2009年07月26日

安土城の深い闇

戦国武将は、小説やドラマの題材として根強い人気があります。最近では、歴史好きが集まる戦国バーや、武将に萌える戦国ギャルも話題です。
戦国武将のなかでも、とりわけ人気の高いのが、織田信長
天下統一を目前にして、本能寺の炎と消えた劇的な人生。それに加えて、大量の鉄砲で戦国最強の武田軍を破った長篠の戦、楽市楽座による商業振興策など、先見性の高さが人気の理由でしょう(長篠の戦での有名な「三段撃ち」は、史実ではないとの説が有力)。一方で、比叡山の焼き討ちや一向一揆への弾圧から、気性が激しく冷酷な人物との評もあります。



バロックの王織田信長

渡辺豊和 著

信長の過激なまでの合理性は、どこから生まれたのか。建築家・渡辺豊和氏による信長論です。
渡辺氏は、縄文時代にインスピレーションを得た建築作品で知られ、巨石構築物を研究するイワクラ(磐座)学会の会長でもあります。歴史に関する著作は多く、そのトンデモ…失礼、シャーマンぶりを遺憾なく発揮しています。

南蛮文化に強い関心を抱いた信長は、イエズス会の宣教師と交流し、キリスト教の布教を許可しています。
キリスト教は、フランシスコ・ザビエルによって日本に伝来しました。しかし、それ以前に日本にもたらされていた可能性があります。厩の前で誕生したという聖徳太子の伝説は、キリストの降誕そっくりです。唐代の中国では、ネストリウス派が景教の名で広まっており、日本に伝わっていたとしても不思議ではありません。
渡辺氏は、大和朝廷の中枢を担った蘇我氏が、秦氏らと共に北方シルクロードを通って東北地方に渡来したとの説を唱えています。秦氏はゾロアスター教を奉じており、後にネストリウス派に改宗したと主張します。渡辺氏は、織田氏のルーツを秦氏に求め、信長の革新性や残虐性がユーラシアの騎馬民族に由来すると考えているのです。

信長の築いた安土城は、史上初めて天守(天主)を持ち、各層が色分けされた、極めて斬新な建築でした。天主内部には、吹き抜けがあったと考えられています。
吹き抜けというと明るい空間を思い浮かべますが、安土城の吹き抜けは四方を部屋で囲まれており、外光の差し込まない暗黒の空間だったと思われます。こういう点に着目するのは、さすが建築家です。
安土城天主の闇に、信長の闇の部分を見るという渡辺氏。彼は本能寺の変の真相に迫っているのでしょうか…

(7月20日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
はるかなる飛鳥
ニッポンのルーツを求めて
陰陽師・明智光秀


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:04| Comment(31) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画『GOEMON』は、バロック色溢れる映画でした。

ただ井上章一の『南蛮幻想―ユリシーズ伝説と安土城』は、そういう説に疑問を投げかけています。
Posted by おおくぼ at 2009年07月29日 23:51
>「天主内部には、吹き抜けがあったと考えられています。」

NHKでも肯定的に特集されましたが、間違いだと思います。
歴史の魅力は、想像で過去を描くことですけど。
吹き抜けを再現したミニチュアは、魅力です。

あと大阪城と安土城は、かなり似ていたと思います。
Posted by おおくぼ at 2009年07月31日 15:10
>「吹き抜けというと明るい空間を思い浮かべますが、安土城の吹き抜けは四方を部屋で囲まれており、外光の差し込まない暗黒の空間だったと思われます。」

トンデモ説を思い付きました。
安土城はプラネタリウムだった!!!!
他に吹き抜けの必要性を思い付かないので・・・。
でも星座を映写するのが難しいですね。
Posted by おおくぼ at 2009年07月31日 15:32
渡辺豊和氏の著作は、日本列島に太古より聖地のネットワークがあったとする『縄文夢通信』が有名です。それを元に、邪馬台国=阿蘇説を唱えています。縄文人の魂と交感する、独創的な建築家(トンデモさん?)です。
渡辺氏は、信長が南蛮文化をパクったのではなく、西欧列強よりも100年早く絶対王政を指向し、西洋に先駆けてバロック建築を出現させたと述べています。

秀吉は、安土城を意識して大阪城(当時は大坂)を築いたでしょうから、結構似ていたと思います。秀吉時代の大坂城は漆黒の壁に金の装飾が施されていて、今よりもずっとエキゾチックだったでしょう。
Posted by 管理人 at 2009年07月31日 22:58
建築家は誇大妄想の強い人が向いているのではないでしょうか?

建築研究家の村松伸『中華中毒』(ちくま文庫)では、信長は足利義満と並ぶ中華マニアだということが強調されています。
岐阜という名前や安土という名前も中華マニアである証拠です。
信長が、日本の伝統を畏怖しなかった理由は、海外の文化を高く評価してたからでしょう。
秀吉は、信長ほど過激ではないですが、影響が大きいと思います。
逆に光秀は、日本の伝統を畏怖し、舶来を嫌ったようですね。
Posted by おおくぼ at 2009年08月01日 01:17
偉大な権力者は、偉大な建築家であり都市計画家でもあります。
(チンギス・ハーンは宮殿ではなく、移動式のゲルで暮らしたでしょうが…)

信長は、戦争は強くなかったと思います。
織田軍が強かったのは、信長個人が戦上手だったのではなく、配下の秀吉や光秀が軍略に優れていたからでしょう。

光秀は朝廷や足利将軍家と親交があり、古典文化に通じていました。
天皇の権威を蔑ろにする信長を、許せなかったのだと思います。
Posted by 管理人 at 2009年08月03日 00:23
都市計画や巨大建築は、誇大妄想を実現した場合が多いと思います。
織田信長の安土城も、誇大妄想の実現化です。
自分を神として、崇めよという訳ですから。
大阪城は、豊臣秀吉が安土城をモデルに造りましたが、信長が計画していた城です。
でも、どんな城を造る計画だったかは、秀吉は知らなかったと思います。
もし信長が生きていたら、安土城とは違った、別の個性的な城を作ったと思います。

安土城について・・・
参考

http://www.sasakijo.com/azuchi1.htm
Posted by おおくぼ at 2009年08月03日 20:59
石山本願寺は強固な要塞でしたから、信長は当然、跡地を城にしようと考えたでしょう。海外に目を向けていた信長にとって、大坂が海上交通の要衝であることも大きかったと思います。

渡辺豊和氏は、内藤昌氏の復元案に依拠しています。
渡辺氏は、安土城の吹き抜けが真っ暗だったという、重要な指摘をしています。しかし、真っ暗で何も見えない吹き抜けに何の意味があるのか、かえって疑問が湧きました。

長篠の鉄砲三段撃ちや桶狭間の奇襲など、信長の天才ぶりを示すエピソードには近年疑問が呈されていますが、渡辺氏がそれらを完全に肯定しているのは本書の不満な部分です。
もちろん、私は信長の才能を否定しませんが、あまりに英雄視されている人物のエピソードは、なにかと疑いの目で見たくなるのです。
Posted by 管理人 at 2009年08月04日 22:55
工藤健策の『信長は本当に天才だったのか』 (河出文庫)には、安土城は、当時の建築技術では柱だらけになるんじゃないか?と疑問を投げかけていました。
鉄筋コンクリートがない時代の木造の高層建築は、地震に弱いです。
五重塔でも、部屋の空間が狭いです。
Posted by おおくぼ at 2009年08月22日 19:14
天守は城主の居館ではありませんから、狭くても構わなかったと思います。
しかし信長は、安土城「天主」を居室としていました。
天主は信長の威厳を示すためのプライベートゾーンであって、織田家の家臣団が一堂に会するような大広間を、天主の中に設えるのは無理だったでしょうね。
広い部屋が必要ならば、本丸御殿があるので問題はありませんが。
Posted by 管理人 at 2009年08月23日 21:49
井上章一の『南蛮幻想―ユリシーズ伝説と安土城』は現在は絶版ですが、内藤晶の復原案論争を丁寧に分析しています。

また安土城を日本の独創か、海外からの輸入か、という振り子のような論争史が続いているそうです。
また海外からの影響でも、キリスト教か仏教か儒教かと言った議論もあるそうです。

また「天主」の語源は何か、「天守閣」にいつ頃変化したのか、などを丁寧に辿っています。
Posted by おおくぼ at 2009年08月26日 20:04
信長は「第六天魔王」と称しましたが、元祖「天魔王」は室町幕府第六代将軍の足利義教です。
明石散人氏は「最高の武家は源頼朝、最強は豊臣秀吉、最大は徳川家康。しかし足利義教は無類の上である」と、義教を大絶賛しています。明石氏にしてみれば、織田信長なんぞは足利義教のコピーに過ぎないわけです。
日本の学校教育では室町時代はマイナーなので、義教の偉大さが知られていないのが残念です。
Posted by 管理人 at 2009年08月27日 21:33
足利義教は、残酷な人物ですが、彼は戦争で権力者になったわけではありません。
世界の歴史上では、恐怖の権力者がいろいろ出て来ます。
皇帝ネロとか・・・。
支那の歴史でもいますね。

江戸時代では徳川家光がそうですね。
家光の友人である水戸光圀も残酷な人物だったみたいですね。
教科書では書かれない事実は多いですね。
戦国大名の男色関係とか・・・。
Posted by おおくぼ at 2009年08月29日 00:04
追記

織田信長は足利義教を意識してたのだと思いますし、そう意味では「織田信長は足利義教のコピー」であるのは正しいでしょう。
だからと言って、そのことで織田信長の価値が下がるとも思えません。
特許とは違うので、誰が最初かを争っている訳ではありませんから。
また足利義教が、織田信長の残酷行為の模範だったという事実は、文科省の教科書では、むしろ評価の対象から外されるでしょう。


連想したのはナポレオンです。
ナポレオンは、エジプト計画をライプニッツが自分よりも前に構想してたことを、フランスに帰国後に知って激怒したそうです。


徳川家康は同郷の源頼朝を尊敬し、模範にしてたみたいですね。
Posted by おおくぼ at 2009年08月29日 05:30
足利義教は、くじ引きで権力者になりました(笑)
籤引き将軍と呼ばれた義教ですが、それを逆手に取って、自分は神に選ばれた将軍であると主張しました。まさに王権神授説です。
義教は、室町幕府の勢力を最大化しました。

私は足利義教について、もっと学校で教えるべきだと主張しているのではありません。室町時代の扱いがマイナーであること、故に義教の知名度も低いことを、寂しく思っているだけです。
Posted by 管理人 at 2009年08月31日 00:16
教科書の内容に寂しく思っている人は多いと思います。
『教科書から消えた・・・』
『教科書に書かれない・・』
・・・などの本がいろいろ出ています。

高校時代、私は世界史を選択していましたし、日本史の教科書はほとんど読まなかったです。
どちらかと言えば裏日本史みたいな本が好きで、そんなんばかり読んでました。

文科省検定など止めればいいと思います。
アメリカには国家の検定歴史教科書はありません。
また教科書は薄くして、副読本を充実させる制度を取ればいいのではないでしょうか?

井沢元彦さんの本だと、戦国時代が人気がある理由は、日本人のメンタリティとしは少数派の人が大活躍した時代だからだそうです。
Posted by おおくぼ at 2009年08月31日 02:19
文科系は社会科二科目必修なので、私は日本史と世界史を選択しました。歴史は両方やらないと中途半端になると思いまして。
私も同じく、学校では教えない裏日本史が好きで、古史古伝などのトンデモ本も愛読しました。教科書的な「通史」は勝者側の歴史でしかないと認識する一方、古史古伝などのトンデモ「偽史」に対する免疫も付きました。

室町時代に人気が無い理由は、発端となった南北朝が、教える側にも学ぶ側にも、ややこしいからでしょうか?
Posted by 管理人 at 2009年09月02日 22:08
室町時代が人気が無いのか、よくわかりません。
室町時代は足利義昭までなので、戦国時代も含みます。

室町時代の前半は平和なイメージですが、応仁の乱以後は混乱状態です。

鎌倉時代も人気あるとは思えないですが・・・・。
源平の戦い、承久の乱、元寇、南北朝の戦いは注目されます。

平和な鎌倉時代もあると思いますが、思い付きません。

鎌倉時代は、実朝が、最後の源家の征夷大将軍ですね。
その後は公家さんが将軍になっていますね。
室町時代に比べると、将軍の印象が弱いです。

また鎌倉時代では、北条政子は不思議な人物だと思います。
平氏を倒したり、天皇を捕まえたり、源家を没落させたり、北条家を繁栄させました。
旦那や子供に対して愛情が弱かったのかな?
Posted by おおくぼ at 2009年09月02日 23:14
追記

井上章一の『 日本に古代はあったのか』(角川選書) は歴史学者の楽屋話集なんですけど、かなり面白いです。
中身は、歴史学者の東西対決みたいな話だったりします。

関西でも、大阪VS京都みたいな対立はあるし、邪馬台国は近畿説か北九州説かみたいなもんもあるんですけど。

時代区分としては、応仁の乱以前/以後で分けて考えるといいんでしょう。
教科書も、応仁の乱以後は人気があって、それ以前はおざなりな扱いなのではないでしょうか?


後醍醐天皇はかなり変な人だと思いますけど、名前だけ有名な気がします。
楠木正成についての資料は少ないそうですが、作り話が実話のように語られていますね。
Posted by おおくぼ at 2009年09月03日 17:53
戦国時代をはじめ、幕末や源平の戦いなど、人気のある時代は戦乱の時代ですね。
紫式部、清少納言、藤原道長など平安時代の人物はメジャーですが、あまり映像化されません。

結局、人間は戦争が好きなんだと思います。
自分自身が戦闘に巻き込まれるのは御免でも、映画やアニメの激しい戦闘シーンに人々は熱狂します。メカ好きの人は、兵器に機能美を感じます。
スポーツやゲームも、人間の闘争欲を満たす代償行為でしょう。

私は小さい頃に『機動戦士ガンダム』を見て、撃墜されるモビルスーツにも人間が乗っていることを思い、楽しむことに罪悪感を覚えました。
ミステリも、人が死なない作品がいいです。
Posted by 管理人 at 2009年09月06日 22:01
源頼朝は好色家で、怒った北条政子は、頼朝の愛人の家を破壊しました。
頼朝の死は、深夜に愛人のもとへ通っていたところ、不審者と間違えられて御家人に斬られたのが原因だという言い伝えもあります。
当時は、一夫多妻は当たり前だったでしょうが…

鎌倉時代、皇位は幕府の仲裁によって持明院統と大覚寺統が交互に継承していました。大覚寺統の後醍醐天皇は、それを不服として皇位に居座り続けようとします。自ら南北朝の火種を付けていますね。
アウトサイダーな天皇ですが、名前だけ有名というのは、ちょっとかわいそうな気が…
Posted by 管理人 at 2009年09月06日 22:35
『100人日本史』 (光文社)
河合敦:著が最近出ましたが、足利義教は入ってませんでした。

井沢元彦の『逆説の日本史』では、足利義教の暗殺と本能寺の変の共通点が指摘してありますね。
Posted by おおくぼ at 2009年09月07日 20:31
足利義教は、赤松満祐の館に招かれて暗殺されました。全くの丸腰ですね。
満祐は、将軍の粛正を恐れて先手を打ったわけですが、義教は、謀反を予想出来なかったのでしょうか?
本能寺は堀に囲まれた要塞のような寺ですから、信長は全くの丸腰ではありませんが、この二人は人生の最期までそっくりです。

足利将軍は、13代義輝も暗殺されました。
義輝は剣の達人で、足利家が所蔵する名刀をずらりと畳に刺して、刃こぼれするたびに刀を取り替えては、刺客を撃退したといいます。
なんとも壮絶な最期です。
Posted by 管理人 at 2009年09月08日 21:33
人気作家・加藤廣の小説は、明石散人の説を使って書いてますね。
明石散人の説は、専門家にはウケが悪いですけど、娯楽作品を作る人には重宝されるみたいです。
Posted by おおくぼ at 2009年09月20日 16:40
明石散人氏は、京極夏彦氏の師匠としても知られています。
邪馬台国の所在地論はかなりの変化球ですが、忠臣蔵(浅野内匠頭が一方的に悪い)は、ど真ん中ストレートだと思います。

映画『火天の城』の安土城は、吹き抜け無し説ですね。
Posted by 管理人 at 2009年09月20日 21:40
映画『GOEMON』に出て来た大阪城と安土城は、どこの国の城?という感じでした。

渡辺豊和の主張するようにバロック的で、オペラハウスみたいな部屋があったり・・。

巨大なハリボテのような内部の上に、天守閣があったり・・・。
Posted by おおくぼ at 2009年09月20日 22:11
安土城は焼失し、大阪城は復元されたものですが、それでも現存する城からおおよその色や形は想像できますね。
娯楽映画に監督の趣味が入っていても構いませんが…

恐竜の色は化石からわかりませんから、図鑑の復元図は完全にイラストレーターの趣味といってよいでしょう。
Posted by 管理人 at 2009年09月22日 01:04
『火天の城』は、吹き抜けを作るべきか悩む大工を描いているんですね。
Posted by おおくぼ at 2009年09月22日 18:33
『火天の城』は、信長が吹き抜けのある天主を建てようとコンペを開催するが、吹き抜けは火災時に火の通り道になるとの理由で、宮大工の岡部又右衛門以言が吹き抜けのない城を提案するという話ですね。

安土城に吹き抜けがあったかどうかは別として、天主は神である信長の威厳を示すモニュメントですから、信長は実用性よりも象徴性を重視したのではないかと、勝手に想像します。

吹き抜けの存在を示唆するのは、加賀藩に伝わる天守指図のみ。
当時の記録では、安土城の内部を見たとされる人は、吹き抜けの存在に言及していないんですよね。
まさか、真っ暗でわからなかったとか?(笑)
Posted by 管理人 at 2009年09月23日 17:49
安土城は山の上です。
高層建築は風に弱いです。
鉄筋コンクリートは風に強いですが、もちろん当時は存在しません。
安土城は木造なので、吹き抜けに耐えられる構造はムズカシイと思います。
ただエレベーターのない時代に、あんな高い所に住むなんて・・・。
Posted by おおくぼ at 2009年09月23日 18:21
安土城に吹き抜けがあったとする建築家は、強度を考慮したのでしょうか?
歴史学者ならスルーしても仕方ありませんが…

江戸時代の天守は物置になっていて、生涯一度も登らなかった城主もいたそうです。
Posted by 管理人 at 2009年09月23日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。