2006年11月20日

よ〜く考えよう、石油は大事だよ♪

最近一番気になったニュース…
それは11月4、5日にアフリカ48ヶ国の首脳が北京に大集結した中国・アフリカ協力フォーラム(中国・アフリカサミット)です。
拡大を続ける中国経済。それに伴い急増する石油などのエネルギー消費。中国は着実に資源購入先の多角化を目指しています。
このままでは地球は中国に食い尽くされてしまう…というのは考え過ぎでしょうが、同じく資源輸入大国である日本に先を見すえた戦略はあるのかと、非常に憂慮させられたニュースでした。

現代文明は石油に大きく依存していますが、産油国の多くが政情不安なのが現状です。



世界の石油貯蔵庫、中東ペルシア湾。
核開発問題でアメリカの次なる標的とされているイランは、中東ではサウジアラビアに次ぐ産油国ですが、なんとガソリンは輸入に頼っています。近代文明を否定したイスラム革命と、イラン・イラク戦争での製油所空爆被害で、石油精製能力は停滞したままです。
未だ内戦状態のイラク。フセイン政権の崩壊で、抑圧されていたクルド人が台頭しました。しかしクルド人の独立志向は、国内にクルド民族問題を抱えるトルコに不安をもたらします。
世界一の産油国・サウジアラビアは、国民の王政への信頼維持に苦心しています。9.11テロ以降、アメリカの「サウジ離れ」も顕著になってきました(代わって中国が接近しているようです)。
経済基盤を石油に依存する中東湾岸諸国ですが、貿易や金融など石油以外の産業振興に力を入れている、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイのような国もあります。

中東情勢が不安定なため、注目されるのがアフリカ諸国です。
かつてテロ支援国家と名指しされたリビアは今や親欧米路線を強め、アルジェリア、ナイジェリアも不安定要因はありますが欧米諸国の関心を集めています。
最初に述べたように、アフリカとの関係強化に熱心なのが中国です。中国は欧米諸国とは違い、外交になんら条件をつけません。ダルフール紛争での大虐殺を非難されるスーダンや圧政国家と悪評高いジンバブエなどから資源を輸入し、経済支援をしています。
中国の進出が、アフリカの新たな火種とならねば良いのですが…

もうひとつ忘れてはならないのが、中央アジアのイスラム諸国です。カザフスタンは豊富な資源を背景に、中央アジアの大国となりつつあります。他にもアゼルバイジャン・ウズベキスタンなどの有力な産油国がありますが、中央アジア諸国の懸念は、一党独裁国家が多く民衆の不満がイスラム過激派の運動を誘発することでしょう。
また本書には、ロシアの重要性も説かれています。ロシアの石油を日本や中国へ供給するパイプライン網に北朝鮮も加えることで、東アジアの安定度が高まるのだと言います。

石油をキーワードに世界を見れば、世界の火種がどこにあるのかが見えてきます(イスラム世界が主題の本なので、中南米にはほとんど触れられていませんが…)。
世界地図を眺めながら読みましょう。

(11月20日読了)


大義なきブッシュ政権のイラク攻撃に、あっさりと支持を表明してしまった日本ですが、もともとイスラム諸国とは良好な関係を保ってきました。
奈良・正倉院御物には、シルクロードを通ってやってきたペルシア由来の品が数多くあります。飛鳥の石造物(猿石や酒舟石など)も、非常に西域的です。
日本は政治・経済面だけでなく文化的なつながりをアピールして、中東・中央アジアとの友好関係を築く可能性をもっていると思います。

でも、あまり中央アジア諸国と仲良くなると、ウイグル民族問題を抱える中国共産党を刺激するかも…(笑)
将来、ウイグルが中国から独立し、中央アジアから地中海に至る大トルコ民族連合が生まれる可能性があるかもしれません。



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は〜
ブログ訪問頂き有難う御座いました。貴方のように頭脳明晰な方々が
諸問題をこれほど考えているとは、正直言って思っていませんでした。最近の若者を見る眼が変って来そうな文面に心打たれると共に
将来を憂う一人の老人として安心と希望を与えてくれていますね。
これからも、ご自分達若者の将来を真剣に見詰め考え広めてもらいたい物です。
Posted by a737 at 2006年11月21日 19:47
a737様

ご声援ありがとうございます。
年齢はいつまでも若いままではいられませんが(笑)、子供のような好奇心を忘れずに、多くの皆様と知識や関心を共有しあえるblogであり続けたいと思います。

本文では触れませんでしたが、世界のエネルギー需要は石油から天然ガスへとシフトしつつあり、日本近海に天然ガス・メタンハイドレートが豊富に埋蔵されていることは、国民が是非とも共有しておきたい情報です。
また、日本では悪者にされてしまったディーゼルが、欧州では環境エンジンとして見直されています。原油からガソリンを精製すると必ず軽油も抽出されますから、ガソリンと軽油を適切な割合で用いることが石油の効率的な利用です。
Posted by 管理人 at 2006年11月21日 21:43
ブログのデザインが崩れてて、記事が読めないんですけど。

(><)
Posted by おおくぼ at 2006年11月24日 00:55
おおくぼ様

I.E.では正常に表示されておりますが…
(Firefoxでは未確認です)
先日、他のLOVELOGの方を訪問した際にデザインが崩れておりまして、数日後の再訪問では直っていたことがありました(その間の更新はなし)。

また何かお気づきの点がございましたら、ご指摘ください。
Posted by 管理人 at 2006年11月24日 12:36
私はマック版なんですが、Firefoxだと広告バーナーが記事の真ん中にきます。IEでは、広告バーナーは端に有りますが、サイドバーのコメント欄と重なります。またコメントのボタンをクリックしても反応しません。Firefoxは反応します。
Posted by おおくぼ at 2006年11月25日 00:36
おおくぼ様
以前のデザインに戻してみました…

またいろいろとデザインをいじってみようと思いますが、今週は体調不良のため、更新無しです。
Posted by 管理人 at 2006年11月26日 17:06
宮田律さんの本はいいですね。この人は911事件以前から中央アジアの石油&天然ガスには注目していました。私は宮田氏の本を読んでいたため、911事件が起きても、単純にビン・ラディンやタリバンやイスラム原理主義が悪いとは思いませんでした。

ビン・ラディンは未だに発見されていませんし、タリバンとテロの関係も不明です。カルザイは石油会社ユノカルの人間だったし。

またロシアのチェチェン紛争も石油&天然ガスが原因です。

中国に関して言えば、未だに石炭の依存比率が高いのです。そのことが中国の公害と結びついているのですが。
Posted by おおくぼ at 2006年11月26日 23:25
おおくぼ様

中国は石炭消費量が多いために酸性雨(空中鬼)が強く、標識を頻繁に塗り直さねばならないそうですね。
石炭ストーブでの一酸化炭素中毒死も、後を絶たないようです。
中国もいずれ、日本のように公害問題に向き合って、省エネルギー・低エミッションへとシフトするのでしょうか?
それとも経済成長路線で、行けるところまで行っちゃう?(後者の可能性大…)

日本をはじめとする石油輸入国は、政情不安な中東への石油依存度の軽減やエネルギー源そのものの多様化が求められています。
しかし、今後世界の石油需要が減少し石油の商品価値が大幅に低下すると、石油以外に有力な経済基盤を持たない中東諸国に新たな紛争の火種が生じないものか…と思い始めた今日この頃です。

Posted by 管理人 at 2006年11月27日 19:44
定方正毅著 「中国で環境問題にとりくむ」 岩波新書(2000年)は優れた本です。またアマゾンの書評では評判悪いですが、切込隊長(山本一郎)の中国経済論はいいです。


>「中国もいずれ、日本のように公害問題に向き合って、省エネルギー・低エミッションへとシフトするのでしょうか?
それとも経済成長路線で、行けるところまで行っちゃう?(後者の可能性大…)」

これは両方ですね。一つは中国は広いといことと、中央集権と地方分権がゴチャマゼ状態だからです。
中国政府が怖いのは、ある時期まで、ほっといて、世論が政府攻撃に移ると、厳罰主義になります。

時代は石油から天然ガスにシフトしてますが、石炭と石油の消費量は減る様子がありません。
たしかに日本は中東に依存してますが、世界レベルでは分散化が進んでいます。世界一の産出国はロシアです。

中東は石油という金の成る木と宗教問題が密接に絡んでいるので、政情不安定になっていると思います。だから中東の依存度が低くなった方がいいと思うのですけど。
世界には沢山国があります。いろんな理由で政情が不安定です。私は国連を大改革して、世界の政情不安定な国を管理すべきだと思っています(柄谷行人の受け売り)。

Posted by おおくぼ at 2006年11月28日 02:00
おおくぼ様

たしかに当分、世界の石油需要は減らないでしょうね。
世界の石油の中東依存度が低下したら、中東の産油国はどうやって食べていくのだろうと余計な心配をしましたが、育ち盛り食べ盛りの中国がいくらでも買ってくれますもんね(笑)
もちろん、中東諸国がみな石油依存経済でいいと思っているわけではなく、本文で書いたドバイや、古代遺跡で観光立国を目指すシリアのような国もあるようです。

国連の大改革につきましては、私は日本が常任理事国入りを目指すのに疑問をもっています。
むしろ「ヤルタの遺物」である常任理事国体制の解体を提案すべきではないかと。
(それから、敵国条項の廃止!)
アメリカ抜きの国連安保理なんて機能するの?…というツッコミは、もちろんあると思いますが(笑)
Posted by 管理人 at 2006年11月28日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。