2009年06月15日

冬眠すれば長生きできる?

人工的に冬眠状態に入った人間が、若々しい姿のまま未来の世界で目を覚ます…SF小説・映画でたびたび見られるシーンです。
宇宙ロケットで太陽系の外へ飛び出すには、何十年もかかります。その間、乗員は歳を取りますし、大量の食料や燃料が必要となります。しかし人工冬眠が可能になれば、宇宙旅行の物理的な制約がなくなるかもしれません。



「人工冬眠」への挑戦
市瀬史 著

冬山で遭難したり、凍結した川に転落した人が、心臓停止の状態から奇跡的に回復したケースがあります。奇跡の生還者たちに共通しているのは、極度の低体温状態だったことです。
心臓や呼吸が停止すると、酸素が供給ができなくなって臓器に大きなダメージを与えます。臓器のダメージを防ぐには、代謝を抑制せねばなりません。そのための有効な手段が、人体を低体温状態にすることです。

自然界には、リスクマのように冬眠する動物がいます。彼らは体温を下げて代謝を抑制することで、生存に必要なエネルギーを節約し、食べ物が不足する冬を乗り切っているのです。
人間は寝たきりでいると骨や筋肉が急速に衰えますが、クマにはタンパク質やカルシウムをリサイクルする仕組みがあって、冬眠中の筋力の低下を抑えています。
また冬眠する動物は、他の哺乳類よりも長生きです(シマリス11年以上、ラット3年)。

冬眠中のリスは、睡眠しているわけではありません。実は二週間おきに冬眠から覚醒して、睡眠不足を解消しています。睡眠は、哺乳類にとって非常に重要なのです。
本題である人工冬眠の実現性については、正直言って「?」。
それよりも、睡眠や代謝のメカニズムについての記述が非常に面白く、興味深い内容でした。

(6月8日読了)


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人工冬眠っていうのはなかなか興味深い話ですね。初めまして。エンリル@かんかん☆バス停前です。

 しかし自分としてはあまり冬眠はしたくありません(^^;
なんか寒そうですし。。まぁそれは冗談として自分というのは他人との関わりで自己の価値を自覚できるものだと思うからです。いえ現状では解決できない問題を未来に解決策を託すという点では意味があるとは思います。(不治の病を治すとかですね)でも例えば好きな人ができて恋をして、そして結婚し、相手と同じように年をとり、同じ時期に天に召さるというのがこの上ない幸せだと思うのです。

 もし目が覚めたとき知っているひとが一人もいないのもさびしいし、逆に知っているひとが今と変わらないのなら。。。 
 形のあるものは人に限らず全て一度無に帰すことが実は幸福なのではないでしょうか。人工冬眠は使い方を間違えればある意味間断ない地獄のようになってしまいます。ドラキュラ伯爵みたいに。
Posted by enril at 2009年06月22日 00:01
エンリル様、いらっしゃいませ。

私も死んだら完全に無になりたいです。死後の世界なんて、あったら困ります(笑)。
先日、臓器移植法改正案が衆議院を通過しましたが、死後も自分の臓器が、全く知らない他人のなかで生き続けることを想像すると不気味です。
臓器移植にしか助かる見込みのない重症患者さんのために、遺体をリサイクル(身も蓋もない表現ですが…)するのは理にかなっていると思いつつも。
実際に脳死になったら、そんなことを想像するのも不可能ですが。

人工冬眠も臓器移植も、それを可能にする技術が出来たからこそ、人類史上これまでなかった新たな倫理問題が生じてきたわけですね。
Posted by 管理人 at 2009年06月22日 20:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。