2007年07月23日

邪馬台国は、ここにある。

邪馬台国はどこにあったのか?
女王・卑弥呼とは何者なのか?
邪馬台国論争は、いまだに結論を見ない日本史永遠のテーマです。

かつてTBS系に『日曜特集・新世界紀行』という番組がありました。
世界各地の自然や歴史を訪ねるドキュメンタリーですが、そのなかで作家・井沢元彦氏が、邪馬台国と卑弥呼の謎に迫ったものを見た記憶があります。
井沢氏は、太陽を祀る巫女・卑弥呼の死と247〜8年に起こった皆既日食との関連(ライバル狗奴国との戦争の最中、日食により神威を失った卑弥呼は殺害された?)を指摘し、その皆既日食が観測されたのは大和ではなく九州だったと述べていました。そして宇佐神宮に祀られる三柱の神=応神天皇比売大神神功皇后のうち、固有名詞ではない比売大神の正体を卑弥呼であるとしたのです。

以前ご紹介した『ツクヨミ−秘された神』で、著者の戸矢学氏は、邪馬台国・宇佐説をほのめかしていました。そこで戸矢氏の過去の著作に興味をもち、探してみました。



卑弥呼の墓

まず戸矢氏は、魏志倭人伝に記された「卑弥呼」「邪馬台国」が当て字であることを指摘します。
「卑」や「邪」の文字は中国の王朝が周辺の異民族をさげすんで用いたもので、卑弥呼が自ら名乗ったものではありません。当時の倭人(これまた異民族に対する蔑称!)の発音を漢語で表記する際に当てはめたものです。
またヒミコという名も、女王の本名(固有名詞)ではなく普通名詞です。女王の使者が自らが戴く主人の名をヒメミコ(=高貴な女性)と呼んだのを、魏の役人が卑弥呼と書き記したに過ぎません。古代は高貴な人の本名を、臣下がはばかって口にしたはずはないからです。
ヒメミコというだけで誰かを特定できる、極めて神格の高い人物。そして全国の神社で唯一、固有名詞ではない神様=比売大神を祀る場所。それが宇佐神宮なのです。
そして宇佐神宮が鎮座する小椋山は実は前方後円墳であり、そこがヒミコの墓であると。

本書のサブタイトルは「神々のイデオロギーが古代史を解き明かす」。
神道を単なる信仰や呪術ではなく、古代人の思考体系として捉え直す試みです。神道から仏教との習合以降の要素を取り除き、そうして浮かび上がった原初の神道の姿から古代史を読み解きます。
原初の神道(そこには風水や陰陽道へとつながる、原初の道教の要素もある)は、宮都や神社や墳墓の位置を定める古代のテクノロジーであったのです。

戸矢氏はアマテラスを、ヒミコ(比売大神)に後継女王の台与が融合した神であるとしています。
また井沢氏の「日食=ヒミコ殺害」説に対しては、日本の歴史には王殺しの記録がないとして否定します。むしろヒミコの死後に日食が起こったことで神威がより高まり、それが天岩戸神話の原型になったと。
1996年刊行の古い本ですが、戸矢氏の見解に現在も変化はないと思われます。

(7月23日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
消えた(消された?)神様


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:50| Comment(14) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
fujunさん、こんにちは。日食の情報、重ねてありがとうございます。
「卑弥呼」はいわゆる「夷蛮への卑字使用」ですが、三国志本紀には「俾(つかさどる)弥呼」(上表文での自署名)とあるそうで、夷蛮視への卑弥呼の意地が感じられます。
それから井沢さんの「宇佐神宮=卑弥呼の墓」説ですが、倭人伝では「大作冢、径百余歩」で弥生の円形墳丘墓。対して小椋山は前方後円墳+石棺(神官が修築時に見たそうです)で五世紀の様相、時代が合いません。
また女王「卑弥呼」に対して狗奴国男王は「卑弥弓呼」で、「卑弥=比売」ではないことが解ります。
次に「古代神道」と呼ばれるものは、おそらくこの時代最高の知識の集積と政治的秘匿が行なわれたはずであり、それが「神業」として秘伝されたものと思われます。
道教・陰陽五行との関係ですが、私のブログでは「列島に縄文からあった五芒星文化との融合で古墳時代に花開く」との見解をとっています。
最後に「卑弥呼の死と日食の関係」はロマンチックなのですが、私は「魏の倭国支配」のための暗殺で、傀儡の華政・男王を立てたが収まらずに、更に倭政・壱与を立てて収拾を図ったと見ています(なんだかイラクや戦後天皇制みたいですね)。
Posted by ペンタクロス at 2007年07月24日 12:05
ペンタクロス様

TBS『新世界紀行』で、井沢氏が中国人の学者に「卑弥呼」「邪馬台」の漢字を古代の発音で読んでもらうシーンがあり、前者は「へメハ」後者は「ヤマダイ」と聞こえた記憶があります。
10年以上前に見た番組の記憶ですが…(笑)

男王「卑弥弓呼」も男性の固有名詞ではなく王の称号なのでしょうが、卑弥呼の名の意味を探るには、よく似た呼称である卑弥弓呼の検証も必要ですね。

井沢氏は、宇佐神宮は出雲大社と同じ四拍手であり、どちらも「四=死」で怨霊を封じ込めた神社であると述べています。
これに対し戸矢氏は、「四=死」はあまりに安易な発想であり、伊勢神宮が八拍手、宇佐と出雲が四拍手、その他の神社が二拍手なのは神社の格の高さを示すと反論しています。

宇佐神宮の座する小椋山には石棺が埋もれていることが、過去の修復で目撃されているようですね。
戸矢氏は小椋山を、最古の前方後円墳かつ石棺を持った墳墓であり、卑弥呼の墓だというのですが…築造年代はいつなのか、正確な検証が待たれます。
さらに戸矢氏は宇佐神宮の奥宮・御許山にある三つの磐座を、これは宗像三神を意味しており、御許山は卑弥呼以前の神・宗像三神の墓だと書いています。
宗像三神に卑弥呼が融合して比売大神、比売大神に台与を合祀して天照大神が生まれたのだと…面白い説です。

Posted by 管理人 at 2007年07月24日 22:46
こんばんは、おおくぼです。

邪馬台国の人って、名前が残っている人は卑弥呼だけなんでしょうか?

天照とか、神武天皇は、中国の記録にないのでしょうか?
Posted by トンデモ歴史探偵 at 2008年05月29日 23:02
おおくぼ様

魏志倭人伝には、卑弥呼以外の人物も登場します。
邪馬台国から魏へ派遣された使者は、難升米と都市牛利。
邪馬台国と争った狗奴国の王の名は、卑弥弓呼。
魏から邪馬台国へ派遣された使者は、張政。
卑弥呼の後に擁立された女王の名は、台与。

その後、五世紀の「倭の五王」の時代になるまで、中国側に記録がありません。
いわゆる「空白の四世紀」です。
Posted by 管理人 at 2008年05月29日 23:47
大和朝廷と邪馬台国は関係があるのでしょうか?

yamatai-koku

yamato

似ているような、似てないような・・・。
Posted by トンデモ歴史探偵 at 2008年05月30日 20:10
ヤマタイ
ヤマト
似ていますね。

大和こそ邪馬台国だと言う人がいれば、福岡県の山門(ヤマト)郡が邪馬台国だと言う人もいます。

邪馬台国の正しい読みは、ヤマタイ国なのかヤマダイ国なのか、あるいは「台」は「壹」の誤字であってヤマイ国と読むべきなのか…ワカリマセン。
Posted by 管理人 at 2008年06月01日 22:54
>「邪馬台国と争った狗奴国の王の名は、卑弥弓呼」


「卑弥呼」プラス「弓」=????

「卑弥」プラス「弓」プラス「呼」=卑弥弓呼

どうして似ているのでしょうか?「弓」は音なのでしょうか?意味なのでしょうか?

狗奴国=狗プラス奴プラス国

匈奴と似ていますね。これも音なのでしょうか?意味なのでしょうか?
Posted by トンデモ歴史探偵 at 2008年06月15日 21:43
おおくぼ様

卑弥呼の「卑」とか邪馬台国の「邪」とか、支那の歴史書は周辺民族の音を表記するのに卑字を当てていると思われます。
中華思想では異民族は皆、東夷・西戎・南蛮・北狄ですから。

卑弥弓呼の官職名は「狗古智卑狗」といい、これはキクチヒコを意味し、熊本県の菊池地方にいた王だとの解釈があります。
狗奴国はクマ国で、熊本県球磨地方?あるいは熊襲(クマソ)?
Posted by 管理人 at 2008年06月16日 18:10
>「卑弥弓呼の官職名は「狗古智卑狗」といい、これはキクチヒコを意味し、熊本県の菊池地方にいた王だとの解釈があります。」

官職名の方が、普通の日本人の名前に近いような・・・。

「卑弥弓呼」はどう発音するのでしょうか?

仮定として「弓」が音でなく、反逆者という意味だとしたら?
すなわち「反」卑弥呼みたいな意味で、つけられた仮名だとしたらどうでしょうか?

それとも女性が「呼」で、男性が「弓呼」なのでしょうか?
「卑弥」は名字?
実は同じ一族?
Posted by トンデモ歴史探偵 at 2008年06月16日 21:18
おおくぼ様

私は卑弥呼も卑弥弓呼も固有名詞ではなく、王の通称だと思います。
古代において、臣下は貴人を本名で呼ばなかっただろうからです。

卑弥弓呼の読みは「ヒミクコ」「ヒミココ」「ヒミキュウコ」等が考えられます。
卑弥呼が「日巫女」「姫御子」の当て字なら、卑弥弓呼は男性の貴人「彦御子=ヒコミコ」を意味するのでは…と解釈する人が多いようです。
なんだか苦しい気もしますが…

それでも、文字の記録を持たなかったであろう当時の日本人の名前が(異国の史書とはいえ)伝わっているのは凄いことだと思います。
Posted by 管理人 at 2008年06月17日 22:07
どうも、おおくぼです。
「邪馬台国は当て字」説について・・

http://www.21ccs.jp/soso/gyakujun/gyakujijunji_14.html
Posted by トンデモ歴史探偵 at 2008年08月10日 22:14
おおくぼ様

卑弥呼・卑弥弓呼の読みについては触れていませんね…
Posted by 管理人 at 2008年08月11日 02:19
卑弥呼の墓発掘プロジェクトをご支援ください。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-kat/keizibann/Project-H.html
Posted by 曲学の徒 at 2008年09月20日 23:27
曲学の徒様、いらっしゃいませ。

リンク先の写真ですが、どこなのか全く分かりません。
Posted by 管理人 at 2008年09月21日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。