2007年08月26日

フェラーリをデザインした日本人

「メイド・イン・ジャパン」は品質は良いが、デザインは海外ブランドのものが優れている…との思いは日本人に根強く残っていると思います。
しかしながら、海外で活躍する日本人デザイナーは少なくありません。
あの世界を代表するスポーツカー、フェラーリも日本人がデザインしています。



フェラーリと鉄瓶



伝統の逆襲

奥山清行氏、海外ではケン・オクヤマの名で知られています。NHKのプロフェッショナルにも出演したので、ご存知の方も多いでしょう。GMポルシェ、そしてピニンファリーナでチーフデザイナー、デザインディレクターを歴任し、代表作はフェラーリ創立55周年記念モデル『エンツォ・フェラーリ』、マセラティクワトロポルテ』など。
2006年に独立。カーデザインのみならず、日本の職人の技を生かした地場産業の再生を目指しています。

ピニンファリーナは、フェラーリをはじめとする世界各国の自動車メーカーからデザインを受託する、イタリア・トリノにあるカロッツェリア(デザイン工房)です。自動車以外の分野も幅広く手掛け、トリノオリンピックの聖火台・トーチもデザインしています。
古代ローマ文明やルネサンスの名作を生んだ、デザインの国イタリア。日本人が思い描くイタリア人は、さぞかし派手で陽気で人生を謳歌してそうなイメージですが、実際は随分違うそうです。
イタリアは階級社会であり、名家の出身でないと高い地位に就くことはできません。市役所の手続きには長蛇の列で、午前中に終わらなかったら午後にはまた並び直し。鉄道が遅れるのも当たり前です。何につけても仕方がないから、あきらめる。奥山氏はイタリアを「あきらめの国」と呼んでいます。
人々の暮らしぶりは地味で、おしゃれな「チョイ悪おやじ」なんてまずいません。「あきらめの国」だからこそ、現在の地位や収入の範囲で日々を楽しく暮らそうとしているのでしょう。

ピニンファリーナでは、アイデアスケッチが採用されたデザイナーひとりが最後までプロジェクトに関与します。選考にもれたデザイナーに仕事はありません。一人のデザイナーがライトやドアハンドルなど細部まで手掛けますから、一台のクルマのデザインに統一感が出るのです。
日本の自動車メーカーでは、採用案にボツ案のテールランプを組み合わせて、最終デザインを決定することがあります。また製品はチーム・企業のものであって、デザイナー個人の名前が表に出ることはあまりありません。
日本人とイタリア人で、デザイナーひとりひとりの力量に差はないと奥山氏は言います。むしろ日本人の方にクリエイティブな仕事をする人が多いと。それなのにイタリアン・デザインの方が優れているのは、製品にデザイナー個人の特徴が現れているからです。
日本企業の製品が市場に出たときにデザイナーの個性が消えてしまっているのは、とんがったアイデアが「会議」を経て当たり障りのないものに変わってしまうからでしょうか。誰も責任を取らなくていいシステムではありますが…

フェラーリと鉄瓶 』と『伝統の逆襲 』は重複する部分が多いですが、奥山氏の人となりやデザイナーとしての仕事ぶりを知りたい方は、まず前者をお読みください。後者はより理論的で、今後の日本のものづくりに対する提言となっています。

KEN OKUYAMA オフィシャルサイト

(8月26日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸術・娯楽交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミニッツにはエンツォのデザイナーも大絶賛
Excerpt: ミニッツ(mini-z)には、エンツォのデザイナーも大絶賛「公認」されるクオリティ。例えば、フェラーリ。全体のフォルムは正確か、美しいディティールは再現されているか――。
Weblog: ミニッツ.com/MINI-Z.com
Tracked: 2007-09-03 22:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。