2009年09月25日

底抜けニッポン(後編)

安全保障とは、なにも軍事に限ったことではありません。資源の安全保障、食糧の安全保障、技術の安全保障、文化の安全保障、どれも極めて重要です。
宮台真司氏は、国土の回復による生活世界の再構築を提唱しています。その鍵となるのが農業です。



日本の難点
宮台真司 著

日本は水田を減反しながら、コメの高関税を維持するためにミニマムアクセス米を輸入するという、矛盾した愚策を続けています。欧米諸国は関税ではなく、農家への直接支払いで国内農業を保護する政策に転換しました。
ただし、農家への直接支払いは一律ではなく、農業で自立できる「農家らしい農家」が優先になります。これまで「農家らしくない農家」を保護してきた、農協・農林族議員・農林官僚による「農政トライアングル」を打破せねばなりません。
宮台氏は国土保全によるパトリ(郷土)の回復が、日本の「底抜け」をカバーすると考えているようです。

他にも宮台氏は、次のような提言を掲げています。
・「小さな政府」と「大きな社会」による本来の意味での新自由主義
(いわゆるネオリベは「小さな政府」と「小さな社会」の組み合わせ)
・「軽武装×対米依存」から「重武装×対米中立」への転換
・性表現は規制からゾーニングへ
これらは、ほんの一部です。興味のある方は、ぜひ本書をお読みください。
衆院選で大きく議席を減らした自民党は、二大政党の一翼として、国民に民主党とは異なる選択肢を示すことが求められますが、本書にはそのヒントがあると思います。

宮台氏のエリート主義(あるいは自慢話?)は、エリートならざる凡人には鼻に付くことも確かですが、彼の主張には同意できる部分が多いので、本書に対する私の評価は甘めかもしれません。

発足したばかりの鳩山政権は、閣僚人事で早くも躓いています。
首相会見の記者クラブ開放を阻止した平野博文官房長官は、重大な公約違反。
テレビ受けのいい原口一博総務大臣は、最大の既得権益集団・マスメディア寄り。
亀井静香金融担当大臣の起用に至っては、ブラックジョークとしか思えません。
底抜け国家・ニッポンの行く末は大丈夫でしょうか…

(9月22日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
底抜けニッポン(前編)
底抜けニッポン(中編)
おやめになったらどうするの?
日本のメディアは“杉林”
M2+K、沖縄を語る。
波状攻撃三連射
本当の“リベラリズム”
助教授の生き様


ラベル:農業
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・思想交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです〜indoor-mamaです。

農業の将来・・・
日本の将来・・・
問題が山積みなところ、私事で恐縮ですが、この度HNを変えました。

今後は、羽柴茶々でよろしくお願いいたしますm(_ _)m
まずは、ご挨拶まで・・・失礼しました
Posted by 茶々 at 2009年10月04日 01:49
indoor-mamaというHNには、歴女バーを営むママというイメージもあって、お似合いだと思っていましたが、これからは茶々様とお呼びいたします。
blogの充実度は、既に「淀殿」の貫禄でございますね。
日本は問題が山積みなので、どうか「傾国」の美女にはならないでください(笑)
Posted by 管理人 at 2009年10月04日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。