2009年05月26日

205万円の衝撃(後編)

プリウスの最大のライバルは、フォルクスワーゲン・ゴルフではないでしょうか。
本書には、両者の比較記事も掲載されています。
奇しくもプリウスと同時期に新型となった“ゴルフY”は、小排気量エンジンを過給したTSIに、マニュアルミッションの効率とイージードライブを両立したDSGを組み合わせて、燃費と走行性能を向上させています。
フォルクスワーゲンは、クリーン・ディーゼルの「ブルーモーション」、ディーゼル・ハイブリッドの「ツインドライブ」も開発中です。21世紀のグローバルスタンダードカーは、プリウスかゴルフか。両者の進化に注目しましょう。



新型プリウスのすべて

新型プリウスのバッテリーは、エネルギー密度の高いリチウムイオン電池ではなく、従来同様ニッケル水素電池を採用しています。頻繁に充放電を繰り返すプリウスのシリーズ・パラレル・ハイブリッドには、ニッケル水素電池の方が適しているのです。
エンジンを発電機として使用し、モーターのみで駆動するシリーズ・ハイブリッドには、リチウムイオン電池が採用されるでしょう(もしかして、現行方式は今のプリウスで最後?)。
そしてモーターはエンジンのアシストに徹する、シンプルな構造のパラレル・ハイブリッドには、バッテリーよりもキャパシタの方が適しているのではないでしょうか。

プリウスばかりが注目されていますが、6月11日に発表されるマツダ・アクセラにはi-STOP(アイドリングストップ機構)が搭載されます。これまたインサイト効果か、価格は189万円から。2,000ccでこの価格なら、十分に競争力があると思います。スポーティな走りではプリウス、インサイトに負けないでしょう。
ハイブリッド車だけでなく、電気自動車・燃料電池車・クリーン・ディーゼル車など多様なエコカーが登場して、クルマの未来を面白くしてもらいたいものです。

エコカー減税、スクラップインセンティブなど、バラマキ経済対策は一時的な景気刺激にはなるでしょうが、それは需要を先食いするだけで、本質的な経済成長は望めません。
日本の自動車産業には、減税や補助金によるドーピングに頼らず、クルマそのものの魅力を高めることが求められています。

(5月21日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
205万円の衝撃(前編)
景気回復の救世主?(前編)
景気回復の救世主?(後編)
【3代目】新型プリウス発表
「トヨタショック」は超えられるか
イニシャルD
ハイブリッドは世界を制すか
未来予想図


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。