2009年11月18日

ニッポンに希望はあるか(後編)

昨年秋の世界金融危機では、サブプライムローンの影響が少ないはずの日本で、景気が大きく後退しました。
日本が不況に陥った原因は、輸出の大幅な減少です。過剰消費といわれたアメリカ市場が縮小し、為替相場は円高となりました。
輸出はGDPの一割に過ぎませんが、日本経済は一割の輸出産業に大きく依存しています。日本を代表する企業であるトヨタが、創業期以来の赤字に転落したのは、象徴的な出来事です。
日銀のゼロ金利政策により、金利の安い日本で資金を調達して金利の高いアメリカに投資する、いわゆる円キャリー取引が発生し、アメリカで住宅バブルを引き起こしていた疑いがあります。




希望を捨てる勇気
池田信夫 著

2000年代の日本の経済成長は、輸出という名のドーピングによる、偽りの好況だったのでしょう。
円安による輸出バブルの崩壊で、日本のGDPは潜在成長率よりもやや低い水準に落ちたと考えられます。財政出動によって短期的な経済効果は得られるにせよ、それは需要の先食いでしかありません。
いま求められているのは、バラマキ財政出動ではなく、潜在成長率そのものを引き上げる施策(規制緩和や税制改正)なのです。

不況になるとモノが売れなくなりますから、物価が下がります。そうなると企業収益を圧迫して、今度は賃金が下がります。賃金が下がると人々は消費を控えるので、ますます物価を下げざるをえません。これがデフレスパイラルです。
物価が下がると、それだけ貨幣の価値が上がります。これと逆の現象がインフレです。
実質金利=名目金利−物価上昇率

デフレ下においては、ゼロ金利であっても物価が下がっているので、貨幣価値は上昇しています。しかし政策金利をゼロより下げることは出来ないので、この状況でいくら貨幣を供給しても、投資や消費は増えません。金利が一定以下の水準になると金融政策が無効になることを、流動性の罠といいます。
人為的に経済をインフレに出来れば良いのですが、貨幣の需要が無限大となった状況で、日銀が「今から○年間インフレにします」と宣言しても、人々にインフレ期待を起こせるかは疑問です。
そこで浮かび上がってくるのが、マイナス金利というアイデアです。その起源はシルヴィオ・ゲゼルが提唱した、時間とともに価値の減額する貨幣にあります。現代の技術をもってすれば、電子マネーを用いて、プラスでもマイナスでも自由に金利を付ける事が可能です。
電子マネーでマイナス金利にするアイデアは、岩村充氏の『貨幣の経済学』を参照。


本書の主張は、池田信夫BLOGの読者にはおなじみのものです。
タイトルの「希望を捨てる…」とは、決して悲観的な意味ではありません。
最後までお読みになればわかります。

(11月15日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
ニッポンに希望はあるか(前編)
現代の予言者
発覚!あるある大利権
日本のメディアは杉林
2011年、テレビをまだ見てますか


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 23:04| Comment(25) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分のブログで池田信夫批判とか書いているんですけど・・・。

でも池田先生の文章は、100%同意できなくても、刺激的だし、勉強になります。
池田信夫blogはかかさず読んでいますし・・。
Posted by おおくぼ at 2009年11月19日 23:58
池田先生の主張(現代経済学の常識?)に100%賛同するわけではありませんが、池田信夫BLOGにはマスコミ報道では得られない刺激があります。
経済は生きものであり、人間はしばしば不合理な選択をする生物ですから、現代経済学の理論通りに上手くいくとは限りません。
池田先生が主張するように、経済は「計画」できないのです。

確かにマイナス金利は、面白いアイデアです。
しかし、以下のような疑問があります。
インフレやデフレで貨幣の実質的な価値が上下しても、壱万円札の額面表示は10,000円のままであり、預金残高が増えたり減ったりはしません。貨幣の名目的な価値は同じです。
ところがマイナス金利では、貨幣の価値そのものが減額します。デフレになって、今まで10,000円だった商品が5,000円で買えるようになったのだから、今日から壱万円札の額面表示を5,000円にします、100万円の預金残高を50万円に書き換えます、というのと同じです。
貨幣そのものの価値を変動させることは、通貨そのものに対する信頼を失うことになり、紙幣を刷りまくってバラ撒くよりも、はるかにハイパーインフレの危険を招くのではないでしょうか。
…こういうツッコミは、本文でやった方が良かったですか?(笑)
Posted by 管理人 at 2009年11月20日 22:30
>「…こういうツッコミは、本文でやった方が良かったですか?(笑)」

掲示板ではよくあるので、コメント欄でいいと思います(笑)。

>「ところがマイナス金利では、貨幣の価値そのものが減額します。デフレになって、今まで10,000円だった商品が5,000円で買えるようになったのだから、今日から壱万円札の額面表示を5,000円にします、100万円の預金残高を50万円に書き換えます、というのと同じです。」

違うと思います。
もしお金が、全てデジタル化されていて、日本国に流通している表示を全部半額したなら、商品も値段を下げると思います。
そのままの値段だと売れませんから。

マイナス金利が話題になるのは、名目金利が0より下げることができないからです。
でも実質金利はマイナスにもなります。

>「池田先生が主張するように、経済は「計画」できないのです。」

正確には「計画通り」に行かない場合があるということです。
でも計画することはできますし、大事です。
政府や中央銀行が、誘導することによって、不況から脱出し、過剰なバブルを防ぐことができます。

参考
岩田規久男『日本銀行は信用できるか』(講談社現代新書)
↓ コメントを書きました。

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%81%AF%E4%BF%A1%E7%94%A8%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B2%A9%E7%94%B0-%E8%A6%8F%E4%B9%85%E7%94%B7/dp/4062880105/ref=sr_1_1/375-2776275-3822721?ie=UTF8&s=books&qid=1258724931&sr=1-1

『ダメな議論―論理思考で見抜く』(ちくま新書)
飯田泰之
Posted by おおくぼ at 2009年11月20日 22:53
>もしお金が、全てデジタル化されていて、日本国に流通している表示を全部半額したなら、商品も値段を下げると思います。

ますますデフレになりますね。

定額給付金をマイナス金利で支給するのは賛成です。減額されないうちに使おうとするので、貯蓄に回ることなく消費されます。
しかし、現金や預金までもがマイナス金利になったら、日本の通貨そのものに対する信頼がなくなります(皆こぞって資産を外貨にするでしょう)。
腐ったり摩滅したりする実物財と違って、(名目上の)価値が減滅しないことが貨幣の利点ですから。

バラ撒きをやっても消費が伸びない最大の理由は、未来への不安でしょう。将来の雇用や年金に不安があったり、過度の財政赤字で増税が避けられない状況では、紙幣を配られても直ぐに全部使い切る気になれません。
麻生太郎前総理は中福祉・中負担が望ましいと言いましたが、消費税3%が5%になっただけで内閣が吹っ飛ぶ日本は、実のところ中福祉・低負担なのだと思います。だから財政赤字になるのでは?
Posted by 管理人 at 2009年11月20日 23:44
>「将来の雇用や年金に不安があったり、過度の財政赤字で増税が避けられない状況では、紙幣を配られても直ぐに全部使い切る気になれません。」

有効期限のあるお金を配ればいいのです。
例えば、小渕内閣時代の地域振興券ですね。

>「だから財政赤字になるのでは?」

財源は、国債を発行し、日銀が買えばいいのです。
あるいは政府紙幣でもいいです。
あるいは日本に流通している国債を、日銀が大量に買い漁ってもいいです。

>「しかし、現金や預金までもがマイナス金利になったら、日本の通貨そのものに対する信頼がなくなります(皆こぞって資産を外貨にするでしょう)。」

円が暴落するならそうでしょう。
現在のデフレ・レベルでは、手数料や円高差益などがあるので、外貨にしても逆に損です。
Posted by おおくぼ at 2009年11月21日 01:10
池田先生に言いたいのは、経済学は工学ではなく、心理学なんです。
だから経済学は難しいのです。
Posted by おおくぼ at 2009年11月22日 20:43
>有効期限のあるお金を配ればいいのです。
>例えば、小渕内閣時代の地域振興券ですね。

期限付きの政府紙幣は支持します。それで日本経済の歯車が、デフレからインフレに切り替われば良いです。
ただ、そうならなかった場合は、経済効果が薄れるたびに新たな給付金を半永久的に続けるのでしょうか?

>財源は、国債を発行し、日銀が買えばいいのです。
>あるいは政府紙幣でもいいです。
>あるいは日本に流通している国債を、日銀が大量に買い漁ってもいいです。

おおくぼ様は、政府が国債を大量増発しても、インフレにして帳消しにすれば良いとのお考えでしょうか?

>池田先生に言いたいのは、経済学は工学ではなく、心理学なんです。

よくわかります。景気とは文字通り気分であり、消費者はCMに導かれるまま商品を選択したり、商品の機能よりもブランドに対価を払ったりします。
でも池田先生自身は、経済学は物理学ではなく、生物学を模範とすべきだと言っていますね。

政府紙幣を一時的なカンフル剤として用いることは支持しますが、必要なのは日本経済の実力を底上げすることです。
例えば、税金を消費税だけにして、全ての控除を廃止。そうすれば税の捕捉率は上がるし、公務員の数も大幅に減らせます。同時にセーフティネットとして、負の所得税も実施すべきです。
Posted by 管理人 at 2009年11月22日 22:42
>「ただ、そうならなかった場合は、経済効果が薄れるたびに新たな給付金を半永久的に続けるのでしょうか?」

はい、その通りです。
円安になるので。

>おおくぼ様は、政府が国債を大量増発しても、インフレにして帳消しにすれば良いとのお考えでしょうか?

日銀が買った分だけ、国債は減ります。
お金とは信用という素材から出来ている魔法なのです。
狸の葉っぱで出来たお金なのです。

>「生物学を模範」

???ミミズとかゾウリムシの生態研究から、優れた経営方法や営業術が生まれるのでしょうか?
日本全国の営業部長や会社経営者は、猫や犬を見習った方がいいのでしょうか?

>「政府紙幣を一時的なカンフル剤として用いることは支持しますが、必要なのは日本経済の実力を底上げすることです。」

日本経済実力アップのために、インタゲ政策が必要なのです。

>「公務員の数も大幅に減らせます」

日本の公務員の比率は低いです。だから準公務員が問題になるのです。

税金は税収以外にも、役割があります。
例えば、アメリカでは寄付金すれば税金は安くなります。
税金をかけることでいろんな規制ができるのです。
私は、逆に消費税は無くしてもいいと思っています。

ところでエコポイントと減税の影響で、消費は少し上向きました。
麻生さんの方向性は間違ってなかったと思います。
ただ額が小さかったので、デフレ・ギャップを埋めれなかったのです。
あと経済効果はすぐ出る効果と、時間のかかる効果があります。
雇用促進などは時間がかかります。
だから、給付金が重要なのです。
Posted by おおくぼ at 2009年11月22日 23:04
Posted by おおくぼ at 2009年11月22日 23:07
資本主義の最大の敵はデフレです!
資本主義は利潤を生み出し続けることで成り立っています。
企業は将来の成長を見込んで、借金してでも設備投資をします。
しかしデフレになっても借金は減りません。
熱力学の法則により、デフレが続いて収入も物価も限りなくゼロに近付くと、資本主義は死を迎える…というのは冗談ですが(笑)

インフレターゲットという考え方そのものは支持します。
ただし、政策としての実効度は、その時の経済状況によるでしょう。
「流動性の罠」の問題があるので。
岩田先生のインタビューを読んで、インフレターゲットの是非よりも、日銀の責任回避の姿勢が問題だと感じました。
高橋洋一先生は、日銀が政府と政策目標を共有することは、日銀の独立性に反しないと述べています。
金融は国民生活に直結しますから、日銀の施策に責任が生じるのは当然でしょう。

インフレターゲット、政府紙幣、マイナス金利、負の所得税など、どのアイデアもとても面白いと思います。私はそれらのアイデアを高く評価しますが、それぞれツッコミどころもあると思います。
例えば、負の所得税が実施されて、すべての日本国民に働かなくても100万円の年収が保証された場合、不正に日本国籍を取得して物価の安い国へ送金するフリーライダーを阻止できるのか、とか。

お金が「信用で出来ている狸の葉っぱ」という喩えは面白いですが、巨額の財政赤字に、年金・医療制度崩壊への不安、将来の増税の可能性など、国民の政府に対する信用は大きく揺らいでいます。
たとえ政府の信用度が低くても、壱万円札が相変わらず壱万円札であることを疑う者がいなければ(人間の貨幣に対する幻想があれば)大丈夫ということでしょうか?
Posted by 管理人 at 2009年11月24日 00:30
経済学は心理学です。
物理の法則のようにはいきません。
だから、同じ方法が毎回同じ効果があるかどうかは不明です。

でも日銀や日本政府は、危機の時は、積極的に動かないといけないのです。
会社にしても、売れるかどうかわからない商品だから、売らないとは言えないのと同じです。

高橋洋一さんは池田信夫さんとは仲がいいですが、主張は全く違います。
それに対し、岩田先生と高橋さんは、ほとんど同じです。
今書店に置いてある月刊誌『Voice』の掲載の高橋さんの論文は鋭いですね。

>「例えば、負の所得税が実施されて、すべての日本国民に働かなくても100万円の年収が保証された場合、不正に日本国籍を取得して物価の安い国へ送金するフリーライダーを阻止できるのか、とか。」

不正に国籍を取得するのは違法です。
けれど日本国籍を持っている人が、送金しても問題ないと思います。
地下銀行などの無許可な銀行は違法ですが・・。

>「たとえ政府の信用度が低くても、壱万円札が相変わらず壱万円札であることを疑う者がいなければ(人間の貨幣に対する幻想があれば)大丈夫ということでしょうか?」

いえ、政府への信用度が、貨幣の価値を決めるのです(相対的な価値ですが)。
壱万円が相変わらず壱万円というのではなく、壱万円で何が買えるかが大事なのです。
例えば1円札は大金だった時代がありました。
もし明日から缶ジュースが全て、1本壱万円になったら大変です。

Posted by おおくぼ at 2009年11月24日 00:57
経済政策は、理論通りの効果が出るとは限らない。
しかし政府や日銀は、危機に対して動かなくてはならない。
大いに同感です。
政府や日銀が何かメッセージを出すことによって、市場は反応します。
まさに経済は人が動かしています。

日本政府の財政赤字は確かに巨額であるが、壱万円札が紙屑になる程まで政府の信用度は低くない、ということでしょうか。
紙幣の価値は政府の信用であり、日銀が自分で紙幣を刷って国債を買えば、国債は償還されたと考えるわけですね。
なんだかトートロジーというか、自作自演みたいですけど…
私はてっきり、インフレにして国債を帳消しにするのかと思っていました(笑)

>高橋洋一さんは池田信夫さんとは仲がいいですが、主張は全く違います。
池田信夫さんと山形浩生さんは、地球温暖化問題に対する主張は同じなのに、仲が悪いです(笑)
Posted by 管理人 at 2009年11月24日 21:03
山形さんと池田さんは著作権に関しても主張は同じですが、池田先生は反発しています。

>「なんだかトートロジーというか、自作自演みたいですけど…」

お金を刷れば、刷った分だけ、お金は増えるのです。
政府が国債を発行し、中央銀行が買うのも、同じ仕組みです。

>「日本政府の財政赤字は確かに巨額であるが」

巨額ではありません。
詳しくは高橋さんの本を読んで下さい。

Posted by おおくぼ at 2009年11月25日 19:29
国債残高600兆円以上、対GDP比170%、これは巨額ではないのですか?
高橋先生が「日本は財政危機ではない」と主張されていることは、もちろん存じています。日本政府には債務だけでなく、資産もありますから、純債務では対GDP比60%ほどだといいます。
ただし、それらの資産がすべて現金化できるわけではありません。

日本の財政が危機的状況だと思っている人は、少なくないでしょう。
将来に不安を抱く人が多ければ、景気は良くなりません。
経済学とは、心理学ですから。
国債を増発し、紙幣を刷って帳消しにする政府への国民の信頼も、高くはないでしょう。
Posted by 管理人 at 2009年11月27日 23:02
絶対額では巨額です。
でも日本は巨額の債権国であり、個人資産も豊富です。

また日本国債の多くは、日本の国内銀行に無理矢理、日銀に買わせたものなので、外国の保有量は少ないです。
日本にプールされている日本国債は、日銀が買い取れば、問題になりませんし、むしろ銀行は現金が増えます。

また、もし本当に円の信頼が低ければ、円高にはなりません。



日銀の故速水総裁は、円の信頼は脆く、ハイパー・インフレーションの引き金になりかねないので、インフレ・ターゲット政策には断固反対の立場でした。

詳しくは岩田規久男:著『日本銀行は信用できるか』(講談社現代新書)

Posted by おおくぼ at 2009年11月28日 19:53
日本の国債はほとんどが円建てなので、国債の残高が膨らんでも、インフレになるだけで国家破綻には至らないでしょう。
国債が外貨建ての国では、自国の通貨価値が下落すると、返済負担額が増えて国家財政が破綻します。

日本は個人資産が豊富ですが、お金が市場に回らず、デフレ状態です。
いま日本に、新たな消費や投資を喚起する、バブルな妄想が求められているのかもしれません。
景気良くなるとCO2、増えますけど(笑)
池田先生がスーパーコンピュータを目の敵にするのは、地球シミュレーターが温暖化研究に使われるからでしょうか(笑)
Posted by 管理人 at 2009年11月29日 21:47
この問題は経済学的には常識ですが(池田先生は経済学的な常識がないのか?)、新聞やテレビでは連日、大騒ぎしています。
だから、『反社会学講座』的な知性が必須だと思うのです。

日本経済危機説は、アメリカと日本の経済の体質を比較すれば、明快だと思います。

あと昔から根強いのが、アメリカ崩壊説やドル暴落説です。
どうして、そうならないかが、経済というのが物理現象とは違う魔法で出来ている証拠なのです。
ベトナム戦争の影響で、アメリカ経済体質はメチャメチャになりました。
でもアメリカ経済とドルは今日も強いのです。
Posted by おおくぼ at 2009年11月30日 01:46
>「日本の国債はほとんどが円建てなので、国債の残高が膨らんでも、インフレになるだけで」

日本の国債が急速に増えたのは1990年代ですが、デフレでした。
インフレは、お金の流通量が商品に対し増えることです。
だから国債の残高が増えても、インフレにはなりません。
逆に日本国債を日銀が大量に買い取れば、お金が市場に流通し、国債の相場が上がるので、インフレ方向へ強く働きます。

参考

ウイキペディア「速水総裁への評価」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9F%E6%B0%B4%E5%84%AA
Posted by おおくぼ at 2009年11月30日 16:28
科学には、ビジネスに直結する現世利益的な研究もあれば、素粒子物理学のように浮世離れした基礎研究もあります。費用便益分析を持ち出していては、基礎研究はできません。
ただし、なんでもかんでも予算を付ければ良いのではなく、どの分野で日本は世界をリードするのか、長期的な科学技術戦略が必要です。

政府紙幣をバラ撒くのは、現代経済学の理論においてはバカげたことでしょうが、それが国民の期待していることであれば、効果は短期的であれ、景気浮揚策となります。
しかし、どんなに大規模なバブルや流行でも、長くて数年で終わります。
実は景気対策とは、短期的な政策でしか有り得ないのかもしれません。

国債を財源にして期限付き給付金を支給し、日銀が紙幣を刷って国債を買い取る…これがおおくぼ様の考える「最強の景気浮揚&インフレ誘導策」でよろしかったでしょうか?
Posted by 管理人 at 2009年12月01日 22:03
最強かどうかわかりませんが、今はデフレ&円高なので、チャンスなのです。
お金は信用が大事です。
そして日銀と日本政府は高い信用があります。
だから、日銀&日本政府が「自信を持って」インフレ誘導をすることが大事なのです。
弱きや無責任な態度はダメなのです。
Posted by おおくぼ at 2009年12月01日 23:09
為替相場こそが国力の指標だとすれば、日本の国際的な評価はまだまだ高いと思って良いのでしょうか。
日本国内にいると、どうも日本はダメな国だと思いがちです(笑)

日銀が国債を買い取った場合、市場がどう反応するのか気になります。
もしかしておおくぼ様は、政府・日銀の信頼が低下して、円安になることを狙っているとか(笑)

日銀が紙幣を刷れば確かにお金が増えますが、問題はお金が市場に出回るかです。
いま日本国内に有望な投資機会はあるのか、国民に消費意欲はあるのか。
そうでなければ、インフレターゲットは不発で終わります。
Posted by 管理人 at 2009年12月03日 22:54
>「もしかしておおくぼ様は、政府・日銀の信頼が低下して、円安になることを狙っているとか(笑)」

日本政府と日銀の信頼性が高いからこそ、円をたくさん刷る余裕があるのです。

>「日銀が紙幣を刷れば確かにお金が増えますが、問題はお金が市場に出回るかです。」

まずは、給付金です。
貧困層に金をバラ撒けば、消費は上がります。
ただ永続化すると、労働意欲がなくなるので、期間を限定すべきです。

円が大量に出回れば、円安へのベクトルが強まります。
そして円安になれば、日本製品の国際的な価格競争に有利です。
日本製品が売上が上がり、なおかつ円安ならば、国内での製造が増えます。
雇用と設備投資も増えます。
だから、長期的にだんだんと円安の方向に誘導するのがいいのです。
円安誘導は、インフレ目標政策と同じ効果があります。



ところで、『借金大国 アメリカの真実』(東洋経済新報社)の解説は小幡績さんなのですが、解説を読むと、日本経済はとっくに死んでいるそうです。
ゾンビ状態だそうで、処置は無理だそうです。
Posted by おおくぼ at 2009年12月03日 23:41
>貧困層に金をバラ撒けば、消費は上がります。

所得制限を設けると事務手続きが煩雑になるので、失業者に期限付き給付金を支給すれば、すぐに消費に結びつくと思います。

>日本経済はとっくに死んでいるそうです。

バブル崩壊と90年代末の金融危機で日本経済は死に至り、2000年代の好況は、円安とアメリカの過剰消費がもたらした心霊現象だった…とか。

ゾンビだから処置は無理とは言っても、何もしないわけにはいきません。
インフレターゲット、円安ターゲットは大いに結構なのですが、バラ撒いたお金の消費・投資先が必要です。
しかし、ライブドア&村上ファンドが犯罪となってしまう日本では、投資意欲が育たないでしょうね。
Posted by 管理人 at 2009年12月05日 22:23
少し古いけど・・
飯田先生の記事

http://d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/20091201
Posted by おおくぼ at 2009年12月14日 00:03
為替介入にせよ、量的緩和にせよ、実際にやるやらないは別として、財務大臣や日銀総裁が「いざとなったら何かやる」とのポーズを常に内外に示しておくことは重要だと思います。
さもないと、円高はどんどん進むでしょう。
Posted by 管理人 at 2009年12月14日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。