2009年03月23日

バラク・オバマと7つのアメリカ

2009年、第44代アメリカ合衆国大統領に民主党のバラク・オバマ氏が就任しました。
史上初の黒人大統領は、いかにして誕生したのか。その複雑なプロセスを越智道雄氏が追いました。



誰がオバマを大統領に選んだのか

アメリカは北から順に4つの文化圏に分けられ、それぞれの担い手は、出自も移民した時期も異なります。
北部帯文化圏
移民第2波で、ニューイングランドに上陸したピューリタン。民主的に運営される共同体(タウンシップ)は、WASP文化の良き遺産。
ミッドランド文化圏
クェーカー教徒による移民第3波。他宗派・他民族に寛容で、女性の地位も高い。
高地南部文化圏
最後発の移民で、荒涼たるアパラチア山脈に入植した荒くれ者。終末思想・キリスト教右翼と親和性が高い。歴代大統領を最も多く輩出している集団でもある。
沿岸南部文化圏
ヴァージニアに入植した最初の移民たち。イギリスから奴隷制度を持ち込んだ。
※WASP=White,Anglo Saxon,Protestant(白人・アングロサクソン・プロテスタント)

以上に加えて、さらに3つの文化圏を見だすことができます。
大盆地文化圏
モルモン教徒の聖地・ソルトレイクシティ周辺。
大ニューヨーク文化圏
数多くの人種が混在する、非WASPの首都。
南カリフォルニア文化圏
有色人種の人口が白人を上回る、ロサンゼルスが中心。

オバマ氏を支持したのは、ミレニアルズ(またはジェネレーションY)と呼ばれる人種を超えた若年層と、タウンシップの精神を継承する高給取りの白人男性層でした。
黒人とはいえ白人女性を母にもつオバマ氏は、奴隷の子孫ではなく(Obamaはアフリカ姓)、公民権運動への参加経験もありません。そのため当初は、黒人層の間でも彼への反発がありました。
しかも彼はアメリカ本土ではなく、ハワイ州の生まれ。オバマ氏はアメリカ社会における、絶対的アウトサイダーだったのです。

本選で敗れはしたものの、共和党の大統領候補者ジョン・マケイン氏が魅力的な人物であることも、本書は伝えています。
党派を超えた議会活動で、保守派よりもリベラル派から高い支持を得る「一匹狼」マケイン氏もまた、アウトサイダーです。そんなマケイン氏を擁しても、共和党はオバマ旋風に勝てませんでした。
これでますます共和党は右傾化し、南部を支持基盤とした地域政党に転落するとの見方を本書は示しています。




「高地南部人」は、映画や音楽で描かれる、典型的な荒くれ者のアメリカ人です。
越智道雄氏は、北部的なものを良質なWASP文化遺産、南部的なものをWASPの不良遺産と呼び、共和党批判・民主党支持の立場を鮮明にしています。

『誰がオバマを大統領に選んだのか』というタイトルから、オバマ氏当選の背景に何か陰謀的な勢力があるのではと期待して読む方がいるかもしれません(私だけ?)。
そういう本ではないのですが、謀略ものが好きな方は楽しめると思います。

(3月22日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、おおくぼです。

越智さんは、映画評論家の町山氏と同じように知識が豊富な方です。
『秘密結社―アメリカのエリート結社と陰謀史観の相克』や『新ユダヤ成功の哲学―なぜ彼らは世界の富を動かせるのか』という本もあります。

『日米外交の人間史―黒船から経済摩擦まで 』(中公新書ラクレ) という本もあります。

『ブッシュ家とケネディ家』 (朝日選書)では、ブッシュ(父)大統領がクリントンに負けたのは、運が悪かったと分析しています。
ブッシュ(父)は、レーガン時代は副大統領として活躍したのですが、経済政策ではレーガン政権に批判的でした。
レーガン時代に出来た大赤字を一生懸命無くそうと奮闘したのですが、効果が出るのに時間がかかったため、クリントンに負けてしまったそうです。
Posted by アマチュア国際ウオッチャー at 2009年03月30日 14:51
越智道雄氏は、歴史・宗教・語学などに通じた、大変博識な方ですね。
本書ではアメリカの文化圏について、歴史的経緯のみならず、英語の方言からも詳しく分析しています。越智氏は民主党支持・共和党批判が明確なので、本書の内容は偏っているとは思いますが…

クリントン政権下でアメリカの財政状況が好転したのは、やはりITバブルのおかげでしょうか。ブッシュ(父)大統領は、もう少し時間が欲しかったでしょうね。
Posted by 管理人 at 2009年04月01日 19:37
越智氏は、映画評論家の町山氏とアメリカの大統領選挙についての共著を出しています。
町山氏はオバマの当選について、雑誌で長く語っています。

http://www.ro69.jp/publish/sight/next.html
Posted by アマチュア国際ウオッチャー at 2009年04月06日 22:01
越智道雄&町山智浩『オバマ・ショック』が、集英社新書から出ていますね。
多くの人が読んで、どこかのblogでネタにされるであろう新書よりも、あえてこちらの本を選びました(笑)

日本では、麻生総理が「部落出身者を日本の総理にはできない」と発言して、野中広務氏が激怒したとの話があります。
Posted by 管理人 at 2009年04月07日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。