2010年06月17日

サンチンセイコウブ

邪馬台国の女王・卑弥呼と台与が活躍したのは、3世紀。その後、日本列島の出来事は支那の歴史書に記されず、空白の4世紀と呼ばれています。
邪馬台国はその後どうなったのか、大和朝廷はどのようにして生まれたのか、いまだ謎に包まれています。

ふたたび日本が支那の歴史書に姿を現すのが、5世紀(南北朝時代)の「倭の五王」です。倭の五王とは、南朝の宋へ使者を派遣した讃・珍・済・興・武の5代の王を指します。



倭の五王の時代は、応神天皇から雄略天皇の治世に相当すると考えられていますが、日本の歴代天皇の誰にあたるのか、結論はまだ出ていません。
讃と珍は兄弟、済の子が興で、興の弟が武であることはわかっています。しかし讃・珍と済の関係がはっきりしないのです。
また、第15代応神天皇と第16代仁徳天皇の事績には類似したエピソードが多く、一人の天皇の業績を二代に分けたとする説もあります。世界最大の墓の主は、一体誰なのでしょうか。

ただし最後の武は、ワカタケルこと第21代雄略天皇であることが有力視されています。ワカタケルの名は稲荷山古墳(埼玉県)、江田船山古墳(熊本県)から出土した鉄剣に刻まれており、大和朝廷の覇権が関東から九州にまで及んでいたことをうかがわせます。
(ワカタケルを第29代欽明天皇だとする説もあります)

本書は『日本史リブレット人』の一冊。倭と宋の外交にとどまらず、当時の朝鮮半島諸国との関係、大和朝廷の支配体制など、日本の国家成立のプロセスをコンパクトにまとめています。
特に雄略天皇の治世は、大和朝廷の体制が確立したエポックメイキングな時代として詳細に論じられています。1500年以上前の人物の事績が、歴史学からも考古学からも明らかになるとは、感慨深いものがありますね。

(6月7日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
邪馬台国はどこへ行った?
卑弥呼は箸墓に眠るのか?


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。