2008年10月13日

地球温暖化リテラシー

今年のノーベル賞は、日本人が4人受賞しました。
物理学賞には素粒子理論(対称性の破れ)で南部陽一郎小林誠益川敏英の三氏、化学賞には緑色蛍光タンパク質を発見した下村脩氏が選ばれています。
長らく品切れになっていた受賞者の著書にも問い合わせが相次ぎ、重版が決定したようです。
昨年は、平和賞にアル・ゴア元アメリカ副大統領とIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が受賞したことで話題になりました。しかし彼らの受賞理由となった地球温暖化論に対しては、様々な異論が出されています。

メディアリテラシーという言葉があります。リテラシーとは読み書き能力の意味で、メディアを使いこなす能力と解釈されます。
地球温暖化論は、私たちのメディアリテラシー(さらには科学リテラシーと政治リテラシー)が試される格好のテーマではないでしょうか。



地球温暖化論のウソとワナ 伊藤公紀 渡辺正 著

本書を読んでまず驚かされるのは、気温測定がいかに杜撰であるかです。
日本国内の観測サイトで信頼できるデータが得られるのは、3ヶ所しかありません。

二酸化炭素の増加が地球の気温を上昇させるのはホントです。
そして20世紀後半以降の二酸化炭素の増加の多くは、人為的要因でしょう。
ただし最大の温室効果ガスは水蒸気であり、地球が温暖なのは大部分(90%以上)が水蒸気のおかげなのです。二酸化炭素が現在の2倍になったときの気温上昇値(気候感度)は、1.6℃だといいます。

地球の気候を変動させる要因は、温室効果ガスだけではありません。
二酸化炭素を吸収するはずの緑地が増えると、気温が上昇します。これは緑色のアルベド(反射率)が地面よりも低く、太陽光を吸収するからです。
雲は太陽光を反射し、雲の増加は気温を低下させます。雲の発生には宇宙線が影響しており、宇宙線の強弱は太陽磁気によって変化します。
大気中のエアロゾル(微粒子)もまた、気温低下の要因です。着色エアロゾルは逆に、気温を上昇させます。
気候変動の要因は他にも太陽の活動、火山活動、北極振動、ミランコビッチ・サイクルなど数多くあります。気候はあまりにも複雑であり、IPCCのコンピュータ・シミュレーションでは再現できません。科学には限界があるのです。

温室効果ガスの削減目標を定めた京都議定書は、EU(ヨーロッパ連合)に有利な1990年を基準に定められています。大量排出国が批准しなかったり、発展途上国に削減目標がなかったりと、結局は日本だけが実質的な削減義務を負う不平等条約です。
排出権取引とは、排出量を超過した国が達成した国から排出権を買うだけで、実質的に二酸化炭素が削減されるわけではありません。
サブプライムローン崩壊に端を発した世界的な金融不安と同様、近い将来、科学的根拠のない排出権取引が崩壊して世界経済を混乱に陥れるかもしれません。

地球温暖化論のウソ(科学的な誤り)については伊藤氏が、ワナ(政治的な思惑)の部分を渡辺氏が執筆しています。
ウソとワナという扇動的なタイトルが付いていますが、本書の内容は極めて冷静です。
データが豊富で、地球科学に関心を持つ全ての方にオススメできます。
ただ、誤字が多数見受けられるのが残念。

(10月12日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
マルクスさんとマルサスさん
地球寒冷化に備えよ!
温暖化詐欺にご用心!(前編)
温暖化詐欺にご用心!(後編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。


※注意事項
このエントリでは、地球温暖化CO2主因説・京都議定書に対する懐疑論を紹介しています。主旨にあわないトラックバックは承認いたしませんので、ご了承ください。


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:38| Comment(23) | TrackBack(2) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伊藤公紀先生は、丸山先生と違って、二酸化炭素の冤罪をはらすのに成功していると思います。

次はマイケル・クライトンのSF小説『恐怖の存在』(ハヤカワ文庫)がオススメです。
Posted by ディテクティブ太郎 at 2008年10月14日 01:45
伊藤先生は論理的かつ解りやすく、IPCCの誤りを説き明かしています。
地球温暖化懐疑派はもちろん、地球温暖化支持派も一読すべき一冊です。

タイトルが扇動的(というかトンデモ本的)なのが残念ですね。
『反・地球温暖化論〜不都合な真実のウソ・京都議定書のワナ』なんてどうでしょう?
Posted by 管理人 at 2008年10月14日 21:29
■海面が最高59センチまで上昇、「地球温暖化」の深刻な加速を国連の調査機関が正式に警告 - フランス−金融危機で危機を感じた地球温暖化詐欺グループのメッセージか?!
こんにちは。また、大仰な海面上昇の発表がありましたね。津波による海面上昇、低気圧による海面上昇などは現実にありますが、地球温暖化による海面上昇に関しては、まあ、目に見ては分からない程度なら、起こりえると思いますが、大都市が水浸しになるようなものはありえません。それにしても、数十年後のことを言って危機をあおるのですから、始末に悪いです。数十年後には、関係者も死んでいるか、現役をとうの昔に退いたということになのでしょうから、誰も知っちゃいないということです。まあ、いずれにせよ、いい加減な論拠で人々を煽って不安をかきたてて、研究費や、生活費を得るという行為は、最近の「振り込め詐欺」とほとんど変わりませんね。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2008年10月24日 11:11
地球温暖化による海面上昇で水没するとされている国、ツバル。
実はツバル周辺の海面は上昇しておらず、浸水の原因は過剰な砂の採掘です。
また、地球はアイソスタシー(地殻均衡)を保とうとするので、単純に海水量の増加分が海面上昇するわけではないようです。

リンク先を拝読いたしました。
排出権取引とは、EUが世界市場を握るために生み出した金融商品なのでしょう。
今後地球が寒冷化したら、第2のサブプライムローンとなるかもしれません。
Posted by 管理人 at 2008年10月25日 21:27
この本の感想をアマゾンに再投稿しました。以前の投稿は削除されたので・・・。
今度は大丈夫かな(笑)?
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年04月09日 18:26
追記

アマゾンの感想では一番言いたいことを「錆びたろう」と言う人のコメントが書いているので、補足という感じで書きました。
でも「錆びたろう」さんのコメントを参考になったとしている人は少ないなあ〜。
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年04月09日 20:50
この本、ハッキリ言って渡辺正先生の文章は要りません!
伊藤公紀先生と赤祖父俊一先生の共著が出たら、最高です。

これまで温暖化騒動に批判的なことを書いてきましたが、地球が温暖化し続けて良いとは思いません。温暖化であれ寒冷化であれ、急激な気候の変化は生態系に「不都合」を起こします。
ただ、昨年の世界金融危機以来、マスコミの関心は完全に温暖化対策よりも景気対策に移りましたね(笑)
Posted by 管理人 at 2009年04月10日 22:17
私は基本的には、素人でありながら、素人に批判的です。
だから私は、マスコミと素人の専門家批判を「メタ批判」をしているつもりです。
ややこしいですけど・・・。
ちなみに私から見れば、、渡辺正先生は素人で、伊藤公紀先生や赤祖父俊一先生は専門家です(地球温暖化に関して言えば)。
地球温暖化・危機ブームはまだ続いていますが、石油との関係が弱くなったみたいです。
やはり新車販売の急な落ち込みと、石油の価格の下落が大きいのでしょう(笑)。

>「地球が温暖化し続けて良いとは思いません。温暖化であれ寒冷化であれ、急激な気候の変化は生態系に「不都合」を起こします。」

それに対しては、こんな本があります。
ヤマガタ先生の書評が素晴らしい!

http://www.amazon.co.jp/%E5%8D%83%E5%B9%B4%E5%89%8D%E3%81%AE%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%82%92%E8%A5%B2%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%A4%A7%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%B3/dp/4309252257/ref=sr_1_1/378-2078178-8631449?ie=UTF8&s=books&qid=1239400527&sr=1-1
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年04月11日 07:08
追記

今の地球温暖化・危機ブームは観念先行なので、「ノストラダムスの予言」と同じ構造だと思います。

その観念は・・・

二酸化炭素の温暖効果はでかいハズ→二酸化炭素は急速に増加している→だから地球は温暖化するハズ

でも統計をよく見れば、違うことが明確にわかるのです。
私が二酸化炭素・犯人説に対して懐疑的にな理由は、考古学者の提出する過去の気温のデータを知っているからです。
安田喜憲先生などの専門家が、過去数千年のデータを再現して、公開してくれたおかげで(?)、二酸化炭素・犯人説に懐疑的になのです。
基本的な態度は、パオロ・マッツァリーノ先生の『反社会学講座』なのです。

参考文献

浜野喬士『エコ・テロリズム―過激化する環境運動とアメリカの内なるテロ』 (洋泉社新書y)
仲正昌樹先生の『〈宗教化〉する現代思想』 (光文社新書) と併読すると、理解が進むと思います。
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年04月11日 17:24
追記というか補足コメント その2

邪馬台国論争とか『日本書記』論争みたいなのは、勉強になります(笑)。
やはり専門家は強いのです。
それは仮説を証明しようと証拠を捜したり、論敵の矛盾を考えたり、論敵にとって不都合な証拠捜しをしたりしているからです。
仮説を検証しようとせず、信仰になっているのは素人なのです。
素人は趣味なので、それでかまわないと思います。
でも、そういう理由から私は素人の地球温暖化・懐疑論に対し懐疑的です。
竹内薫先生の『白い仮説・黒い仮説 』は、そう言う点では、優れた科学入門になっていると思います。
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年04月12日 10:58
『千年前の人類を襲った大温暖化』は、ヒロ・ヤマガタ氏の評によるとバランスの取れた良書ですが、タイトルからは「温暖化は人類に壊滅的打撃を与える」としか読めませんね…
中世温暖期に栄えた文明もあれば、逆に環境悪化で滅びた文明もあるでしょう。現在の地球は、私たち日本人にとっては住みよい環境ですが、同時に極地や砂漠など過酷な環境の地域もあります。それと同じことです。

人類にとって「不都合」な気候変動が、他のすべての生物にとっても不都合だとは限りません。温暖化や寒冷化で繁栄する生物もいれば、二酸化炭素が増えると快適な生物だっているでしょう。
環境問題とは、人類が文明を維持するのに不都合が生じる問題であって、その意味では人間優先でしかありません(自然保護が優先なら、文明を放棄するか人類を滅ぼすかで問題は解決します)。しかし安易な人間中心主義もまた、困ったものです。
Posted by 管理人 at 2009年04月12日 20:45
植物は二酸化炭素がないと光合成ができません。
数十億年という長い目でみると、二酸化炭素は激減しています。
恐竜のような巨大生物は、未来に出てくるのか謎です。

ところで、拙ブログで退屈していたら、懐疑論者から元気なコメントをもらいました。
コメントは嬉しいんですけど、「東大や東工大の理科系の専門家に闘いを挑まないのかな?」と思ったりします。
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年05月28日 07:23
現在の地球では、人類が恐竜のような巨大生物でしょう(笑)
エネルギーの消費量や生活空間の大きさは、恐竜以上です。

高度な専門知識を擁する懐疑論者さんには、是非とも学界の権威や御用学者と対決してもらいたいですね(笑)
私は地球温暖化懐疑論者ではありませんが(地球は温暖化しています!)、二酸化炭素だけで温暖化を論じることには疑問がありますし、二酸化炭素の削減が人類の最優先課題だとは思いません。
後者は自然科学ではなく、社会科学の問題ですが。

「二酸化炭素は温室効果ガスである⇒二酸化炭素が増える⇒地球が温暖化する」
確かにその通りです。
でも、理屈通りの教科書的な知識だけでは、満足できない自分がいます。
また、今日の常識が未来永劫にわたって常識だとは限りませんし、多数派の意見が常に正しいとも限りません。
そう思いながら、本と交遊しています。
Posted by 管理人 at 2009年06月06日 23:51
>「私は地球温暖化懐疑論者ではありませんが(地球は温暖化しています!)」

懐疑論者は、何種類かいます。
例えばデニス・T・エイヴァリー&S・フレッド・シンガー の『地球温暖化は止まらない』の巻末についている翻訳者・山形浩生の解説を参考にして下さい。

私自身の分類だと以下になります。
理科系の懐疑論者、文科系の懐疑論者でまず違います。
理科系の懐疑論者のタイプは・・・

1 温暖化という事実を否定するタイプ(例:観測場所に問題があると考えるタイプ)
2 温暖化の原因を否定するタイプ(例:主原因は二酸化炭素ではないと考えるタイプ)
3 人間が原因で温暖化したという考えを否定するタイプ(例:温暖化は自然現象と考えるタイプ)

文科系としては・・・

1 陰謀論者
2 温暖化対策に懐疑的なタイプ
3 エコロジーという思想が嫌いなタイプ

私は、懐疑論者に批判的になりました。
相手を敵か味方に分けて、敵と決定した人とは、対話を拒否する感じがどうしようもない気がします。
また純粋に理科系の話と、政治&道徳的な話をごっちゃにするのは、うんざりです。

TVの報道はいい加減で、専門家は啓蒙を怠っています。
温暖化を巡る危機論者vs懐疑論者の闘いは不毛になりそうです。

専門家ではないですが、危機論者から懐疑論者の疑問に答えようとする本が岩波ブックレットから出ました。

http://www.iwanami.co.jp/hensyu/booklet/

本来は専門家が、こういう本を出すべきでしょう。
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年06月07日 09:54
追記

リンク先では下の方です。
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年06月07日 09:57
ディテクティブ太郎様に寄せられた懐疑論者からのコメントには、地球温暖化の議論を通り越して、温室効果のメカニズムそのものに対する異論を書いているものが見受けられます。
こういった疑問は、象牙の塔の研究者にぶつけるべきですね。現代物理学への挑戦ですから。

ところで、ご紹介の本に登場する「KCO2」ってキャラクター、なんか不気味なんですが…(笑)
Posted by 管理人 at 2009年06月08日 17:59
>「ところで、ご紹介の本に登場する「KCO2」ってキャラクター、なんか不気味なんですが…(笑)」

たぶん今流行のユルキャラを狙ったんだと思います(笑)。
最近、地デジカに対抗したアナロクマが大人気です(ネット上で)。

紹介した本の第一部(理科系篇)は読み終わりましたが、ツッコミ所が満載でした。
「と学会」の山本弘の本と比べると、レベルの差に驚かされます。
山本弘は学者ではないのに、理科系レベルは高いです。
私のブログに間違って訪れる理科系トンデモ論者は、ネット上たくさんいます。
けれど、論破するのは難しいです。
山本弘は、そう言ったトンデモ論者を明快に斬りまくっています。



http://hirorin.otaden.jp/e31205.html
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年06月08日 19:59
と学会・山本会長、面白いですね。ウソを書くのが仕事のSF作家ですが、面白いウソを書くには正しい科学の知識が必要です。
しかし、月面でパラシュートとは…大学生の知的レベルは恐ろしい。
パラシュートは大気がないと使えないことくらい、文学部の私でもわかります。
方位磁石も、磁場がなければ使えません。
でも、かつては月にも磁場があったのかも?
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=81196568&expand
Posted by 管理人 at 2009年06月08日 21:17
月も謎は多いですね。
最近、月で考えているのは、地震と月の関係です。

と学会の本では、『人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート』が良いです。

と学会の本には、いろんなトンデモ論者が紹介されてます。
常識を軽々越える強者達を次々と紹介してくれるので、楽しいです。
(^^)/

ところで懐疑論者の不毛な争いは終わりそうもありません。

http://otd12.jbbs.livedoor.jp/323440/bbs_plain

懐疑論者には、山本弘の『「環境問題のウソ」のウソ』の「地球温暖化」の章だけでも、熟読して欲しいんですけど・・・。
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年06月11日 20:50
月の引力で潮汐が起きるように、月が地球に近付くと、地殻が引っ張られて地震が起こるとの説ですか?
Posted by 管理人 at 2009年06月12日 21:58
そうです。
ただ、引っ張られて地震が起こるのではなく、引っ張られた力が緩む時に地震は起きやすいという説です。
Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年06月12日 22:56
槌田氏の事件はネット上で盛り上がってきています。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090527/trl0905272004015-n1.htm

でも懐疑論者って本当に、どうしようもないなあ〜と思いました。

Posted by ディテクティブ太郎 at 2009年06月13日 22:23
槌田敦氏が、論文掲載を拒否した気象学会を提訴ですか。
論文そのものの不備なのか、あるいは手続き上の不備なのか…
いずれにせよ、掲載拒否は決して珍しいことではないと思います。
提訴したということは、槌田氏は掲載拒否の背景に、なんらかの政治的な意図があると考えているわけですね。
こういうニュースが話題になると、地球温暖化論争は陰謀っぽいとの印象を、世間に与えてしまいますね。
とりわけ槌田氏は、地球温暖化論は原発推進派の陰謀と言ってはばからない方ですから。
Posted by 管理人 at 2009年06月15日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本型排出権取引
Excerpt: 本当にCO2が減るんだろうか。 (CO2が温暖化の原因だということを前提として) そもそも・・・ ・目に見えな..
Weblog: ろーりんぐそばっとのブログ
Tracked: 2008-10-22 19:04

地球温暖化
Excerpt: 地球温暖化(ちきゅうおんだんか)とは、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に見て上昇する現象である。単に「温暖化」と言うこともある。地球の歴史上では・・・
Weblog: 地球温暖化
Tracked: 2009-04-14 21:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。