2007年08月08日

地球の現代史〜不確かな真実V

地球温暖化をめぐる報道には、不確かなものがあります。
今年2月、今世紀末に世界の平均気温が最大6.4℃上昇すると、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第4次報告書の内容が報じられました。
気象庁翻訳;IPCC第4次評価報告書第1作業部会報告書(PDF)

しかし実際には、今世紀末の世界の平均気温は、温室効果ガスの排出量が最も少ないシナリオでは1.8℃(可能性が高い予測幅は1.1〜2.9℃)、最も多いシナリオでは4.0℃(同2.4〜6.4℃)上昇すると評価されています。
6.4℃とは経済高成長シナリオでの最大値であり、日本のマスコミは何の説明もなく6.4℃と報道していたのです。
地球環境問題の真実を知るために、今回はこの本を選びました。



地球史が語る近未来の環境

本書は日本第四紀学会の手になりますが、第四紀とは約260万年前から現在に至る、地質時代区分の最も新しい時代のことを指します。人類が飛躍的に進化し、また氷河期が繰り返し訪れた、地球史上特筆すべき時代です。
国際社会の今後を占うのに現代史の知見が必要なように、地球環境の未来を予測するには「地球の現代史」ともいえる第四紀の環境の研究が不可欠となりますす。

縄文時代の気候は現在よりも温暖で、海岸線は内陸部まで進んでいました(縄文海進)。
縄文時代の江戸 (古代で遊ぼ)

これは氷床が融けて現在よりも海水量が多くなったからでしょうか?
ところが当時の海水量は、むしろ現在よりも少なかったのです。
地球の表面の荷重の均衡をアイソスタシー(地殻均衡)といいますが、氷床が融解すると海水量が増えて海洋底への荷重が加わり、マントルはアイソスタシーを保とうとしてゆっくりと変形します。その結果あらわれたのが、縄文時代の海岸線です。
氷が融けると単純に海水面が上昇するわけではないようですね。地球システムの複雑さがよく解ります。

20世紀の気候再現実験によると、1930年代の気温上昇は自然要因のみで説明できるが、近年の地球温暖化は自然要因に加えて人為要因を考慮しないと再現できないそうです。
更新世末(約1万年前)の生物大量絶滅が、気候変動のせいなのか人類も関与しているのかは結論が出ていませんが、現在進行中の「2度目の大量絶滅」は明らかに人類の活動が影響しています。
地球というシステムは非常に複雑で、地球環境の未来予測は不確実です。
だからといって何も対策をしなければ、地球環境は取り返しのつかない状況に陥るでしょう。
第四紀の環境の変化は、人類の活動を無視して語ることはできません。

本書は地球温暖化問題のみならず、森林資源の利用や宅地開発に関する章もあり、環境問題に対する幅広い関心に応える一冊となっています。
特に国立公園上高地(長野県)に対する提言は、公共事業のありかたについて考えさせてくれるものでした。

(8月6日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
不確かな真実
不確かな真実U


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:45| Comment(37) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホラー映画とか、トンデモは大好きです。ノストラダムスの研究も、1999年が終わりましたけど、引き続きやっています(笑)。

「黙示録」的な予言は素晴らしいと思います。アメリカではレーガンやブッシュ・Wが熱心な信者です。

でも、地球温暖化CO2原因説は科学ではありません。

庶民にとっては、地球温暖化CO2原因説が、科学であってもなくてもどうでもいいんですけど。それは「オーラの泉」や細木数子の占いが、科学であるかどうかは、どうでもいいことですから。

でも地球温暖化CO2原因説は統計的に見ると、根拠が弱すぎます。『反社会学講座』が例として出していた殺人統計と同じです。

CO2が急激に増えたのは1800年頃からですが、地球温暖化は1980年頃からです。タイム・ラグが180年もあります。過去200年間に寒冷化は何度も起こってます。

このタイム・ラグと寒冷化の説明ができないと、科学ではありません。
科学である必要もないけど・・・・。

過去2千年間を見ると、温暖化と寒冷化を繰り返してます。CO2は西暦0年から1800年まで、ほとんど変化してません。現在より、暖かい時期もありました。

だから現在の温暖化は自然現象で、正常値の範囲内である可能性が高い。

でも環境運動は世界が一体になれる新しい宗教だと思います。黙示録的な思想が背景にあっても、積極的に評価すべきでしょう。「死後の世界はない」とか、「神はいない」とか、「幽霊はいない」とか、「死者の呪いはない」と言っても、罰当たり者と言われるのがオチです。

ちなみに生態系の破壊は、農業だと思います。農業の発展によって私達の食生活は豊かになり、長寿で健康な生活ができるようになりました。
けれど、地球の生態系は人為的に、大幅に変えられました。

これをプラスと評価するか、マイナスと評価するかは、その人の自由です。



Posted by おおくぼ at 2007年08月08日 18:29
おおくぼ様

現在、地球の平均気温は上昇傾向にあり、大気中の二酸化炭素濃度も増加しているとされています。

しかし地球温暖化の主犯を、大気のわずか0.03%にすぎない二酸化炭素であるとする言説には、私も疑問を感じています(地球の温室効果の大部分は水蒸気)。
今回採り上げた本に、この問いに対する言及があることを期待していたのですが、全くありませんでした…

地球の環境は非常に複雑で予測困難です。
IPCCの地球温暖化予測が正しいかどうかは、21世紀が終わってみないと解りません。
しかし、地球温暖化だけが環境問題ではありません。
例えば中国の急速な工業化による汚染物質の飛来や海洋への流出は、現実的な問題です。
また地球温暖化が真実であれ杞憂であれ(あるいは全くのウソであれ)、エネルギー消費は少なくて済む方がいいです。
環境問題を通して全人類が共生できる道が拓けるなら、良いことだと思います。

生態系破壊の元凶が農業であるとのご見解には、同意いたします。
Posted by 管理人 at 2007年08月09日 22:42
>「地球温暖化だけが環境問題ではありません」

その通りです。

>「IPCCの地球温暖化予測が正しいかどうかは、21世紀が終わってみないと解りません。」


これは21世紀が終わっても、わからないと思います。

私がツッコミを入れてるのは、「地球温暖化」ではなく、「地球温暖化の原因」です。よく勘違いされます。

過去の統計を丁寧みると、CO2原因説は、根拠が弱すぎるし、都合の悪いデータが多すぎるのです。


>「20世紀の気候再現実験によると、1930年代の気温上昇は自然要因のみで説明できるが、近年の地球温暖化は自然要因に加えて人為要因を考慮しないと再現できないそうです。」

この再現実験でも、どうして1930年代以後は、人為要因を考えないと再現できないんでしょうか?

多くの再現実験では、水蒸気の量や雲の量を一定で計算しているし・・・。それは科学じゃないと思うんですけど。TVゲームみたいな感じでしょうか。

あと地球の温度は、温室効果だけで決まる訳ではありません。最近の猛暑は温室効果が上がったからではありませんし。今年の暖冬も、温室効果は関係ないし・・・

世間では、気温が高い=温室効果が原因、になっているような気が・・・
・。
Posted by おおくぼ at 2007年08月09日 23:36
おおくぼ様

>世間では、気温が高い=温室効果が原因、になっているような気が・・・

そうですね。世間では都市のヒートアイランドと、温室効果による地球温暖化を混同しているのかもしれません。
地球上には人間が60億人もいて、そのうえ大量のエネルギーを消費しているわけですから、ものすごい発熱量ですね(ヒートプラネット現象?)。

>私がツッコミを入れてるのは、「地球温暖化」ではなく、「地球温暖化の原因」です。よく勘違いされます。

「地球温暖化の原因」にツッコミを入れることを、「環境問題なんかどうでもいい」と思っているのだと勘違いされては困りますね。
Posted by 管理人 at 2007年08月10日 01:11
「環境問題が大事か、大事じゃない」という二者択一は不毛だと思います。「軍隊はいる、いらない」という二者択一もそうですけど。




「地球温暖化」は事実であり、現実的な問題です。でも地震や台風なども事実であり現実的な問題です。けれど「CO2原因説」は間違いで、現実的な問題ではありません。



100年後の気温はどうなるかは分かりません。温暖化しているかもしれないし、寒冷化しているかもしれません。占いなら、原因に関係なく、当たった、外れた、で済みますが・・・
Posted by おおくぼ at 2007年08月10日 22:41
CO2原因説が科学的に間違いであったり、地球温暖化予測が科学でなくても、それはそれでいいと思うのです。


地震の原因は鯰でもいいし、風神、雷神が台風を起こしていると考えるのもいいと思います。


私は科学絶対主義者ではないので・・。
Posted by おおくぼ at 2007年08月10日 23:24
おおくぼ様は「世の中には、地球温暖化の原因がCO2でないと困る人たちがいるのでは…」とお考えでしょうか?
科学の進歩は常に公正中立ではなく、時代の雰囲気やら政府の政策やら採算が合う合わないやらの、世俗的な事情に多かれ少なかれ左右されます。
また科学者自身も、自分が依拠する学説には学者生命がかかっていますから、新説が出たからといって、そう簡単に宗旨替えすることはできません。
「温暖化CO2原因説」が一旦勢力を持ってしまうと、それを覆すのはなかなか難しいでしょう。各国の政策やビジネス界のトレンドが「温暖化CO2原因説」で一斉に走り出してしまった後ではなおさらです。
私は「温暖化CO2原因説」を、原子力推進派の陰謀だとまでは思いませんが…(原子力推進派に利用されているとは思います)。

私は科学教の信者なので、「神様が6日かけて世界を作られた」よりも「宇宙のチリやガスが集まって太陽や地球が生まれた」という創世神話を信じています。
一方、トンデモも大好きです。予言や超常現象や超古代文明の話が、本当だったらいいなとも思っています(笑)
Posted by 管理人 at 2007年08月11日 23:03
>「おおくぼ様は「世の中には、地球温暖化の原因がCO2でないと困る人たちがいるのでは…」とお考えでしょうか?」

そのタイプの人は間違いなくいると思いますが、少数派だと思います。


>「科学の進歩は常に公正中立ではなく、時代の雰囲気やら政府の政策やら採算が合う合わないやらの、世俗的な事情に多かれ少なかれ左右されます。
また科学者自身も、自分が依拠する学説には学者生命がかかっていますから、新説が出たからといって、そう簡単に宗旨替えすることはできません。
「温暖化CO2原因説」が一旦勢力を持ってしまうと、それを覆すのはなかなか難しいでしょう。各国の政策やビジネス界のトレンドが「温暖化CO2原因説」で一斉に走り出してしまった後ではなおさらです。」



その通りだと思いますが、数十年単位で見ると、流行は大幅に変わります。1970年代に寒冷化ブームがあったように、寒い年が続けば、温暖化ブームは終わるでしょう。「あるある大辞典」の納豆事件みたいな感じでしょうか?

>「私は「温暖化CO2原因説」を、原子力推進派の陰謀だとまでは思いませんが…(原子力推進派に利用されているとは思います)。」


私は陰謀論は否定しないのですが、強く肯定もしません。自分に都合のいいモノを利用するのは、人間誰しもしてることです。でも原子力推進派は少数派だと思います。

私は科学の立場から、ツッコミを入れているのですが、それはツッコミを入れるのが好きだからなんです。政治家みたいに不正を正すという気持ちは一切ありません。呉智英老師や井沢元彦の本が好きなのも、政治的な心情よりも、事実と論理の整合性で、ツッコミを入れるというスタイルに惹かれるからです。

地球温暖化に限らず、多くの環境問題オゾンホールやリサイクル運動、ダイオキシン、生態系の破壊などなどは、科学というより宗教として分析した方が理解できます。

「あるある大辞典」のように科学の仮面を被っていますが、科学ではありません。

人類が地球に悪さをしている  → 罰が当たった  と考えた方がスッキリします。

『異議あり!生命・環境倫理学』岡本 裕一朗/著が、優れた分析をしています。これとロンボルグの『環境危機をあおってはいけない』とマッサリーノの『反社会学講座』の三冊を吟味すれば、今の環境問題トンデモ理論ブームが理解可能です。あとマッサリーノの『つっこみ力』もいです。

私は、占いや葬式や多くの宗教的儀式を否定するどころか、むしろ強く肯定します。でも同時にツッコミも入れるのです。

関係ないですけど、トンデモを思いつきました。不純文学さんのM.M.は宮本武蔵では???ドラえもんのタイムマシーンで現代に来たとか。あるいは生まれ変わり?




Posted by おおくぼ at 2007年08月12日 10:36
おおくぼ様

私はCO2に起因する地球温暖化を否定はしませんが…
・二酸化炭素が大気組成に占める割合は極めて小さく、温室効果の大部分は水蒸気。
・しかしながら二酸化炭素の増減は植物の生育を左右し、生態系に与える影響は大きい。
・人類の文明活動は生態系を大きく改変し、大量のエネルギーを消費しており、気候変動に影響を与えている。
・ただし自然要因は人為要因よりもスケールが大きく、太陽活動が極小期に入ると地球には小氷期が訪れる。
…以上のような視点から、地球温暖化論議を見ています。

私はツッコミを入れるというか、常識・通説・流行をちょっと引いた視点から疑ってみたい人間です。教科書では教えないウラ知識みたいなのが好きだからでしょうか。

陰謀論については、槌田敦さんは地球温暖化を原子力推進派の陰謀だと、はっきり言っていますね。

私が思いついたトンデモは、大気中の炭素を地下に封じ込めてダイヤモンドを生成・・・出来るわけがないか(笑)
ちなみに『Newton』2007年9月号の特集はダイヤモンドです。
Posted by 管理人 at 2007年08月13日 01:36
>「大気中の炭素を地下に封じ込めてダイヤモンドを生成」

技術的には可能ですが、コストが高く、大気中のCO2の濃度に変化は無いでしょう。

私は、CO2原因説を否定します(笑)。理由は自然科学的な視点からでは無く、初歩的な統計学の視点からです。

CO2が地球温暖化の主犯説の根拠は・・・・

1. CO2は「温度を上げる力がある」、ゆえに、地球温暖化の主犯はCO2である。

2. CO2の濃度は上がっている、地球の気温も上がっている、ゆえに、地球温暖化の主犯はCO2である。

こんな子供騙しの理屈では、駄目だと思います。


>「陰謀論については、槌田敦さんは地球温暖化を原子力推進派の陰謀だと、はっきり言っていますね。」

槌田敦は、特定の人物や団体について語っているので、それを一般化することはできません。槌田敦のそのタイプの批判は、少数派に対する批判です。間違いではありませんが・・・

槌田敦の話は・・・

1. 個人的な問題
2. 自然科学の理論的な問題

が混じっています。私が興味あるのは、2の方です。

『CO2温暖化説は間違っている』や『熱学外論』は、理論的に骨太です。読んでいて教えられることが多かったです。

また広瀬立成の『物理学者、ゴミと闘う』、『地球環境の物理学』もいいですね。


>「常識・通説・流行をちょっと引いた視点から疑ってみたい人間です。教科書では教えないウラ知識みたいなのが好きだからでしょうか。」

私もそうです。でもツッコむのも大好きです。
Posted by おおくぼ at 2007年08月13日 18:21
おおくぼ様

金星を例に挙げて「このままCO2が増え続けると、地球もいつか金星のようになる」と教えるのも良くないんでしょうね。
金星の大気はほとんどがCO2で、地球よりも太陽に近い。自転周期も200日以上。そしてなにより生命が存在しません。

もちろん地球に生命が生まれなかったら、地球も金星のようにCO2が主の大気で、灼熱の惑星だったかもしれません。でも生命がいなかったら…という仮定には意味がありません。環境問題とは人類の生活に不都合な環境が生じる問題であって、生命(人類)のいない環境を想定するのはナンセンスですから。

ただし地球温暖化論議は、大量のエネルギーを浪費して汚染物質を撒き散らしながら工業化を急進させる国に対して、方針を転換させる圧力になりうる点では意味のあるものだと思います。
Posted by 管理人 at 2007年08月14日 21:47
>「ただし地球温暖化論議は、大量のエネルギーを浪費して汚染物質を撒き散らしながら工業化を急進させる国に対して、方針を転換させる圧力になりうる点では意味のあるものだと思います。」

具体的に思いつかないんですけど・・・。
F(^^;)

私は環境問題は、自然への信仰が形を変えたものだとプラスに評価しています。水木しげるの漫画もそうですけど、自然信仰は重要です。

自分のブログにも書きましたが、金星の温度は謎です。CO2だけでは、250度が限度です。実際は450度以上。
また自転が遅いけど、裏表の温度差が小さいです。地球との違いは磁場ないことですね。また水が少ないため、熱を外部に逃がすことが難しいのです。地球は水の循環で、温度が低いのです。

金星は地球より太陽に近いですが、厚い雲に覆われているので、地上に届く可視光線は地球よりも少ないです。太陽に近いから熱いというのは、先入観です。
Posted by おおくぼ at 2007年08月14日 23:09
おおくぼ様

国際的なCO2削減の流れが、急成長している中国やインド、そして世界一のエネルギー大量消費国であるアメリカに対し、省エネルギーを促す圧力として働きうる点で、地球温暖化CO2起因説にも意味はあるのではないかということです。実際に効果が出るかどうかは別ですが。

地球にのみ生命が誕生した理由を、金星では太陽に近すぎ(熱い)火星では遠すぎる(寒い)が、地球は中間の距離にあるため生命に適した条件になったとの説明がよくなされますが、そう単純ではないようですね。確かに地球上には、灼熱の熱水噴出口に棲む生物がいます(しかも熱水噴出口こそ生命誕生の場との説もあります)。
金星は自転が遅いにも関わらず(太陽から見て)裏側の温度も高いのは、高速の気流があるからという説もあるようですが…謎が多い星ですね。

ところで、おおくぼ様が「地球温暖化CO2起因説」の呪縛から解こうとしている相手は、主にマスコミ?科学者?それとも一般大衆でしょうか?
Posted by 管理人 at 2007年08月15日 18:19
省エネは大賛成ですが、日本を考えた場合、エネルギーの「総使用料」は、高度成長期より減っているのでしょうか?

アメリカや中国は省エネ無視ですけど、省エネをしても、「総使用料」は減らないのでは?

ところで火星が寒い理由も謎です。大気の90%以上はCO2ですが、惑星の体積は小さいです。自転速度は地球と同じぐらいです。

金星の高速の風は、かなり上空です。金星の上空は寒いです。
金星の裏側の温度が変わらない理由は、圧力が大きい為、熱の伝導率が高いためでは・・と推測しています。圧力鍋と同じ原理です。


>「ところで、おおくぼ様が「地球温暖化CO2起因説」の呪縛から解こうとしている相手は、主にマスコミ?科学者?それとも一般大衆でしょうか?」

地球温暖化に興味があって、真実を自分のアタマで理解したい人ですね。

永井均流に言うと、<子ども>です。だから、ほんの一部の人です。


Posted by おおくぼ at 2007年08月15日 21:40
おおくぼ様の啓蒙活動の対象は、子どものように純粋で旺盛な好奇心をもち、「王様は裸だ!」と真実を言える人ですね。

そして大部分の人は、地球温暖化の真相・深層にまで考えが至らなくとも、環境問題を通して「自然への信仰」に帰依すれば良いとのことでしょうか(笑)

私はアニミズム信者を自称していますが、既存の宗教や神概念に依らず、自ら「大いなるもの」を求めた結果です。
「大いなるもの」とは言っても、神だとか霊だとか生命の尊厳だとか崇高なものではなく(笑)、単に自然に対する「センス・オブ・ワンダー」ですが。それに科学という「宗教」をミックスしています。
信者は教祖一人です(笑)
Posted by 管理人 at 2007年08月16日 23:53
 おおくぼさん、あいかわらずのようですが、槌田説がいかにおかしな話か、というのも宣伝させていただきます。

ブログ『温暖化いろいろ』のカテゴリー:温暖化懐疑派・否定論
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/category_131.html
の中の、
 討論会の感想
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/454.html
 グローバルな炭素循環について
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/456.html
 「温暖化の結果CO2増加が起こっている説」では説明できない現実その1〜4
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/8902.html
をご覧ください。
Posted by SGW at 2007年08月27日 12:16
SGW様、いらっしゃいませ。

当Blogは、地球温暖化論争に科学的真偽を下すことを目的とはしていませんし、また管理人にそのような能力はありません。
ただ、(環境問題のみならず全ての分野において)世間一般に流布する言説をそのまま受け入れることを良しとせずに、新聞やテレビや学校では教えてくれない知の世界を求めて、さまざまな書物と交遊しております。

当Blogにたびたびコメントを寄せてくださるおおくぼ様は、世間の常識をあえて疑いツッコミを入れることで見えてくるものがある、とのお立場だと理解しています。そこから導き出される主張が正しいか否かは別として、当方にはない視点を提示してくださるので、その意見は尊重します。もっともそれは、コメントをくださる全ての方に対して同じです。

私の地球温暖化論争に対する姿勢は先にも述べた通りですが、人類の文明活動による気温上昇を認めます。
ただし、地球の大気の温室効果そのものは多くが水蒸気によって担われていることや、太陽活動による地球の気候変動への影響等も知っておくべきとの立場です。

このたびSGW様から「温暖化の結果CO2が増加した」との説に対する否定データのリンクをいただいたわけですが、地球温暖化肯定派・懐疑派いずれの主張についても「ここはおかしい」あるいは「これは慧眼だ」というものがあれば、教えていただければ幸いでございます。
Posted by 管理人 at 2007年08月27日 22:13
管理人さん、ご迷惑をおかけしてすいません。

SGWさんはどうやって、こちらのブログを発見したのかわかりませんが、ここの管理人さんは懐が深いです。

私は自分のブログで自説を展開してます。アクセス数は低いですけど。
F(^^;)

槌田先生の説は大いに参考にしてますが、全面的に賛成という訳ではありません。私の説と槌田先生の説で違う点もいくつかあると思います。地球温暖化の原因がCO2ではないという結論は一致しますけど。

数学のテストと同じで、答えが一緒だからと言って、解法が同じとは限りません。
Posted by おおくぼ at 2007年08月27日 23:52
おおくぼ様

この場を使って、おおくぼ様とSGW様とで議論していただいても構いません。

Posted by 管理人 at 2007年08月28日 00:46
こちらの掲示板にも、よく書き込みをしています。

http://otd12.jbbs.livedoor.jp/323440/bbs_index

参考までに
Posted by おおくぼ at 2007年08月28日 07:19
おおくぼ様

私は現在、次のような疑問に対する解答を探しています。

1.大気中のCO2濃度が0.03%から0.04%に上昇することによって、具体的にどの程度地球の平均気温が上昇するのか?

2.工場、発電所、交通機関、家庭やオフィスの冷暖房に照明など、人類の文明活動は毎日大量の熱を発生し続けております。CO2の排出による温室効果ではなく、人類の直接的な発熱による環境への影響はどの程度なのか?

私が「人類の文明活動による気候変動」という場合、それは必ずしもイコール「CO2」ではありません。人類の文明活動(農業も含む)にともなう気候・生態系の変化による(CO2排出増を直接的な原因としない)地球温暖化もあるのではないか、と思うのですが…

「CO2は温室効果ガスである⇒だから地球温暖化の主犯はCO2である」
「地球の環境は複雑で予測困難である⇒だから地球温暖化の主犯はCO2ではない」
どちらのロジックにも同意できません。

余談ですが、旧皇族・竹田宮家の御曹司として著名な竹田恒泰氏は、環境学が専攻なんだそうです。IPCCの過去100年の気温変化について「100年前の気温測定の精度に疑問がある」として、温暖化を否定しています。おおくぼ様好みの(?)ツッコミではないでしょうか?
既読でいらっしゃるかもしれませんが↓
http://www.takenoma.com/hibiki-40.html
Posted by 管理人 at 2007年08月28日 22:13
竹田氏のサイトは前にも紹介してもらいましたけど・・・。食糧危機についての意見は、同意できません。

地球は大きすぎるので、人為的があるのか、ないのかよくわかりません。統計的には気候への明確な影響は見えません。ヒート・アイランド現象のように部分的な影響はありますけど。

太陽や風や雲や海流の影響の方が圧倒的にデカいので、微量な影響の認識は難しいのです。

ただ中国の環境被害を見れば、環境問題の重要さは自明だと思います。中国の場合は、資本主義化することによって環境被害が悪化しました。

反・資本主義国家の時代の方が良かったという証明でしょうか?
F(^^;)


        ★

紹介した掲示板は、そこの管理人さんが、近藤氏という方の為に作ったものです。

近藤氏のサイト ↓

http://env01.cool.ne.jp/

私も何度か、掲示板で議論したことあります。「地球温暖化」についてかなり専門的な内容が山盛りのサイトです。

私は全面的に賛成という訳ではないのですが、かなり参考になりました。
Posted by おおくぼ at 2007年08月28日 23:12
おおくぼ様

現在、地球の平均気温は上昇トレンドにありますが、どこまでが自然変動でどこからが人為要因なのか、ハッキリしないというのが最も正確な解答のようですね。

歴史時代以降、中世の温暖期や近世の小氷期がありました。
20世紀はじめにも温暖期があり、半ばには寒冷化傾向が見られ、氷河期再来を警告する科学書が出版されました。そして前世紀末から今日に至るまで温暖化が続いています。
こうした過去の気候変動をもとにコンピュータ・シミュレーションをすると、近年の気温上昇カーブは人為的要因を加えないと得られないというのでしょうが…
しかし産業革命以降、一貫して気温が上昇しているわけではなく、前述したように20世紀に入ってからも寒冷化していた時期があります。

太陽活動には11年周期、さらに55年の長周期もあります。
当然ながら20世紀においても、気温が上昇したり、下降したりするわけです。
近い将来、現在の気温上昇トレンドが一転する可能性はありそうですね。
私は気候変動の人為要因を否定しませんが、それ以上の気温上昇・下降を、自然のサイクルはもたらしています。
Posted by 管理人 at 2007年08月30日 22:54
追記

CO2が1800年から急激に増えているのは事実だし、その原因は人間である可能性は濃厚ですけど。でも、もとの量が超少ないし、過去数億年という期間で見ればCO2は激減しているんですけど。

また産業革命以後、人間はそれまで大気中に無かったり、微量だった気体を多種類に渡り放出しています。そちらの気体は、地球環境にどんな影響を与えるかは、これから解ることでしょう。

実際に有毒であることが解っているのに、焼却炉から出ている気体もありますけど・・・。

参考:広瀬立成の『物理学者、ゴミと闘う』(講談社現代新書)
Posted by おおくぼ at 2007年08月30日 23:01
>「こうした過去の気候変動をもとにコンピュータ・シミュレーションをすると、近年の気温上昇カーブは人為的要因を加えないと得られないというのでしょうが…」


私は過去のコンピュータ・シミュレーションを信じることができません。理由は簡単で、天気予報がよく外れるからです(笑)。

「惑星の運行」のシュミレーションは、何億年先でも当たるらしいのですが・・・

最近、雨が降ったせいで、酷暑は治まりました。雨の力は凄いです。

地球の過去の温度変化を丁寧に見ると、緯度によって違います。南極は1980年以後も温暖化していません。北半球と南半球でも違います。これは「海洋面積と海流の関係」と「地軸のズレによる太陽光線の入射角度の関係」が原因だと思います。

太陽の周期は解らないことが多いのです。11年周期も、正確に11年ではありません。11年〜13年ぐらいのズレはあるみたいです。
Posted by おおくぼ at 2007年08月30日 23:13
おおくぼ様

産業革命以降のCO2増加は、私も人為要因だと思います。

地球の歴史を長い目で見ると、おっしゃるとおり現在のCO2濃度はとても低いです。
かつて二酸化炭素が多かった地球の大気は、植物が大量に酸素を生成したおかげで、生物が陸上に棲めるようになりました。嫌気性生物にとっては、これも一種の「環境破壊」といえなくもありません。
環境問題とは、あくまで人類の生存に不都合な「環境」の問題なのです。
すべて生物は、自らの生存に都合の良いように、環境を改変しながら生きています。呼吸をしたり、エサを摂ったり、巣を作ったり…
ただ、これまでの生物による環境改変は、ゆっくりと、しかも小規模になされてきました。しかし人類の登場によって、改変のスピードは急激に、そして大規模になりました。さらに、これまで大気中になかった物質も作り出しています。
人類が地球史上これまでにないスピード・規模・質の環境改変を行い、行った人類自身がコントロール不能に陥りかけている…これが「環境問題」なのでしょう。

ご指摘のように、地球温暖化が叫ばれるなか、かえって南極は氷が増えているそうですね。
北半球と南半球の差は、私も陸地面積・海洋面積の差だと思います。
陸地は暖まりやすく、冷めやすい。海はその逆です。
グリーンランドはその名の通り、かつては緑の大地でした。

北半球には工業国が多いから暖まりやすい…ってことはないですよね(笑)

Posted by 管理人 at 2007年08月31日 23:37
>「環境問題とは、あくまで人類の生存に不都合な「環境」の問題なのです。」

そうです。そして、それでいいんです!

>「人類が地球史上これまでにないスピード・規模・質の環境改変を行い、行った人類自身がコントロール不能に陥りかけている…これが「環境問題」なのでしょう。」

例えば、戦争でしょうか? 核戦争や生物&化学兵器戦争になれば尚更でしょう。


>「南極は氷が増えているそうですね。」

南極の上空に流れ込む水蒸気は増えているからです。地球最大の温暖ガスである水蒸気が、20世紀では人為的に増加しているという説もあります。

http://eco.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=2007072403355n1


>「北半球には工業国が多いから暖まりやすい…ってことはないですよね(笑)」

そんなことはありません。都市が温暖化しても、全体には影響を与えません。気象庁の過去の統計を見ても、日本で人口の少ない観測地点は、ほとんど温暖化していません。海外でも同じです。

マイクル・クライトンのSF小説『恐怖の存在』(ハヤカワ文庫)を参考にして下さい。

オゾン・ホールなんかは、北半球の工業国が出したフロン・ガスが南半球の極点に影響を与えるの?という疑問があります。私は影響を与えないと思ってますけど。
Posted by おおくぼ at 2007年09月01日 17:45
追記

>「産業革命以降のCO2増加は、私も人為要因だと思います。」

CO2は産業革命より前から増えています。化石燃料によるCO2の増加は、原因の一端ではありますが、主因ではありません。

CO2の増加は人口の増加と比例しています。たぶんモノを燃やす機会が増えたからでしょう。

だから、真剣にCO2を減らしたい場合は・・・・モノを燃やすことを止めるか、大幅に減らすべきでしょう。焼却炉は廃止、ガスも使用禁止、工場でも火の使用を禁止などなど・・・。
Posted by おおくぼ at 2007年09月01日 17:50
おおくぼ様

人類が地球史上これまでになかったスピードで、大規模な環境改変を行っている…それは森林の再生速度を上回る木材の伐採であったり、自然の浄化力を上回る廃棄物であったりします。大規模な自然破壊であるとともに、エネルギーの大量消費である戦争は、その極端な例です。また自然界に存在しなかった化学物質の放出も、地球史上かつてない環境改変といえます。
人為要因ではありませんが、他天体との衝突や大規模な火山噴火も、通常の自然のサイクルを超えた環境改変です。この場合、当然ながら地球上の生命の大部分は失われます。

北極の氷が減少し、南極の氷は増えている…
北半球は陸地が多く、人口が多く、当然ながら工業国も多い。なるほど、単純に北半球の方が温まりやすいと考えても差し支えないわけですね。
大気の温室効果による温暖化は地球規模ですが、ヒートアイランドは地域的な現象です。地球環境問題と地域環境問題の違いを見極めることも必要でしょう。

おおくぼ様に倣って…
真剣に地球温暖化を止めたい場合は、最強最大の温室効果ガスである水蒸気を減らすことです。お湯を沸かすのは禁止、暑くても汗をかくのは禁止です…もちろん、そんな世の中に棲みたくはありません(笑)
Posted by 管理人 at 2007年09月02日 20:43
環境破壊と豊さの享受は、矛盾しない場合があるのです。

冬も夏も裸で、自然の食べ物だけ食べて生きる野生動物の生活は、辛いです。長生きできないし・・・。

快適な生活をするのは、環境破壊は必要なのです。



>「人類が地球史上これまでになかったスピードで、大規模な環境改変を行っている…」

これは疑問です。

科学の力で、地球史上これまでになかった物質を作っていることは事実ですけど。

ただ過去2百年の間に、人口は爆発的に増えたので(平均寿命が伸びたから)、それ以前よりも環境破壊が進んだのは事実です。
Posted by おおくぼ at 2007年09月02日 22:45
おおくぼ様

人類をはじめ、あらゆる生物は環境を自分に都合のいいように変えねば生きて行けません。呼吸すること(二酸化炭素の放出!)、エサを摂ること、巣を作ること…すべてがそうです。
それで私はあえて環境「破壊」ではなく、環境「改変」という言葉を使っています。
なかでも人類は文明によって、これまでの生物よりも急激に大規模な環境「改変」を行っています。火の使用は、その象徴的なものでしょう。化石燃料や原子力エネルギーによって、人類はこれまで自然界に存在しなかった化合物を生み出すに至りました。

それが本当に地球史上かつてなかったスピードと規模の「異変」なのかというと、天体衝突やそれにともなう生物の大絶滅などの地球史上の「大異変」の例を先に挙げていますので、ご確認ください。わかっていてのツッコミだと思いますが…
地球の大気に酸素が含まれるようになったのも、(人類にはなしえない)環境の「大異変」です。もっともそれは天体衝突のように瞬時に起こったことではなく、長い時間をかけてですが。
産業革命以降の人類による環境「改変」も、地球史でみれば一瞬のようなものです。

平均寿命の延びとは、乳幼児死亡率の低下に他なりませんね。
平均寿命とは0歳の平均余命ですが、古代人の平均寿命が15歳といった場合、みんな15歳で死んだ、老人はほとんどいなかったと勘違いしている人がいるかもしれません(笑)
古代であっても、5歳まで生きた場合の平均余命は30年(35歳)だったり、15歳での平均余命は40年(55歳)だったりします。
Posted by 管理人 at 2007年09月03日 23:34
最近、自分のブログのコメント欄で政治談義を延々としています。かなりトンデモ内容な気がしているんですけど・・・。
F(^^;)
Posted by おおくぼ at 2007年10月25日 00:42
おおくぼ様

『お茶の間で、ひねくれ読書。』を読んで、今月の『現代思想』の特集が「温暖化の真実」なのに気付きました。ありがとうございます。

9.11陰謀論の記事に、多くのコメントがついていますね。
ただ、ポルシェ911さん(9.11テロに掛けている?)のコメントは改行がなくて読みづらいので、最後まで読むのを断念しました(笑)
本日訪問しましたら、最近のコメントには改行が入っていました。
改めて読み直してみると、時事ニュースをはじめ音楽・モータースポーツなど話題の広い方ですね。ご自分のホームページやブログはお持ちでないのでしょうか。
Posted by 管理人 at 2007年10月26日 21:45
>「ご自分のホームページやブログはお持ちでないのでしょうか。」

持ってないみたいですね。最新コメントでは、車の話題をふられたのですが、私は車に詳しくないので、答えることができません。
F(^^;)
Posted by おおくぼ at 2007年10月26日 22:40
おおくぼ様

クルマと環境問題は、大いに関係しますね。
第40回東京モーターショーが開幕しましたが、私にはサプライズを感じるものがなくて、実はあまり関心が高まらずにいます。日産『GT-R』のデザインやスペックは、事前にある程度判っていましたし…

『GT-R』の777万円は、ホンダ『NSX』が800万円だったことを考えると決して高価ではありませんが、若者が乗れる価格ではありません。『GT-R』やレクサス『IS-F』のようなスーパーカーが、日本から誕生したことは素晴らしいことです。しかし『GT-R』や『IS-F』に憧れる若者の受け皿がないのが現状ではないでしょうか。
若者に向けたメーカーの回答が『ラウンドボックス』(日産)や『Hi-CT』(トヨタ)では「若者のクルマ離れも仕方ないか…」というのが、今回のモーターショーに対する正直な印象です。
いま求められているのは、21世紀のシルビアであり、レビンだと思うのですが。それとも、これがマーケティングなる「科学」の導いた正解なのでしょうか?

私が最も心を引かれたのは、エコとスポーツの両立を目指したホンダのハイブリッドスポーツカー『CR-Z』です。一日も早い市販が望まれます。
軽自動車よりも短い全長で4人乗りを実現した、トヨタ『iQコンセプト』にも大いに期待しています。ただ、余りに顔が醜いので市販時にはもっと品良くしてもらいたいです。
Posted by 管理人 at 2007年10月28日 01:29
日本の車は海外で売れていますが、海外で日本車専門のメンテ工場が少ないのが問題だと思います。

もし、日本車のメンテ工場が海外で増えれば、日本車の海外での売上は現在以上に上がると思います。

そうすれば、日本車はもっと多様化して面白くなる筈です。
Posted by おおくぼ at 2007年10月28日 21:55
おおくぼ様

日本車の海外での販売が今以上に増えると、貿易摩擦が再燃するかも…(笑)

冗談はさておき、実は「日本で買えない日本車」が数多く存在します。デザインも国内仕様より魅力的で、日本国内で販売しても成功するのではないかと思われる車種がいくつもあるのです。実際に並行輸入して乗っている人もいます。

日本ではセダン&スポーツカーの市場が縮小し、今年で50周年を迎えた名車スカイラインにもかつての勢いはありません。しかしアメリカでは大人気車(インフィニティG35/G37)となっており、北米市場であげた利益のおかげで、日本のスカイラインが旧来のファンが求めるクルマにモデルチェンジできたという不思議な構図になっています。
Posted by 管理人 at 2007年10月29日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。