2007年03月09日

続報・・・新型プリウス?「ハイブリッドX」

【次期プリウス】最新スクープはこちら

3月6日、ジュネーブモーターショーが開幕(18日まで)。
デザインの一部のみが公開されていたトヨタのコンセプトカー・ハイブリッドX、その全貌がついに明らかとなりました。
トヨタ自動車 AUTO SHOWS INFORMATION

サイズは全長4500o 全幅1850o 全高1440o ホイールベース2800o。現行プリウス(全長4445o 全幅1725o 全高1490o ホイールベース2700o)と全幅以外はほぼ同クラスで、4ドア+リヤハッチという基本スタイルからも、次期プリウスのデザインスタディではないかと見られています。デザインを手掛けたのは、フランスにあるトヨタ・ヨーロッパ・デザイン開発(EDスクエア)です。
現行プリウスは、2003年4月にニューヨーク国際オートショーで初めて公開され、北米を中心に人気車種となっています。ハイブリッドXが欧州でデザインされジュネーブショーで初公開された背景には、今後は欧州市場での名声を確実にしようとの狙いがあるのでしょう。
メカニズムも現行プリウスをベースにしているとのことですが、これが次期プリウスのコンセプトカーなのかどうかは、トヨタ首脳は明言を避けているようです。
【ジュネーブモーターショー07】次期プリウスか、明言は避ける

それならば、ハイブリッドXの姿から新型プリウスのデザインがどうなるのか、不純な妄想をしてみましょう!
当blogでは以前、WORLD CAR FANSに掲載された次期プリウスの予想イラストを紹介しました。
SPY IMAGE; Next Gen Toyota Prius

予想イラストのウィンドウのグラフィック、ハイブリッドXのサイドビューとかなり似ていませんか?
現行プリウスはリヤクォーターガラスが三角形ですが、ハイブリッドXと「WORLD CAR FANS」のイラストでは四角形になっています。このイラスト、結構当たっているのかも…
現行プリウスは、真横からのシルエットが富士山のような三角形を描くスタイルにこだわったために、屋根が急傾斜で後席の頭上空間の不足が指摘されています。
新型ではルーフの傾斜をゆるやかにして、後席の居住性を改善してくるでしょう。特徴的な上下二分割のリヤウィンドウも、現行型は上がメイン・下がサブですが、新型ではハイブリッドXのようにスポイラーから下がメインになりそうです。
ガラス張りのルーフやセンターピラーレスの観音開きドアは、コンセプトカーならではの演出で、市販車に採用されることはないでしょう。燃費向上には軽量化が一番ですから、わざわざ重量が大幅アップするようなことはしないでしょうから。LEDヘッドライトは採用されるかもしれません。
↓ハイブリッドXのより詳細な画像は、こちらでご覧いただけます。
AutoblogGreen

ハイブリッドX以外にも、私がジュネーブモーターショーで注目しているのは、ホンダのハイブリッドスポーツカー(CR-Xの再来?)、そしてスバルの水平対向ディーゼルエンジンです。
クライスラーがどこのメーカーの傘下に入るのかも気になりますね。



ディーゼルこそが、地球を救う



小川 英之著 / 清水 和夫著 / 金谷 年展著




posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 02:49| Comment(8) | TrackBack(4) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もの凄いデザインですね!
今のに不満は無いけど、プリウスとして出れば気になります。
先立つモノも無いのに、困ったものです(汗)。
Posted by Nitta at 2007年03月10日 18:05
Nitta様

プリウスはメカニズムのみならず、デザイン面でもトヨタのトレンドリーダーですね。
ただ、カッコだけでなく機能性にも気を配って欲しいです。現行プリウスは斜め前方の視界が悪く、交差点を右折する際、横断歩道に人が歩いていないか気を遣いますから。

気になるお値段ですが、トヨタは標準車とハイブリッド車の価格差を縮めると宣言していますので、安くなることを祈りましょう。
プリウスは高級車ではありませんから、内装は安っぽくて結構。しかし安全面は手を抜かず、VSC・サイドエアバッグを全車標準装備にしてもらいたいものです。
Posted by 管理人 at 2007年03月10日 21:39
ご無沙汰しています。
お元気で何よりです。
3/14昨晩のNHK歴史番組でメスリ山古墳が少し紹介されました。
なぜ?一瞬なのでしょうねぇ。
大きく紹介できない真実があるからでしょうか?

鏡ではなく鉄器集団が支配したのだと。
Posted by エノク&トマス at 2007年03月15日 08:40
エノク&トマス様

視聴者が邪馬台国畿内説と九州説のどちらを支持するか、投票する番組ですね。
…残念ながら見ておりません(NHKさん、再放送はいつ?)。
私も古代史の謎を解く鍵は、鉄の歴史であると思います。

鉄器の副葬品で知られるメスリ山古墳の映像が一瞬…サブリミナル効果でも狙ったのでしょうか(笑)

追記;コメントは、どんなに古い記事を掘り返していただいても構いませんので、できるだけ関連記事にお願いします(笑)
Posted by 管理人 at 2007年03月15日 22:12
ごめんなさい!
交信の場がないので、寸借させていただきました。
Posted by エノク&トマス at 2007年03月16日 08:52
エノク&トマス様

今後もお気軽にご意見をお寄せください。
どんなに古い記事に関することでも大歓迎です。
Posted by 管理人 at 2007年03月17日 00:10
コメント、ありがとうございました。
こんなふうに書いてあるととてもよくわかります。
ワタシの『試乗』は、ほんとにど素人の感想なので、お恥ずかしいです・・・。
プリウス、次はどうなっちゃうんでしょうね。楽しみです。
Posted by ichigokko at 2007年03月23日 19:34
ichigokko様、いらっしゃいませ。

初代プリウスにお乗りでしたとは、ハイブリッド界の大先輩でいらっしゃいますね。
私は残念ながら初代には乗ったことがないので、ichigokko様のように新旧比較をすることはできません。
プリウスは常に世界の最先端にいることが使命のクルマですから、さほど間をおかずにモデルチェンジされるでしょうし、燃費のみならずデザイン面でもサプライズがあることを期待しています。
Posted by 管理人 at 2007年03月23日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

デトロイトモーターショー2007を知り尽くす
Excerpt: デトロイトモーターショー2007に関するRSS情報を集めました。ぜひ一度ご覧ください。あなたのお役に立てれば幸いです。
Weblog: デトロイト モーターショー2007を知り尽くす
Tracked: 2007-03-14 10:24

ハイブリッドカーの仕組み しくみ 簡単に・・・4
Excerpt: ハイブリッドカーのしくみを簡単に説明と書いたのに、これで4回目のシリーズものになってしまいました。うーむ、なかなか簡単にっていうわけにもいかないですかね。ハイブリッドカープリウスは発進加速時にはエンジ..
Weblog: トヨタハイブリッドカープリウス オーナーの部屋
Tracked: 2007-04-08 17:58

レオ様が大人買いした「プリウス」が愛される理由
Excerpt: とにかくトヨタのプリウスは燃費最高ってことである。3月29日に発表された「燃費の良いガソリン乗用車ベスト10」(国土交通省)、「e燃費アワード」(IRIコマース&テクノロジー)の両ランキングにおいて、..
Weblog: トヨタ自動車レクサス情報
Tracked: 2007-04-09 01:00

ハイブリッドカー
Excerpt: ハイブリッドカー (Hybrid Car, Hybrid Vehicle=HV) は2種類以上の動力源を持ち、エネルギー効率や走行性能を高めた自動車である。一般にハイブリッドカーとは、ガソリンエンジン..
Weblog: ショッピングキーワード本舗
Tracked: 2007-06-05 11:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。