2006年09月25日

日向神楽

人知れずひそかに更新されている『不純文學交遊界』。
9月16・17の両日、天岩戸神話を題材とした「日向神楽」を観てまいりました。
場所は、福井県坂井市の長畝八幡神社です。
日向神楽が、なぜ福井に?
それは日向延岡藩主の有馬氏が、越前丸岡藩に移封となった際、日向神楽も一緒に持ち込んだからです。
興味のある方は、お立ち寄りください。


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日向神楽拝見しました!藩主移封によって神楽も持ち込むとは、芸能がいかに大切にされているかが分かりますね。小浜の雲濱獅子もそうでしたよね?

こちらの日向神楽、いい雰囲気ですね。九州の神楽の本物を見たことはないのですが、見比べると共通点と相違点があって、面白いでしょうね。

ところで、これらの画像、すべて携帯ですか!?
Posted by 線翔 at 2006年09月29日 08:36
線翔様、こんばんは。

私のHPの写真は、すべて携帯電話での撮影です(『不純音樂交遊界』を除く←こちらは撮影者様からのいただきものです)。
タダでHPを作る!というのが私のポリシーでして、作成ソフトは「FrontPageExpress」、アップロードは「FFFTP」、写真は携帯電話でございます。現在使用しているのはauのW31CA(320万画素)です。
写真は全くの素人なので、携帯で十分に満足しています。

携帯のカメラでは、さすがに速い動きにはついていけず、動きの激しい日向神楽では人物にブレが生じます。なるべく落ち着いた場面を選んで撮りましが、ブレは画像を縮小してごまかしてあります(笑)
Posted by 管理人 at 2006年09月29日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。