2008年07月31日

新型プリウス・スクープ写真【エクステリア】

【次期プリウス】最新スクープはこちら




2009年春にフルモデルチェンジが予定されている次期型(3代目)プリウスのスクープ写真をいち早く紹介した『不純文學交遊録』。
第一号スクープ写真は後ろ姿でしたが、ついに新型プリウスのフロントビューが捕捉されました。『WorldCarFans』の記事です。
Toyota Prius Shows Next Gen Body for First Time

ボディ全体が偽装されているのでヘッドライトの形状は判りませんが、プロジェクター型のユニットがいくつか並んでいます(LEDではなさそう?)。
当時、LEDヘッドライトはレクサスLS600hが採用する3連式しかなく、テスト車は2連式だったのでLEDではないと思いましたが、のちに低コストな2連式LEDヘッドライトが実用化されたことを知りました。

ウインカーはバンパー埋め込み式のようです。フロント中央部がフォルクスワーゲン・ゴルフGTIのように黒いのは、何の車種か判らないようにするための偽装でしょう。
アルミホイールは、以前紹介したテストカーと同じデザインです。スポーツグレードに17インチが採用されるのは確実。生産は光生アルミニューム工業が担当します。
トヨタの新型プリウス 苫東でホイール生産 光生アルミ

テストカーのサイドビューを見ると、4輪ディスクブレーキになっています。現行プリウスの後輪は、燃費に配慮してドラムブレーキ(ディスクブレーキだと引きずりが発生するため)。ちなみに現行型でも、欧州仕様は4輪ディスクブレーキを採用しています。
サイドウィンドウのグラフィックは、前後の三角窓をカバーして現行型のように見せかけていますが、実際にはフロントの三角窓はもっと前まで伸びています。新旧を判別する特徴的な部分なので、隠しているのでしょう。
全体がカモフラージュされており、このままのボディラインでデビューするとは言えませんが、リアウィンドウが平面的であることからも、現行型よりは直線的なスタイリングであると思われます。

当blogは書物との交遊の日々を綴っているのですが、最も多い検索ワードは「プリウス」です。次期プリウスへの余りの関心の高さに、納期がどのくらい掛かるのか早くも気になってきました。
7月25日の『日刊工業新聞』によれば、新型プリウスの生産体制は07年比70%増の月間4万台で、さらなる増加にも備えるとのこと。これでひとまず安心…
トヨタ、新型「プリウス」の生産増へ生産体制再編

プリウスの型式は初代前期型が「NHW10」、初代後期型が「NHW11」、現行型が「NHW20」です。NZ型エンジンのハイブリッドにプリウスのシャーシ形式「XW」で「NHW」となります。
最新ハイブリッドモデルのレクサスLS600hは「UVF45」。これはUR型エンジンのハイブリッドにLSを示す「XF」の組み合わせ。エンジン型式の末尾が「R」のハイブリッドの場合、真ん中の文字は「V」になるようです。
次期型プリウスのエンジンが1.8リットルの2ZR型であるならば、型式は「ZVW30」になると思われます。

【不純文學交遊録・過去記事】
新型プリウス・スクープ写真【2008年7月】
新型プリウス・スクープ写真【2007年9月】
新型プリウス、発売延期。
続報…新型プリウス?「ハイブリッドX」
新型プリウス?「ハイブリッドX」


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:08| Comment(6) | TrackBack(2) | 不純自動車交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は。このページの画像と現行型を透かせて重ねてみたんですよ
アバウトな縮尺ですがホイールベースと全高を併せました。
そうするとイロイロとみえてきます。
ウィンドーの長さや位置関係にボディーのスケール感。
案外、全く違うラインを描いてるのに驚きですね。
Posted by たどまめ ♪ at 2008年08月01日 12:07
たどまめ♪様

現行プリウスのルーフラインは強く傾斜していますが、それはデザイナーが富士山のように三角形を描くサイドビューを意図したからで、空力が理由ではありません。
あんなにリアウィンドウを寝かせなくても、CD値0.26は出せます(アコードセダンのCD値は、プリウスと同じ0.26)。
おかげで後席のヘッドクリアランスが不足し、2700oのロングホイールベース(足元は広い)にもかかわらず、リヤシートには圧迫感があります。

初代プリウスは、世界初の量産ハイブリッドカーとして自動車史に残る存在ですが、セダンの常識を破ったアップライトなパッケージングも革新的でした。
2代目プリウスは走行性能が大幅に向上し、ハッチバック化によって実用性も高まりましたが、前方の見切りと後席の居住性には難があります。グローバルスタンダードカー(カタログコピー)を名乗るには疑問の残るパッケージングです。
3代目プリウスは現行型のイメージを残しつつも、パッケージングがどれだけ改善されているのか、大いに気になります。
Posted by 管理人 at 2008年08月03日 00:10
Posted by ahiahi at 2008年08月18日 16:45
ahiahi様、いらっしゃいませ。

もちろん、真横の写真も見ています。
現行型ほど「富士山ライン」ではないので、後席のヘッドルームはいくらか改善されていると思います。

現行型との大きな違いは、フロントの三角窓が大きいことと、ミラーが窓枠ではなくドアパネルから生えていることです。
この2点から、写真のテストカーが現行ボディの偽装ではなく、新型ボディであることが判ります。
Posted by 管理人 at 2008年08月18日 22:52
現行型オーナーですが、リアシートで圧迫感は全く感じません。
スペースは十分以上ありますが、シートバックが立っているのでゆったりとはいかないのが難点です。あのデザインで割を食っているのはラゲッジスペースです。バッテリのせいか、底が高い上に上からラウンドしたハッチが高い荷物の積載を邪魔します。ワゴンボディが出るといいのですが・・・。
Posted by bb at 2008年08月25日 13:56
bb様、いらっしゃいませ。

現行プリウスのデザインは、コンセプトカー「ES3」の空力性能とオーパのユーティリティーの両立を狙ったそうですが、実際には空力重視のデザインとなっています。
ES3 http://response.jp/issue/2001/1119/article13244_1.html

プリウスは強く傾斜したリアハッチとラゲッジの底が浅いせいで、高さのある荷物が積めません。オーパはラゲッジの奥行きがないにも関わらず、ハッチが垂直なのでリアシートを倒さずにスノータイヤを4本積めました。
次期プリウスのバッテリーは、現行型と同じくニッケル水素なので、大幅な小型化は難しいでしょう。

私もプリウスのリアシートは必要十分な広さだと思いますが、乗せた人からはヘッドクリアランスの不足を指摘されました。
現行プリウスはマイナーチェンジの前後でリアシートの形状が異なり、後期型はヘッドクリアランスが改善されています(ちなみに私のプリウスは前期型)。

次期プリウスをベースにしたワゴンも開発中であるとの新聞記事があります。2列シートなのか3列シートなのかは判りませんが…
中日新聞 http://www.chunichi.co.jp/article/car/news/CK2008061402000050.html
Posted by 管理人 at 2008年08月25日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

★海外次期プリウス・スクープ 第二弾がアップされてました★
Excerpt: 前に、書きましたが『不純文學交遊録』さんの記事にて教えて頂けました。 http://blogs.dion.ne.jp/fujun/archives/7391752.html?reload=2008-..
Weblog: たどまめ本舗
Tracked: 2008-08-01 12:03

【新型プリウス】についてサーチエンジンで検索してみると
Excerpt: 新型プリウス に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
Weblog: 気になるキーワードでブログ検索!
Tracked: 2008-08-13 17:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。