2007年05月05日

靖國問題解決します!?

今から約1100年前、藤原氏を中心とする貴族たちが政権を握っていた平安時代。京の都から遠く離れた坂東の地に、独立政権を樹立しようとした男がいました。
平将門です。

志半ばで討たれた将門の首は、都から故郷・坂東の地へ向かって飛び、力尽きて落ちた場所が将門の首塚(東京都千代田区大手町)であると言われています。
また、藤原氏によって失脚させられた菅原道真の生まれ変わりだと噂され、道真・崇徳院とともに日本三大怨霊と呼ばれることもあります。将門の首塚に危害を加えた者には祟りがあるとの伝承も有名です。



QED〜ventus〜御霊将門

またまた高田崇史氏のQEDシリーズです。
ventusのサブタイトルが付く作品は、歴史ミステリの形をとった観光ガイドで、本作にはもはや現代における犯罪は登場しません(笑)
むしろ「ventus」作品は(一種のファンサービスと割り切って)歴史上の謎の推理に絞るべきで、取って付けた事件のようなものは不要です(かえって作品の質を落としています)。
ただし時系列順では『河童伝説』よりも前になるので、私のように順番を逆にして読まないほうが良いです。
読んだ日は世間ではGWにもかかわらず仕事だったので、本作で観光気分を味わいました(苦笑)

今回の旅は、神社詣で&墓参りが趣味の薬剤師・桑原崇(通称タタル)が、お花見を強引に将門ゆかりの地ツアーに変更し、将門が実は怨霊ではないことを証明しようとするものです。
そして「将門公の祟り」と噂された大蔵官僚怪死事件・GHQ事件の真相も推理します(このネタを楽しむには秋庭俊帝都東京シリーズを読んでおいたほうがいいでしょう)。

桑原崇は、最初に訪れた靖国神社で「A級戦犯分祀問題も政治家の参拝問題も、先人の智慧であっけないくらいに簡単に解決できる」と語ります。俺一人の妄想に過ぎないかも…と断っていますが。
靖国問題のあっけないくらいに簡単な解決法は、結局タタルの口からは最後まで明かされません。物語のどこかにヒントが隠されているのでしょうか?

(5月4日読了)



posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
靖国は何も問題ないです。だから問題なんて初めから無かったことを認識すればいいのです。それが解決法です。

ところで、最近こちらのブログは異常に重いんですけど。
Posted by おおくぼ at 2007年05月07日 00:54
おおくぼ様

ここ、重いですか…?
トップページの記事表示数を20件→10件にしてみました。
それでも異常でしたら、記事ページにもサイドバーが表示されるようにカスタマイズしたのを、デフォルトに戻してみます。

中川八洋氏は著書『日本核武装の選択』で、ブッシュ大統領から靖国神社に参拝したいとの申し出があったのを断ったのは、小泉内閣の大失政であると書いています。
アメリカ大統領が参拝すれば中国・韓国は何も言えなくなるのに、絶好のチャンスを逃した、以後アメリカの外交は中国寄りになったのだと。

まあ小泉氏の靖国参拝は政治信念からではなく、自らが叩き潰した経世会の一大支持勢力であった、日本遺族会の票を取り込むためのパフォーマンスであると思われますが。
Posted by 管理人 at 2007年05月07日 21:29
政治家が票目当ての行動を採ることは、
民主主義国家において、何の問題もないですよ。
むしろ、それが健全。
Posted by d at 2007年08月19日 01:24
d様、いらっしゃいませ。

おっしゃるとおりです。政治家は当選しなければ、タダのヒト。
例えばバラエティー番組に出演することも、大切な選挙運動でしょう。
政治家がどんなに見え透いたパフォーマンスをしようが、選ぶのは結局、有権者の責任だとおっしゃりたいのかもしれません。
ところが日本国憲法には恐ろしいことが書いてあります。

第15条第4項
すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

私たち有権者は、どんな投票行動をとろうが全く責任はないのです。
これが民主主義です。
民主主義は恐ろしいのです。

私は普通選挙廃止論者です。
簡単な有権者資格試験を行い、一国の総理大臣の名や政党名をまともに答えられない人には選挙権はありません、と。
Posted by 管理人 at 2007年08月19日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。