2007年09月30日

休日はソウジしよう。

ときどきNHKラジオの『高校講座』を聴いています。
「現代社会」「倫理」「現代文」…などいろんな番組がありますが、「古典」を聴いていて改めて面白いなあと思ったのは荘子です。
荘子…人名の場合はソウシ、作品名の場合はソウジと読みます。本名は荘周といったそうですが、実在の人物ではないとの説もあるようです。
番組で紹介されたのは、有名な『胡蝶の夢』。
荘周は夢のなかで胡蝶(チョウ)となった。愉快だった。自分が荘周だという自覚がなかった。目覚めてみると、まぎれもなく荘周であった。果たして荘周が夢のなかで胡蝶になっていたのか。それとも胡蝶が荘周の夢をみているのか。
みなさんは、こんな思いを抱いたことはありませんか?
「この世界は自分の脳が見ている幻覚ではないだろうか。自分が死んだら同時に世界も消滅するのではないか」あるいは「世界は今からたった5分前に創造された。それ以前の記憶やら遺物とともに…」
これらは『胡蝶の夢』のエピソードのように、証明のしようがありません。そんな合わせ鏡の迷宮のような世界に、荘子はいざなってくれます。

もうひとつ印象に残ったのが『渾沌』のお話。
南の海の皇帝と北の海の皇帝は、中央の皇帝・渾沌に会いに行った。渾沌は二人を歓待した。南の海の皇帝と北の海の皇帝は混沌の恩に報いようと、なにも無い渾沌の顔に目・鼻・口・耳の七つの穴を開けてあげることにした。毎日ひとつずつ穴を開けていったが、七日目に渾沌は死んでしまった。
人為の愚かしさを解いた説話として有名ですが、私には「知る」ということの恐ろしさを示しているようにも読めます(「知らぬが仏」なんて言いますよね)。

休日は世間の喧騒を忘れ、荘子の超俗の境地と戯れたい!
心のお掃除をしてくれそうな、魅力的なタイトルを見つけたのですが…



日曜日に読む『荘子』

『荘子』に書かれた数々のエピソードを紹介し、その発想の面白さを味わう一冊だと思ったのですが…なんだか違う。
酒好きの山田史生先生が、『荘子』を肴に言葉とか世界とか因果関係とかの論理を語る、えらく理屈っぽい本なのでした。
無為自然の境地とは、まるで逆。口直しに今日はもう一冊読もう…

でも『渾沌』をめぐる最終章は、「絶対的な無分別の象徴である渾沌は、南と北の皇帝の恩返しを拒めなかった。渾沌の死はいわば自業自得か?」との解釈が面白かったことを付け加えておきます。

(9月30日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。