2009年12月29日

さよなら、夢水清志郎。

講談社青い鳥文庫の『名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズ』が、今年でついに最終巻。シリーズ開幕当初は中学1年生だった亜衣真衣美衣の岩崎三姉妹も、卒業の時を迎えました。
高校受験を目前に控えた三姉妹が通う虹北学園で、最後にして最大の事件が…



卒業
はやみねかおる 著

三学期に入った虹北学園。
謝恩会の実行委員長に選ばれたのは、レーチこと文芸部員の中井麗一。会場を探すため、岩崎三姉妹とともに使われていない旧校舎に入りました。
春休みに取り壊される旧校舎には、数々の伝説や怪談があります。なかでも「開かずの教室」が、もっとも恐ろしいとか。
旧校舎は、どの教室も物置代わりにされていて、使えそうにありません。残るは3階の奥の教室です。

最後の教室の扉は、なかなか開きません。
扉には内側から、無数のお札が貼り付けられていました。全ての窓には鍵が掛かっています。つまり、この教室にお札を貼った者は、密室から抜け出したことになります。
そして黒板には「夢喰い」の三文字が…
四人は、伝説の「開かずの教室」を開けてしまったのです。

そのとき「Dream Eater(ドリーム・イーター)」とつぶやく声。三年の三学期になって突然やってきた金髪の転校生、ユーリ・ローストーンでした。
(ユーリは、日本語が読めないはずなんですが…)
彼女は「開かずの教室」の伝説に、関わっているのでしょうか?
そして虹北学園の三年生たちは、無事に卒業式を迎えることができるのでしょうか?

15年間続いた夢水清志郎シリーズは、残念ながらこれで終了。とあるミステリガイドブックで、児童書ながら大人の読者をも唸らせる本格ミステリと紹介され、一時期は新作を発売日に買うほど熱中しました(恥ずかしがらずに、書店の児童書コーナーへ直行!)。私のお気に入りは『消える総生島』です。
最終巻は、500ページを超える大著となりました。第一作の『そして五人がいなくなる』で、5人の子供たちを消した怪人「伯爵」が、本作で再登場するのも読みどころです。
はやみね先生、是非とも『神隠島事件』を読みたいのですが…

(12月29日読了)

【不純文學交遊録・過去記事】
私が愛する名探偵
メフィスト賞の傾向と対策
ふたたび、あかきゆめみし…


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学・小説交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。