2010年04月25日

改革者か?独裁者か?

4月18日、山田宏杉並区長をはじめとする地方自治体の首長らが、日本創新党を旗揚げしました。近年、東国原英夫宮崎県知事、橋下徹大阪府知事など中央に物申す改革派首長が注目を集めています。
ここにまたひとり、メディアを賑わせる首長が現れました。市職員の給与公開、辞めさせたい議員アンケートなど、ブログでの言動が波紋を呼んでいる鹿児島県阿久根市の竹原信一市長です。



独裁者“ブログ市長”の革命

鹿児島県北西部に位置する、人口二万四千人の阿久根市。農業と漁業が盛んですが、多くの地方自治体と同様、人口減少と高齢化に悩んでいます。市民の平均年収は200〜300万円程度。
ところが市職員の平均年収は655万円、しかも過半数の職員が700万円以上。退職金に至っては、一部上場企業・国家公務員をも上回る高額なものでした。

市民の利益よりも、自分たちの既得権益を優先する市職員。
市職員の言いなりで、議論をしない市議会議員。
父の経営する建設会社で働いていた竹原は、市役所や市議会の腐敗を告発するチラシ「阿久根時事報」を刷り、バイクで市内一万世帯へ配る活動を始めました。これが現在のブログ「住民至上主義」へとつながっています。

市民感覚とかけ離れた市役所と市議会に立ち向かう、竹原市長。たった一人(刺される覚悟で)、市政批判に立ち上がった勇気には、率直に敬意をします。
ブログでの問題発言や市議会との激しい対立から「独裁者」と批判され、どこかオカシイ人かと思っていましたが、語り口は意外にも冷静です。

地方分権、さらには地域主権という言葉が定着しつつあります。
道州制が導入されて県がなくなり、州のすぐ下が市町村になったら、今度は州都に一極集中するだけで地方はますます疲弊するのではないか…というのが本書を読んでの感想。

(4月19日読了)★★★★


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。