2008年05月19日

イニシャルD

1999年、東京都の石原慎太郎知事はディーゼル車が排出した煤を入れたペットボトルを振りかざしてテレビ出演。東京都の環境確保条例をきっかけに、ディーゼル車の排気ガス規制は大幅に強化されました。
石原知事の「脱ディーゼル」宣言以降、すっかり悪者とされてしまったディーゼルエンジン。国内メーカーからディーゼル乗用車は姿を消してしまいました。
(現在日本で新車購入できるのは、メルセデスベンツE320CDIのみ)



ディーゼルエンジンと自動車 鈴木孝 著

一方、ヨーロッパではディーゼルエンジンは環境対策の切り札とされ、新車販売の半数をディーゼル車が占めています。
ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルは、最も熱効率の高い仮想機関カルノーサイクルを目指し、ディーゼルエンジンを発明しました。ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも燃料消費(二酸化炭素排出量)が少ないのです。
排気ガスの浄化が難しいのがディーゼルエンジンの弱点でしたが、現在ではPM(粒子状物質)や有害物質の排出が大幅に削減され、低公害化が進んでいます。
最新のディーゼル車はスポーティでもあります。2006、2007年と2年連続でル・マン24時間レースを制したのは、V型12気筒ディーゼルエンジンを搭載したアウディR10でした。
鈍重で、ガラガラと大きな音を立てながら黒煙を撒き散らして走るディーゼル車のイメージは、過去のものとなったのです。

日本では、ハイブリッド車がエコカーの代名詞となっています。ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車は圧倒的な省燃費を誇り、ブランドイメージを大いに高めました。
しかしながら、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車は、重量が増えて高コストとなります。高性能なモーターやバッテリーの製造には、レアメタルが欠かせません。
Well to Wheel(油井から車輪まで)という言葉がありますが、製造から廃棄までを含めたトータルでのエネルギー消費量や有害物質の排出量も評価する必要があるでしょう。
ディーゼルハイブリッドなら、ガソリンハイブリッドよりもさらに効率的です。

昨年はバイオエタノールが「カーボンニュートラル」であるとして注目を集めましたが、食糧からの転用は穀物市場の高騰を招きました。また、森林を伐採してバイオ燃料を製造するのでは、かえって環境を破壊しCO2排出を増やすだけです。
石油に代わる燃料としては天然ガス、GTL(ガス・ツー・リキッド)、BTL(バイオマス・ツー・リキッド)等が挙げられます。多様な燃料が使えるのもディーゼルエンジンの利点です。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの利点を併せ持ったHCCI(予混合圧縮着火)エンジンの開発も、各メーカーが進めています。

本当は環境にやさしいDiesel
この記事を読んだ方が、認識を改めてくださることを願います。

(5月11日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ハイブリッドは世界を制すか
未来予想図

【管理人・過去の交遊書】



ディーゼルこそが、地球を救う



誰も知らなかった新世代クリーン・ディーゼルその真実と未来


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:47| Comment(4) | TrackBack(1) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、おおくぼです。

>「一方、ヨーロッパではディーゼルエンジンは環境対策の切り札とされ、新車販売の半数をディーゼル車が占めています。」

そうなんですよね。この事実は日本人もよく知るべきでしょう。

http://www.isuzu.co.jp/technology/randd/project2/02.html

でも日本向けのガソリンとヨーロッパ向けのガソリンの質が、違うらしいので、その問題があるかもしれません。
Posted by 通りすがり at 2008年05月20日 10:31
おおくぼ様

日本人はディーゼルに対する認識を早急に改めるべきです。

新たな規制に対応したディーゼル乗用車を、本年中に日産(エクストレイル)が、来年にはホンダ(アコード)が国内市場に投入する模様。2008年はクリーンディーゼル元年になるかもしれません。

日本が輸入している中東産原油は、ヨーロッパで使われる北海産原油よりも硫黄成分が多くクリーン化が難しいとされてきましたが、現在では硫黄成分が10ppmのクリーンな軽油が流通しています。
Posted by 管理人 at 2008年05月20日 22:39
知事さん、さすがって感じです〜!
Posted by miewie at 2008年05月21日 04:42
miewie様

排ガス規制の強化は、石原知事の功績です。

しかし、ディーゼル=悪という誤った認識を植え付けたのは、あの「ペットボトル」なんですよね…
Posted by 管理人 at 2008年05月21日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

環境対策と自動車について
Excerpt: 環境問題の一つに大気汚染があり、その因の一つとして、自動車の排気ガスによるものが挙げられます。自動車一台一台は大したことはなくても、現代のように道に自動車が溢れ返るようになると、環境対策が必要になって..
Weblog: 環境対策と自動車
Tracked: 2008-06-16 22:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。