2007年11月23日

他人には絶対に言えないこと

「他人には絶対に言えないことを、あなたはどれだけかかえていますか」
早稲田大学で一番面白い授業に選ばれた高橋敏夫教授の「ホラー論」は、こうして始まります。毎年顔を見せる学生や、他学部・他大学からの聴講者が訪れる人気講義。今は宮崎県知事となったあの人も、高橋教授の講義を聞いていたそうです。

他人には絶対に言えないことには、憎悪や嫉妬や欲望などのネガティブな感情の数々が挙げられるでしょう。また、過剰な理想追求や美への渇望といった並外れてポジティブなものも含まれます。それらがかかえきれないほどある人は(大学では)文学部に入るしかないのだと。
高橋教授は、文学を含む芸術は自分自身が見たくない・考えたくない、他人には絶対に言えないことを、ありのままに肯定することだといいます。



ホラー小説でめぐる「現代文学論」

日本でホラー小説の活況がみられるのは、1990年代なかばです。角川書店が日本ホラー小説大賞を創設。瀬名秀明氏の『パラサイト・イヴ』、岩井志麻子氏の『ぼっけえ、きょうてえ』などのベストセラー・話題作が生まれました。
高橋教授は、阪神淡路大震災・オウム真理教事件などが起こった1995年を、バブル崩壊のあと日本人にわずかに残っていた余裕を最終的に奪い去った、時代の切断線としています。それまでの常識が無効になり、世のなかが「なんだかわからないもの」へと壊れてゆく「解決不可能性」の時代の到来です。
ミステリが「解決可能性」にもとづく物語ならば、ホラーは「解決不可能性」にもとづく物語です。1980年代後半からの本格ミステリ・ムーブメントに代わって、エンターテイメントの主役はホラーへと移りました。
ホラー小説の隆盛と時代背景の考察は、第一次世界大戦における無差別大量殺人の衝撃が個人の死の尊厳の回復をめざす探偵小説を生んだとする、笠井潔氏のミステリ論を思い出させます。

本書の後半は、小説論というよりは戦争論です。
9.11」から始まったテロとの戦い。世界を正義の側と悪の側に単純に二分し、現実の残虐さを見えなくするこの「新しい戦争」を、高橋教授は「隠蔽の総力戦」と呼んでいます。そして「隠蔽の総力戦」に抗えるのは、ホラーの想像力による「暴露のゲリラ戦」であると。
9.11テロで倒壊した、アメリカの世界覇権の象徴ともいえる世界貿易センタービル。テロへの怒りや犠牲者への哀悼の念がつのる一方で、決して口に出しては言えないけれど「アメリカ、ざまあみろ」と思った人もいたことでしょう。
他人には言えない「おぞましさ」を直視することを掲げながら、そこには触れずに「帝国はその内部から崩れ落ちよ!」と叫ぶのでは、なんだか良い子ぶった反戦論に終わっているように感じました。
あるいは高橋教授は「9.11」をアメリカの覇権主義が招いた「自業自得」ではなく、アメリカが戦争をしたいがために行った「自作自演」だと考えているのでしょうか。
(本書では田中宇氏の「9.11自作自演説」を紹介していますが、高橋教授自身は9.11が自作自演か否かはわからないとしています)

(11月23日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:38| Comment(28) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
911テロのアメリカ政府「自作自演説」が出てきた原因は、アメリカ政府への信頼の裏返しだと思います。

アメリカ政府ならテロを防げた筈 → 防げなかったのは、ワザと防がなかったからだ。・・・となる訳です。

これは名俳優がミスすると、「あれは演技だ」と言うのと同じです。でもアメリカ政府は、それほど名俳優な訳ではありません。

あとアメリカではUFOが人気あります。アメリカ政府は、UFOの情報を隠し持っている筈という説です。これもアメリカ社会の退屈さの裏返しでしょう。

政府が陰謀を持っていると考えるのは構わないですけど、現実離れした想像をするのは問題だと思います。

私達、日本人の一部は、アメリカ幻想に囚われているのかもしれません。




ところで最近の乱射事件など、アメリカでは日本とはスケールの違う事件が頻繁に起こるので、「ホラー論」の感覚も、日本とは、かなり違うと思います。

最近、日本のホラー映画がアメリカでリメイクされているのは何故か気になります。
Posted by おおくぼ at 2007年11月23日 23:40
おおくぼ様

ホラーにも、豪快に血しぶきが飛ぶ「見せるホラー」と、ひたひたと恐怖が迫る「感じるホラー」の大きくふたつがあると思います。
また「怖さ」と「気持ち悪さ」は微妙に違うかも…

高橋教授は、1970年代のアメリカにおけるホラー映画ブームは、ベトナム戦争がもたらしたと述べています。

私は「9.11」が陰謀だと考えたことはありません。
そこまでしなくても、アメリカは戦争を始める理由をいくらでも作り出せるでしょうから。

退屈しのぎの陰謀論に、日本製ホラーのリメイク…アメリカのエンターテイメント界はネタ切れなんでしょうか?
Posted by 管理人 at 2007年11月25日 11:27
>「ホラーにも、豪快に血しぶきが飛ぶ「見せるホラー」と、ひたひたと恐怖が迫る「感じるホラー」の大きくふたつがあると思います。」

私は後者の方が好きです。特に黒沢清・監督の映画は、その種です。


>「また「怖さ」と「気持ち悪さ」は微妙に違うかも…」


恐怖も単純ではないと思います。それはエンタテイナーの人たちは強く意識しています。

例えば・・・・

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%AE%E9%AD%85%E5%8A%9B%E2%80%95%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%AE%A3%E8%A8%80-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B0%8F%E4%B8%AD-%E5%8D%83%E6%98%AD/dp/4007000867


>「私は「9.11」が陰謀だと考えたことはありません。」

私は「911テロ」を陰謀とは思いませんが、陰謀として妄想を楽しんでいます(不謹慎ですけど)。でも、ベンジャミン・フルフォードの陰謀論の影響は大きいですね。

田中宇の陰謀論は、それほど突飛な話ではありません。肯定はしませんが、否定するのは難しいです。それに比べると、ベンジャミン・フルフォードの妄想は酷すぎます。



陰謀は信頼の裏返しだったり、うまく行かない状況の責任転嫁だったりします。「神様の仕業」にすれば簡単ですけど。

でも日本政府に対する信頼は低いので、日本の陰謀論者は、アメリカの陰謀という話なりがちです。

例えば、日本経済の低迷や、バブルの崩壊はアメリカの陰謀だ!・・・みたいに。
Posted by おおくぼ at 2007年11月25日 20:05
おおくぼ様

『小説トリッパー』1996年秋号「特集・ホラーが好き」を持っています。
私はスプラッターは苦手ですね。あれは「怖い」というより「気持ち悪い」。虫の死骸でもイヤです(笑)

私は陰謀説・トンデモ説を安易に信じないようにしていますが、おおくぼ様と同じく大好きであります。通説・常識をそのまま受け入れるのが嫌いなのと、空想・妄想が大好きだからです。
小説でも、奇想天外なミステリやホラーが好きです(別名・ホラ話?)。実際にありそうな話だったら、なにも小説ではなくて実話を読めばいいわけですから。

島田荘司氏の『本格ミステリー宣言』には、次のようなたとえがありました。
公演中のバレリーナが殺害された。
・公演はすぐに打ち切られ、警察による捜査が始まった…これが本格推理小説。
・殺されたはずのバレリーナが、再び演技を始めた。実は双子の姉妹だった…これが本格ミステリ。
・殺されたはずのバレリーナが、再び演技を始めた。彼女の幽霊が現れた…これがホラー小説。
この定義だと、私が好きなのは「本格ミステリ」ですね。
Posted by 管理人 at 2007年11月25日 22:41
はじめまして。
何かでたまたま辿り着いて以来、頻繁に拝読させていただいております。

911のことに関して述べていらっしゃったのでご参考ながら、
今更ですがこちらはご覧になられましたでしょうか?
http://video.google.com/videoplay?docid=4377032998245988095

もちろん偏った作り方がされているとはいえ、それを差し引いても
何か引っかかるものが「あまりにも」たくさんありすぎます。

それから、何故かメディアではほとんど触れられることのない「第7ビル」の倒壊に関しても多くの理解し難い不自然さがあります。

後からそういったことを知るにつけ、あの出来事は根本的に何かが常識の範囲外にある気が私はしてしまいます。

Posted by すず at 2007年11月26日 16:34
fujunさん、こんにちは。
アメリカは経済至上主義、しかも戦争経済(ウォーマーケティング)では比類なき超大国で、「911自作自演」の動機は充分にあり、ですね。(劣化ウランの処理にしても経済的には実に見事です)。
私が注目していたのは同時進行の「炭疽菌」事件。狙われたのがなぜか米民主党だけで、しかも超高度な科学技術でしか作れないというもの。これに関連する米科学者も変死しており、米国防総省が疑われ始めたところで事件はうやむやに。この事件のポイントは「911計画を知らなければできなかった」というところ。
テロ行為を逆用するのもテロリストです。早く悪夢が晴れれば良いのですが・・・
Posted by ペンタクロス at 2007年11月26日 17:50
すず様、いらっしゃいませ。

たびたびのご訪問ありがとうございます。
あまり更新していませんが、宜しくお願いします。

今回交遊した書物は、ホラー小説(を中心とした現代文学)論であります。ホラー小説の流行と現代社会との関わりで、新しい戦争について論じていますが、べつに「9.11」に関して述べようというわけではありません。
でも不純文學交遊板(コメント欄)では、本の内容の一部をネタにして話を膨らませるのは大いにアリです!(笑)

私は「9.11」の自作自演説について調べたことは一度もありません。
ですからご紹介のリンクも初見です(1時間以上あるみたいなので、全ては日を改めて拝見します)。

「9.11」に対する私の関心は、アメリカとの友好関係を損なわずに、いかに文明の衝突(=日本がテロのターゲットになる)を避けるかです。
多神教国日本は、宗教間の対立・自然と文明の対立を融和する世界観を持つべし…私は「ハイテク・アニミズム国家ニッポン」を妄想しています(笑)
Posted by 管理人 at 2007年11月26日 22:07
ペンタクロス様

ペンタクロス様も「ホラー小説」論より「9.11」の方に反応されましたか(笑)
すっかり忘れていましたが「9.11」の直後には、炭疽菌テロ騒ぎもありましたね。
炭疽菌は、日本のオウム真理教も兵器として研究していました。
(かつてはエイズウイルスが生物兵器だったという陰謀説もありました)

オウム真理教に強制捜査が入ったときの、なにかとてつもないことが起こりそうな高揚感。
9.11同時多発テロ事件の背景をめぐる、陰謀論を含むさまざまな推理合戦。
いずれも多くの人命が奪われた事件だけに不謹慎ですが、人間には「好奇心」「カタルシス」「怖いもの見たさ」の心理があります。この本には、人間の心の闇にもっと切り込んで欲しかったんですけど、やはり「他人には言えない心理」だから触れなかったんでしょうか。

陰謀論は疑い出したらきりがありません。
肯定も否定もできないところが難しいですね。
Posted by 管理人 at 2007年11月26日 22:38
陰謀論は本当に否定できないんだろうか?

911テロに興味ある方は、こちらの本はどうでしょうか?

★ 『トンデモ本の世界 U 』と学会(楽工社)

■1章 陰謀本

9・11陰謀論の謎を暴く!――検証『911ボーイングを捜せ』 文・皆神龍太郎


http://www.rakkousha.co.jp/books/ta_11.html


★ 『陰謀論の罠』奥菜秀次(光文社)

http://www.amazon.co.jp/%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AB%96%E3%81%AE%E7%BD%A0-Trap-Conspiracy-Theories-%E5%A5%A5%E8%8F%9C/dp/4334934072/ref=sr_1_1/503-8542318-8879162?ie=UTF8&s=books&qid=1196165158&sr=1-1


ちなみに私は、陰謀論自体を否定している訳ではありません。否定できる陰謀論もあれば、肯定できる陰謀論もあると思ってます。

あくまでも個人的な意見ですけど・・・・。
Posted by おおくぼ at 2007年11月27日 21:10
おおくぼ様

私も陰謀論は大好きですし、陰謀の存在自体を否定はしません(むしろ存在すると思います)。
ただ、ある事件が陰謀論を持ち出さなくても説明可能であるなら、そうすべきとの立場です。
例えばUFO目撃談が気象現象で説明可能なら、わざわざ異星人の乗り物を持ち出すまでもありません。これは異星人が存在する・しないとは別問題です。

『トンデモ本の世界U』で、空飛ぶスパモン教の福音書『反☆進化論講座』がトンデモ科学本に入っちゃってますね。
あれはトンデモ本ではなくて、インテリジェントデザイン(ID)説のパロディなんですが。著者(ボビー・ヘンダーソン)は確信犯だと思いますよ。

Posted by 管理人 at 2007年11月28日 21:58
お返事ありがとうございます。
そうでしたね、べつに911がテーマではなかったのに
911に飛びついてしまいました(笑)

「陰謀論」には実際に胡散臭いものがかなり多いようですが
その一方で、オモテの常識という側面からそれらを
一方的に切り捨ててしまうというのも実は冷静な立場ではないと
常々思っておりまして、なので
動画など紹介させていただきました。(長い動画ですみません)

私も同様に「否定も肯定もできない」という立場ではあるのですが
ただ911に関してはいくつか納得できない事実が残るような、、、と。

「ハイテク・アニミズム国家ニッポン」、いいですね!
「省エネ・サブカル・アニミズム国家ニッポン」とかもいいですね(笑)

Posted by すず at 2007年11月29日 13:27
すず様

過去のコメントをご覧になってお分かりのことと思いますが、脱線は大いに結構です。来訪者の皆様のおかげで、本文よりも面白い展開になっています。

陰謀論やオカルト科学はウソっぽいものが多いですが、一方で珍説・奇説がいつの日か常識にとって代わることも密かに期待しております。私は科学者ではないので、自分が信奉する学説がひっくり返っても困ることはありません。無責任ですね(笑)

私はノートPCを使っているのですが、昨夜閉めるときにいつもと違う音がして片方のヒンジが外れました。部品の破損はないようです。
修理に出そうか、このまま使おうか…現在、開閉が不自由な状態で書き込んでおります。
Posted by 管理人 at 2007年11月29日 23:09
>「『トンデモ本の世界U』で、空飛ぶスパモン教の福音書『反☆進化論講座』がトンデモ科学本に入っちゃってますね。
あれはトンデモ本ではなくて、インテリジェントデザイン(ID)説のパロディなんですが。著者(ボビー・ヘンダーソン)は確信犯だと思いますよ。」


本を読んで貰えばわかりまずが、『トンデモ本の世界シリーズ』は、トンデモ本以外も紹介しています。『トンデモ本の世界シリーズ』の類書や、トンデモ本のパロディも、紹介しています。
Posted by おおくぼ at 2007年12月06日 19:36
おおくぼ様

そういえば、最近「と学会」と交遊していません。
新たなトンデモ説・トンデモ本を探してみます。

追記;
PCまだ直りません。片方のヒンジだけなんですが・・・
Posted by 管理人 at 2007年12月08日 15:05
「9/11事件」に関する田中宇の陰謀論は、ベンジャミン・フルフォードの陰謀論とは違います。

田中宇の陰謀論が否定しにくいのは、アメリカ政府は陰謀を企んだけど・・・その陰謀とは「何もせずにほっとくだけ」というモノだからです。「9/11事件」が起こることは知ってたにも関わらず、予防しなかったというのが陰謀論・田中説です。

ベンちゃんのは、妄想ですね。

ベンちゃん説は、「9/11」の「本当の犯人」はアメリカ政府だそうです。旅客機のハイジャックも、マンハッタンのツインタワーの崩壊も、ペンタゴンの破壊も、ハイジャックされた飛行機の墜落も。

しかも、マンハッタンのツインタワーの崩壊の原因は、爆弾だそうです。旅客機の衝突及び火事に非ず。

ペンタゴンの破壊は、爆弾もしくは、ミサイルだそうです。

墜落した旅客機は、アメリカ軍に打ち落とされたそうです。

ちなみに、ハイジャックされた4機の飛行機の内、3機は途中ですり替えられて、行方不明だそうです。

ほとんど、『ウルトラマン』のエイリアンの侵略じゃないか?と思える妄想なんで・・・・

あと田中宇によると、「アメリカ軍のイラク侵攻」は、アメリカを弱体させるために、ワザと負けているそうです。



田中氏もベンちゃんも、発想が常識ハズレなので、逆にすごいと思います。実際に印税や原稿料で儲けているし。
Posted by おおくぼ at 2007年12月16日 13:20
おおくぼ様

「9.11テロを事前に察知したが、あえて防がなかった」という説なら、私も許容範囲です。

アメリカ政府が世界貿易センタービルを爆弾で破壊したとか、ハイジャックされた旅客機が行方不明とかになると、理解不能ですね。
そんなことをしなくても、アメリカ政府はいくらでも戦争をする理由を作り出すことができます。「大量破壊兵器開発の疑いがある」の一言でOKです(笑)
ネオコンはわざとアメリカを弱体化させようとしているとの陰謀説も、ひねり過ぎのような気がします。

陰謀論は、ある程度「これなら有り得る」と思わせるロジックがないと面白くないですね。
現実には起こりえないことを描いた小説であっても、その物語の世界のなかでの因果関係が成立していなければ、単なる妄想です。
Posted by 管理人 at 2007年12月16日 23:17
こんなのがあります。笑えて、楽しめる陰謀論の作り方。

http://www.1101.com/suzukichi/2006-10-11.html

同じ著者の目次 (ページの下の方にあります)。

http://www.1101.com/suzukichi/index.html
Posted by おおくぼ at 2007年12月17日 01:06
おおくぼ様

↑ご紹介のサイト、大変面白いです。
「WTCに飛行機を突っ込ませる必要ってなに?」と疑問を口にするブッシュさんのお気持ち、よく判ります。ホンモノの陰謀は、こんな単純なツッコミを許しません。
私は決して陰謀論を否定しません。陰謀を陰謀と気付かせないのが、ホンモノの陰謀でしょう。

インテリジェント・デザイン説を信奉するファンダメンタリストの皆さん、聖書は進化論を否定していないという私のトンデモ解釈はいかが?(笑)
Posted by 管理人 at 2007年12月17日 16:32
キリコミ隊長の最新記事は面白いデス。

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2007/12/post_b478.html

やはり陰謀論がないと、退屈だ。
Posted by おおくぼ at 2007年12月18日 21:47
おおくぼ様

私は異星人の存在を信じていませんが、以下のような思考実験は必要だと真面目に考えています。

1.宇宙を漂流した異星人が地球にたどり着いた場合に備え、現代倫理学は異星人の人権を考えておくべきではないか?

2.軍縮は大いに結構なのですが、世界中から核兵器が完全に廃絶されて「地球全体の軍事力」が大きく低下すると、地球外からの武力攻撃があった場合に対処できるのか?

私も立派なトンデモさん?(笑)
Posted by 管理人 at 2007年12月18日 22:16
『ウルトラマン』の地球防衛軍ですか?

でも敵の武器は謎だと思いますけど。でも地球圏外から、圧倒的な攻撃(例えば隕石)が来たら、地球内で戦うことの無意味を悟るかもしれませんね、一時的かもしれないけど。

トンデモと言えば、こんなのどうですか?

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/
Posted by おおくぼ at 2007年12月19日 18:27
おおくぼ様

↑ベンちゃんこと、ベンジャミン・フルフォードさんですね。
TVにもお出になっているようですが、残念ながら拝見したことはございません。

「地球温暖化=原子力推進派の陰謀」説を唱えていますね。
地球温暖化が原子力普及のための陰謀であるならば、石油業界や石炭業界は原子力業界を妨害する陰謀を企ててはいないのでしょうか。

フリーエネルギーだとか永久機関の研究は、発表を邪魔されている…これもよくあるパターンです。
フリーエネルギーの研究者は、研究が妨害されているなんて言わずに、自分だけでもタダ同然のエネルギーを使って左うちわの生活をすればいいと思うのですが。
Posted by 管理人 at 2007年12月19日 22:23
「と学会」会長の山本弘の『環ウソのウソ』を読んでいます。武田邦彦批判が痛快で面白いです。

ただ第8章の地球温暖化は、読んでいて違和感が・・・・。槌田敦&根本順吉批判は正しいんですが・・・・。

あと陰謀論批判&実証的な逆陰謀論も面白いんですが・・・。

Posted by おおくぼ at 2008年01月02日 21:57
当blogの「2007年の一冊」も、地球温暖化に関する本になりました。
Posted by 管理人 at 2008年01月04日 20:08
国会で、UFOの話題になったと思ったら、911テロも話題になりました。私のブログでも、過去記事にアクセスが上がりました。

民主党は、偽メール事件で懲りてないのかなあ〜。作り話なのに・・・。

TVの超能力番組や、心霊番組と同じ理屈なのに、どうして騙されるのか、不思議です。

        ★

中国では、南京事件博物館が、70周年でリニューアルして大人気です。日本の否定派の主張は無理が有りすぎますが、史実を追求してる分だけ偉いと思います。中国では日本の右翼勢力が歴史を改竄していると報道されています(彼らは右翼?)。

中国は史実なんて関係ない、捏造でもOKという主義ですんで。逆に清々しいです。

              ★

山形先生の「サイゾー」連載を読んでたら、本多勝一のいい加減ぶりが批判されてました。かつて日本のインテリは、社会主義国家が素晴らしいという宗教に洗脳されていたんですけど・・・。

社会主義国家の事実を受け入れることができない人が、今も多いみたいですね。

本多勝一は、悪い意味で影響力の大きいジャーナリストだったんだなあ〜と再認識しました。中国の反日言説の生みの親なので、「毛沢東語録」と同じぐらい影響力があったのかもしれません。
Posted by おおくぼ at 2008年01月21日 21:36
UFOに9.11陰謀説…
国会議員のセンセイ方もアクセス、いや視聴率を気にして質問のネタを考えているんでしょうか(笑)
どうせなら地球温暖化の真相についても議論してみては?

民主党はアホな質問をしてる場合なんでしょうか。
テロ特措法延長に反対したのなら「国民が原油高で苦しんでいるのに、戦争に使う油はタダなのか?」と突っ込むべきところだと思いますが。
Posted by 管理人 at 2008年01月21日 22:01
私は、自分でも不思議なくらいホラー、バイオレンス、が苦手です。
夫も、苦手です。
何か、トラウマが?と生育暦を疑ってみましたが、
どれだけ正直に見つめてみても、思いつきません。

生まれて来た息子(幼稚園年少)も、並外れて苦手な様子です。
スポンジボブの、ちょっとした場面も避けるくらいです。
なんだか、息子のその感覚も、私にはわかるので、
天性のホラー苦手派も、いるのかな、と思ったり。

高橋教授は、苦手なことに関しては、なんとおっしゃるのでしょう。
Posted by miewie at 2008年02月07日 03:47
miewie様、いらっしゃいませ。

私もホラー・バイオレンスを「見る」のはイヤです。
夢に出てきそうで、眠れなくなります。
でもホラー小説は大好きなんです(笑)
私が小説(というか、あらゆる書物)に求めるものは「奇想」と「非日常性」なので。

スリルなら、テレビアニメの『ドラえもん』でも私は十分に味わえます。
小さい頃に『ドラえもん』を観ていて、のび太がピンチに陥るたびにドキドキして、すいぶん心臓に悪い思いをしました(笑)
Posted by 管理人 at 2008年02月08日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パラサイトイヴ
Excerpt: 私ははじめて自分の小遣いで本を買ったのが、瀬名秀明さんの「パラサイト・イヴ」でした。ジャンルはサイエンス・ホラー?でしょうか。ミトコンドリアなどそのときは聞いたこともない言葉が出てきましたが、騙し騙し..
Weblog: domuの日記
Tracked: 2008-08-22 20:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。