2009年01月26日

平安朝をプロデュース

「弘法も筆の誤り」といえば、どんな名人にも失敗はあることのたとえ。
弘法大師こと空海(774‐835)は、書の名人として知られています。
空海は日本密教の創始者であり、儒教・道教・仏教を比較して論じた『三教指帰』を著した思想家です。さらには讃岐国の灌漑用溜め池「満濃池」を修復するなど、各地で治水事業を行ったとも伝えられています。
空海はまるで、日本のレオナルド・ダ・ヴィンチです。



空海の企て 山折哲雄

平安朝のマルチクリエーター・空海の人となりを明らかにするために、山折哲雄氏がその先駆者として挙げるのが道鏡です。
道鏡は皇位簒奪を目論んだとされる、歴史上最も悪名の高い人物のひとり。現代においても人々の尊敬を集めてやまない空海と、ダーティイメージ極まりない道鏡。二人の共通点とは…それは天皇の看病僧だったことです。
称徳天皇の病気平癒を祈って、女帝の寵愛を受けた道鏡。空海もまた、時の嵯峨天皇の看病僧という職務を生かして、国家の中枢に「密教コード」を注入することに成功したのだと言います。

空海以前と以後で、王朝社会はどう変わったのか?
本書は単なる空海の人物伝にとどまらず、奈良時代から平安時代に至る国家システムの変遷を論じています。
その過程で、現在の象徴天皇制や皇位継承の問題にまで切り込んでおり、空海よりも「山折哲雄の企て」がとても刺激的な一冊です。
WEBマガジンへの連載がもとになっているので、ひとつひとつの章は短めで、専門的でありながら読みやすい本だと思います。

晩年の空海は禅定に入り、そのままの姿で入滅したとされます。
高野山奥の院では、今日も空海への食事と衣服の給仕が続けられています。

(1月26日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 17:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
空海は孫悟空みたいなもんです。
Posted by おおくぼ at 2009年01月27日 07:15
「空海は孫悟空みたい」とは…
空海が四国の山野で修行して、呪術を修得したことを指すのでしょうか?

山折先生の「空海は道鏡みたい」は、とても面白い指摘です。
Posted by 管理人 at 2009年01月27日 21:15
空海=孫悟空説は、漫画家の岡野玲子さんの説です。
空海の世界観が、『西遊記』の孫悟空に近いということでしょう。
どちらもお釈迦様の手の中という気がしますけど。
弥勒菩薩や大日如来はスペクタルな気がします。
孫悟空は、三蔵法師と出会う前は、仙人に仏教などの学問と仙術を習います。



時の権力者は、宗教家を重宝するものです。
会社の経営者も、占い師を重宝したりします。
当時は、医学レベルが低いので、祈祷師が重宝されました。
空海の師匠の師匠の不空金剛は、中国の三代の皇帝に使えました(その内の一人は、楊貴妃で有名な玄宗皇帝)。
道鏡は天皇と恋仲になり、愛の証として国を天皇からプレゼントされるという点では、日本史の中でも例外的な存在です。



空海の世界観は、ルネサンスの頃の占星術士を連想します。
ダ・ヴィンチも魅力的ですが、ノストラダムスを連想させます。
ノストラダムスは医者です(たぶんヤブ医者)。
空海は水銀と縁が深かったですが、ノストラダムスも怪しい化学に縁が深かったです。
Posted by おおくぼ at 2009年01月28日 14:03
古代、水銀は塗金に使われました。
現在も残る「丹生」という地名は、水銀の産地です。
修験者は単なる宗教家ではなく、鉱山探索者(まさしく山師?)でもありました。
空海には水にまつわる伝説(弘法水)が多いですが、彼が鉱脈・水脈などの地質に通じていたことの証でしょう。

聖武天皇は、愛娘の阿倍内親王(孝謙天皇⇒重祚して称徳天皇)に皇位を譲る際、「王を奴婢にするのも、奴婢を王にするのも汝の自由だ」と語ったとされます。
称徳天皇は、それを実行しようとしたのでしょうか?

ロナルド・レーガン米大統領のナンシー夫人は、占星術師を重用していたことで有名ですね。
Posted by 管理人 at 2009年01月29日 22:00
>「称徳天皇は、それを実行しようとしたのでしょうか?」

わかりません。

レーガンは、ブッシュ(息子)の先駆者なのです。
にもかかわらず、ブッシュほど評判が悪くないのが不思議です。
ブッシュはレーガンの悪いところを純粋培養した感じですね。



空海は偉大だと言われていますが、有名な弟子がいません。
されに対し延暦寺からは有名な教祖が何人も出ています。

レオナルド・ダ・ヴィンチは現実主義者ですが、空海はロマンチストです。
空海の世界観は、『西遊記』に匹敵するでしょう。
Posted by おおくぼ at 2009年01月30日 16:12
法然、親鸞、栄西、道元、日蓮…
鎌倉新仏教の創始者たちは、みな比叡山の出身ですね。
一方の高野山側は、空海以外に名前が思い浮かびません。
やはり、カリスマは一代限り?
私は後継者育成の名人よりも、孤高のカリスマの方が好きですが。

レーガンは冷戦の終結を導いたことと、減税による好景気をもたらしたことで、評判がいいのでしょう。レーガン時代は日米関係も良好でした。
私もレーガンさんには好印象をもっています。

では、ブッシュJr.の功績は…
つい最近まで大統領だったのに、思いつきません(笑)
Posted by 管理人 at 2009年01月31日 22:36
ブッシュJr.の偉大さは、もちろんアメリカの偉大さを世界に教えたことでしょう、軍事面、経済面、政治面、エコな面などなど(笑)。
あるいはオバマの名引き立て役でしょうか?
だから、ブッシュJr.はオバマのために失態を演じたというのはどうでしょうか?
911テロ事件アメリカ政府自作自演・陰謀論者におススメしたい仮説です。
そう言えば、マイケル・ムーアがジョークで、ブッシュの失態は、アメリカ崩壊を目論むテロリストの作戦だと言ってました。



最近出た『オバマ・ショック』(集英社新書)
越智道雄&町山智浩:著
は、歴代大統領の特徴を説明しています。

『日本は悪くない―悪いのはアメリカだ』(文春文庫)
下村治:著
最近、文庫化した(原著は1997年)のですが、レーガンの悪口から始まっています。
アメリカが巨大な赤字を抱えたのも、日本がバブルになったのも、レーガンのせいだそうです。
レーガンが悪の線路を作り、みんな、レーガン線路を利用したというわけです。



Posted by おおくぼ at 2009年02月02日 17:36
レーガン政権は減税の一方で、軍事費を増大させて巨額の財政赤字を生み出しました。さらに輸入超過による貿易赤字の拡大で、アメリカは「双子の赤字」を抱えることになります。
クリントン政権が財政黒字を達成したのは、ITバブルのおかげでしょうか。

ブッシュJr.の功績は、軍事的覇権・大量生産・大量消費などを善とする「20世紀的な帝国」の、最後の輝きを見せてくれたことでしょう。
これってホメ過ぎ?(笑)
Posted by 管理人 at 2009年02月03日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。