2008年04月27日

GOTH(ゴス)の魅惑

ファッション用語としてすっかり定着した、ゴスロリ(ゴシック・ロリータ)。
ゴシックとは本来、中世ヨーロッパの建築・美術様式のことです。

ゴシック(Gothic)の語源は、ローマ帝国に侵入したゴート(Goths)族に由来します。ゴシックには野蛮で残酷という意味が込められており、中世美術を粗野なものと蔑んでそう呼んだのです。
かつて中世は、暗黒の時代とされてきました。そこから明るさよりも暗さ、現代よりも過去、怪奇的なものや頽廃的なものを求める感受性がゴシックと呼ばれます。
明日は今日よりも幸せであるとか、人間はみな平等であるとかの近代的・民主主義価値観が信じられなくなったとき、ゴシックはその魅力を発揮するのです。



ゴシックハート

高原英理氏は、ゴシックを読み解くキーワードとして「人外」(にんがい)を挙げています。
ここでいう人外とは、人でなしの極悪人という意味ではなく、人の世界の外に目を向けてしまう異端者のことで、誤って地上に生を受けた思いの強い人ほど共感する言葉であると言います。

ゴシック小説の代表作、メアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』。
科学者ヴィクター・フランケンシュタインによって、複数の死体をつなぎ合わせて創造された怪物は、醜い容貌のために捨てられてしまいます。独学で人並み以上の知性と感情を身につけた怪物ですが、最後まで人間社会に受け入れられることなく北極の海に消えます。この怪物が置かれた境遇こそが「人外」です。
なお、フランケンシュタインとは怪物を創造した科学者の名であり、人外である怪物には名前すら与えられていません。

『フランケンシュタイン』が生まれたのは、イギリスの詩人ジョージ・ゴードン・バイロンの別荘で、バイロンと彼の友人たちは怪奇小説の競作に興じました。
ここで生まれたもうひとつの作品が、バイロンの侍医であるジョン・ポリドリによって書かれた『吸血鬼』です。不死身の貴公子である吸血鬼もまた、人間を超越した存在=人外として描かれています。

本書は他にも残酷・猟奇・異形・両性具有・人形などをキーワードに、小説や漫画や映画などを通して、高原氏のゴシックへの愛が語られています。
高原氏の語る人外の境地には魅せられた私ですが、しかし身体の損壊(残酷・猟奇)は、たとえ想像の世界であっても、とても受け入れられません…

(4月21日読了)

本書は2004年刊です。
本当はもっと早く読むつもりだったのですが…(笑)
『ダ・ヴィンチ』2005年2月号には、著者・高原英理氏と【d:】氏との対談が掲載されていました。

【不純文學交遊録・過去記事】
他人には絶対に言えないこと


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴスは若い世代では普通の言葉になっていますね。「かわいい」という言葉や「マンガ」という言葉が海外でも受け入れられています。
日本の漫画やアニメは海外でも人気があります。
日本の漫画はゴスの要素が高く、海外のオタクからも注目されています。
Posted by おおくぼ at 2008年04月29日 22:58
本書では小説のみならず、漫画・アニメ等も紹介されていました(特に『攻殻機動隊』に言及)。

『攻殻機動隊』はサイバーな未来ですが、やはりゴスといえば前近代的な風景が思い浮かびます。古城とか大聖堂とかさびれた洋館とか…

サイバーパンクならぬ、スチームパンクという小説もあります。
産業革命の時代に蒸気機関で動くコンピュータがあったという、ウィリアム・ギブスンとブルース・スターリングの合作『ディファレンス・エンジン』。詩人バイロン卿の娘、エイダが登場します。
Posted by 管理人 at 2008年05月01日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。