2007年04月22日

偽史倭人伝

サッカー・ワールドカップの日韓共催を目前にした、2001年12月。
天皇陛下が、桓武天皇の生母・高野新笠が百済の武寧王の子孫であると史書に記されていることに触れ、韓国とのゆかりを感じていると述べられました。
日韓の友好ムードを高めるものとして、両国ともおおむね好意的に受け止められた陛下のお言葉ですが、韓国では「皇室のルーツが百済にあると、天皇自らが認めた」とエスカレートした報じられ方もしました。陛下は「ゆかりを感じられた」だけで、皇室の起源が百済にあるとは一言もおっしゃっていないのですが…

(本書は『ひねくれ&トンデモ通信』の管理人・おおくぼ様からのご紹介です)

高野新笠が本当に武寧王の末裔なのか、実は確証はないようです。それでも百済人(渡来人)の子孫であった可能性はあるでしょう。
「古代日本へ渡った韓半島の移住者が、日本の古代国家形成に大きな役割を果たしたのは事実である。しかし彼らが重要な地位、甚だしくは天皇の地位にまで上り詰めたとしても、日本社会に同化した以後の状況である。これをもって古代日本が韓半島の分国であったり植民地であったと主張するのは困る」…このように述べる韓国の歴史学者の意見は、もっともだと思います。
日本の皇室が百済王家の「分家」であるとの言説は、韓国人の民族意識を高揚させるのでしょう。しかしながら「天皇家のルーツ=百済」説は、もともと韓国にあったものではなく、日本の朝鮮半島植民地支配を正当化するロジック(日鮮同祖論)として生まれました。それがリサイクルされて、今日では韓国の日本に対する優越感に転用されるという、屈折したプロセスをたどっているのです。

歴史の偽造や勘違いは、民間に流布する言葉のルーツや英雄伝説などにも見られます。
熊本県の藤崎八幡宮の例大祭は「ボシタ祭り」と呼ばれていました。その語源には諸説あるようですが、戦時中には戦意高揚のために「ボシタとは、朝鮮を滅ぼしたの意味だ」と喧伝されました。それゆえ戦後は一転して「ボシタ」は民族差別用語だと糾弾され、お祭りの掛け声として使えなくなってしまったのです。
余談ですが、言葉とは本来、あるものを他のものから区別する目的で生まれたのでしょうから、いわゆる「言葉狩り」をする人は、あらゆる単語を禁止せねばならないと思いますが…
なお、民俗社会で口承される荒唐無稽な歴史が、偽史だというわけではありません。偽史とは、国威高揚であったり地域おこしだったりと、ある目的をもって自分の嗜好に合う事象だけを選んで作られた歴史です。

韓国には、日本のみならず中国・東南アジアまでもが百済の植民地だったとするトンデモ史観「大百済帝国」説まであるそうです。だからと言って「韓国の歴史こそ捏造・歪曲のカタマリ!」と一方的に憤ってはいけません。自国の歴史を古く大きく見せたがるのは日本にも韓国にも、いや世界のすべての国と民族に共通の、人類の悲しい性なのでしょう。
(…でも、偽史の想像力ってオモシロイ!)

(4月22日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:14| Comment(21) | TrackBack(1) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現在の日韓関係のデリケートな問題を意欲的にしかも客観的にまとめたエントリだと思います。俗に言う「韓国起源説」は日本人からしてみれば滑稽としか言いようがありません。韓国人や朝鮮人が世界で活躍するとき、その現実を知った時の不幸を考えると、教育というものが人に与える影響が極めて大きい事を教えてくれます。
Posted by ambush at 2007年04月22日 22:46
韓国にとっての<日本>は、日本にとっての<欧米>なのです。それはコンプレックスの裏返しなのです。
「オウベイかよ?」「ニッポンかよ?」

でもサッカーの応援では韓国人は熱いですね。韓国人は関西人に似ているかもしれません。
Posted by おおくぼ at 2007年04月22日 23:54
ambush様

名前(namae)とnameが似ているから英語の起源は日本語だと主張したら、それは滑稽としか言いようがありませんね(笑)
本書を読む限り、日本語の韓国起源説も同じようなものかもしれません。
もちろん、古代日本に朝鮮半島経由でもたらされた文物は数多くありますし、日本の古語に朝鮮半島起源の言葉もあったでしょう。
しかし何事にも「程度」というものがあります。

桓武天皇の父である先代・光仁天皇は、皇位継承レースからは外れていて、政争に巻き込まれることを嫌い、酒に浸る毎日を送っていたそうです。妃の高野新笠も決して高い身分ではなかったために、武寧王につながる家系を後付けしたのかもしれません。


Posted by 管理人 at 2007年04月23日 23:55
おおくぼ様

韓国に、一足先に近代化を果たした日本へのコンプレックスはあるでしょう。
また島国・日本よりも、大陸にある自分たちの国のほうが文化の中心地に近いという優越感(一種の中華思想)もあることだと思います。
常に中国の王朝からの武力による脅威を受け続けてきた韓国には、日本人には想像できない、異国への強い対抗心が培われているのかもしれません。
中国に敵わないのは仕方ない、でも日本よりは文明国だ、と。
だからといって、偽史は偽史。あからさまな間違いを押し付けられては困ります。
Posted by 管理人 at 2007年04月24日 00:03
日本の偽史もすごいですよ。でも水野先生の本の中身マニアックで知らないことばかりです。

最近、自分のブログで「ノストラダムスの生涯」について書いています。wikipedia日本版が意外に正確に書いてあるので驚きました。
Posted by おおくぼ at 2007年04月24日 23:50
おおくぼ様

ハイ、日本の偽史・偽書はスゴイです。
代表格はなんといっても『竹内文書』でしょう。
太古の日本は世界の中心であり、天皇は天鳥船とよばれる空飛ぶ乗り物(UFO?)で世界各地を行幸したのだそうです。天皇といっても神武天皇ではありません。神武天皇よりも以前の、ウガヤ王朝の天皇です(笑)
日本にもピラミッドが存在したといい、さらに太平洋にはムー大陸を彷彿とさせる、今はなき幻の大陸まであります。
『竹内文書』を世に問うた竹内巨麿(武内宿禰の末裔を自称)は、これまた面白い人物です。ちなみに文書は、政府の弾圧を受けて押収され、東京大空襲で焼失しました。

他にも、徐福の来日を伝え富士山麓に王都があったとする『宮下文書』、神武天皇に敗れたナガスネヒコが東北地方に亡命政権を樹立したという『東日流外三郡誌』などが有名です。
これらの書物をまとめて古史古伝といいます。漢字渡来以前から使われていたという、神代文字で書かれた書物もあります。

日本が世界の中心だと主張する『竹内文書』は、帝国主義イデオロギーには持ってこいですが、政府のプロパガンダに使われるどころか、逆に徹底的に弾圧されました。
あまりのスケールの大きさに、天皇の唯一絶対的な聖性を脅かすものとして、かえって危険視されたのでしょうか?
Posted by 管理人 at 2007年04月25日 22:34
fujunさん、こんにちは。
日本書紀をよく読むと、淳陀は武寧王の子ではなく、人質として倭国に渡った叔父の昆支王が日本人妻と結婚して生まれた子の可能性が強そうですね(次男は末多・東城王。高野新笠は倭氏)。正史とはとてもおもしろいもので、自国のことは都合よくメイキングしますが、他国のことは案外客観的に書いています。
百済王家は扶余族で、元々北方の騎馬民族。韓人は彼らに支配されていました。それが今は民族の誇り?
「民族意識の史歴」には「都合の良い錯覚」に基づく現世利益志向の側面があります。
Posted by ペンタクロス at 2007年04月25日 22:55
ペンタクロス様

その韓国民の誇りである百済中興の祖・武寧王がお生まれになった地が、なんと日本なんだそうで。
さらに武寧王陵の棺は、日本産のコウヤマキであると。つくづく日本とご縁の深いお方です。
武寧王は日本書紀にも登場したり、隅田八幡宮の人物画像鏡の銘文に彼らしき名が刻まれていたりしますね。ペンタクロス様のおっしゃるとおり、かなり客観的に日本の歴史に記された人物のようです。

伝説上の朝鮮建国の英雄である壇君は、朝鮮半島版・神武天皇といったところでしょうか?
どこの国も似たようなものですね(笑)
Posted by 管理人 at 2007年04月26日 00:06
トンデモ歴史探偵のおおくぼです。

『魏志倭人伝』も、「偽史」ではないでしょうか?
Posted by おおくぼ at 2008年06月15日 23:37
おおくぼ様

邪馬台国=架空説でしょうか?
それもアリだと思います。

ちなみに、トンデモ歴史探偵さんはディテクティブ太郎さんですか?
Posted by 管理人 at 2008年06月16日 18:20
>「ちなみに、トンデモ歴史探偵さんはディテクティブ太郎さんですか?」

はい、そうです。
アマゾンに辛口批評をしたら、ほとんど削除されました(笑)。
Posted by おおくぼ at 2008年06月16日 21:10
おおくぼ様

書評にも削除処分があるんですね…
Posted by 管理人 at 2008年06月17日 22:11
>「韓国には、日本のみならず中国・東南アジアまでもが百済の植民地だったとするトンデモ史観「大百済帝国」説まであるそうです。だからと言って「韓国の歴史こそ捏造・歪曲のカタマリ!」と一方的に憤ってはいけません。自国の歴史を古く大きく見せたがるのは日本にも韓国にも、いや世界のすべての国と民族に共通の、人類の悲しい性なのでしょう。
(…でも、偽史の想像力ってオモシロイ!)」


邪馬台国論争なんですが、可能性としては・・・
瀬戸内海説や朝鮮半島もありかな?と思っています。

ところでサミットってニホンでする必要あるんでしょうか?
日本人の悲しい性?
Posted by おおくぼ at 2008年07月07日 10:06
おおくぼ様

3世紀の日本列島には、大和・北九州以外にもクニと呼べる地域勢力があったことでしょう。
もしかしたら、邪馬台国は当時最強のクニではなかったのかもしれません。

もちろん邪馬台国=岩手県説でも、日本列島以外の場所説でも、魏が外交力を誇示するために捏造した架空の国説であってもいいと思います(笑)

サミットを日本ですることの意味は、開催地への経済効果でしょうか(笑)
Posted by 管理人 at 2008年07月07日 18:04
何千年後、なぜ洞爺湖でサミットが行われたか不思議に思ったりして・・・。

邪馬台国は実は、大昔のサミットだったりしないですよね〜。
Posted by おおくぼ at 2008年07月07日 21:28
おおくぼ様

もしも卑弥呼が天照大神で、邪馬台国が高天原だったら、そこはまさに「神々のサミット」ですが…(笑)
Posted by 管理人 at 2008年07月08日 23:13
最近、自分のブログで企画しているのは、歴史教科書問題です。

特に中国の歴史教科書です。今週の『SAPIO』を読んでいたら心理学者の岸田秀が寄稿していて、現代の中国は大日本帝国に似ていると指摘してました。
私も前からそう思っていました。戦前の皇国歴史観や大本営発表とよく似ています。

南京戦争にしても、ニホンでは自由な論争ができますが、中国では不可能です。
Posted by おおくぼ at 2008年07月13日 01:29
おおくぼ様

自由な論争が保障されているにも関わらず、自由な論争がされているとは言い難い国があります。
その国では「空気を読むこと」が美徳とされているそうです。
ネット上では匿名ということもあって、その国の人たちはとても活発に発言しています。
しかし気に入らない意見に対し、罵倒したり中傷したりすることも少なくないといいます。
それらの行為は俗に「荒らし」と呼ばれ、時には「炎上」することもあるそうです。
Posted by 管理人 at 2008年07月13日 22:46
私はKYな人間です。
炎上ブログに参加したこともあります。
掲示板で「荒し」と認定され、書き込み禁止処置を受けたこともあります。
だから自分のブログで危険思想を延々と発信しています(笑)。

ただネットの影響は、TVの影響に比べれば無いに等しいです。

ネットは相手の顔は見えないし声も聞こえません。
だから普段はKYな人でも、本音をぶちまけることがあるのです。
酔っ払い、あるいは独り言みたいなもんでしょうか?(笑)。

参考
『ネット時代の反論術』 (文春新書)

『<宗教化>する現代思想 (光文社新書 )
仲正昌樹 ・著

>「ネット上では匿名ということもあって、その国の人たちはとても活発に発言しています。
しかし気に入らない意見に対し、罵倒したり中傷したりすることも少なくないといいます。」

これは中国の掲示板でも同じです。しかも危険な政府批判は巧妙に回避されます。
Posted by おおくぼ at 2008年07月13日 23:14
訂正

だから普段は「KYな人でも」、本音をぶちまけることがあるのです。
 ↓
だから普段は「空気を読む人でも」

<(__)>スイマセン
Posted by おおくぼ at 2008年07月13日 23:18
おおくぼ様

やはり日本では、テレビの影響力が一番大きいですね。
映像と音声による相乗効果は、文字情報を圧倒してしまいます。

日本における地球温暖化の認識がCO2一辺倒なのは、やはりテレビ(特にNHK)による「啓蒙」でしょう。
2007年の参議院選挙と2005年の衆議院選挙の結果も、テレビが作り上げた「世論」が大きかったと思います。

私自身は、テレビを見なくなりましたけど。
Posted by 管理人 at 2008年07月14日 01:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

 大和朝廷 VS 東北蝦夷(えみし) 、宗教的には、仏教(朝廷)と、神道(蝦夷)の戦いだった。
Excerpt:  大和朝廷 VS 東北蝦夷(えみし) 、宗教的には、仏教(朝廷)と、神道(蝦夷)の戦いだった。
Weblog: 秘密神社
Tracked: 2007-04-23 12:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。