2006年12月11日

ときめきを再び

11月20日、12代目となるスカイラインが発表されました。 来年(2007年)で50周年を迎える日本車を代表する老舗ブランドであり、モデルチェンジのたびに賛否両論を巻き起こす、話題には事欠かないクルマであります。

ニューモデルが発表されると複数の出版社から解説ムックが出ますが、私のお気に入りはモーターファン別冊『〜のすべて』シリーズです。
メカニズム解説とデザイナーインタビューがきわめて詳細で、歴代スカイライン(R32〜)やプリウス(NHW10、20)など、メカ的な興味をそそられる車種のものを購入しています。



さて今回のV36についても、ネット界のいたるところで既に激論が交わされていることでしょう。
私はV36の、世界市場をターゲットにした高級スポーツセダンというのは正しい方向だと思っています。
デザインも、プレーンで知的ではあるが平面的だったV35と違って、抑揚のある豊かな面構成に眼光鋭いV36には、魅力を感じます。FRらしさを表現したというリヤフェンダーのプレスラインも、かつてのサーフィンラインを思い起こさせるものです。
ただ、ちょっと大きいですね。全長4.7mは切って欲しかったです。できれば車重1.5tも…
あの酷評されたV35の全長は4675o(R34よりも短い!)、車重は1490kg(300GT)でした。
V36最大の商品的弱点は5速ATでしょう。性能では互角だといっても、競合他車(レクサスISBMW3)が軒並み6速では見劣りします。日産には究極のAT、8速マニュアルモード付トロイダルCVTがありますが、これを載せると車両価格が100万円アップだとか。
6速MT仕様はインフィニティG35にはあるので、いずれ出るでしょうが…

本書にはミスター・スカイラインこと櫻井眞一郎氏のインタビューも掲載されています。
歴代スカイラインで最も売れたのは、60万台以上が世に送り出された4代目C110(ケンとメリーのスカイライン、通称ケンメリ)ですが、櫻井氏は「自分が最も嫌いな自動車である」と告白しています。ケンメリは売ることを意識して作った「商品」だったからです。
しかしエンジニアリングの理想を追求した「作品」は、売れない。スカイラインは、そんな歴史の繰り返しでした。

業績好調な自動車メーカー。日産も過去最高の利益を上げていますが、それはカルロス・ゴーン流のコストカットのおかげ。新型車の投入効果ではありません。
日産の他社を大きく引き離す高額な役員報酬は、新型車の開発資金に回すべきではないですか、ゴーンさん?

(12月10日読了)

管理人の理想の「スカイライン」は全長4.7m以内かつ車重1.5t以内ですが、無茶を言わず理想の「V36スカイライン」にするなら…
・フロントフェンダーには盾形GTエンブレム
・点灯しなくても丸型とわかるクリアレンズのテールランプ
・スモークメッキのSマーク入りメッシュグリル
・上級グレードにはサイドエアバッグ、AFSを標準装備
・TypeSには4WASを標準装備
・2.5にもTypeSを設定
これなら明日にでも出来るでしょう、ゴーンさん!
これからはスポーツセダンも環境イメージが大事。欧州市場に投入するなら、ルノーと共同開発の「2.5リッターV6ディーゼル・ツインターボ」で6MT仕様なんてあると面白いですね。

私自身はスカイラインを所有したことはありません。
大絶賛されたR32には憧れましたが、翌年デビューしたプリメーラの方に私はより惹かれました。
最初に買ったクルマは中古のP10プリメーラ、現在はNHW20プリウスに乗っています。


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 12:07| Comment(3) | TrackBack(4) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MMさん、こんにちは〜。

ご指摘ありがとうございました。
【今日は何の日】のブログのほうでもコメントしましたが、またぞろ気付かず、何日も恥をかくところでした〜。

ところで、“ケンメリ”懐かしいです〜。
当時はTシャツも流行ってたんですよ!
歳がバレますが・・・。
Posted by indoor-mama at 2006年12月13日 09:41
すいません。

一度目コメントを書いて送信したら【エラー・送信されませんでした】って出たので、もう一度書いて送ったら、二つになっちゃいました〜。

ごめんなさい・・・。
Posted by indoor-mama at 2006年12月13日 09:51
indoor-mama様で良かったです。スパムじゃなくて(笑)

ケンメリはTV-CMが話題になったり、CMソングが大ヒットしたりと、クルマのみならず社会現象になったそうですね。
当時はまだクルマに憧れを投影できた時代だったようですが、今では一家に一台(地方によっては一人に一台!)が当たり前になり、クルマの白物家電化が進行しています。
「クルマにときめきを再び」をキャッチフレーズにした新型スカイラインは、セダンやスポーツカーが衰退する国内市場にこだわらない、世界戦略車へと大きく方向転換しました。
スカイラインの志が受け継がれるなら、それでいいと思います。
伝統あるブランドを安易に捨てるくらいなら、日産は自動車メーカーをやめたほうがいいと思いますので。
Posted by 管理人 at 2006年12月13日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プリウス、国内販売が急増し最盛期並みに!
Excerpt: 国内販売が最盛期並みの水準になったプリウス トヨタが販売しているハイブリッド車「プリウス」の国内販売が急増し、11月の販売台数は5916台となり最盛期の水準に迫る勢いです。 現行のプリウスは全面..
Weblog: 今日の気になるニュース@総合
Tracked: 2006-12-13 18:53

BMWだから出来る究極の走りの美学
Excerpt: BMW(独:ベー・エム・ヴェー 英:ビー・エム・ダブリュー)はドイツのバイエルン州ミュンヘンに本拠を置く自動車メーカーである。本社ビルは、エンジンのシリンダーを模した円筒形を4つ組み合わせたような形を..
Weblog: BMWだから出来る究極の走りの美学
Tracked: 2006-12-14 21:22

BMW3シリーズ
Excerpt: BMW3シリーズはBMWの主力セダンで現在は少なくなってしまったFR小型乗用車です。BMW3シリーズは手頃なサイズ、実用的な車内、スポーティーなハンドリング(これはBMW共通の良いポイントか)が特徴で..
Weblog: BMWという自動車
Tracked: 2007-01-06 23:08

日産自動車 新型スカイライン!
Excerpt: 日産自動車 スカイラインがモデルチェンジを遂げた。「SHIFT_passion ??スカイラインはときめきをシフトする」というだけに、今回の新型スカイラインは、ファンを裏切らない完成度となっている。 ..
Weblog: 自動車総合レポート
Tracked: 2007-08-22 08:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。