2007年10月21日

裁判員になりたいですか?

平成21年5月までには始まることになっている裁判員制度
国民の健全な社会常識を裁判に生かす…一見もっともな主張ですが、私は裁判員制度に疑問と不安がいくつかあります。

まずは疑問。裁判官が不足していたり業務に支障が出ているわけでもないのに、なぜ素人の裁判員を参加させるのでしょうか。
裁判員は国民から抽選で無作為に選ばれるのですが、大抵の国民はなんらかの職業をもっています。裁判員になると数日から数週間は業務に従事できません。これは経済活動の自由を保証した憲法に違反していませんか?
そして不安。裁判員は被告人と顔を合わせます。個人情報は十分に保護されるといっても、かつて自分が有罪にした被告人から仕返しを受ける恐れはないのでしょうか。

ここに裁判員制度に対して強く疑問を呈する一冊があります。著者・西野喜一氏は、元判事の司法研究者です。



裁判員制度の正体

裁判員審理の対象となるのは、その犯罪に対する刑の最高が死刑、無期懲役、無期禁錮にあたる重大な刑事事件です。具体的には殺人、放火、強盗傷害、傷害致死などが挙げられます。比較的軽い刑事事件は対象となりません。また民事事件、行政事件、少年事件、家事事件は対象となりません。
重大な刑事事件は慎重な審理が要求されるうえ、資料が膨大で裁判員が拘束される日数が多くなります。先に述べたように、裁判員になる人の多くは他に仕事や家事を抱えているわけです。裁判員への負担軽減のために、慎重であるべき審議の時間が短縮され、粗雑化する恐れがあります。

西野氏は、そもそも裁判員制度が憲法違反ではないのかと主張します。
被告人は公平な裁判を受ける権利を有し、裁判は「良心に従って独立して職権を行う、憲法と法律のみに拘束される」裁判官によってなされます。公平かどうかわからない素人の裁判員に、被告人は人生を委ねることになるかもしれません。
プロの裁判官と素人の裁判員とでは、任務に対するモチベーションが違います。あなたは日当一万円で自分の仕事をそっちのけにして、他人の人生を大きく左右する判決を下す任務に堪えられますか。
死刑判決を下すことは、プロの裁判官であっても非常な重圧と思われます。西野氏が指摘するように、裁判員の参加には、死刑判決に対する裁判官の心理的負担を軽減する働きがあるのかもしれません。

本書には、あなたがもし抽選で裁判員候補者に選ばれた場合に、逃れる方法がいくつも提示してあります。
ただ、裁判員制度は現代の「赤紙」であり徴兵制への入口だとの主張には行き過ぎの感もあり、本書で指摘される問題点のいくつかは杞憂かもしれません

私は現行の裁判員制度に反対ですが、裁判に国民が参加することの意義自体は否定しません。
裁判に「国民の健全な社会常識」を反映させることが狙いであるなら、むしろ日常生活で起こりがちな軽度の刑事事件や少年犯罪にこそ裁判員制度を導入すべきではないでしょうか。

(10月15日読了)


管理人のひとりごと

法務大臣が死刑執行を拒むのは、司法の決定に行政が異を唱えることであり、三権分立を定めた憲法に違反しています。
これは死刑存続の是非とは別問題です。

死刑は、万が一誤審だった場合に取り返しがつかない結果を招きます。
死刑廃止への前段階として、殺人事件被害者の遺族が希望するなら、遺族に死刑執行のボタンを押させるというのはどうでしょう(遺族の復讐心を満たすことは法の精神に反していますが…)。
自らの手で死刑を執行した被害者遺族が、その経験から「死刑は残酷であり、即刻廃止すべきだ」と訴えるなら、私もそれに同意いたします。

それでも私は(加藤尚武氏が言うように)、自分が取り返しのつかない大罪を犯してしまった場合に、自らが願い出るためにだけ、死刑を残しておいて欲しいのです。


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
郵政同様にアメリカからの圧力と聞きましたが本当でしょうか?
まあ、成り立ち云々はともかく、いつの間にやら話が進み誰も知らないまま法案がまとまる。
TVは反対意見を述べる識者も見掛けないし、まるで大本営発表の様ですね。
与党だけではなく野党まで賛同してるから今後に期待するのも難しい・・もはや日本には失望しか感じられません。
私に出来る事は自らの命を以て拒否するだけ。
法務省前でフェードアウトすれば国に想いが届く事を祈って・・・(多分無理でしょうが失うものは無いので)
Posted by グレイ at 2008年04月16日 19:33
グレイ様

今週はちょうど、NHKの朝のニュースで裁判員制度を採り上げていました。

知れば知るほど不安が募るのが、裁判員制度です。
証拠物件として残虐な死体写真を見せられる可能性がある、裁判で知り得た秘密は墓場まで持って入らねばならない…など、抽選で選ばれた一般人に課すには重い任務です。

裁判員に選任されることを免れる最も確実な方法は、該当事件について警察に告発することでしょうか。
あるいは己の信念に従って断固出廷を拒否し、10万円以下の過料に課せられるか…
裁判員候補者の面接で「絶対死刑」とか「絶対無罪」とかの偏向意見を述べるという手もありますが、かえって検察側あるいは弁護側から強く推薦されてしまう可能性もあります。

裁判員制度施行まで、あと1年しかありません。
しかし、考えようによってはまだ1年あります。
裁判員制度への疑問や不安を強く訴えていきましょう!
Posted by 管理人 at 2008年04月18日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『裁判員制度の正体』
Excerpt: TBありがとうございました。色々考えさせられることの多い一冊でした。
Weblog: トキハの図書室・音楽室
Tracked: 2008-03-26 00:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。