2007年10月29日

パイプラインの国際政治学

とどまるところを知らない原油価格の高騰。1バレル=100ドルになる日も近いのでは…と懸念されています。
また、世界的な地球温暖化対策にともない原子力発電が見直され、ウラン価格も上昇を続けています。
(地球温暖化の主犯が二酸化炭素なのかどうかとか、原子力発電所の建設・運転にだって化石燃料を消費しているじゃないか…という議論は、ここでは措くとします)

石油にウランにレアメタル…あらゆる鉱物資源を輸入に頼る日本にとって、資源価格の高騰は死活問題です。国際資源争奪戦の行方には目を離せません。



世界新資源戦争

宮崎正弘氏は、中華人民共和国の全33省を踏破した中国ウォッチャーとして知られています。本書の中心となるのも、中国そしてロシアの資源戦略です。

プーチン大統領率いるロシアは、いまや資源商社と化しました。外貨獲得のみならず外交の道具として豊富な資源を活用しています。
ロシアの支配から抜け出そうとする旧ソ連諸国に対し、石油やガスの供給を止めたり、パイプラインのルートを変えたりと妨害工作。ヨーロッパ諸国もまた、ロシアからの資源供給に依存しています。これはEUの団結を揺るがすものです。
ヨーロッパには「パイプラインの国際政治学」と呼ぶべき、資源獲得をめぐる複雑な利害関係が現出しているのです。

著しい経済成長を続け、資源輸入国大国に転落した中国。世界中から資源を買い漁り、アフリカ・中南米諸国に次々と進出しています。
中国を「資源爆食怪獣」と呼ぶ宮崎氏は、アジアの資源戦争において中国以外に問題はないとまで言います。
世界各国に資源供給先を確保したかに見える中国の死角、それは深刻な水不足です。石油がなくてもヒトは生きていけますが、水なしでは生きていけません。

資源貧国・日本の救いは、世界一の省エネルギー・環境技術。日本を100とした場合の各国のエネルギー効率はEU170、アメリカ200、中国は870、ロシアに至っては1800なんだそうです。

資源争奪をめぐって熾烈に繰り広げられる、グレートゲーム。日本人のあまりの無関心さを痛感させられる一冊です。本書は資源戦略のみならず、世界の紛争を俯瞰するうえでも役立ちます。

宮崎正弘のホームペイジ

(10月28日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
よ〜く考えよう、石油は大事だよ♪
レアメタル・パニック


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。