2007年11月15日

リトビネンコ氏は、なぜ殺された?

昨年(2006年)11月23日、元ロシア保安庁(FSB)職員でイギリスに亡命中のアレクサンドル・リトヴィネンコ氏が死亡しました。彼の体内から検出されたのは、猛毒の放射性物質ポロニウム210

先日交遊した『世界新資源戦争』では、豊富な資源を武器に強引な外交戦略を展開する、現在のロシアの姿が描かれていました。
ウラジーミル・プーチン大統領は元FSB長官であり、ツァーリ(皇帝)と呼ばれるほどに独裁色を強めています。
ロシアではプーチン政権に批判的な人物が次々と謎の死を遂げ、政府が暗殺に関与しているのではないかとの疑惑が絶えません。最も衝撃的だったのが、放射性物質が凶器に使われたリトヴィネンコ氏暗殺事件です。

※FSBの前身は、ソ連国家保安委員会(KGB



暗殺国家ロシア

1998年11月、リトヴィネンコ氏は同僚とともに記者会見し、ボリス・ベレゾフスキー氏の暗殺命令を受けていたことを告発しました。
FSBを批判したリトヴィネンコ氏は、権限踰越の容疑で逮捕。のちに釈放され出国禁止命令を受けた彼は、2000年11月、トルコ経由でイギリスに亡命します。正式な英国市民権を得たのは、死の一ヶ月前でした。

ベレゾフスキー氏は、ソ連崩壊を機に誕生したオリガルヒ(新興財閥)の代表格です。エリツィン政権下では閣僚にもなり、政界に隠然たる影響力を及ぼしました。
しかしプーチン大統領は、政権に批判的なマスメディアを経営するオリガルヒを弾圧。そして基幹産業の再国有化を推し進めます。日本の商社が出資する石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」も、承認が取り消されました。
政界を追われたベレゾフスキー氏は、現在イギリスに亡命中。「プーチンを倒すためなら何でもする」と公言してはばかりません。リトヴィネンコ氏のロンドンの住まいは、隣人でチェチェン亡命政府のアフメド・ザカーエフ氏の住居とともに、ベレゾフスキー氏が提供したものです。

プーチン政権の秘密警察政治やチェチェン紛争への対応を批判し続けたリトヴィネンコ氏。彼はプーチン政権を批判するジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏の射殺事件の真相を追っていました。
2006年11月1日。リトヴィネンコ氏は射殺事件の調査に関して、イタリア人の自称学者マリオ・スカラメラ氏と寿司レストランで会食後、体調に異変が生じます。
同じ日には、元FSBの同僚であったアンドレイ・ルゴヴォイドミトリー・コヴツン両氏とも面会しています。また、この会合には第三の人物が同席したともいいます。

リトヴィネンコ氏に毒を盛ったのは、一体誰なのか?

(11月11日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
パイプラインの国際政治学


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:52| Comment(15) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水を差して悪いんですが、プーチン政府と関係ないと思います。

でも、国際的な陰謀について想像を巡らすのは、自分もゲームに参加しているみたいで、出来の良い推理小説を読んでいるような興奮が味わえます。
Posted by おおくぼ at 2007年11月16日 21:29
おおくぼ様

私は別に陰謀説の信奉者ではありませんので、どのような立場から意見を述べられようが構いません(笑)
様々な可能性を検証したいと思っています。

まずは自殺の可能性ですが、自殺するならポロニウムなど使わずに、もっと簡単な方法を選ぶでしょう(拳銃とか)。
ポロニウムはインターネットでも入手可能なようですが、リトヴィネンコ氏に盛られた量を調達するには、莫大な金額が必要になります。
また、死の直前までポリトコフスカヤ氏射殺事件を調べていたのに、志半ばで自殺するとは思えません。

リトヴィネンコ氏が核物質密輸ビジネスに関わっていて、運搬・保管の際に被曝した可能性も考えられます。
しかしポロニウムが発するアルファ線は、紙一枚透過しないのです。口にでも入れない限り、体内被曝することはありえません。

リトヴィネンコ氏は数々の秘密工作に従事してきた、プロのスパイ。ロシア政府の指令がなくとも、彼を消したいと思う人物はいくらでもいたことでしょう。過去の怨恨とか、仕事上のトラブルとか。
大量にポロニウムを購入するのは、個人では無理そう。でもFSB関係者なら、原子力施設から盗み出せる?

放射性物質を凶器に用いれば、白血病のような自然死に見せかけることができます。飲食物に混入しても、味や色や臭いで発覚することはなさそうです。
ただし、リトヴィネンコ氏はプロのスパイ。病床で意識があれば、放射性物質を盛られたことに気付くはず。そうなると「あの時あの場所で会った○○が怪しい」と、告発される恐れはあります。

ロシア政府側は、プーチン大統領の政敵・ベレゾフスキー氏が、ロシア政府の謀略に見せかけるためにリトヴィネンコ氏を殺害したという、逆陰謀(?)説を唱えています。
しかし、ベレゾフスキー氏が貴重な協力者を失うようなことをするかは疑問です。

結局のところ私も、リトヴィネンコ氏の殺害にプーチン大統領・ロシア政府が関与しているとする、世間一般の見解に落ち着きます。
Posted by 管理人 at 2007年11月17日 22:21
私は陰謀説が好きです(笑)。

>「リトヴィネンコ氏の殺害にプーチン大統領・ロシア政府が関与しているとする、世間一般の見解に落ち着きます。」

世間一般の見解???

みんなそう思っているんですか?謎のままだと思いますけど。私も自殺だとは思いません。またプーチンは残酷な人間で、暗殺を躊躇しない人物です。またリトヴィネンコ氏はプーチンに暗殺されても不思議でない経歴の持ち主で、そんな状況にあったのも事実です。

でも現在のロシアは一筋縄ではいかないので、怪しい=犯人ではマズイと思います。これからいろんな証拠物件が出てくると思いますので、慌てずに楽しみましょう。ミステリー小説で言えば、クライマックスまだ遠いです。
Posted by おおくぼ at 2007年11月18日 17:25
おおくぼ様

リトヴィネンコ氏の死から間もなく1年。
これから新たな情報が出てくるでしょう。
結論を急がず、推理を楽しみます。

ところで、リトヴィネンコ氏の死を「謎のまま」だとしながら、おおくぼ様が「プーチン政府と関係ない」と言い切る根拠はなんでしょう???

希少物質ポロニウムは検出された場合に製造元が限定されるため、ロシア政府は使わないだろうという見方はできます。
それでも病死に見せかけることができるし、そう簡単には検出されないとの判断があれば、ポロニウムを使用する動機になりえます。
Posted by 管理人 at 2007年11月19日 16:39
>「ところで、リトヴィネンコ氏の死を「謎のまま」だとしながら、おおくぼ様が「プーチン政府と関係ない」と言い切る根拠はなんでしょう???」

鋭いですね。ツッコまれるかな〜?とは思ってはいたのですけど。

参考

http://column.chbox.jp/home/kiri/archives/blog/main/2007/01/28_094518.html


でも、私の勇み足です。真相解明はまだこれからということで、乞うご期待。

あとプーチンの疑惑は、無くなることは無いでしょう。前科有り、動機有りですから。

でも、冤罪防止のため「疑わしきは罰せず」が、法治国家の基本です。
Posted by おおくぼ at 2007年11月19日 22:27
おおくぼ様

ロシアも法治国家…ですよね?(笑)
Posted by 管理人 at 2007年11月20日 20:33
 希少物質ポロニウムは、ロシア製であるとロシア政府も認めています。記事を出そうと思ったら、削除されていました。次に犯人ですが、イギリス政府は、容疑者の引渡しを求めていますが、ロシア政府は、逆にベレゾフスキーの引渡しを求め、小さな外交問題になっています。
 プーチンは、ロシアでは人気がありますが、彼に意を唱えるもの並びに財閥関係者で選挙戦等で知りすぎた者を暗殺計画並びに暗殺しています。また、政界と財界の癒着が強いことでも有名です。
 ベレゾフスキーは、知りすぎている男です。イギリスとロシアの両政府にとって超重要人物です。リトビネンコは、武器の密売にも関与していたという噂もあります。ロシア時代のスパイ活動の情報は重要ですが、その他は、特にたいしたことはありません。また、チェチェンや爆破テロについては、本を売るためにでっち上げた部分も多く信憑性は低いです。
 ポロニウムは、億の価格なので下のレベルの暗殺ではありません。武器関係のもつれかロシア政府の諜報機関かのどちらかは、間違いないです。
 私も何者かに、事故に見せかけ命を狙われた経験があります。ちなみに警察は、信用なりません。これは、実話です。よく報道で、事前に警察に行ったのに対応してくれなかったというのを実感します。リトビネンコもロシア政府絡みでしょうが、プーチンも知っていたでしょうが、支持を出したかどうかは不明です。
 金大中みたいなからくりでしょう。
Posted by ポルシェ911 at 2007年11月22日 15:39
ポルシェ911様、いらっしゃいませ。

今日(11月23日)は、リトビネンコ氏の命日です。
暗殺に使われたポロニウム210は、個人レベルの犯罪ではないこと示しています。
ポルシェ911様は、リトビネンコ氏の持つ情報は、ベレゾフスキー氏に比べれば大したことはないとのお考えですね。
そうなるとロシア政府の謀略ではなく、武器密輸ビジネスでのトラブルに過ぎないのかもしれません。それでもポロニウムを使うからには、背景に大きなものがあるのでしょう。
あるいは、ロシア政府の真のターゲットはベレゾフスキー氏であり、リトビネンコ氏の殺害は「次はお前だ」というベレゾフスキー氏に対する見せしめと考えることも可能でしょうか。

ストーカー事件等で「警察がもっと早く動いていたら…」との批判がありますが、警察官の仕事は「公務」ですから、ミステリ小説のように義憤や好奇心では動いてくれないのが現実なのでしょうね。
Posted by 管理人 at 2007年11月23日 15:06
警察は、犯人を捕まえることが重要で、未然に防ぐ必要が無いわけではないが、そういうことに力を入れないというのが実感です。というか、対応が最悪。ある意味、誰が、犯罪を犯すかなどは、予測不可能であり、起こっている犯罪の取り締まりをするのが正しいのは、認めます。しかし、同じような被害に合いながら、対応を取らないというのは如何なことなのか。また、一回目に警察に行った際、同様の被害を受けましたら連絡ください、すぐに伺いますって言っていながら、所轄が違うと、事情を説明しても、来てください。なんだこれという感じです。
 バイクで事故に見せかけるのは、簡単である。空気圧の調整、ボルト、ブレーキ関係、クラッチ関係、サス。車は、脱輪しない限り問題は起こらず、事故を起こしても、命に別状は無い。車も一度だけ空気圧を変えられた事がある。また、バイクに対する寄せなどは、接触しない限り証拠には残らない。バイクは、明らかに何度もされている。空気圧を抜くのは、10秒もいらないからね。
 言われることは、誰かに恨みでも。思い当たることは?それがわかるんなら苦労はしない。それが、警察の仕事である。
 ある人がおもしろいことを言った。警察は、かつあげは、一生懸命やるのにねと。これが現実です。好奇心で動けるほど暇ではないと思います。事実でも動かないのだから。
Posted by ポルシェ911 at 2007年11月25日 18:24
私も管理人と同様の考えです。警察の部分は、上記に記載しましたが、少し違います。イギリス政府の元FSB職員、アンドレイ・ルゴボイの容疑者断定は、確かだと思う。
 いずれにしても、日本では、リトビネンコの情報は、ほとんどありません。次に私の知る限りで記載しておきます。

Posted by ポルシェ911 at 2007年11月25日 18:29
ポルシェ911様

ロシアでは下院選挙(12月2日)が近付いています。
野党指導者で元チェス世界王者のカスパロフ氏が拘束。
バスの爆破事件は選挙を睨んだテロとの見方もあります。
今後のロシア情勢には目が離せません。
リトヴィネンコ氏の死から一年ですが、テレビでは特に採り上げてなかったみたいですね。
日本では関心が低いのでしょうか?
Posted by 管理人 at 2007年11月25日 21:56
 テロは、同日、他の2国(パキスタンとどこか忘れました。)でも起こっており、治安情勢の悪い国では、珍しくありません。死者は、ロシアが5人で最も少ない。後の2国は、13人、16人。
 日本は、ロシアとの関係が薄いからでしょう。アメリカとオーストラリア、次に西欧という感じじゃないですか。その次に、韓国、中国という感じで。実際に、影響は、日本の場合、ほとんど無いですから。
 余談ですが、この数年のロシアの株の上がり方は、尋常じゃないです。
Posted by ポルシェ911 at 2007年11月26日 06:18
ポルシェ911様

目下進行中の原油高騰は、ロシア経済にとっては追い風なんでしょう。
石油・天然ガスなどの資源ビジネスで外貨を稼ぐロシア。そしてプーチン大統領はエネルギー企業を国有化し、経済基盤を強化しています。
旧ソ連から独立した中央アジア諸国は、石油やレアメタルの一大産地です。中央アジア諸国が再びロシアとの結びつきを強めれば、資源がロシア企業に独占される恐れがあります。
資源輸入国である日本に、ロシアの動向は大いに影響します。日本人はもっと関心を持つべきです。
Posted by 管理人 at 2007年11月26日 20:07
 サイトの紹介です。私のサイトではないのですが、ここはいいです。是非、ご覧あれ。
Posted by ポルシェ911 at 2007年11月27日 17:54
ポルシェ911様

ご紹介のサイト、見た記憶があります。
リトヴィネンコ氏の話題を検索していて、たどり着きました。
海外ニュースをいろいろ採り上げているみたいですね。
Posted by 管理人 at 2007年11月28日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。