2008年08月24日

哲学の不可能性について

2008年6月8日、東京都秋葉原の歩行者天国で7人が犠牲となる通り魔事件が発生。
容疑者が派遣社員であり、携帯サイトの掲示板に職場での不満を書き込んでいたことから、事件の背景に格差社会があるとの論調も見られました。

市場原理主義を標榜する新自由主義(ネオリベラリズム)が格差社会を生み出し、新自由主義者たちは「負け組」が反体制的にならないよう街中に監視カメラを設置したり、愛国心教育で国民を洗脳しようとしている。悪いのは「ネオリベ化した世界」「ネオリベ的な日常」だ…
このような思わせぶりな言説が氾濫する風潮に、違和感を表明しているのが仲正昌樹氏です。
「ネオリベ」という言葉を民営化や規制緩和の是非という文脈で用いるのは良いのですが、社会学者や思想家が「ネオリベ化した世界」という場合、明らかに経済政策論議の範疇を逸脱しています。こうした真っ当な指摘をすると「現実が見えていない」「ネオリベに洗脳されている」と批判される、これではまるで宗教です。



〈宗教化〉する現代思想 仲正昌樹 著

実は哲学・思想そのものが、限りなく宗教と紙一重であることを論じたのが本書です。
では「哲学」と「宗教」はどう違うのでしょうか?
「宗教」は、人生や世界についての深遠な問いに究極の答えを示し、それを信ずることを要求します。一方の「哲学」は、人々が無条件に常識と信じていることに疑問を呈し、どこまでも問いの可能性を開くことを特徴とします。信じようとする「宗教」に対し、疑おうとするのが「哲学」です。
ところが、常に問いを発し続ける哲学もまた「真理」を求めています。真理への無限の探求が哲学であるのに、真理を固定化してしまっては宗教と変わりがありません。

プラトン以降の西欧哲学の歴史が、いかに疑似宗教化の危険と隣り合わせであったか、本書は延々と論じ続けます。
特にマルクス主義とキリスト教との類似性は、徹底的に示されています。資本主義社会が革命によって必然的に共産主義社会へ移行するとの主張は、キリスト教的な終末思想そのものです。
そういうわけで本書は真面目な西洋思想史の本であり、タイトルから想像されるように、日本の思想・言論界の現状がいかに宗教的であるかという本ではありません。
ちょっと残念…

(8月24日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
なんだったんだ?ゲンダイシソウ
パブロフの犬の遠吠え
本当の“リベラリズム”


余談ですが…
大事件・大災害が起こるといつも番組を差し替えるNHKですが、6月8日の秋葉原通り魔事件の日は、地球温暖化の特集番組をそのまま放送しました。
NHKの温暖化偏向ぶりは相当なものですね。


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:01| Comment(11) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
考えることを止めて、自分が真理だと思うことを他人に押しつけると、それは宗教ですね。
宗教が悪い訳ではないのですが・・・。

ただ第三章の<「神の国」とハルマゲドン>を読むと、環境保護団体を連想します。
応用倫理学が、環境保護団体の教典みたいになると、それは学問ではない訳です。

政治・金・宗教が結びつくと怖いです。
アメリカ合衆国そのものでしょうか?
世界最強の自由の国の裏側でもあります。
Posted by おおくぼ at 2008年08月26日 14:31
『環境活動家のウソ八百』 (洋泉者新書y 198)
リッカルド・カショーリ&アントニオ・ガスパリ著

という本が出ました。
Posted by おおくぼ at 2008年08月27日 15:29
おおくぼ様

・哲学とは真理を求める無限のプロセスであり、哲学の語る真理とは現時点での暫定的な真理に過ぎない
・哲学が現時点での暫定的な真理に安住し、それを擁護することに終始しては、もはや宗教である
哲学の不可能性…それが本書を読んだ印象です。

真理を求める以上、哲学者が真理を語りたくなるのは理解できます。
私は哲学者が真理を語っても良いと思います。
ただし、力による真理の強制がなければ…

科学もまた、論争を受け付けなくなっては宗教と同じですね。
もちろん、宗教が悪いのではありません。
悪いのは、暴力的な真理の強制です。
Posted by 管理人 at 2008年08月27日 22:42
仲正さんの『Nの肖像  統一教会で過ごした日々の記憶』が出てますね。
まだ未読なんですが・・・。
Posted by おおくぼ at 2009年11月11日 16:18
大学に入学したとき、訪問販売や宗教の勧誘に注意するよう訓示がありました。
統一教会は、勝共(共産主義の打倒)を掲げていると説明があったので、うっかり良い団体だと勘違いするところでした(笑)
Posted by 管理人 at 2009年11月12日 22:16
仲正さんの『ラディカリズムの果てに』を読んでいますが、統一教会で得た論争テクニックを語っています。
『知識だけあるバカになるな!』もそうですが、仲正さんは喧嘩腰です。
宮台さんもそうですが、宗教と論争というのは切っても切れない関係みたいです。
あと呉智英先生とか・・。
Posted by おおくぼ at 2009年11月14日 20:03
宮台先生って、何かの宗教と関係が深いのでしょうか?
呉先生の場合は『論語』の論争術だと思いますが。
宗教と論争といえば、オウム真理教(現アーレフ)の「ああ言えば上祐」氏を思い出しますね。
Posted by 管理人 at 2009年11月16日 22:58
>「宮台先生って、何かの宗教と関係が深いのでしょうか?」

よく知らないですね。
初期の頃はテレクラ狂いみたいなことを書いてます。
オウム真理教について分析した『終わりなき日常』は、テレクラ論の延長だそうです。
ただ、映画論では、かなり宗教的な分析が多いです。

呉先生は学生運動に参加していて、マルクス主義を宗教的に分析していますけど・・・・。

似たような視点では、井沢元彦さんの言霊批判や、岸田秀の幻想論とか、永井均さんのニーチェ論とか・・・。

論理学シリーズを書いている三浦俊彦さんは、一時、新興宗教(どの宗教家知らないですが)に入ってたそうです。
Posted by おおくぼ at 2009年11月16日 23:23
民主党の小沢一郎幹事長が、高野山で「キリスト教文明は行き詰まっている」と発言しました。しかも、オバマ大統領の訪日直前に…
過去の日米合意を反故にする鳩山由紀夫総理といい、民主党はアメリカにケンカを売っているのでしょうか。

オバマ大統領はプロテスタントですが、父はイスラム教徒であり、イスラム教では「ムスリムの子はムスリム」です。
オバマ大統領は「棄教者」として、ブッシュJr.前大統領以上にイスラムの敵とみなされているかもしれません。
Posted by 管理人 at 2009年11月18日 22:59
鳩山さんについてはよく知りませんが、小沢さんは自民党時代から反米的な発言が多かったです。
ただ、アメリカも一枚岩ではありません。
アメリカ国防省が、どう考えているかが重要でしょう。

アフガニスタンは、カルザイさんが二期目に突入しましたが、反カルザイ勢力の勢いは高まっています。
沖縄基地問題とアフガニスタン危機は密接な関係があります。

古森義久さんの『オバマ大統領と日本沈没』によれば、オバマの公式の経歴には偽りがあるそうです。
実は、イスラム教との関係は深いそうです。
ただ、父親とは幼い時に別れて育っているので、父親の影響は小さいと思います。
ちなみに母親は再婚しています。
オバマ大統領のインドネシア時代や、アメリカ本土時代にイスラム教徒の関係が深いみたいです。
Posted by おおくぼ at 2009年11月19日 20:06
オバマ大統領のフルネームは、バラク・フセイン・オバマ・Jr.。明らかにイスラム系の名前です。
アメリカ大統領は、本人が米国生まれであること、そうでなければ両親が米国籍であることが要件となります。オバマ大統領には、彼がハワイ州生まれであることに疑問を呈する声があるようですね。
アメリカ大統領は、単に行政の最高執行官であるだけでなく、合衆国民統合の象徴であります。それで日本の天皇のような「正統性」が求められるのでしょう。
Posted by 管理人 at 2009年11月20日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。