2008年01月30日

マイナス6%の覚悟

今年(2008年)から京都議定書の第一拘束期間が始まります。
日本のCO2(二酸化炭素)排出削減義務は、1990年比マイナス6%です

地球温暖化をめぐっては、大きく4つの立場があります。
@ CO2による地球温暖化を主張し、このままでは危険だとする
A 温暖化そのものが実際に起こっているのか疑問である
B 温暖化は事実であっても、CO2ではなく他の要因による
C 温暖化が生じても地球全体から見ればプラスの部分も多い

現在、地球の平均気温は上昇傾向にありますが、気温上昇における人為的要因がどの程度なのかは定かではありません。
産業革命以降、人類によるCO2排出量は増加を続けていますが、大気中のCO2濃度と地球の平均気温は相関していません。
地球の気候は非常に複雑であり、未来予測は不確実なのです。
それなのに日本では、@のみが既定の事実のように報じられています。

私は地球温暖化を否定するわけでも、人類の文明活動によるCO2増加を否定するわけでもありません。
地球の資源には限りがあります。CO2(化石燃料消費)削減、大いに賛成です。
ただ、先に述べたように地球温暖化のメカニズムには不確かな部分が残されています。地球温暖化をめぐる論議は全て正しいのか、環境問題への取り組みは今のままで良いのか、懐疑論者の声を踏まえて検証してみましょう。



暴走する「地球温暖化」論

石油ショックや高度成長下の公害問題に直面した日本は、世界に先駆けて省エネルギーに取り組んできました。化石燃料の消費を抑制しながら経済成長を続けてきたのです。
1986年以降、日本のGDPの伸びと化石燃料の消費量は、ほぼ比例するようになります。GDPが増えた分だけCO2の排出量も増えているのです。
クールビズがもたらした経済効果は、CO2の排出を増やしただけだったのかもしれません。

アメリカは批准せず(オーストラリアは政権交代により昨年12月批准)、途上国は削減義務を負わない歪んだ京都議定書。
狡猾なEUは、京都議定書が1997年の締結であるにも関わらず、自分たちがまだ省エネルギーに取り組んでいない1990年をCO2排出削減の目標値に定めてきました。EUのCO2排出削減への取り組みは、アメリカとは違う世界観を提示するための戦略でもあります。
環境問題はなぜウソがまかり通るのか』、『同2』がベストセラーとなった武田邦彦氏はこう言います。日本は省エネルギー技術の輸出に「排出権」を与えるよう主張すべきだったと。アメリカとヨーロッパが日本の技術を導入し、日本並みのエネルギー効率になれば、世界のCO2排出量は一気に3分の1も削減されるのです。
武田氏は、アル・ゴア氏の映画『不都合な真実』は地球温暖化をアメリカ・ヨーロッパの責任だとしており、実は日本にとって好都合な内容なのだと評しています。

私は「日本の省エネルギー努力は既に限界に達しており、省エネ先進国・日本はCO2削減義務を負う必要はない」などと言うつもりはありません。
近い将来、画期的な省エネルギー技術が開発される可能性はあります。
また、日本人は十分に豊かな生活をしていますから、今後多少の我慢はすべきなのかもしれません。
しかし、日本が1990年比でのCO2排出削減を実行するには、GDPの減少(=景気の後退)を覚悟せねばならないでしょう。そして、6%の削減目標を達成できなければ、他国から排出権を買わされることになります。
日本政府に覚悟は出来ているのか?
このままでは日本の国益が大きく損なわれます。
なお「国益」とは、私たちが身を切って支払った税金に他ならないことをお忘れなく。

(1月7日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。

私には政府主導で出来るCO2削減アイデアがあります。

それは選挙カーを禁止することです。
洞爺湖サミットでの選挙カー禁止宣言。日本政府の覚悟を示す絶好のチャンスではありませんか!
過去、日本でサミットが開催された年には、いずれも解散総選挙が行われています。

なお、運輸部門のCO2排出量は順調に削減されているそうです。
【伊東大厚のトラフィック計量学】2006年度のCO2速報
【伊東大厚のトラフィック計量学】07年度も減り続ける運輸部門のCO2


※注意事項
このエントリでは、地球温暖化CO2主因説・京都議定書に対する懐疑論を紹介しています。主旨にあわないトラックバックは承認いたしませんので、ご了承ください。


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:42| Comment(19) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たった6%では、削減の意味はあるのでしょうか?

毎年94%以上増え続けるということになります。しかも削減しない国も多いです。

だから全体では94%以上、毎年増え続ける計算になります。

よくわからないのが、二酸化炭素の排出量の測定方法です。

車の排気ガスから出る二酸化炭素はどうやって測定しているのか? 焼却炉や家庭のガスコンロや工場で、モノを燃やすと二酸化炭素は排出されます。どうやって測定するのでしょう?それを含めて、6%という数字は出ているのでしょうか?

真面目に二酸化炭素の削減を考えている庶民は多いと思いますが、何か怪しい保険に入らされているような気がします。
Posted by おおくぼ at 2008年01月31日 00:07
おおくぼ様

>たった6%では、削減の意味はあるのでしょうか?

削減目標を何%に設定しようが、削減義務のない国がそれ以上に排出量を増やせば意味はありません(笑)

薬師院仁志氏は、日本は化石燃料をほぼ100%輸入しているので、化石燃料輸入量=CO2排出量としていますね。そしてGDPの伸びとCO2排出の伸びは比例していると。
家庭用コンロのCO2排出量は、ガスの消費量として計算できるでしょう。でも、ゴミの焼却や日本人が吐き出すCO2の量はワカリマセン!

怪しい保険かどうかはわかりませんが、地球温暖化をめぐる論議のどこまでが科学でどこからが政治(あるいは宗教?)なのか、見極める必要がありますね。
Posted by 管理人 at 2008年01月31日 00:47
 関係ないかも知れませんが、水素エネルギーの実用化をもっと進めてみてはどうでしょう?ちなみに水爆の製造も可能になります。
Posted by 金吾庄左ェ門 at 2008年02月04日 02:16
金吾庄左ェ門様

私も水素エネルギーに期待しています。
水素・風力・太陽光などの新エネルギーは、大規模かつ安定的にエネルギーを供給するのには向いていませんが、小規模分散型エネルギー源としての可能性があります。
「地産地消」なら、遠隔地の発電所からの送電ロスもなくなります。将来の電力会社は、電力供給会社ではなく発電機リース会社のようになるかもしれませんね。
燃料電池車・水素エンジン車は、水素貯蔵装置の大幅な小型・軽量化が普及のカギとなるでしょう。

水素爆弾の原料は重水素で、起爆剤には原子爆弾が必要となります。
原爆を使わない水爆(エコな水爆?)が製造可能かどうかはわかりません。
Posted by 管理人 at 2008年02月04日 22:24
はじめまして、あしあとからやってまいりました。
我輩のようなIQが低く記憶力も悪い輩にはレベルの高いブログかもしれませんが、勉強させていただきます。
お気に入りに登録させていただきました。

それにしても武田教授がゴアの映画をそのように評しているのは以外でした。
やはり本を読まないといけませんね。
頭は良くても交渉力・戦略性がない外務省などの各省庁や政治家、ほんまにどないなるんでしょうかこの国は。
ただ環境問題に関しては右も左も足並みそろえて間違った方向を向いてるといわざるをえないです。
一度決めたら逆の意見は排除・・・日本の悪い癖です
Posted by ギレン at 2008年02月21日 03:05
ギレン閣下、いらっしゃいませ。

私は省エネは大いに賛成ですし、地球温暖化論が全てウソだとは思いません。
しかし、一度決めたら逆の意見は排除…これではファシズムですね。

製紙メーカーの古紙含有率偽装が問題になりましたが、古紙を回収して再生するよりも、ヴァージンパルプから紙を生産してその分植林する方が低コストで環境負荷が少ないなら、偽装のどこが悪いんだ?ってことになります。
古い森林は二酸化炭素の吸収よりも排出が多くなりますから、古い木を伐採して新しい木を植えたほうが、森林が活性化されるのではないでしょうか?
とりあえず古紙含有率が高ければいいんだろう、という政府の安易さが見え隠れします。
Posted by 管理人 at 2008年02月21日 23:28
イメージ優先のエコロジーが多い気がします。科学者は、偽エコロジーを指摘すべきでしょう。

科学者ではありませんが、ジャーナリスト日垣隆の『それは違う!』(文春文庫)は優れています。最近出た『常識はウソだらけ』でも、クジラ問題について言及しています。

ところで古い森林は、二酸化炭素の排出量が吸収量より多いのは事実ですが、木は成長するのに時間がかかります。日本に杉が増えたのは、成長が早いという安易な理由からです。

最近のバイオ燃料促進運動は、畑が足りないので、森林を伐採して、畑にしよううという運動がありますが、これは砂漠化を促進してしまいます。一度砂漠化すると、緑に戻すのは大変です。

ところで、日本はファシズムになりやすい体質だと思います。

例えば、最近の中国食品問題、確率や価格競争という背景を分析をする人が少なすぎます。家計の中で、普通の食費の割合を低くしたいという欲求の分析を、(格差社会問題に絡めて)すべきだと思うんですが。


地球温暖化・二酸化炭素・原因派(長いネーミング)と反・二酸化炭素・原因派(通称・地球温暖化・懐疑派)の闘いがありますが、どちらも、互いにトンデモ説と罵りあって、まともな議論がありません。

どちらもグループ内部ではファシズム状態です。

困ったことに、懐疑派は陰謀論を主張する人が多いのです。一般ウケはするけど、専門家に馬鹿にされると思うんですけど。

武田先生や、槌田先生の陰謀論は、間違いとは言わないけど・・・。
Posted by おおくぼ at 2008年02月24日 11:15
おおくぼ様

私もバイオ燃料について同じ認識です。
森林を伐採して、かえってCO2排出を増やしています。

焼畑農業もかつては、森林を蘇生させる生態系適合型農業でした。
しかし人口が増えて以降は、焼畑に森林の再生スピードが追いつかず、熱帯林破壊の元凶となってしまいました。

成長が早いという安易な理由からスギが大量に植えられ、日本の森林から植生の多様性が失われた結果が、花粉症ですね。

ファシズムに陥らず、地球環境問題は広い視野・長期的視野で語ってもらいたいものです。
Posted by 管理人 at 2008年02月24日 21:31
 地球の現状を整理してみました。
砂漠化。地表の1/4もが砂漠で、急増しており、水や牧草の取り合いから、紛争と虐殺が広がっている。
人口爆発。ブラジルで7人、アフリカ、中東で5人の平均出産があり、2030年までに大虐殺が予測されている。
森林の消失。毎年5万平米もの森林が消えている。
地下水の枯渇。2030年までに井戸水が減産に転じ、不可逆な農業危機が起き、食料危機が起きる。
種の絶滅。自然の千倍の速度で種の絶滅が起きており、2050年までに百万種に及ぶ絶滅が予測されている。
石油の枯渇。2035年までに石油が減産に転じる。
大戦争の可能性。現在地球上には、何千もの軍事衛星と、何万もの核兵器がある。
文明の負荷。何万ものジェット機が、地球を一日で結び、何億もの車が溢れ、何億ものビルや家が建っている。
排ガス。酸性雨、温室効果ガスによる環境異変、フロンによる巨大なオゾンホール。
地球の適正人口。生態学者によると、持続可能な地球人口は20億人未満と予測されている。
Posted by 環境問題 at 2008年03月20日 21:50
環境問題(ハンドルネーム?)様、いらっしゃいませ。

当blogがこれまで交遊した書物では『世界の終焉へのいくつものシナリオ』(ジョエル・レヴィ著 柴田譲治訳)が、環境破壊・戦争・地球規模の天変地異など様々な人類滅亡のシナリオを検証して、その危険度や発生する可能性を評価しています。
http://blogs.dion.ne.jp/fujun/archives/3956419.html
水・食糧不足に起因する紛争は、非常に起こる可能性が高いと思いました(ただし、人類そのものの滅亡に至るとまではいえない)。温室効果ガスの削減目標を設定するための出口の見えない国際会議にお金をかけるよりも貧困国を援助すべしとの意見には、一理も二理もありそうです。

なお同一内容の二重投稿は、勝手ながら削除しました。
Posted by 管理人 at 2008年03月20日 22:37
自分のブログに「地球温暖化」について書くことを止めたのですが、この本のレベルは高いので、オススメです。
タイトルは安っぽいですが、内容はハイレベルで、値段も手頃です。
北極の温暖化の原因や、太陽と雲の関係についての最新研究も紹介しています。

http://www.amazon.co.jp/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E8%AB%96%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%81%A8%E3%83%AF%E3%83%8A-%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E6%AD%A3/dp/4584130701/ref=sr_1_2/503-9911564-6895147?ie=UTF8&s=books&qid=1209303473&sr=1-2
Posted by おおくぼ at 2008年04月27日 22:44
おおくぼ様
「地球温暖化」ネタは、いずれまた書きたくなりますよ(笑)

地球温暖化CO2主因説に対する懐疑論を、以前よりも目にするようになった気がします。
京都議定書の削減目標やら排出権取引やらに、いかがわしさ(科学を離れたビジネスの論理)を感じる人が増えてきたのでしょうか。

私は地球温暖化CO2主因説にも京都議定書にも懐疑的なことを書いていますが、CO2削減(=省エネ)そのものには賛成です。
国会では、道路特定財源の暫定税率復活が濃厚となってきました。
私は道路特定財源は一般財源化のうえ暫定税率を廃止、ついでに低燃費車優遇税制(グリーン税)も廃止して、化石燃料に環境税を課すのが妥当ではないかと考えています。
グリーン税は、車重が重くなって燃費も悪化した車種に適用されてしまう(こともある)矛盾した制度。そんなものは廃止して、実際に消費した石油の量に対して課税すれば良いでしょう。
交通事故や排気ガスなど自動車の負の部分は、やはり受益者である自動車ユーザーが負担すべきもの。
道路整備による渋滞緩和が環境問題を改善するなら、環境税を道路財源に用いることも可とすべきです。
Posted by 管理人 at 2008年04月28日 22:25
アマゾンの感想はHNで書きました。掲示板では、懐疑論の方が優勢です。私は誰に対しても平等に批判的なので懐疑論者の掲示板で、出入り禁止されたことがあります(笑)。

排出権はODAの別の形のような気がします。日本は金持ちですから。中国や印度も排出権を買ったらいいと思いますが・・・・。

大都市は世界中渋滞しています。地球は広いですが、人間は都市に集中するものです。

エネルギー問題は重要です。二酸化炭素削減もエネルギー問題の別名です(科学的な根拠は別として)。チベット問題もエネルギー問題ですので、単なる人権問題ではありません。
Posted by おおくぼ at 2008年04月28日 23:10
追伸

石油消費から出る二酸化炭素は、そんなに多いとは思いません。二酸化炭素の増加の原因は、物を燃やす量が増えたからだ思います。

ただ人間は、二酸化炭素以外にもたくさんの温室効果ガスを多く排出しています。
Posted by おおくぼ at 2008年04月29日 12:20
おおくぼ様

チベットは地下資源の宝庫ですからね。
東トルキスタンもそうでしょう(核実験場としての役割もあり)。

中国政府にとって、北京オリンピックにボイコット国が出ることよりも、民族運動が活発化するほうが怖い。だからオリンピック前であっても、チベットへの強硬姿勢は変わらないのだそうです(雑誌『軍事研究』のコラム)。
民族運動家にとっても、世界中の注目が集まるオリンピック前は、絶好の活動機会でしょう。

中国の少数民族は、少数とは言っても13億の人口に占める割合が小さいだけで、それぞれの民族は一国を成すのに十分なだけの人がいるそうです(雑誌『SAPIO』より)。

排出権購入を一種のODAと考えればよいのでしょうが、多額の財政赤字を抱える日本(政府)にお金があるのか心配です。
高橋洋一氏が言うように、霞ヶ関には埋蔵金があるのでしょうが…(でも、埋蔵金は一度掘り出せば終わり)。
まあ、日本人(個人資産)はお金持ちですけどね。

世界各国がCO2排出量に応じて拠出金を支払い、それを各国の森林面積で分配するシステムを作ったら、日本が儲かっちゃった…ってなると面白いです(笑)

おおくぼ様がいつもおっしゃるように、CO2だけが問題ではないですけどね。
Posted by 管理人 at 2008年04月29日 20:53
高橋洋一の「さらば財務省」は、池田氏のブログでも採り上げられて、本屋では平積みです。

中国問題や地球温暖化は自分のブログにカテを作って纏めたのですが、アクセス数は少ないです(苦笑)。

最近、検索ワードのほとんどが映画関係です。

>「チベットは地下資源の宝庫ですからね。」

チベットでは、現時点ではそんなに大規模な地下資源は発見されていません。新彊ウイグル自治区(東トルキスタン)はあるみたいです。
でも圧倒的に多いのはすぐ隣の旧ソ連地域です。チベット鉄道の重要性も、旧ソ連との関連でみるべきでしょう。

>「多額の財政赤字を抱える日本(政府)にお金があるのか心配です。」

たしかに日本の国債や地方債の累積発行額は大きいです(中国やアメリカも)。ただ毎年、ODAや国連などに多額の金を惜しみなくお布施しています(笑)。

中国は民族問題だけでなく、一つの国であるのが不思議なぐらい不安定な国です。中国数千年の歴史を遡れば、分裂と統合は歴史的な法則です。
Posted by おおくぼ at 2008年04月29日 23:14
おおくぼ様

4月8日の日経ビジネスオンライン「資源ウォーズの世界地図」が、チベット暴動の背景に資源問題があると書いていました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080403/152118/

道路特定財源を廃止して環境税を導入するとしても、単に減った税収分を埋め合わせるためではなく、税制そのものや使い道を抜本的に見直してからにしてもらいたいです。
直間比率をどうするかとか、年金は税でまかなうべきかとか…
Posted by 管理人 at 2008年05月01日 22:14
チベットの地下にはレアメタルがあるんですね。
Posted by おおくぼ at 2008年05月01日 23:12
おおくぼ様

国家には、単に広い領土を支配したいという欲望もあるでしょうが、そこに資源があるかどうかはさらに重要ですね。

チベット自治区とウイグル自治区が独立すると、中華人民共和国の面積はかなり小さくなります。
Posted by 管理人 at 2008年05月02日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。