2008年06月30日

小粒でもピリリと辛い国

8月8日に北京で開幕する第29回オリンピック。
前回(2004年)のアテネ大会には、202の国と地域が参加しました。

世界には193の独立国(国際連合加盟の192ヶ国とバチカン市国)がありますが、うち44ヶ国は人口が100万人に満たない小国家です。



世界の小国

太平洋には小さな島嶼(とうしょ)国が数多くあります。
人口が一万人に満たないツバル。海抜はわずか数メートルで、サンゴ礁の土壌は農業には適していません。水損資源は豊富ですが、自前で大規模な漁業は行えず、外国漁船から入漁料を徴収しています。
そんなツバルの意外な収入源が、ドメイン名ビジネスです。日本に割り振られたドメインは「.jp」で、ツバルなら「.tv」。これがテレビ局にとって非常に魅力的で、アメリカのdotTV社が支払ったドメイン使用料でツバルは国連加盟を果たしました。

太平洋のミニ国家が産業に乏しく国民所得が世界の最貧レベルなのに対し、カリブ海地域は比較的裕福です。
主な産業は砂糖やバナナなどの農損物ですが、モノカルチャー経済からの脱脚を目指し、カリブ海諸国は観光業に力を入れています。巨大市場アメリカから地理的に近いことも、観光客の誘致に有利です。
とりわけ国民所得の高いバハマは、観光に加えて世界的なタックスヘイブン(租税回避地)として知られています。
タックスヘイブンとほぼ同義語にオフショアがありますが、オフショアの意味は「沖合い」です。本国から離れた沖合いの小島が、本国よりも自由な経済環境によって金融資産を集めたことに由来します。

第二次世界大戦後に独立した太平洋・カリブ海諸国と異なり、ヨーロッパの小国は長い歴史を持っています。大国が覇権を競うなか、したたかに生き抜いてきた国々です。
なかでもルクセンブルクは、高い経済成長率を維持し、一人当たりのGDI(国民総所得)は世界一です。かつて産業の主力は鉄鋼業でしたが、現在は金融業にシフトして世界各国から投資を集めています。
隣接するドイツとフランスの領土的野心に晒されてきたルクセンブルクにとって、ヨーロッパの平和と安定は悲願であり、EU統合の中心的な役割を果たしてきました。資源や領土に恵まれなくとも、巧みな外交で存在感を示しているのです。

世界第2位の経済大国・日本ですが、今後人口は減少に向かっています。
労働力として、積極的に移民を受け入れるのか。
東洋のオフショアとなり、金融大国を目指すのか。
歴史と自然を生かして、観光立国で生きてゆくのか。
それとも独自の外交で、超大国と互角に渡り合うのか。
日本の未来を考えるうえで、小国たちの生き残り戦略には大いに学ぶべきものがありましょう。

(6月29日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。