2008年11月09日

ふたりの小室サン

11月4日、音楽プロデューサーの小室哲哉氏が、詐欺の容疑で大阪地検特捜部に逮捕されました。
小室プロデューサーは、芦屋市の会社社長に806曲の著作権を10億円で売却する仮契約を結びましたが、実際には著作権は音楽出版社に譲渡されており、小室プロデューサーに売買する権利はなかったのです。
前妻が差し押さえている著作権を解除するためとして、会社社長に先払いさせた5億円は、借金の返済に充てられていました。

1996〜1997年には2年連続で高額納税者番付の4位にランクインするなど、1990年代に絶頂を極めた小室プロデューサーでしたが、近年は事業の失敗で多額の借金を抱えていたようです。
しかし私は、1990年代の彼の音楽には全く馴染みがありません。
私の知る小室哲哉とは、1980年代のTM NETWORKでの活動です(ライブを観たこともあります)。
1984年にデビューしたTM NETWORK。その楽曲の多くで作詞を手がけていたのが、シンガーソングライターで小説家の小室みつ子氏でした。なおTM NETWORK初期の作品では、西門加里(カーリー・サイモンに由来)名義になっています。
ちなみに小室哲哉氏と小室みつ子氏は、親戚ではありません。
miccos.com 小室みつ子 personal site
※「最近何してんの?」で、小室プロデューサー逮捕についてのコメントが読めます。



Actually, As Always 小室みつ子

TM NETWORKの作詞家ということで手に取った小室みつ子氏の本。なかでも面白かったのは、集英社文庫コバルトシリーズから出ていた「久里子シリーズ」でした。
推理作家アガサ・クリスティみたいな名前の女子高生、阿笠久里子(名付け親は不条理SF作家の叔父)。ドジだけどどこか憎めない彼女が、身のまわりで起こるトラブルを探偵気取りで解決します。
久里子シリーズは『シンデレラは待てない』、『スノウ・ホワイトが危ない』、『ピノキオはあきらめない』、『マーメイドは忘れない』、『ハートビートは止まらない』の5冊。表紙&本文イラストも小室みつ子氏が描いています。
5作目が出たのはTM NETWORK全盛期の1988年。音楽の仕事が多忙になったせいか、残念ながら久里子シリーズの続編は出なくなりました。
小室みつ子氏の小説作品は、大原まり子岬兄悟両氏(この2人は夫婦です)による爆笑SFアンソロジー『SFバカ本』シリーズにも収録されています。



笑壷 小室みつ子 他


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:57| Comment(12) | TrackBack(1) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TMネットワーク(多摩ネットワーク)は好きです。
当時のEPICソニーのミュージシャンは、大好きです。
Posted by おおくぼ at 2008年11月09日 16:12
佐野元春、大澤誉志幸、大江千里、渡辺美里、岡村靖幸、小比類巻かほる…
80年代のEPICソニーには、錚々たるメンバーが揃っていましたね。
哲ちゃんは、岡村ちゃんに続く逮捕者になってしまいました。

私は当初、TM NETWORKの「TM」は、マハリシ研究所の超越瞑想のことかと思いました(笑)
Posted by 管理人 at 2008年11月09日 20:01
今回の件を参考に「日本の著作権」について議論が沸騰するといいんですけど。
かつてのカリスマの没落みたいな感じの報道ばかりですね。

>「小室みつ子氏の小説作品は、大原まり子・岬兄悟両氏(この2人は夫婦です)による爆笑SFアンソロジー『SFバカ本』シリーズにも収録されています。」

小室みつ子氏の小説は読んだことないですけど、大原まり子の小説は、昔、よく読んでました。
イケメンの岬兄悟と結婚した時は驚きました。
Posted by おおくぼ at 2008年11月15日 23:32
かつて小室哲哉を持ち上げ、彼のおかげで潤ったであろうマスメディアが、逮捕された途端にバッシング一色です。
小室みつ子氏も、マスコミの報道姿勢に違和感を表明しています。
新曲の発売が中止されたり、既存曲のオンエアが自粛されたりしていますが、小室哲哉容疑者の収入が途絶えない方が、被害者への返済ができて良いのでは?

著作権を死後何十年も引き延ばす必要はないでしょう。著作権とは、その人の才能に対して与えられるものですから。
権利団体ではなく、著作者本人が確実に報われる制度になるべきですね。

大原まり子氏の作品では『ハイブリッド・チャイルド』と『吸血鬼エフェメラ』を読んだことがあります。
Posted by 管理人 at 2008年11月16日 22:31
経済事件は、犯人を罰するよりも、被害者の救済に力をいれるべきでしょう。

著作権が商品として流通すると、当初の著作権の存在意義が薄れてきます。
作った人への報酬や敬意や名誉が、ただの「金のなる木」に過ぎなくなるのです。
この当たりは、ヤマガタ先生の翻訳したレッジグの本に詳しく書いてあるんですけど・・・。

大原まり子の『ハイブリッド・チャイルド』は、解りづらい小説です(笑)。
漫画家の萩尾望都先生が書評を書いていて、見事に分析してたこに感動したことがあります。
大原まり子は短編が好きです。
Posted by おおくぼ at 2008年11月16日 23:57
今回の詐欺事件は、被害者も有名な方だそうです。
芦屋の投資家さんには、大阪国税局に申告もれを告発された前歴があるとか。
http://news.livedoor.com/article/detail/3892795/

『吸血鬼エフェメラ』は、雑誌『現代思想』(特集メタ・ミステリー)で小谷真理氏が評していました。
この評論は『笠井潔伝奇小説集成』(ヴァンパイヤー戦争の解説)にも収録されています。
Posted by 管理人 at 2008年11月17日 23:38
小谷氏と大原氏は仲がいいんです。
ちなみに小谷氏はヤマガタ氏を裁判で訴えたことがあります。
Posted by おおくぼ at 2008年11月18日 07:47
テクスチャル・ハラスメント事件のことですか?
『オルタカルチャー』とかいうサブカル解説本の小谷真理氏の項目を読んだら、小谷真理とは英米文学者・巽孝之氏のペンネームと書いてあって、ホントかよ?と思いました。巽孝之と小谷真理は夫婦のはずなのに…
案の定、小谷氏が名誉毀損で訴えましたが、あれを書いたのは山形浩生氏だったのですね。
Posted by 管理人 at 2008年11月18日 21:06
参考までに・・・

http://cruel.org/trial/
Posted by おおくぼ at 2008年11月22日 14:06
「小谷真理とは巽孝之のペンネーム」については、山形浩生氏は最初から非を認めて謝罪していましたね。あの文章では「小谷真理は架空の人物である」としか読めませんから。
テクハラ事件をめぐる『週間金曜日』とのやりとりは面白かったです(取材であって、私信ではない!)。
最近の噂コーナーでは、ゴミ発電のニュースが気に入りました。

小室哲哉被告(11月21日に詐欺罪で起訴)逮捕以来、にわかにTM NETWORKの曲が聴きたくなり、いつも『Gift for Fanks』を聴いています(笑)
『1974』はいいですね〜♪
Posted by 管理人 at 2008年11月23日 15:44
ヤマガタ氏は東大のSF研で、バロウズなどのアメリカ前衛文学を訳しているので、巽氏とは犬猿の仲なのでは?と思っています。
ポストモダン文藝批評が言葉遊びにしか思えないのは、ヤマガタ氏と同感です。



週刊誌を読むと、小室氏は警察に逮捕されて、マスコミの注目を浴びるためにわざと詐欺行為をしたのではという憶測があります。



私は渡辺美里のファンなので、小室哲哉や岡村靖幸や大江千里は、渡辺美里の歌の作曲家として認識しました。

TM NETWORKで好きなのは「RAINBOW RAINBOW」です。
インタビューで、「佐野元春さんに10年に一度のイントロだと言われたのが嬉しかった」と語ってたのが印象的でした。
Posted by おおくぼ at 2008年11月23日 18:01
渡辺美里のライブも観たことがあります。
ついでに、ラジオ番組でハガキを読んでもらったこともあります。番組内にギャグや駄洒落を投稿して、みさっちゃんを笑わせようというコーナーがありまして(笑)
私がTM NETWORKや岡村靖幸を知ったのも、渡辺美里の楽曲がきっかけでした。
小室哲哉が作曲家としての地位を築いたのは、『My Revolution』のおかげでしょう。
他には伊秩弘将や佐橋佳幸など、渡辺美里への楽曲提供でブレイクしたミュージシャンは多いですね。
Posted by 管理人 at 2008年11月24日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「小室暴露本」ってなんでもありかよ
Excerpt: そこまでして稼ぎたいのか!!そっとしおいてやれよ。。 詐欺容疑で逮捕された音楽プロデューサー・小室哲哉容疑者(49)の暴露本「小室哲哉~50年の軌跡~」(仮題)が発売されることが17日、分かった。本の..
Weblog: 想うが侭
Tracked: 2008-11-19 01:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。