2006年12月29日

古代史最大のトリック?

6世紀の日本。大和朝廷は、百済から渡来した仏教を受け入れるかどうかで、国論が二分しました。崇仏派の蘇我氏と対立し、敗れて衰退したのが物部氏です。
物部氏はヤマト朝廷の祭祀を司り、さらに軍事部門も担った一大豪族でした。

物部氏の正体



関 裕二著



古代史好きの方なら、物部氏が天皇家よりも先にヤマトを支配していたとされることをご存知でしょう。
天の神の子孫・神武天皇は、九州の日向からヤマトを目指しますが、ヤマトは同じく天孫の饒速日命ニギハヤヒ)が既に支配していました。物部氏の祖先はニギハヤヒなのです。
神武の東征は、ニギハヤヒに仕えるヤマト土着の豪族・長髄彦ナガスネヒコ)の抵抗に遭い、大苦戦します。しかしニギハヤヒは、長髄彦を見捨てて殺してしまい、劣勢だった神武に恭順してしまうのです。神話とはいえ、なんとも不可解なストーリーではありませんか。

神武天皇は神話上の存在で、実質的な初代天皇は第10代崇神天皇だとする説は一般的ですが、関氏は神武・崇神・応神(第15代天皇)の三天皇が同一人物であると主張しています。ヤマト建国というひとつの歴史的事象を、日本書紀は三天皇に分けて記述しているとの説です。
太古の日本列島の先進地域は、大陸との交易に有利な北部九州でした。北部九州は農具としても武器としても優秀な鉄を独占します。しかし次第に独占は崩れ、鉄はヤマトへもたらされます。
ヤマトは出雲や吉備と連合して勢力を拡大し、九州にあった卑弥呼の邪馬台国を倒しました。卑弥呼に代わって女王となった台与を、関は神功皇后だとします。
北部九州を制圧した神功皇后を、ヤマトの物部は危険視して裏切りました。神功皇后は南部九州の日向に一旦退却し、その子である応神天皇がヤマト帰還を目指します。報復(祟り?)を恐れた物部はヤマトを明け渡しました。関氏は応神のヤマト入りを、神武東征神話のモデルであるとしています。
日本書紀の語る(騙る?)歴史は複雑怪奇ですが、それを解こうとする関氏の推理もまた複雑ですね…

関氏が明かす物部氏の出自は、吉備地方です。
吉備といえば全国第4位の巨大古墳(造山古墳)があり、桃太郎のモデルとなった吉備津彦の名が知られていますが、具体的な支配氏族は明らかではありません。
瀬戸内海の要衝・吉備を支配下に置くことで、物部氏は大陸とヤマトとの交易ルートを押さえることができます。
関氏の推理の当否はともかく、鉄器の伝播に地政学的条件を絡めて日本建国のプロセスを明かそうとする姿勢は、評価すべきだと思います。

(12月28日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 03:07| Comment(6) | TrackBack(1) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豊璋の妻として多氏出身の女性が選ばれたのは、王権とのかかわりにおける多氏の特殊性?特定神社の祭祀に従事する選ばれた氏族。
多(太)氏と言えば古事記編纂にかかわった安万侶が有名。
多氏は初代天皇である神武天皇の息子で第二代天皇の綏靖天皇の兄とされる神八耳命の後裔を称する氏族。
その本拠地、大和国十市郡飫富郷内にある多神社。

豊璋は日本のどなたに相当する人物でしたか?
雑駁で申し訳なく存じます、百済や岡山や高岡や善光寺や鹿島神宮などとの関係も教えてください。

豊璋救援軍は物部の同族。物部の本拠は大和の国山辺郡石上郷、磯城・十市両郡にも物部の勢力は及んでいた。
豊璋救援軍(親衛郡)の長に起用された両名が共に物部の縁故者であったことはただの偶然とは考えられない。

Posted by エノク&トマス at 2006年12月30日 09:28
エノク&トマス様は広い視野をお持ちの方ですから、私ごときでは十分に知的関心を満たすことが出来ないことを、お断りしておきます。

関裕二氏は、百済王子・豊璋は中臣鎌足と同一人物であると書いています。
鎌足が史上唯一「大織冠」を賜った人物であり、豊璋も「織冠」を賜ったとの記述があること、豊璋が百済に帰国していた期間は鎌足に目立った事績がないことが主な理由です。
私もこの説に大いに関心をもっています。
私が最初に「鎌足=豊璋」説を意識したのは、邦光史郎氏の『藤原氏の謎』(光文社)です。
ただし邦光氏は、大織冠と思しき金モールが見つかった阿武山古墳の遺体は肉が残っており、一年間の殯が行われた鎌足の遺体は完全に白骨化しているはずなので、阿武山の被葬者は豊璋であり鎌足の墓は別にあると書いています。
そうなると「大織冠」と「織冠」は別物なのかもしれません。

物部氏で思い出すのは、秋田県の唐松神社の宮司が物部さんで、ここには一子相伝で受け継がれてきた門外不出の文書があるそうです。
かなり以前に、NHKのTV番組で文書継承の儀式を見た記憶があります。
一部は公開されたそうですが、この文書の全貌が明らかになった時には日本史が大きく書き換えられるかもしれません。
Posted by 管理人 at 2006年12月30日 18:03
【皇室の起源は百済?!】

>最初に日本を支配した天皇は、百済人の末裔である
>15代・応神天皇(4世紀)と仁徳天皇(5世紀)父子であった。
>(中略)6世紀に百済の武寧王の弟が26代・継体天皇になった以後
>百済の王族が7世紀末まで即位した。
>百済の聖王もやはり日本の天皇であるという主張がある。
>百済の聖王が540年に高句麗を攻撃して失敗し
>540年に日本に渡って29代・欽明天皇になったというもの。
>33代・推古天皇(6世紀末〜7世紀初)は、
>百済の王族の純粋な血統を引く日本最初の正式な女王である。
>その夫・敏達天皇(6世紀)も百済人王族である。

これは平成13年12月23日に、天皇陛下が
「私自身としては桓武天皇の生母が武寧王の子孫であると
続日本記に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています。」
と述べられた御言葉を、東亜日報が報道した記事の一節である。
天皇陛下は「桓武天皇の生母が武寧王の子孫」という
歴史的文献に記載された事をそのまま述べられた.

上記は、ブログで見つけました。
下記は、読売の正月の記事です、モヤモヤをすっきりさせてほしいですね。

宮内庁が陵墓立ち入り調査容認、古代史研究前進に期待
 宮内庁は、これまで原則的に立ち入りを禁止してきた天皇陵などの陵墓について、広く学術団体の「見学」を認めることを決めた。

 1日から施行する。立ち入りには多くの制約があるが、日本の古代国家の成立過程を解明する上で重要な鍵を握る陵墓の調査が本格的に進むことが期待される。

 陵墓公開をめぐっては、日本考古学協会など15の歴史関係学会が2005年7月、大阪府堺市の仁徳天皇陵(大山古墳)など11か所について、立ち入り調査を認めるよう宮内庁書陵部に要望していた。

 これに対し同庁は、歴史関係に限らず、動植物学などの学術団体にも門戸を開くことを決定。見学は当面、各学会1人とし、立ち入りは墳丘の1段目の平たん面までとする――などの条件付きで、要望があった陵墓の見学を認めることを先月下旬、同協会に伝えた。

 宮内庁はこれまで「皇霊の静謐(せいひつ)と安寧」を守るためという理由で、陵墓立ち入りを原則として拒絶してきたため、そのほとんどが陵墓に指定されている巨大前方後円墳の調査ができず、古代史研究の大きな障害となっていた。古代の天皇陵の多くが指定が間違っているとされているが、築造年代などを明らかにする手がかりが得られれば、被葬者の真偽を論議する契機になると期待が高まっている。

(2007年1月1日3時1分 読売新聞)
Posted by エノク&トマス at 2007年01月01日 08:16
エノク&トマス様、あけましておめでとうございます。

讀賣新聞の記事を確認いたしました。調査ではなく、あくまで「見学」のようですね。
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20070101i102.htm

今年は、現皇室の祖ともいえる継体天皇が507年に即位してから1500年目にあたります。
継体天皇陵は宮内庁指定の継体陵ではなく、大量の埴輪が発掘されて話題となった今城塚古墳であるとするのが通説になっていますし、天皇陵ではないのに陵墓参考地として立ち入り調査が禁じられている古墳もあります。
調査によって日本の皇室と異国の王室との血のつながりが発見されたとしても、皇統が125代続いていることに変わりはありませんし、それで国民の好感情が薄れたり皇室の権威に傷がつくことはないと思います。むしろ古代ユーラシア文明の正統が、日本に残されていることを誇るべきでしょう。

国民が真実の歴史に触れることが出来て、そのうえで愛することが出来る国こそ、美しい国でありましょう。
Posted by 管理人 at 2007年01月01日 10:56
然り、
現実は、雲隠れか霧隠れ才蔵でしょう。
何でも隠したがる上げ底文化国家ですね。

その点、ハプスブルグ王国を建国したハンガリーのマジャール人は、轟然と自分たちの出自を公言してやみません。
自分たちがヨーロッパへ来たときは、この小さい場所しかなかったのだ。
おぉマジャール!民族国家を歌う人々の顔を見るとき、明らかにマジャール人に征服された人々が大勢見かけますが、全員がマジャールを賛美しています。
日本はどうでしょう?
隠す裏には、だましの魂胆が見え見えですね。

ドイツはニュールンベルグ裁判のすべてをドイツ市民に開示して反省した。
日本は東京裁判のすべてを隠蔽した、日本市民に開示しない、だから反省がない。
Posted by エノク&トマス at 2007年01月01日 16:51
エノク&トマス様

歴史とは、決して真っ直ぐな一本道ではありませんね。
数多くの民族や勢力が複雑に絡み合い、現在があります。
歴史を知るという行為は、過去を美化したり糾弾するためでも、後ろ向きな懐古主義でもなく、未来への想像力を養うことだと思います。
北朝鮮を追い詰めすぎて、かつての日本が戦争への道を踏み出したことの再現にならねばよいのですが…
Posted by 管理人 at 2007年01月02日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『古代史謎解きの「キーパーソン50」―名君・英雄・影の男・謎の女…』関 裕二
Excerpt: 古代史にロマンを感じる達なので、関裕二の本はわりと読んでいる方かもしれません。 彼の古代史分析の底辺には、通説では「日本書紀」を天武天皇の正当性を示すために編纂された歴史書であるとするのに対し、日本書..
Weblog: 私の通勤読書メモ
Tracked: 2009-12-03 22:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。