2010年01月31日

ヒトの心のモノがたり

ヒトはなぜ美を求め、戦争を起こし、巨大な古墳を築いたのか…
そんな魅惑的なテーマを掲げる一冊に出会いました。



進化考古学の大冒険

進化考古学とは聞き慣れない言葉ですが、石器・土器・建造物など、ヒトが作り出したモノ(人工物)の進化を通して、ヒトの心の歴史に迫る試みです。

ヒトには強力な牙や爪、速く走れる脚はありません。しかし大きな脳と、道具を作る器用な手、そして長距離を移動できる脚があります。本書は、ヒトの祖先は肉食獣が食べ残した動物の骨を主食にしていたとするボーン・ハンティング説をもとに、ヒトの身体の基本設計を解き明かしています。
石器や土器の使用、農耕の開始、民族と国家の起源など、モノの進化が語る人類の歴史を俯瞰しながら、それぞれの時代における日本列島での事例を紹介するのが、本書のスタイルです。

最も興味深かったのは、巨大古墳の衰退と文字社会の発展が、極めて密接にリンクしているとの指摘です。
民族のアイデンティティを記した歴史書が書かれ、仏教・キリスト教・イスラム教などの世界宗教が普及すると、社会や文化をまとめる仕組みが、イメージ表象から文字による命題表象系に依存するようになります。そうなるとピラミッドや前方後円墳のような、民族・地域色の濃い法外な規模のモニュメントは衰退します。

宇宙の起源、生命の進化、人間の本性といった大風呂敷なテーマが、私は大好きです。
本書の展開する説が、現在の歴史学や考古学で主流なのかどうかは分かりませんが(やたらと「史的唯物論」を繰り出すのも気になる…)、なるほどと思わせる指摘で溢れています。

(1月30日読了)★★★★★


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。