2006年11月13日

ヴィンチ村のレオナルドさんは世界を操る陰謀家?

万能の天才と称えられる芸術家にして科学者、レオナルド・ダ・ヴィンチ
ルーブル美術館にある一幅の女性像「ラ・ジョコンダ」(通称モナ・リザ)は、世界一の名画の名を欲しいままにしています。
レオナルドは寡作で、未完のまま投げ出された作品も多く、有名な「最後の晩餐」は壁画には向かないテンペラ技法を用いたため、完成直後から剥落。職業画家としての評価には疑問符を付けざるを得ない点もあります。
レオナルドが世界史に名を残す天才であることを、私は全く否定しません。ただ、あまりにも神格化・超人化されてはいないでしょうか。



映画化された世界的ベストセラー小説『ダ・ヴィンチ・コード』の影響か、今や世界史を裏で操る陰謀家とされてしまったヴィンチ村のレオナルドさん。彼はいかにして秘密結社のリーダーとされたのでしょうか。
なお竹下節子の本を手に取った理由は、現代新書の『ジャンヌ・ダルク超異端の聖女 』がたいへん面白かったからです。

レオナルドは政治的にも宗教的にも中立的立場でした。さらに寡作であり、私生活については語らず、想像の余地が入りやすい。つまりどんな色にも染めやすい人物だったのです。
本書はレオナルド個人の伝記のみならず、ヨーロッパにオカルティズム(神秘主義)とエゾテリズム(秘教主義)が育まれた土壌について多くの頁が割かれています。フリーメーソン薔薇十字団などのオカルト・サークルは、当時の貴族階級の知的なお遊びでした。たびたび陰謀史観の主役となるテンプル騎士団も、日本でいう平家落人伝説のようなものです。

レオナルドの絵に隠されているという異教的モチーフ。
しかし実際のキリスト教は、古代ギリシャ・エジプトなどの多神教的な要素を取り込んで発展してきました。レオナルドの絵に異教の要素が秘められているというのなら、同時代の他の芸術作品にも、それは見出せることでしょう。
キリスト教は女性原理を抑圧してきたとされる一方で、女神信仰を習合してもきました。マグダラのマリア信仰は民衆に人気があり、レオナルドが暗示的に描く必要などなかったのです。

では、なぜ『ダヴィンチ・コード』は「異端」をテーマとしたのでしょうか。
先住民を排斥し、文化的な「更地」としたうえに建国されたアメリカ。そこには異教との習合はありません。新大陸のピューリタンがヨーロッパの教会を見たら、その異教ぶりに驚愕する…『ダヴィンチ・コード』は、アメリカだからこそ生まれたエンターテイメントだったのでしょう。

私は『ダヴィンチ・コード』批判はいたしません。小説が歴史的事実と違っていても一向に構わないからです。ただ、多角的に歴史を見る眼を養うことは必要です。
世界史を教えない日本の教育って、大丈夫?

(11月12日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
モナリザ・コード


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:08| Comment(14) | TrackBack(0) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしいブログですね。

読みふけって、しまいました。

楽しい時間を、ありがとうございました。
Posted by 山路純平 at 2006年11月13日 01:28
山路純平様、いらっしゃいませ。

仕事や勉強がおろそかになる恐れがありますので、本の読みすぎには十分にご注意ください(笑)

今後もお気軽にお立ち寄りください。
Posted by 管理人 at 2006年11月13日 02:25
お早う御座います。ご訪問頂き感謝しております。
難しい本をお読みに成るんですね。思わず身を乗り出して読んでいました。頭の良い方の文章って読みやすく、のめりこみますね。
是からも、良い本を読んで、感想など聞かせてください。
Posted by a737 at 2006年11月13日 06:46
『ダ・ヴィンチ・コード最終解読』皆神龍太郎(と学会)・著(文芸社)に竹内氏との対談が入っています。

ところで、『ダ・ヴィンチ・コード』には、この小説は事実に基づいていると書いてあります。
Posted by おおくぼ at 2006年11月13日 12:22
a737様、いらっしゃいませ。

美しい車のお写真を拝見させていただきました。
早く健康になられて、理想のカスタマイズカーを手に入れてくださいね。
ここは私が交遊した本の個人的備忘録ですが、文章は短すぎず長すぎず、なるべく難しい言葉は使わず、時には笑いも取れるように考えています。
もしかすると今回の投稿、一冊読み終えるよりも時間が掛かっているかも(笑)


おおくぼ様

『ダヴィンチ・コード』に「この小説は事実に基づいている」と書かれてあることは、本書でも指摘されています。
にもかかわらず、後世の俗称である「モナ・リザ」をダ・ヴィンチの考えたアナグラムだと言ったり、テンペラ画である「最後の晩餐」をフレスコ画と呼んだりと、明らかな間違いが数多くあるそうですね。
私は『ダヴィンチ・コード』を読んでいないので、小説の体裁を批判する資格はないと思い、その部分には敢えて突っ込みませんでした。
私には書物の内容の真偽を判定する学識はありませんので、少なくとも不特定多数の書物との交遊を通して多角的なものの見方だけは養っておこうと思います。
Posted by 管理人 at 2006年11月13日 17:49
こちらには、ご無沙汰しております。
当方は芸術には疎いのでさっぱりですが、科学者としての
レオナルド・ダ・ヴィンチは天才だと思っております。
ルネサンス期を経て、後世の天文学や軍事技術分野に
多大な影響を残した意味で彼は万能の天才と呼ばれるに
相応しい人物です。
Posted by ambush at 2006年11月14日 19:22
ambush様、お久しぶりです。

万能の天才ダ・ヴィンチの神髄は、絵画ではなくデッサンにこそありといわれます。
数々の機械や兵器の設計図に都市計画図、そして人体の解剖スケッチ…世界のすべてを記述したいという願望があったのでしょうね。

本書によると、ダ・ヴィンチのお仕事は単品の絵や彫刻を作ることよりも、王の権力を示威するためのイベントプランナーだったそうで、祝祭におけるさまざまな仕掛け・からくりを考案し、獅子の自動人形を製作したそうです。
是非とも見てみたいですね。

あらゆる分野で天才ぶりを発揮したダ・ヴィンチさんですが、秘密結社は作っていないようです(笑)
Posted by 管理人 at 2006年11月14日 21:09
fujunさん、こんばんは
「最後の晩餐」ですが、ダ・ヴィンチは「保存性は良いが、素早く描かなければならない」フレスコ技法より、「保存性は良くないが、じっくり描ける」テンペラ技法を意図的に選んだものと思われます。彼の絵画には黄金比(五芒星)による緻密な構図づくりが観察されます。分析結果を名前にリンクしましたので、ご参考に。
Posted by ペンタクロス at 2006年11月15日 21:07
ペンタクロス様

おっしゃる通り、遅筆なダ・ヴィンチは速乾性のフレスコよりも、自分の画風に会ったテンペラを意図的に選んだと思います。
ここで言う「遅筆」とは「対象をじっくりと科学的に正確に描く態度」のことであり、ダ・ヴィンチを貶める表現ではないことをお断りしておきます。
ただ、結果としてテンペラは壁面への定着性が弱く、現在私たちが目にすることのできる「最後の晩餐」は、完成当時のままではないことが非常に残念です。
ダ・ヴィンチは「職業画家」という狭い枠におさまる人物ではなく、総合アーティストにして当代一のサイエンティストであり、職業画家としての小さな弱点など、彼の偉大なる才能を少しも削ぐものではありません。

また、本来は彫刻家でありながら壮大なシスティナ礼拝堂の天井画を描いたミケランジェロ・ブオナローティも、ダ・ヴィンチに負けず劣らずの天才だと思います。
私は毎年11月3日に放送されていた『ルネサンス時空の旅人』というTV番組が大好きで、私の思い描くダ・ヴィンチやミケランジェロはこの番組の影響が大きいかもしれません。16年間続きましたが、残念ながら2004年で放送を終了しました。
Posted by 管理人 at 2006年11月15日 22:24
ミケランジェロやラファエロの生前の名声は、「ヴィンチ村のレオナルドさん」とは比べものにならないほど高かったです。

「ヴィンチ村のレオナルドさん」が名声を獲得したのは死後ですし、西岡文彦の『モナリザの罠』によると、かなり誤解されていました(「メドゥーサ」の絵を描くオカルト画家)。

ところで竹下節子さんの本もいいですが、片桐頼継さんの『レオナルド・ダ・ヴィンチという神話』(角川選書)もいいです。
Posted by おおくぼ at 2006年11月17日 01:29
おおくぼ様

レオナルドは大変な凝り性(遅筆)で完成作が少ない、左利きであり鏡文字を書いた、解剖に熱中した、当時の常識を超える技術を多数考案した(実用になったかどうかは別として)、晩年はフランスで静かに過ごした…と、さまざまな妄想をかきたてる余地がある人ですね。だから秘密結社の親分にされたり、オカルト画家扱いされたりする…

一方、超売れっ子芸術家だったミケランジェロとラファエロには、どう考えても秘密結社を作るヒマなんてなさそうです(笑)
「最後の晩餐」に秘密のメッセージが込められているなら、「最後の審判」にもいろんな暗合が隠されていてもよさそうなのに(笑)

レオナルドさんは、遠近法やスフマートなど革新的な技法を用いた天才的な芸術家ですが、壁画は壁に定着しなければ意味がありませんから、「最後の晩餐」は歴史に残る名作であり失敗作でもあると思います。

生前は全く相手にされず、しかし現在では絶大な人気を誇る画家といえば、フィンセント・ファン・ゴッホがそうですね。
Posted by 管理人 at 2006年11月17日 22:46
今、博物館や美術館にある名作で、作者不詳の作品は多いです。ミロのヴィーナスにしてもそうですし、日本の仏像や寺院にしてもそうです。

今でも、観光地のお土産などは、作者名は書かれていない場合が多いです。100年後に、歴史的な名作として評価されるかもしれません。

人間は無名のまま死んでも、作品は有名になる可能性はあります。また作品から作者を想像するのは楽しいと思います。
ダ・ヴィンチ村のレオナルドさんを想像することは、多くの人の興味を惹いたと思います。
哲学者カントはルソーの本が好きで、完璧な人物だと想像してたそうです。現実は、とんでもない妄想狂なんですけど。

参考

ポール・ジョンソン『インテレクチャルズ』講談社学術文庫
Posted by おおくぼ at 2006年11月18日 22:07
訂正

ダ・ヴィンチ村→ ヴィンチ村
Posted by おおくぼ at 2006年11月18日 22:09
おおくぼ様

歴史上の人物の評価や人気は、時代によって大きく変わりますね。
織田信長は、天魔王と呼ばれて恐れられた室町幕府6代将軍・足利義教を手本にしました。現在、信長の人気は絶大ですが「足利義教って誰?」という人がほとんどだと思います。
豊臣秀吉や徳川家康は源頼朝を尊敬しており、武家政権の祖・頼朝はまさしく神でしたが、今では別に神格化されていません。むしろ人気があるのは弟・義経です。

陰謀説もまた、流行り廃りがあるようです。
20世紀最大の陰謀は「UFO」でしょうが、今日まで宇宙人が目に見える形で地球を訪れることはなく、UFO目撃談やアブダクション体験談は下火になりました。
ノストラダムスの大予言も、1999年に大したことが起こらずに終わりました。オカルト業界から解放されたノストラダムスが、これを機にルネサンス文化人の一人として評価されるといいですね。レオナルドさんが「メドゥーサを描くオカルト画家」からルネサンスの巨匠になったように。

みんながなんとなく「そうだ」と思っていることを、疑問に思い検証することで、見えてくるものがあります。
(おおくぼ様の地球環境問題に対するスタンスがそうですね)
Posted by 管理人 at 2006年11月19日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。