2010年03月28日

空に太陽がある限り

フランスの思想家ジョルジュ・バタイユは、人間は過剰なエネルギーを蕩尽する存在であると説き、そのエネルギーの源は太陽であるとしました。
太陽は原子核融合反応によって、膨大なエネルギーを生み出しています。そして地球に生命が暮らせる温度環境をもたらし、光合成のもととなる光を供給しています。太古の植物から生成された化石エネルギーもまた、太陽の産物です。



太陽の科学

太陽は人類にとって最も身近な星であり、広大な宇宙においてはありふれた平均的な恒星です。
本書は太陽の構造に始まってブラックホールに至るまで、最新の宇宙研究の成果が紹介されています。いきなり、文系人間には想像もつかない単位の数字がズラリと並びますが、理系読者にはちょうどいい難易度でしょうか。

読んで面白いのは、やはり太陽が地球に及ぼす影響についてです。
太陽は常に激しく爆発しており、巨大なフレアが発生すると地球に被害をもたらします。1989年にカナダのケベック州で起こった大停電は、フレアによる磁気嵐が原因でした。
地磁気の変動で石油パイプラインが腐食したり、磁気嵐がヒトの血圧に影響するとした報告もあるようです。太陽の活動周期と文明の盛衰に因果関係を見出すのは、一種のトンデモ科学かとも思うのですが、根拠がないわけではなさそうです。

近年、太陽の黒点が100年に一度の少ない状態にあり、地球の寒冷化が心配されています。
地球温暖化の原因は太陽だとするのは天文学者・物理学者に多く、二酸化炭素が原因だとする気象学者とは対立関係にあります。
化石燃料の消費削減は、人類の重要な課題です。しかし現時点で、地球温暖化の原因が二酸化炭素であると結論することはできません。

太陽を知ることは宇宙全般を知ることであり、地球と人類の未来を考えることなのです。

(3月22日読了)★★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
温暖化論議は冷静に(後編)
温暖化論議は冷静に(前編)
地球温暖化リテラシー
マルクスさんとマルサスさん
地球寒冷化に備えよ!
温暖化詐欺にご用心!(前編)
温暖化詐欺にご用心!(後編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
やっぱり宇宙は面白い
スーパースターBest20


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 19:45| Comment(19) | TrackBack(2) | 自然科学交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他のブログでも指摘したのですが、宇宙線と平均温度のグラフは捏造の可能性が高いです。
太陽黒点と平均気温は、数百年レベルだと、うまく合うんですけど・・・。
Posted by おおくぼ at 2010年03月31日 00:34
訂正

「宇宙線と平均温度」→「宇宙線と雲」

あと

20世紀中の「太陽黒点と平均気温」も相性はよくないです。
マウンダー極小期から現代という、数百年規模で見れば合います。

Posted by おおくぼ at 2010年04月01日 19:18
太陽活動の低下⇒太陽磁場の低下⇒宇宙線の増加⇒雲の増加
宇宙線が雲の発生を促すという、いわゆる「スベンスマルクの仮説」は、本書でも好意的に紹介されていました。最近、邦訳『不機嫌な太陽』も出ましたね。

太陽黒点の11年周期は、通常の変化の範疇に過ぎず、私も関心はありません。地球環境に大きな影響を及ぼすのは、数百年スケールの長周期の変動だと思います。
Posted by 管理人 at 2010年04月01日 21:00
最近、話題の温暖化は「1980年以後の急速な温暖化のこと」です。
それ以前は、寒冷化あるいは横ばいでした。
このことは二酸化炭素では説明できません。

南極圏を見れば、内陸部は変化なしです。
湾岸は、南西の半島部分は温暖化ですが、他の部分は微妙です。
大気の温室効果では説明できません。

太陽は謎が多いです。
太陽と地球の電離圏の関係はよくわかっていないことが多いです。

雲はコンピュータのシミュレーションでは扱いにくく、温暖化予測では一定と仮定して計算されます。

「スベンスマルクの仮説」は間違いではありませんが、それだけでは雲の量の変化を説明できません。
Posted by おおくぼ at 2010年04月01日 21:44
宇宙線が雲の発生を誘発することは、間違いではないでしょう。
ただ、それによって増える雲が、気候に影響を与えるほどの量なのか…
自身の説が、地球温暖化懐疑論でのみ採り上げられるのは、スベンスマルクさんも本意ではないでしょう。

とにかく、大気中の二酸化炭素が産業革命以降ずっと増え続けているのに、1980年代以降の温暖化を二酸化炭素のみで論じるのは、論理的ではないということですね。
Posted by 管理人 at 2010年04月04日 18:55
丸山茂徳さんの『科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている』(宝島新書)では、宇宙線は低層の雲と相関性はいいけど、中層や高層の雲とは相関性がよくないことが、グラフで明示してあるのですが・・・。
柴田一成さんの『太陽の科学』では、低層の雲のグラフしか掲載しておらず、小さい字で「低い高度の雲」と書いてあるだけです。

誰か誤解するのでは・・・と思っていたのですが、ノンフィクション作家の広瀬隆さんの新書が、そうでした。

Posted by おおくぼ at 2010年07月29日 19:30
雲には太陽光を反射するだけでなく、温室効果もあります。
スベンスマルク先生も、気温を低下させるのは低層の雲だと書いています。
では、なぜ宇宙線は低層での雲の生成に寄与するのに、高層の雲には影響しないのか…?

ユダヤ金融本や反原発本で名高い広瀬隆さんが、いずれ反温暖化論争にも参戦するだろうとは思っていました。

そういえば『太陽の科学』は、第26回講談社科学出版賞を受賞しましたね。
Posted by 管理人 at 2010年07月29日 22:30
広瀬隆さんの本には、柴田一成さんのことを「太陽研究の第一人者」と書いてあります。

広瀬隆さんに参戦してもらって嬉しいのですが、是非、副島隆彦さんやベンジャミン・フルフォードさんにも参戦してもらいたいです。



雲はかなり厄介ですね。
白色は反射しやすく、黒色は吸収しやすいのです。
黒色は吸収しても、雲は上空なので、地表まで届きません。
でも上空が温まると対流が弱くなり、地表を冷却する効果が弱まります(都会の熱帯夜の増加はこれで説明ができます)。

最近、車のガラスで赤外線カットガラスがあるのを知って驚きました。
以前は、赤外線カット=色付と思っていたのですが、かなり透明なのですね。
太陽の光には可視光線、紫外線、赤外線があって、赤外線を大幅にカットすることによって、車内の温暖化防止になるそうです。

Posted by おおくぼ at 2010年07月29日 23:50
陰謀論者や聖書の記述を事実だと信じている原理主義者はアメリカに多いです。
でも、そういう人たちに対抗することによって、啓蒙のレベルが上がるのです。
科学者には「反科学者」という敵が必要不可欠なのです。
Posted by おおくぼ at 2010年07月31日 16:34
温暖化論争に多くの人が参戦するのは良いことですが、陰謀論者ばかり集まっても…(笑)
副島さんは、既に反温暖化本を出していますね。
私はやはり、科学者の本が読みたいです。

クルマの燃費改善には、エンジン本体の効率アップはもちろんですが、エアコンの負荷を下げるIRカットガラスのような周辺技術も大事です。
IRカットフィルムは、スモークよりもクリアの方が赤外線カット率が高いようで、スモークは見た目重視ですね。
Posted by 管理人 at 2010年08月01日 18:02
>私はやはり、科学者の本が読みたいです。

『地球温暖化スキャンダル(2009年秋クライメートゲート事件の激震)』という本が翻訳されました。

アマゾンに感想書きました。
翻訳者の渡辺正さんの悪口を書こうかな〜とも思ったのですが、翻訳が読みやすかったので自粛しました(笑)。
Posted by おおくぼ at 2010年08月01日 23:06
クライメートゲート事件は日本でも報じられましたが、さほど騒動にならなかったと思います。日本のTV・新聞は、すぐに新しい話題に乗り換えますし、過去の報道に行き過ぎがあっても、事後検証はあまりされませんね。
日本では、地球温暖化といえば二酸化炭素という認識が「常識」として定着してしまっているのも大きいでしょう。暑い日が続くと、深く考えずに「やはり温暖化のせいか」と思ってしまう人も少なくなかったり…

二酸化炭素は温室効果ガスであり、温室効果ガスが増えると地球の気温が上昇するという考えは陰謀でもなんでもありませんが、地球温暖化対策が素朴に「自然を守ろう」という善意の話だけでなく、各国の経済的な利害と密接に関わっている以上、政治的な思惑が絡むのは当然のことです。
あ、地獄への道は善意で敷き詰められているんでしたっけ…(笑)
Posted by 管理人 at 2010年08月03日 23:56
>あ、地獄への道は善意で敷き詰められているんでしたっけ…(笑)

マルクスの言葉でしたっけ?

クライメートゲート事件についての科学的議論は、こちらのブログで読めます。
コメント欄に参加させてもらっています。

http://d.hatena.ne.jp/nytola/
Posted by おおくぼ at 2010年08月04日 01:48
>暑い日が続くと、深く考えずに「やはり温暖化のせいか」と思ってしまう人も少なくなかったり…

寒い日が続くと、「寒冷化のせいか」と思ったりするのかもしれませんね。
ちなみに去年はエルニーニョ現象の影響で、日本は冷夏でした。

現在、南米は大寒波だそうです。
Posted by おおくぼ at 2010年08月04日 01:52
「温暖化」問題で、懐疑派が注目されるのは、正統派が真面目な啓蒙を怠っているからだと思うのです。

正統派は、オカルト科学や陰謀論者と真剣に向き合うべきだと思うんですが・・・。

>二酸化炭素は温室効果ガスであり、温室効果ガスが増えると地球の気温が上昇するという考えは陰謀でもなんでもありませんが

オカルト科学では・・・

1 二酸化炭素が増えても温室効果は増えない。

2 温室効果は存在しない

・・・などがあります。



Posted by おおくぼ at 2010年08月05日 18:46
陰謀論では・・・

「温暖化しているデータはニセモノだ」というのがあります。

あと二酸化炭素の増加データも捏造されているそうです。
Posted by おおくぼ at 2010年08月05日 18:48
nytolaさんは、海外の研究機関に勤めるプロの科学者のようですね。どこの研究機関に属しているのか非常に気になります。 CO2脅威派・懐疑派双方の科学者の実名が記されていて、たいへん貴重な記事です。
陰謀ではないにしろ、科学には研究資金が必要である以上、政治や経済の「流行」と無関係ではいられないことは確かです。

私は、教科書的な通説を知ったうえで、通説を疑うことも忘れない態度が重要だと思います。人類がみな同じ方向に進んでいては、それが誤った道だった場合、人類は滅んでしまいます。

自民党であれ民主党であれ、衆議院で300を超える議席を有する勢力には厳しい目を向けています。電気自動車・ハイブリッド車が、環境問題に対するファイナルアンサーだとは思っていません。
なんだか、意図して「逆張り」人生を歩んでいるような気も、しないではありません(笑)
Posted by 管理人 at 2010年08月08日 23:58
科学的な議論としては・・・・

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1270268042#comment_form

のコメント欄です。
ブログはニセ科学研究で有名な菊池誠さんの運営です。
コメント欄で活躍のmasudakoさんは、増田耕一さんというスペンサー・R. ワート:著の『温暖化の“発見”とは何か』の翻訳者で専門家です。
専門家が、ネットで質問に答えるというのはいい方法だと思います。
特に税金で研究している人たちは疑問に答えて欲しいです。
でも陰謀論者には、どんな回答も嘘にしか思えないみたいですけど(笑)。


>陰謀ではないにしろ、科学には研究資金が必要である以上、政治や経済の「流行」と無関係ではいられないことは確かです。

アメリカの大学は、寄付金で運営されている場合が多いのです。
だから陰謀論で行くと、ほとんどの大学は企業の手先になります(笑)。
日本の場合は、国からの補助金が打ち切られば、倒産してしまう大学がほとんどです。
事業仕分けは、税制を変えないと効果がないのですが、そのような議論はマスメディアでは取り上げていません。
Posted by おおくぼ at 2010年08月16日 07:50
国の税金で研究している専門家は、国民の疑問に答える義務があると思います。納税者である国民は、いわば研究機関の株主です。

温暖化対策が政府の優先課題であるなら、温暖化対策に従事する研究者は、政府の政策に疑問を呈する発言はしづらいかもしれません。
それは民間企業の社員であっても同じでしょうし、マスコミだってスポンサー企業の批判はできません。

政府やマスコミを鵜呑みにするのも、すべてを陰謀のせいにするのも、思考停止という点では同じです。
Posted by 管理人 at 2010年08月16日 22:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3月の二酸化炭素排出量と気温
Excerpt: 2010年3月は去年より寒かったせいか灯油の消費量が増えたが、全体としてみると二酸化炭素排出量は減った。北極海の海氷面積は過去最大級となり、2007年以来増え続けだいぶ回復したようだ。
Weblog: 札幌生活
Tracked: 2010-04-02 22:46

地球温暖化の原因と環境問題の真実
Excerpt: 地球温暖化の原因と環境問題の真実の情報です。
Weblog: 地球温暖化の原因と環境問題の真実
Tracked: 2010-04-06 15:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。