2008年11月04日

エコロジーの国際政治学

不純文學交遊録は、地球環境問題に関する書物といくつか交遊してきました。
地球温暖化は、いつ頃から世界的な関心を集めるようになったのでしょうか。
久しぶりに古い本(1994年刊)を引っ張り出してみました。



地球環境問題とは何か 米本昌平 著

1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された、地球サミットを受けて書かれた本です。医療・生命倫理についての著作で知られる米本昌平氏は、NGO(町田の自然を考える市民の会)のメンバーとして地球サミットに参加しました。
当時は地球環境問題といえば、熱帯雨林の減少が最も世間の関心を集めていたと記憶しています。だからこそ世界最大の熱帯雨林・アマゾンを擁するブラジルが、サミットの会場となりました。熱帯雨林は生物資源の宝庫でもあり、生物多様性の保護が謳われたのも地球サミットの特徴です。

本書を改めて読み返してみますと、温暖化は地球サミット以前から既に国際的な議題となっていました。
二酸化炭素の増加による温暖化は古くから指摘されていましたが、地球温暖化が政治の表舞台に登場したのは、1988年にアメリカ上院公聴会でなされたJ・ハンセン氏の証言です。アメリカの穀倉地帯は前年から大干ばつに見舞われており、ハンセン証言は地球規模の異変を強く印象付けることになったのです(ただし実際の大干ばつの原因は、エルニーニョ現象だったようです)。

米本氏は、地球環境問題が国際政治の議題となった背景に、東西冷戦の終結があると指摘します。
そして地球環境問題は、安いエネルギー価格による大量消費を是としてきたアメリカ的価値観に終焉を迫るものです。
一方でアメリカには圧倒的な科学研究の蓄積があり、地球環境問題はアメリカのデータをもとにアメリカを批判するという不思議な様相を呈しています。

かつても今も、地球環境問題には先進国と途上国の対立があります。既に豊かさを享受している先進国に対し、これから経済成長を目指す途上国にとって、消費の削減は容易に受け入れられるものではありません。
では、どうすれば良いのでしょうか。一例として、これまた古い本ですが、栗本慎一郎氏は『幻想としての文明』(1990年刊)で「南米は酸素を商品として世界市場に供給せよ」と提案していました。

以下、米本氏の地球環境問題に対する立場を引用します(47〜48P)。
来世紀になって地球温暖化の予測が誤りであることがわかったとしても、後世に残るのは、省エネルギーや公害防止に対するノウハウとその装置の山である。地球環境問題とは、将来の世代にとって、何と幸いな脅威であろう。
この本の中で私は、地球温暖化論の科学的根拠が曖昧であることを指摘はするが、それは私が、それを理由に、世界が地球環境問題の対策に邁進することに反対であることを意味しない。
(中略)
現代社会は、地球環境問題という新しい課題を発見し、これへの対応をやれるだけやってみたらよい。こういう視角から社会も国も企業も個人も揉まれ、もう一段高い質の社会に到達すればよいのである。

(11月3日再読)


地球温暖化に対する当blogの見解をまとめておきます。

1.二酸化炭素は温室効果ガスであり、20世紀以降の増加は人為的です。ただし地球温暖化は、二酸化炭素の増加だけでは説明できません。

2.地球の資源は有限です。化石燃料消費の削減につながる、二酸化炭素の排出削減(省エネ)は支持します。

3.しかしながら温暖化だけが地球環境問題ではありません。地球温暖化よりも優先して取り組むべき課題はないのでしょうか。また京都議定書の1990年基準には異議があります。

【不純文學交遊録・過去記事】
地球温暖化リテラシー
マルクスさんとマルサスさん
地球寒冷化に備えよ!
温暖化詐欺にご用心!(前編)
温暖化詐欺にご用心!(後編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
悪魔は目を覚ますのか?
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:53| Comment(18) | TrackBack(1) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『地球と一緒に頭も冷やせ! 温暖化問題を問い直す』(ソフトバンククリエイティブ)ビョルン・ロンボルグ・著(山形浩生・翻訳)と比較すると面白いのでは?

参考

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0807/04/news138.html
Posted by おおくぼ at 2008年11月05日 07:43
本書は、地球環境問題が冷戦に代わる新たな国際政治の枠組みになることを期待しています。
米本氏は、地球温暖化が科学的に誤りであっても、世界は地球環境問題に積極的に取り組むべしとの主張です。
(微妙な表現ですが、地球温暖化にではなく地球環境問題全般に、と読めます)

ただ、環境に良さそうだからと、無闇にお金を注ぎ込めばいいわけではありません。
ロンボルグ氏が指摘するように、世界には地球温暖化よりも深刻で、かつ費用対効果の高い問題があります。
米本氏は「国益を超えよ」と主張するでしょうが、お金はどこからともなく無尽蔵には出てきません。
どの問題に優先して取り組むか、冷静に考えましょうとのことですね。cool it!
Posted by 管理人 at 2008年11月06日 23:30
こんな本が出ました。
池田先生(注:学会ではありません)のブログでも好意的に紹介されています。
アマゾンのレビューは、ヤマガタ氏です。

http://www.amazon.co.jp/dp/4862381170%3FSubscriptionId%3D1CR2KCSDNRVJY76AMX82%26tag%3Dikedanobuo-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4862381170
Posted by おおくぼ at 2008年11月09日 20:06
いわゆるコペンハーゲン・コンセンサスの邦訳ですね。
地球環境問題に対して、私は決して楽観的にはなれませんが、費用便益で政策に順位をつけるのは大事なことだと思います。気候の自然変動に人間が小細工で立ち向かうのは、まるで風車に戦いを挑むドン・キホーテです。
…相変わらず池田先生は、過去にロンボルグを訳した人に対する一言を忘れていませんね。

アホウ総理…失礼、ローゼン閣下も、公○党の言いなりになってバラマキなんかしないで、優先的にお金をつぎ込むべき経済対策は何なのか考えましょう。
例えば食糧価格が上昇した今こそ、減反をやめて農業への企業参入を推進するとか、電波オークションで通信事業を活性化するとか。
もらっても嬉しくない減税なんて…
Posted by 管理人 at 2008年11月09日 22:55
最近、ある懐疑派のブログで議論をしていて、熱力学の話になって、頭痛がしています(笑)。
議論しなければ、いいんですけど・・・。
(^^;)


環境問題対策はいろいろありますが、印象や感情優先が多い気がします。
マルクスの「地獄へ続く道は善意で作られている」という言葉を連想するんですけど・・・。

>「減反をやめて農業への企業参入を推進するとか」

アメリカやフランスは農業国として成功していますね。
かつて中国や北朝鮮は農業国として頑張りましたけど、失敗しました。
カンボジアのポルポト政権も農業重視政策をしたら、逆に貧困になりました。

Posted by おおくぼ at 2008年11月12日 08:58
熱力学は難しくてよく解りませんが、魅力を感じます。
私の世界観は「世界は熱で出来ている」です。
ただし量子力学では、絶対零度の世界でも、原子の運動は完全には止まらない(零点振動)そうです。

農業でも資本主義国は成功し、社会主義国はダメみたいですね。
私は「日本は農業国になれ」と主張しているのではなく、経済政策のひとつとして提案しております。念のため。
くだらないバラマキをするよりも、閉鎖的な市場を参入自由にする方が景気対策になると思いますので。
Posted by 管理人 at 2008年11月12日 22:07
量子力学は、少し本を読んだことがありますが、実感がわきませんでした(苦笑い)。

竹内薫の『熱とはなんだろう?』(講談社ブルーバックス新書)などを読んだのですが、難解で頭がクラクラします。

熱力学の第一法則、第二法則・・・

難しい!!!!



最近、熱力学の法則を使って、話題の温室効果を否定する人と、議論をしました。
トンデモ説にしか思えなかったんですけど・・・。
Posted by おおくぼ at 2008年11月13日 19:13
量子力学…これまた悩ましい世界ですね。
観測という行為自体が、観測する対象に変化を及ぼす…ほとんど禅問答です(笑)

熱力学の話題は好きです。数式は全く解りませんが…(苦笑)

地球温暖化論を批判するには、二酸化炭素の増加と気温上昇の不一致、温室効果ガス以外に数多くの気候変動要因があること、気温の観測精度の問題、温暖化対策の有効性に対する疑問などを挙げれば十分でしょう。
なにも温室効果のメカニズムにまで遡って論争しなくても…と思います(笑)
でも、温室効果そのものを否定することで地球温暖化論を批判する人にとっては、そこがキモなのでしょう。

おおくぼ様は、あらゆる分野の論争に参戦しているんですね。
ホワイトハウスのジョージ・ウォーカー・ブッシュさんも顔負け?(笑)
Posted by 管理人 at 2008年11月14日 23:03
ブッシュの伝記映画『W.』が今、アメリカで上映中ですけど、影響力ではとても勝てそうにもありません(笑)。

「あらゆる分野に論争に参戦」で連想するのは池田信夫ですけど・・・。

守備範囲が広すぎると、守るのに疲れます。

>「なにも温室効果のメカニズムにまで遡って論争しなくても…と思います(笑)
でも、温室効果そのものを否定することで地球温暖化論を批判する人にとっては、そこがキモなのでしょう。」

懐疑派には、いろんなタイプがあるのです。
理科系の懐疑派は、自分が納得できないことを許容できない人が多いみたいです。
文科系みたいに、なんとなくでは駄目みたいです(笑)。


Posted by おおくぼ at 2008年11月15日 12:16
参考

http://otd12.jbbs.livedoor.jp/323440/bbs_tree

http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=298&sty=2&num=1

私はどちらの掲示板にも書き込みをしてないのですが、書き込みをしている人達とは、いろんなブログのコメント欄で出会っています。
意外に狭い世界です(笑)。
Posted by おおくぼ at 2008年11月16日 12:45
戦場が広がると、兵站の維持が大変ですね。
私には、毎日パソコンの画面を開く機動力すらありません(笑)

地球温暖化論を批判するのは、現代科学の常識理論の範囲で十分に可能です。
IPCCの温暖化予測が100%正しくても、温暖化対策は誤っているとするビョルン・ロンボルグ氏のような立場もあります。
にもかかわらず、定説とは異なる論理で地球温暖化論を批判するとなると、トンデモ説の烙印を押されて、かえって「CO2派」を利することにはならないのでしょうか?

ブログの世界は意外に狭い…
地球温暖化論オフ会なんていうのもあったりして?(笑)
Posted by 管理人 at 2008年11月16日 21:43
>「戦場が広がると、兵站の維持が大変ですね。」

最近出た宮崎哲弥の対談本を読んでいるのですが、守備範囲の広さに驚かされました。
ジャーナリストの日垣隆の『常識シリーズ』も凄いですけど・・・。

>「PCCの温暖化予測が100%正しくても、温暖化対策は誤っているとするビョルン・ロンボルグ氏のような立場もあります。」

重度の理科系の懐疑派の間では、金銭感覚で温暖化問題を切ってしまうロンボルグはすこぶる評判が悪いです(笑)。
研究費が削減されるからでしょうか?

>「定説とは異なる論理で地球温暖化論を批判するとなると、トンデモ説の烙印を押されて、かえって「CO2派」を利することにはならないのでしょうか?

そういうことは気にしてないと思います。
自分の納得できる理論の構築だけを目指しているんだと思います。
だから純粋に温暖化問題を批判しているんですね。
庶民には理解できるレベルではないし、啓蒙しようという意思もないみたいだし・・・。

私から見れば、理論と観測事実にズレがあるのは当たり前なんですけど。
それは現時点の科学ではわからないことが多いという証拠だと思うんです。
丸山茂徳先生にも、IPCCに対する無茶苦茶な要求はやめましょうと言いたいです(笑)。

>「地球温暖化論オフ会なんていうのもあったりして?(笑)」

呉越同舟みたいな感じになるのでは?



ところで、『クーリエ・ジャポン 12月号』掲載のヤマガタ氏の温暖化批判が面白かったです。経済的な視点からヨーロッパ首脳の豹変をからかっています。

http://moura.jp/scoop-e/courrier/
Posted by おおくぼ at 2008年11月17日 00:39
面白い!、ヤマガタ氏のサイトで紹介してました。
人類は自然の驚異を知らぬ間に防いだんですね(笑)。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=29078080&expand
Posted by おおくぼ at 2008年11月17日 08:40
重度の理科系さんには、庶民を啓蒙する気も、世直しする気もないのですね(笑)

私も純粋に、地球温暖化論の科学的な白黒を付けて欲しいと思っています。

人為的な温室効果ガスの増加が、氷河期の到来を遅らせている…
温暖化は人類の文明にとってプラスだと唱える論者には、朗報ですね。
でも、二酸化炭素の増加と地球温暖化は関係ないとする論者は、異論ありでしょう。
「懐疑派」にも、いろいろな立場がありますから。

丸山茂徳先生といえば、地球磁場の低下による宇宙線の増加を主張していますが、次は「新型インフルエンザの発生は宇宙線被曝による突然変異だ」と発言してくれたら、俄然面白くなります(笑)
生物進化やウイルスの流行を宇宙スケールで説明するのは、定常宇宙論を提唱したフレッド・ホイル卿が有名です。
先日亡くなったマイクル・クライトンにも『アンドロメダ病原体』という作品がありますね。
Posted by 管理人 at 2008年11月17日 23:07
重度の理科系さんは、科学的に正しい決着が、「世直し」につながると信じているのです。
トンデモ説、疑似科学、ニセ科学という言葉が嫌いなのが特徴です。
詐欺的な科学知識や科学的な間違いが、世の中を駄目にしていると考えていると思います。
庶民に対して啓蒙するのが面倒なのか、庶民には理解不能と諦めているのかわかりませんが、興味ある人同士が、呪文のような専門用語を、洪水のように浴びせ合っているのが現状でしょう。


>「温暖化は人類の文明にとってプラスだと唱える論者には、朗報ですね。」

はい、朗報です(笑)。
この説がニュースで、ガンガン流れて欲しいです。

>「先日亡くなったマイクル・クライトンにも『アンドロメダ病原体』という作品がありますね。」

クライトン氏は医学の博士号を持っているので、そっちの方は詳しいですね。

>「丸山茂徳先生といえば、地球磁場の低下による宇宙線の増加を主張していますが、次は「新型インフルエンザの発生は宇宙線被曝による突然変異だ」と発言してくれたら、俄然面白くなります(笑)」

誰かがインタビューするか、編集者が依頼すればいいんじゃないでしょうか?
でも丸山先生の雲説は、強引すぎると思うんですけど。
雲は太陽光線を遮りますが、地表からの赤外線を吸収し、地表に放射して、地表を暖めます。

地球磁場は、雲との関係以外にも興味深いです。



Posted by おおくぼ at 2008年11月18日 08:09
ナショナルジオグラフィクのニュースは、人為的な温室効果ガスの増加が地球温暖化をもたらし、氷河期の到来を遅らせていると論じています。
しかし現在の温暖化が、人為的な温室効果ガスの増加だけによるのか疑問はありますから、このニュースには慎重な検討が必要でしょう。
地球温暖化論の、科学的に正しい決着が待たれます。

北極と南極が逆転したら気候はどう変化するのか?
磁場が減少したら生態系にどんな影響が出るのか?
地球磁場と、気候変動や生物進化との関わりには、興味深いものがあります。
Posted by 管理人 at 2008年11月18日 21:37
もちろん、私は、「二酸化炭素は地球温暖化するのは不可能」という主張です。
だからナショナルジオグラフィックの紹介している説は間違いだと思います。
でも不謹慎な性格なので、こういうニュースが世間でどんな影響を与えるかに興味があるのです。



最近私は、温暖化の原因は、地球という巨大な電磁石が原因という説にしました(笑)。
もちろん電力は太陽です。
北極振動は太陽風が原因という説です。

ただ月の引力原因説も捨てがたいです。
エルニーニョ現象と月の引力の変化が相関するという説があります。
温暖化と関係ないですが、月の引力と地震が関係するという説もあります。
Posted by おおくぼ at 2008年11月19日 08:47
ナショナルジオグラフィックのニュースには、確かに疑問点があります。
しかし地球温暖化に関する報道は、海面上昇で陸地が沈むとかホッキョクグマが絶滅するとかいうものばかりです。こういったニュースも報じるのが、公正・公平を重んじるマスメディアのあるべき姿でしょう。
地球温暖化は人類の文明にプラスであるとの主張も、他ならぬ科学者の意見なのですから。
Posted by 管理人 at 2008年11月21日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

CO2の排出量
Excerpt: 私たちが生活している中で二酸化炭素の量はどれくらい排出されているものなのでしょうか。
Weblog: CO2の排出量
Tracked: 2008-11-12 20:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。