っている人と、その読者が大変迷惑しているのです。

特に学問ランキングの「フロントガラスの雨がえる」さんのブログ記事を参考にして下さい。コメント欄では、みんなブーイングの嵐です。

「ラブログからのお知らせ」には、またコメントを追加しときました。常識を疑われたので、「あなたの言う常識って?」という感じで書きました。イヤミのつもりなんですが、通じてないだろうなあ。
(><)

匿名の必要性をわかっていないのかなあ〜。その人の職場に、電話やファックスやメールで、こんなタイトルのブログやってますって、宣伝したらどうなるんでしょうか?
Posted by おおくぼ at 2006年10月06日 00:53
おおくぼ様。『雨がえる』さんちにも、お邪魔して参りました。
ただ、よそのブログに火を点けるのは止した方が…(笑)

『理学療法士』さんが「学問の自由」を振りかざすのは大いに結構ですが、DIONが営利企業である以上、ユーザーの非難の声が支持を上回れば、それなりの対応がなされるのもまた「自由な市場」の摂理です。
自らの「表現の自由」を受け入れてくれない狭量な市場からは「撤退する自由」も保証されています。
あくまで「表現の自由」を貫くのならば、独自ドメインを取るなり、インターネット上で自己主張する手段はいくらでもありますからね。
Posted by 管理人 at 2006年10月06日 01:40
今度はオゾンホールについて議論しました(終了)。何故か相手から「表現の自由」を越えるという意見をいただきました。私自身は「表現の自由」について一言も触れていないのですが。

何故だろう???
Posted by おおくぼ at 2006年10月09日 17:23
『海理学のブログ』様の「表現の自由を越える」発言は、おおくぼ様に対してではなく、槌田敦氏に対してですね。
槌田氏の温暖化批判論は理不尽であると。科学の枠を超えている、なにか政治的・思想的な理由で温暖化論批判をしているのではないか、学問の自由は認めるけれども…という意味でしょう。表現の自由⇒学問の自由と書くべきでしょうが。

私はオゾンホールについて、トンデモな妄想をしたことがありますよ。
地球は定常開放系システムであるから、オゾンホールは地球の廃熱口ではないか(笑)
それからオゾンホールが極地にだけ出来るのは、地磁気のせいではないかと(笑)
素人の妄想って、無責任でいいですね〜♪
Posted by 管理人 at 2006年10月09日 23:18
私も、オゾンホールとオーロラの因果関係(地軸と磁気の影響)を妄想したことがあります。

私は「オゾンホールはフロンガスが原因説」や「地球温暖化は二酸化炭素が原因説」はトンデモと思っていますが、そう言うと逆にトンデモ扱いされます。されても全然構わないですけど(笑)。

ところで「学問」のカテを読むと、「911テロはアメリカの自作自演」という記事があって、トンデモない妄想! 去年ビートたけし司会の「世界はこうして騙された」という番組で、同じ内容を放送してましたけど。今年はベンジャミン・フルフォードが火付け役みたいです。実は私も911についてはいろいろ調べたことがあります。マイケル・ムーアのファンだし。でも、そこまで妄想は酷くありません。ハリウッドの陰謀映画を越えてるかな?
Posted by おおくぼ at 2006年10月10日 01:01
こないだのオゾンホールの議論を冷静に考えると、「オゾンホールのフロンガス原因説懐疑派」で、「気象の素人」の私が、質問ばかり受けているという感じでした。しかも、私の疑問は何1つ答えてもらっていません。
うまく逃げられたなあ〜という感じです。相手の方が大人ですネ。でも、私は「精神レベル」は、ずっーと「子供」でいるつもりです。

911に関してはトンデモ説を唱える人は、大好きなんですが、どうしても戯れたくなってしまいます。「と学会」と同じです。
Posted by おおくぼ at 2006年10月10日 22:00
当ブログも「子供の好奇心を忘れないこと」を旨としております。
珍説・奇説・トンデモ説、大歓迎です。
ただ、妄想を書き込む場合は、一応妄想であることをお断りください。健全な青少年が信じてしまうといけないので(笑)

地球温暖化やオゾンホールと並んで、おおくぼ様のお好きそうな「石油の起源」をめぐる謎。
『Newton』2006年11月号には、石油の埋蔵量に関する記事がありまして、さまざまな石油起源説を紹介しています。有機起源説にも無機起源説にも、何種類かあるようです。
是非ご一読ください。
Posted by 管理人 at 2006年10月11日 12:52
「ニュートン」見ました。割り当てのページが少ないですね。もっと特集の目玉にして欲しいです。

ところで、妄想を妄想と認識するのは難しいのでは? トンデモ本でも、トンデモ本を書いているぞ!と認識しながら書いている著者は少数だと思います。また、私が青少年だった頃は、トンデモ思想にまみれて生きてました。だから、これからの多くの青少年も、健全な教育よりも、トンデモ思想の毒に犯されて成長することを望みます。夢野久作の『ドグラマグラ』とか。
Posted by おおくぼ at 2006年10月12日 22:57
そうですね。いい記事なんですけどボリューム不足ですね、『Newton』。

かく言う私も、特に中学生の頃は超古代文明・古史古伝やら予言・超常現象なんかが大好きで、よく読んでいました。さすがに『ムー』までは手を出しませんでしたが(笑)
「毒書」に触れることで、オカルト妄想説に対する免疫が養われ、通説の「正しさ」と「おかしさ」の両方が見えてくるのかもしれません。
「青少年よ、もっと毒書を!」

ただ、私の個人的な思いつきの妄想説は、一応そうであることをお断りしておきます(笑)
Posted by 管理人 at 2006年10月13日 00:45
著作権について、自分のブログに書こうと思ってたら、ユーチューブで3万件削除のニュース。

頭の固いヤツラだ。 NHK
Posted by おおくぼ at 2006年10月21日 01:10
おおくぼ様のコメントを拝見し、「ユーチューブ」でニュース検索をしました。
テレビ番組や音楽ビデオなどの動画を、世界中のユーザーが無料で共有しあう場のようですね。
映像や音楽などを、個人で楽しむためにコピーすることは著作権法上認められていますが、ネット上の公開の場で見せ合うことは、商業目的でなくとも個人の楽しみの範囲を超えているとのことでしょうか。

ファイル交換ソフト「ウィニー」騒動と似ていますね。
ウィニーの開発者が著作権侵害幇助で逮捕されましたが、だったら偽札の作成を幇助しているカラーコピー機の開発者や販売者は、逮捕されないのでしょうか?

コンテンツを作ることで飯を食っている人間がいる以上、著作権なるものの存在を否定することはできません。
ただ、テレビ(+五大全国紙)業界こそが最後にして最大の護送船団業界であり、大手広告代理店と結びついて巨利を得るビジネスモデルとともに、改革・開放のメスが入れられるべき「聖域」でしょう。

ユーチューブやウィニーが投じた一石は、いまは小さなヒビですが、やがて巨大独占メディアを崩壊へと導く大きな亀裂となるかもしれません。
Posted by 管理人 at 2006年10月22日 08:31
はい、私は著作権を否定しませんし、大事な権利だと思っています。

ただ法律違反だから削除というのが、気に入りません。どんな法律でも過剰に扱うと、暴力になります。例えば肖像権にしても、誰もが権利を主張すれば、テレビも映画も撮影は不可能になります。写真も同じです。「勝手に撮るな!」という気持ちは充分に理解できますけど。

ユー・チューブを批判する時は、代わりのサービスを(有料でもいいですから)を提供して欲しいです。99%は死蔵していると思います。

あと最近の歌詞騒動に関しても、「無から有があると思ってるの? 」という話が多いです。部分的に一緒のトコロがあったから、と言って大騒ぎすることなのでしょうか? 自分の作品が完全にオリジナル(あるいは著作権の無い作品からしか影響を受けていない)とでも思っているのでしょうか?

よほど酷いと思われるもの以外は、見逃すべきでは? 

ところで中国では著作権が逆に機能して、中国政府の機関に正式登録しているニセ・ブランドがOKで、本物の外国ブランドが違法という話も有ります。これは法と国家の関係を考える点で興味深いです。
Posted by おおくぼ at 2006年10月22日 20:48
私も、テレビ局は優良なコンテンツを死蔵していると思います。
テレビ局が「社会の公器」としての使命を終えたとしても、コンテンツ制作企業としてインターネット社会で存続していくことは十分に可能だと思いますし、過去のアーカイブスは高い商品価値を持っています。しかしながら映画や音楽と違って、ほとんどのテレビ番組は再放送されずに眠ったままです。
タダがダメなら、ユーチューブに代わる有料の場を提供すべきとのご意見には、私も賛成です。

歌詞の盗作騒動についても、この世に100%オリジナルな作品など存在しないとの見解に同意いたします。模倣者が現れることは、むしろその作品が世に認められている証ともいえます。部分的な類似なら大目に見ても良いでしょう。その代わり、単なるコピーや海賊盤は厳しく罰せられるべきです。

偽ブランドが国家公認となる中国の著作権事情はホント、すごいですね(笑っていいのだろうか…)
Posted by 管理人 at 2006年10月22日 23:45
最近、中国の人権問題が騒がれています。昔からやってることですけど。北京オリンピックが近いせいも、あるのかな。チベット亡命の人が銃で撃たれたりする映像が流れてたそうです。こないだは、CNNで臓器売買のニュースで話題でした。国家反逆者は死刑で、その死刑囚の臓器が売買されるそうです。

中国の著作権の話が変なのは、無法地帯だからではなく、正規の外国商品が違法扱いになることです。中国は一罰百戒の国で、違反者の死刑は当たり前です。時の世論への迎合や、国家権力の力を誇示のために過激なことを平気でします。

毛沢東の伝記を読むと、権力の奪い合いと、その犠牲となった人の多さに驚きます。
Posted by おおくぼ at 2006年10月23日 00:44
そこまでシナいと体制を維持できないのでしょうか…中国
Posted by 管理人 at 2006年10月23日 10:39
アメリカもそうですが、あれを1つの国と思ってはイケマセン。国家というのは、戦争や危機があると水面下から顔を出すのです。国家の顔が目立つ国はヤバイです。
Posted by おおくぼ at 2006年10月23日 23:08
アメリカもそうですね。
何年かに一度戦争をして国家的危機を演出しないと、合衆国民に「アメリカ」が意識されない・・・
軍需産業も不況に陥るし(ときどき日本みたいな国が、高価なお買い物をしてくれますが)。

>国家の顔が目立つ国はヤバイです
首相が「美しい国」を連呼する国もヤバいですか?(笑)
Posted by 管理人 at 2006年10月24日 12:54
可能性としてはヤバイかも(笑)。まあスタートしたばかりなんで。まだ読んでませんが、宮崎学先生が安倍政権と岸信介との類似を指摘した本を出しています。

でも本当に怖いのは北朝鮮ではなく、中国です。あとロシアも。ロシアではジャーナリストの暗殺が続いています。コヒーに毒が入ってたとか、洒落になりません。それに比べるとアメリカは良い国です、日本も。表現の自由万歳!

北朝鮮を仮想敵国として、経済制裁なんかしても、困るのは北朝鮮の民衆ぐらいだと思いますが(食い物ぐらいはあげた方がいいと思います。兵糧攻めじゃないんですから)。
金融を凍結すると、金さんは買い物ができなくて困るかもしれないけど。かなり日本の娯楽が好きらしいですからネ。
昔、日本もABCD包囲陣で経済制裁されたことありますが、今の北朝鮮は在りし日の日本のように竹槍でB29を落とすとか、爆弾積んで特攻するとか、しないで欲しいなあ〜。
Posted by おおくぼ at 2006年10月25日 01:32
私も、北朝鮮への経済制裁の効果に疑問を感じています。
こう書くだけで、国賊呼ばわりされるかもしれませんが(笑)
民主国家ならば、経済制裁による国民生活の困窮は、そのまま政権への批判・政権の弱体化につながります。
しかし独裁国家では、国民が飢えようが権力者は困らないからです。
ちゃんと民衆に行き渡るなら、食糧・医薬品くらいあげていいと思います。これは北朝鮮が核武装する/しないに関わらずです。
(でないと本当に暴発しちゃうんではないでしょうか?)

本当の脅威は、北朝鮮ではなく中国です。
これを私は「日本の核武装」の記事にも書きましたが、この部分にはまだ誰からもツッコミがありません(笑)

追記;金正日はたいへんな映画通で、世界中の作品を毎日鑑賞してるって本当ですか?
Posted by 管理人 at 2006年10月25日 23:11
『ゴジラ』は好きらしいですけど。自分が監督で、ゴジラもどきの映画を作っていますけど。
アメリカの人形アニメ『チーム・アメリカ』には金さんはオタクとして出てきます。
Posted by おおくぼ at 2006年10月26日 02:43
金さんはゴジラがお好きですか…ゴジラが核爆発で生まれたことを、やはり意識しておられるのでしょうか。
Posted by 管理人 at 2006年10月26日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

飲酒運転
Excerpt: 政治家。 母方の祖父は、元首相岸信介、大叔父に元首相佐藤栄作鐔ど磴漏位蛎膺丹打椰限析此? まさに政界のサラブレッド。 このたび、自民党の総裁選で、6割以上の票を勝ち取り圧勝。 ここ..
Weblog: 瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?
Tracked: 2006-09-24 21:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。