2010年04月04日

海を渡る天皇

2月18日、京都府向日市の長岡京跡で、桓武天皇が所有していたとみられる鎧の部品(小札)が発掘されました。
桓武天皇は、784年に平城京から長岡京へ遷都、さらに794年には平安京へ遷都しています。



桓武天皇の謎

桓武天皇を「海を渡る国際人」として描く、小林惠子。聖徳太子は突厥の達頭可汗(タルドゥ)であると主張する論者であります。
小林説によると、なんと聖徳太子は日本人でなかったのです。隋に敗れて日本へ渡った達頭は「日出ずる処の天子」となって、ふたたび隋に対抗したのだと。
では、桓武天皇は一体何人なのか…

奈良時代は天武天皇の子孫が皇位に就きましたが、桓武天皇の父である光仁天皇は、天智天皇の孫でした。ところが小林説では、光仁・桓武父子も天武系だというのです。
さらに、天武天皇は高句麗の淵蓋蘇文であるとか、聖武天皇は二人いたとか、超異説のオンパレード。小林惠子を知らない人が本書を読んだら、全くついていけないでしょう。
日本の歴史が東アジア情勢に多大な影響を受けていたことは事実でしょうが、本書の見解に対して以下のような疑問(ツッコミどころ)があります。

・隋に敗れて日本に亡命してきた突厥の達頭可汗を、なぜ大和朝廷は王に頂いたのでしょうか。達頭を捕らえて隋に差し出した方が、外交カードとして有効だと思います。大和朝廷は、よほど人材不足だったのでしょうか。

・天武系の人物が日本の天皇になることを承認しなかった唐王朝が、なぜ同じ人物が新羅王になることは黙認したのでしょうか。唐と地続きの新羅で反唐派の人物が王になる方が、日本の天皇になるよりも都合が悪いのでは。

・そもそも同じ人物が海を越えて、日本の天皇になったり新羅の王になったりすることが、簡単にできたのでしょうか。当然、抵抗勢力がいるはずですが。

(3月26日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
消えた(消された?)神様


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 18:33| Comment(22) | TrackBack(1) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小林よしのりの『天皇論』を読んでのですが、内容が酷すぎて、驚きました。
Posted by おおくぼ at 2010年04月19日 15:28
小林惠子さんと井沢元彦さんは、対談本を出していますね。
Posted by おおくぼ at 2010年04月20日 15:53
>『天皇論』
『SAPIO』は特集が気になった時しか読んでいませんので、ツッコミどころがありましたらご教示ください。

>対談本
「日本の偉人はみんな異人」の小林惠子さんと「反自虐史観」の井沢元彦さんですから、すごい組み合わせです。
通説に異を唱えている点では、お二人は共通していますが。

Posted by 管理人 at 2010年04月20日 21:47
『隋書倭国伝』に出てくる倭王を女性と思ったりしているし・・・。
ツッコミどころ盛りだくさんです。
あと「天皇」という言い方が、聖徳太子の頃には無かったことを知らないみたいだし。
自分のブログに書こうと思っているのですが、あまりに広範囲なんで、何処から手をつけていいやら迷います(笑)。
ノンフィクションのつもりなのに、ほとんどイタコ状態で描いているので驚きです。
Posted by おおくぼ at 2010年04月20日 21:59
基本的なところで間違っている本は、読む気が失せてしまいますね。
「最後の晩餐」をフレスコ画だと書いておきながら、すべてが事実だと言い張る『ダヴィンチ・コード』とか(笑)

もちろん、ツッコミどころを探して読むという楽しみ方もあります。
でも、ツッコミどころが多過ぎて手が付けられないとは、大変ですね(笑)
Posted by 管理人 at 2010年04月21日 21:11
『ダヴィンチ・コード』は突っ込みどころ満載ですが、奥さんは美術の専門家らしいのですが、アドバイスはなかったのか知りたいです。

小林よしのりさんの最新刊は『昭和天皇』なのですが、これも間違いだらけプラス イタコ状態です。

イタコに対しては、こちらもイタコで対戦するしかないという気が・・・(笑)。

ただ『昭和天皇』の場合は確信犯のような気もします。
小森陽一さんの『玉音放送』(朝日文庫)と真逆な内容だし・・。
明らかに参考にして、主張をひっくり返しているとしか思えない。

吉田裕さんの『昭和天皇の終戦史』(岩波新書)に似た内容も多かったり。



小林よしのりさんの主張は明快です。

1 昭和天皇は素晴らしい(天皇家は素晴らしい)。
2 昭和天皇に戦争責任はない。

でも、この主張を強引すぎるほと、力技で描ききっています。
ある意味、金字塔です。
バベルの塔というか・・。

明治維新からサンフランシスコ条約までに絞って、「ツッコミを入れようかな?」と思っています。
Posted by おおくぼ at 2010年04月22日 00:33
昭和天皇が素晴らしいお方であることと、戦争責任の有無は別問題ですね。
大日本帝國憲法では、統帥権は天皇大権であるから責任があるとも言えますし、天皇は政府の決定を覆すことができなかったので責任を問えないとも言えます。そもそも天皇は「神聖ニシテ侵スヘカラス」の、超法規的な存在との解釈もあるでしょう。
天皇に法的な責任は無くとも、戦争に対する政治的・道義的な責任は、陛下ご自身が感じていたかもしれません。
Posted by 管理人 at 2010年04月24日 00:15
天皇は超法規的な存在なので、日本人は責任は問えません。
実際には、責任を問うている人もいますが、その人は日本の法律の外から責任を追求していると考えるべきでしょう。

東京裁判では、天皇の責任を問う人達がいました。
外国人は日本の法律の外です。
だから天皇の責任を問うことができます。
ただ、現実には天皇は訴追されませんでした。
また東京裁判は敗者の責任は問われても、勝者の責任は問われませんでした。

大日本帝国憲法では、天皇は政府の決定を覆すことができます。
象徴天皇制との違いです。
全ては天皇の許可なしには行うことはできませんし、天皇が許可しなければ、してはいけません。

2.26事件は天皇の決断の元に鎮圧されました。
第二次世界大戦の日本の参戦も休戦も、天皇の許可のもとになされました。
天皇を説得できなければ、参戦も休戦もできなかったのです。
休戦の決断は、聖断と呼ばれています。

小林よしのりさんの『昭和天皇論』、『天皇論』などなどは支離滅裂な内容です。
けれど、ベストセラーで、影響力は大きいです。
Posted by おおくぼ at 2010年04月24日 00:33
小林惠子さんの説はトンデモですが、面白いです。
映画化か、ドラマ化されることを待望します。
そうすれば日本中が驚くと思います。
Posted by おおくぼ at 2010年04月24日 11:38
「天皇は超法規的な存在である」に、私も同意します。
大日本帝國憲法では、内閣が天皇に対して責任を負いました。
天皇は、国政の責任を負う主体ではありません。

そもそも、自国の戦争責任を法律で規定している国は無いでしょう。
戦争とは、自国の正義や利益や存続のためになされるものですから。
戦争責任は、その国の法律の外からしか問えません。

昭和天皇は立憲君主という立場をわきまえており、政府の決定を追認するしかなかったというのが「天皇に戦争責任は無い」派の主張だと思います。
ただ実際には、2.26事件と終戦は、天皇が自ら政治的決断を下しました。

小林惠子さんの説は、歴史に対する想像力を豊かにしてくれます。
TV番組で採り上げたら面白いですね。
Posted by 管理人 at 2010年04月25日 23:52
戦前は、上奏が重要です。
田中内閣が解散した理由は、嘘の報告をして、天皇の機嫌を損ねたからです。
天皇が田中内閣の解散を命令したわけではありませんが、天皇の許可が得られなければ、内閣は活動できません。
天皇には拒否権があったのです。
ここが象徴天皇制との違いです。

終戦(休戦)したのも、天皇の許可を得ることができたからです。
第二次世界大戦では、戦況が不利なってもなかなか休戦をしませんでした。
その理由は、休戦派が天皇を説得するのに時間がかかったからです。
参戦への説得もかなり時間がかかっています。

2.26事件は昭和天皇としては例外的に素早い判断で、まわりの反対を押して切って、独断した数少ない例です。

ただ戦前の昭和天皇は、物静かで真面目な「日本国の管理人」として振舞う場合が多かったと思います。
江戸時代の殿様のように振舞うこともできたのですが、あえてしなかったのだと思います。



東京裁判を無効だと主張する人達がいます。
でも日本国政府と天皇は、一度も正式に無効を主張していません。
パール弁護士を高く評価する人達の理由も、法的な話ではなく、道徳的な話のように思えます。
法的な話と道徳の話は区別しなければ、混乱するだけですね。
Posted by おおくぼ at 2010年04月26日 01:30
自分のブログに「小林よしのり検証」の第一回目を書きました(笑)。

歴史マニア以外にも理解できるよう書こうとしたのですが、結構難しいですね。
マニアックな方向に何度も引っ張られそうになりました。
魔の重力です(笑)。
Posted by おおくぼ at 2010年04月26日 13:32
昭和天皇に対する道義的責任とは、謝罪か退位ぐらいしか思い浮かばないのですが・・・。

ただ過去の天皇で、戦争に負けた道義的な責任の意味で、謝罪したり、退位した人はいたのでしょうか?
Posted by おおくぼ at 2010年04月27日 22:38
思い出したのですが、明治天皇は君主として、積極的に政治に関わっていますね。
日清戦争の場合は勝利だったし、日露戦争の時には亡くなっていたので、戦争責任を問う人は皆無だったみたいですね。
Posted by おおくぼ at 2010年04月27日 22:47
法的な責任と道徳的な責任は別物です。
日本の国内法では、天皇の戦争責任は問えません。

では、道義的な責任はどうでしょう。
あらゆる「人間」の行為には、行為の結果として責任がともないます。
昭和天皇は(本意ではなかったとしても)開戦の決定を承認しました。
開戦の決定という行為に対して、道義的な責任は生じます。
あくまで道義的な責任とは、人間の内面的な問題です。
道義的な責任があるからといって、公の場で謝罪せねばならないとか、退位せねばならないわけではありません。

ただし、当時の天皇は「人間」ではなく「神」でした。
天皇の行為は人間の行為ではないから、因果関係があっても、道義的な責任すら問いようがないとも解釈できます。
神の行為は、自然現象みたいなものですから。
Posted by 管理人 at 2010年04月27日 23:31
むしろ人ではなく神だからこそ、自然現象を含めたあらゆることに対して、責任を持つということがいえると思えるのです。
地震や台風や津波の被害に対しても、責任をとるのが神の役目です。
井沢元彦さんの本を読むと、卑弥呼は日食の責任をとらされて、殺されたあるいは退位したのでは?ということが書いてありました。

近代法では責任をとらなくていいことでも、神は責任をとって、人柱になることで、共同体の団結力はアップするというのが、民俗学的な考えです。
Posted by おおくぼ at 2010年04月28日 09:57
神そのものには、責任を問えません。神のなすことはすべて自然現象、不可抗力です。しかし、神を祀る神官には責任を問えます。天皇が神の代理人ならば、責任ありです。
国家に大きな災いがあったら、天皇の責任というか、天皇に徳がなかったと解釈されます。その場合、天皇は退位するとか、遷都するとか、元号を変えるとかして、国家は民の信頼(徳)を取り戻します。

そもそも「戦争責任」とは、戦争に関わった者すべてに対する責任なのでしょうか、それとも敗戦国だけに負わされる責任なのでしょうか。明確な定義が必要です。
個人的な意見を申しますと、昭和天皇には戦争に対する道義的な責任(いわゆる「戦争責任」ではなく、一般論的な責任)があります。おおくぼ様のおっしゃる宗教学的・民俗学的な責任も認めます。
しかし「戦争責任」については、まずその定義をハッキリさせないと、法的にも政治的にも道義的にも、問うことができません。
Posted by 管理人 at 2010年04月29日 20:55
私は、昭和天皇に法的及び道義的な一切の戦争責任を求めないという立場です。
でも、これはあくまで個人的な意見です。
この意見を他人に押し付ける気はありません。
私が興味があるのは、戦争責任があると考える人達の「心」の分析なのです。

法的な責任の場合、日本国内の責任では厳密には無理だと思います。
でも外国の法律で責任を求めることはできると思います。
例えば、東京裁判。

私が問題にしているのは、道徳的(宗教的)な責任です。
神でも、イスラム教や仏教の神は、抽象的な概念なので、罪を問うことはできません。
けれど実体(肉体)を持つ神なら、例え人間でなくても罪を問うことができます。
例えば、ヒンドゥー教なら牛。

罪を問うということが、具体的にどうすればいいのか?
これは難問です。
正しい答えはないと思います。
例えば、イエス・キリストは人類の罪を背負って磔刑になったという解釈が、キリスト教徒では一般的です(歴史的事実としては間違いだと思います)。
キリストの磔刑を参考にすれば、「日本人は罪を犯したのか?」という疑問がおこります。
あるとすれば、どんな罪で、どうすれば免罪されるのか?

日本人は第二次世界大戦で罪を犯したと言う人は多いですが、「どうすれば免罪されるか」を具体的に提示した人はいない気がします。

あと、「神国であるはずの日本が戦争に負けたのは、天皇から神の力が失われて、普通の人間に戻ったから」だと考えれば、退位して別の天皇をたてるべきだったでしょう。
今となっては遅いですが。

ここで思い出すのが、日蓮と北条時宗です。
鎌倉時代の元寇です。

石原莞爾は、熱心な日蓮教徒で、「世界最終戦」と唱えていました。
戦後は、憲法九条を武器にしろという考えでした。

折口信夫は日蓮教徒ではないのですが、敗戦によって、天皇の神聖が失われたことを危惧しました。
ただ、二人とも天皇の責任論は語っていません。

退位論は、天皇の側近である木戸幸一内大臣や近衛文麿や、一部の皇族でも検討されていました。
Posted by おおくぼ at 2010年04月30日 00:29
どうして60年以上も前のことが、未だにトラウマというか、未解決事件のように扱われるのかが重要だと思うのです。

理由・・・

1 日本が戦争で負けた

2 戦勝国が敗者である日本を裁いた

3 戦勝国は、最高責任者である昭和天皇を裁かず、日本統治に利用した。

1970年の三島由紀夫の自決事件もそうですが、精神的な決着がついてなかったからだと思います。

日本の若者で、韓国や中国に留学して初めて、政治家の靖国神社参拝問題などを意識したという人もいたりします。
私も、「韓国や中国の若者がどうして反日運動に熱心なのか?」という疑問がきっかけでした。
Posted by おおくぼ at 2010年04月30日 14:32
現人神である天皇は、実体を持った神と言えますね。
実体を持った神の行為は、自然現象ではありませんから、道義的な責任が生じます。
ただ、道義的な責任とは、必ずしも罪ではありません。
当人にのみ罪の意識があって、周囲は罪とみなさないこともあります。

戦争責任なる責任は、実在するのでしょうか。
戦争責任とは敗戦国の責任だとしたら、それは相対的なものでしかありません。戦争責任が、戦争に関わった者すべてが負う責任であるならば、昭和天皇に道義的な戦争責任があることを認めます。
Posted by 管理人 at 2010年05月02日 23:56
いままで日本人で、昭和天皇に戦争責任を求めてきた有名人は、勝者側の戦争責任は求めていないと思います。

アメリカの原爆投下など、勝者の戦争責任を求める人は、昭和天皇への戦争責任は求めていない人が多いと思います。
そこには対立があるのです。



道義的な責任は、自責の念もありますが、厳密には法律では裁けない罪なのです。
ホリエモンは、本来なら法律で裁けない道義的な罪なのに、法律で裁かれました。
中国は近代法に基づく法治国家ではなく、人治国家だと言われますが、その理由は、道義的な罪の方が、法律より重視されるからです。
Posted by おおくぼ at 2010年05月03日 01:01
昭和天皇に戦争責任を求める人は、日本が戦勝国だった場合でも戦争責任を求めるのでしょうか…疑問です。
また、天皇制を廃止すれば日本は平和で平等な国になると考えるのは、あまりにも短絡的だと思います。

日本は神に護られた国であるはずなのに、広島・長崎の原爆投下、沖縄の地上戦、全国各地の空襲など、天地開闢以来の国難に見舞われました。
天皇から神の力が失われたら、ケガレを祓い、神威を取り戻す儀式が必要です。昭和天皇は退位すべきだったとの意見もあるでしょう。
それでも多くの国民は、昭和天皇を支持し続けました。
昭和天皇が人間宣言をして、全国巡幸で国民を慰問したことが、新たな時代の天皇としての再生の儀式だったのかもしれません。
Posted by 管理人 at 2010年05月03日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

spa!とかsapioとか
Excerpt: spa!とかsapioとかの感想。昭和天皇論増刷おめでとう!
Weblog: 特定しますたm9(`・ω・´)
Tracked: 2010-05-12 22:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。