2010年08月17日

地球の危機か自由の危機か

2009年11月、英国イースト・アングリア大学の気候研究ユニットから、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)のデータが捏造されていることを示唆するメールが流出しました(クライメイトゲート事件)。
地球温暖化そのものが陰謀だとは思いませんが、地球温暖化対策は自然科学の範疇を超えて、各国の政治的・経済的利害と密接に関わっています。そして地球温暖化対策が絶対の正義となってしまうと、それに対して疑問を呈することは非常に難しくなってきます。



ヴァーツラフ・クラウスはチェコ共和国第2代大統領(2003年より現職)であり、フリードリヒ・A・ハイエクやミルトン・フリードマンの自由主義思想を受け継ぐ経済学者でもあります。
第二次大戦後、社会主義体制となったチェコは、1989年のビロード革命で民主化を達成しました。自由が著しく制限された時代を体験したクラウスは、自然保護を絶対視する環境主義が、社会主義に代わって自由を脅かすことに危機感を表明しています。

経済学者であるクラウスは、環境主義者が掲げる予防原則に異を唱えます。すべての発電所を風力や太陽光に代えることが、エネルギー効率が良いわけではありません。環境対策は費用便益分析でなされるべきであり、未来への投資は割引率と時間選好によって決定すべきだとします。
環境主義による統制よりも、価格メカニズムや経済成長による技術革新が、環境問題を解決するとの主張です。

チェコの大気汚染は、社会主義時代よりも大幅に改善されました。だからといって市場原理に任せておけば環境問題が解決するとは思いませんが、イデオロギーが自由を危機に陥れるとのクラウスの警告は、環境問題に限らず肝に銘ずべきです。
宗教のもつ明確な特徴のひとつは、事実を突きつけらても信仰が揺るがないことだ
‐マイクル・クライトン


(8月9日読了)★★★★

【不純文學交遊録・過去記事】
泰平の眠りを覚ます宇宙線
空に太陽がある限り
温暖化論議は冷静に(後編)
温暖化論議は冷静に(前編)
底抜けニッポン(中編)
エコロジーの国際政治学
地球温暖化リテラシー
マルクスさんとマルサスさん
地球寒冷化に備えよ!
温暖化詐欺にご用心!(前編)
温暖化詐欺にご用心!(後編)
地球温暖化は繰り返す(前編)
地球温暖化は繰り返す(後編)
悪魔は目を覚ますのか?
マイナス6%の覚悟
地球の現代史・不確かな真実V
不確かな真実U
不確かな真実
悲観も楽観も、いけません。


ラベル:地球温暖化
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 00:42| Comment(31) | TrackBack(0) | 政治・経済交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
解説を書いている若田部さんは、最近大活躍です。

『「日銀デフレ」大不況 失格エリートたちが支配する日本の悲劇』(講談社)や『伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本』浜田宏一さんと勝間和代さんとの鼎談集。

経済学の基本は費用対効果ですが、エコロジストには評判の悪い考え方です。
Posted by おおくぼ at 2010年08月19日 00:07
人類の生きていくうえでの営み(まさしく経済!)は、常に何かとトレードオフです。食べることは他の生命を奪うことであり、呼吸することは二酸化炭素を排出することです。
人類のあるべき未来は、費用対効果の考えなくして決定することは出来ません。

「エコロジー的に正しい」社会と称して、緑豊かな大地に家を建て、化石燃料と化学肥料を使わない農作物を食べ、すべての電力を自然エネルギーで賄う。それは確かに理想的な生活なのでしょうが、果たしてそんな贅沢が許されるのでしょうか。

全人類が「エコロジー的に正しい」生活をした場合、地球上に生存できる人口がいまの10分の1だとしたら、エコロジストたちに進んで死を選ぶ覚悟はあるのでしょうか。おそらく人類を啓蒙する立場にある自分たちは、生き残るべき10分の1だと言うのでしょう。
Posted by 管理人 at 2010年08月19日 22:35
「エコロジー的に正しい」生活というのが想像できないのですが、原始時代のような狩猟生活をすれば、人口は減るでしょう。
1万5千年前の寒冷時代では、人口が大きく減りました。
電気やガスや水道も無く、狩猟生活は気候変動の影響を強く受けます。

農業や牧畜が、エコロジーとは真逆の自然破壊であることは歴史が証明しています。
でも、エコロジストにとって農業や牧畜がエコロジーの代表的産業だったりします。

化学肥料を使わない農業は、塩害になる可能性が高いです。
治水工事のいい加減な場所での農業は、洪水の被害が大きかったのですが、洪水によって川底の土が農地に自然に散布され、肥料になります。
治水工事をしっかりして、農業をすると農地が貧困化する可能性が高いのです。
人糞や動物の糞を肥料にするという方法もありますが、広大な農地だと、糞を集めるのがかなり困難です。
Posted by おおくぼ at 2010年08月20日 01:17
カッコ付きの「エコロジー的に正しい」生活とは、化学肥料を使わない農業とか、石油や原子力を使わない発電といった、エコロジストが正しいと主張しそうなライフスタイルのことであり、おおくぼ様が想像している通りだと思います(笑)

エコロジストの主張するエコロジーは、エコロジー(生態学)ではなくエゴロジーですね。
Posted by 管理人 at 2010年08月20日 22:46
ニセ科学検証で有名な菊地誠さんのブログにコメントしました。

話は噛み合わなかったのですが(私の主張が単純化しすぎて精密さを欠いたことが原因なのですが・・・)、菊地さんには大筋ではわかってもらえみたいなので、今後を期待したいです。

でも議論を読んだ懐疑派で納得する人は少ないと予測されるし、懐疑派との不毛な対立は続くような気がします。
懐疑派と反・懐疑派で、お互い「バカ」と言い合っている感じです。
啓蒙が難しいということを実感。
Posted by おおくぼ at 2010年08月23日 01:15
ここでいう懐疑派とは、地球温暖化以前に、温室効果そのものを否定する「高度に理科系な懐疑派さん」のことですよね。

議論のベースとなる科学法則が違うのですから、ファンダメンタリストにビッグバンとか生物の進化を信じさせるようなものでしょうか。

無理に啓蒙しなくても「高度に理科系な懐疑派さん」の一般大衆への影響度は、極めて低いと思いますが。
Posted by 管理人 at 2010年08月23日 22:48
>無理に啓蒙しなくても「高度に理科系な懐疑派さん」の一般大衆への影響度は、極めて低いと思いますが。

たしかにその通りなのですが、ネットの世界では多数派というか勢力があるんです。
ネットの世界は意外に狭いんです(笑)。

私のブログでは温暖化記事を書いていますが、アクセス数はかなり低いのに、コメント率は高いのです。
TVドラマの感想へのアクセス数は温暖化記事の百倍近いんですが、コメントはゼロに近いです。
Posted by おおくぼ at 2010年08月23日 23:50
「高度に理科系な懐疑派さん」は、素朴な疑問を大事にしている気がするんです。
そして素朴な疑問が勢い余って、科学の常識を否定しまうんだと思うんです。
今回、掲示板に書いたけど、誰も私の質問の意味を理解してない気がしました。
もの凄く素朴な疑問で、素朴すぎるゆえに反・懐疑派の人達は誰も理解できないというのは、ある意味凄いと思うのです。

>暗闇で懐中電灯を照らすとします。
>照らす先が、氷でも熱した鉄でも問題なく照らし出すことができます。
>この場合、懐中電灯から「照らし出したモノ」へと熱が流れているのでしょうか?

これはバカバカしい問題だというのが、私の主張だったりするですけど。
何故か理解されませんでした。
Posted by おおくぼ at 2010年08月26日 22:10
>ネットの世界は意外に狭いんです

Aブログに書いていた理科系懐疑派さんが、BブログやC掲示板でも、行く先々で同じことを書いている…そんな感じでしょうか。
トンデモ理科系さんに対抗するプロの専門家さんも、トンデモ理科系さんが主張するロジックに正面からぶつかっていくので、議論が一般大衆には難解になってしまうわけですね。

熱力学の法則に従い、熱は高いところから低いところへと不可逆的に流れるわけですが…
太陽は地球より熱いから、太陽からの熱は地球を暖める(大気や雲で遮断されて、地表に届かない熱もある)⇒宇宙空間は寒いから、地球の熱は周囲へ逃げていこうとする⇒でも大気が熱の拡散を防ぐから、夜になっても簡単には冷えない…これでは納得できないんでしょうか。
Posted by 管理人 at 2010年08月26日 23:15
熱力学の第二法則は、「エントロピーの増加の不可逆性の法則」なんで、「温度の高い低い」は関係ないのです。

太陽は四方八方に光を出します。
光が進む目標の温度は関係ありません。
裸電球も同じです。
何故か懐疑派の人で、太陽の光について懐疑している人はいません(たぶん)。

懐疑派が懐疑するのは温室効果です。
温室効果ガスは、地上が出した赤外線を吸収して、四方八方に放射します。
そして放射した赤外線が地上に届きます。

↓ イラストの図の真ん中の白い矢印に注目して下さい(説明文は無視して下さい)

http://ja.wikipedia.org/wiki/温室効果

上空は地上に比べて寒いです。
寒い上空から暖かい地上を暖めることは不可能だというのが懐疑派の説です。

例えば・・・

http://feliscatus.blog77.fc2.com/blog-category-10.html



>Aブログに書いていた理科系懐疑派さんが、BブログやC掲示板でも、行く先々で同じことを書いている…そんな感じでしょうか。

それもありますが、蛾が誘蛾灯に誘われるように集まるみたいです。
誘蛾灯の数が(日本には)少ないので、自然と顔見知りになります。
Posted by おおくぼ at 2010年08月27日 00:44
補足

温室効果を否定する懐疑派の人達は、もちろん金星の温室効果も否定しています。
Posted by おおくぼ at 2010年08月27日 19:29
ところで数学の啓蒙書をたくさん書いている小島寛之さんのブログの新しい記事が面白かったです。

http://d.hatena.ne.jp/hiroyukikojima/20100826

素直な学者さんには交感が持てます。
現場の教師も見習って欲しい。
Posted by おおくぼ at 2010年08月28日 22:22
水がどうして凍るのか、まだ物理で解けていない…
科学でプロセスを完全に説明できないからといって、その現象が存在しないわけではありません。竹内薫さんも、飛行機がなぜ飛ぶのかまだ解けていないと書いていますね。だけど、現実に飛行機は飛んでいます。

おおくぼ様が「オッカムの剃刀」を持ち出したのは、議論に余計な知識は要らないという意味ではなく、専門家は高度にテクニカルな論争を止めて、一般大衆に向けて地球温暖化の真実を「〇か×か」で答えて欲しいという希望だと思います。
でも、それは純粋理科系さんにとって気に食わないのでしょう。真剣勝負に割り込んでくるな、素人は引っ込んでいろ、という感じで。
Posted by 管理人 at 2010年08月29日 20:56
竹内薫さんの『99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方』 (光文社新書)ですね。
かなり批判を浴びていましたけど・・・。
(^^;)

でも竹内薫さんは職業的には専門の科学者ではありませんが、啓蒙家としては一流だと思います。

竹内薫さんの『熱とはなんだろう』 (ブルーバックス) は結構難しいのですが、いい本です。

物理学者・広瀬立成さんの『地球環境の物理学 (図解雑学)』(ナツメ社)は熱力学の第二法則や地球の熱収支をわかりやすく説明している名啓蒙書です。
エントロピーはかなり厄介なので、エントロピーが理解できないと地球の熱収支は理解できません。
Posted by おおくぼ at 2010年08月30日 17:00
熱の伝わり方には伝導・対流・放射の3種類があり、太陽からの光は放射なので、光が進む先の温度は関係ありませんね。
太陽からの光は地表を暖め、地表の熱は伝導で大気を暖める。暖められた空気は、対流で上昇する。
もちろん太陽からの放射も大気を暖めますが、地表からの熱に比べると小さい。

Wikipediaのイラストの白い矢印で示された「大気中の熱とエネルギー」(324+195)は、温室効果(452)と太陽放射の大気吸収分(67)によって、最初からそこにあると考えれば良いのでしょうか。
太陽からの地球への放射(235)よりも大きいです。
Posted by 管理人 at 2010年08月30日 21:46
>太陽からの地球への放射(235)よりも大きいです。

何故大きいかは、専門家の意見を聞きたいです。
私の見解は、太陽からの蓄積分です。

その1(コメント欄を参考にして下さい)

http://blogs.dion.ne.jp/tacthit/archives/9524945.html

その2

http://blogs.dion.ne.jp/tacthit/archives/9520286.html

温室効果は、順序としては・・・

太陽 → 地上 → 大気&雲 → 地上に戻る → またまた大気&雲・・・の順番です。

温室効果とは伝導や対流ではなく、放射であるということが重要です。
電子レンジはマイクロ波による放射ですが、伝導や対流ではありません。
温室効果の理屈は、電子レンジと同じなのです。

対流圏には、伝導と対流と放射と潜熱があって、どれも重要です。
特に潜熱が理解できないと、熱収支計算が不可能です。
Posted by おおくぼ at 2010年08月30日 23:13
私は、この図は温室効果が全くゼロ(地表温度が約−18℃)からのスタートではなく、過去の熱の蓄積分がある現在の状態だと解釈しました。
温室効果ガスが増えると「大気中の熱とエネルギー」は更に大きくなり、大気圏外への放射は減少する、と。
…専門家に聞いてみたいですね。

「素朴な文系さん」としては、太陽からの放射とは別に、大気そのものだって気体の分子運動で発熱しているのではないかとの疑問があります。地表にだって、地熱がありますし。どちらも、太陽放射に比べたら無視できるくらい微々たるものでしょうが。
Posted by 管理人 at 2010年09月01日 21:22
槌田敦さんの本(例えば『CO2温暖化説は間違っている』)を読むと、水の循環(雨→水蒸気→雲→雨)で地球のエントロピーを地球圏外に捨てているから、平均気温は一定なのだそうです。
エントロピーで考えると、太陽から入るエントロピー=地球から出るエントロピーなのだそうです。
そして大気汚染は、水の循環を壊すので危険なのだそうです。

>大気そのものだって気体の分子運動で発熱しているのではないかとの疑問があります。

熱い空気は、上空に向かいます。
けれど上空の平均気温が上がると、対流の温度も上がるので、地表の平均気温も上がります。

地熱はよくわかりませんが、海の熱量は大きいです。
海流が変われば、沿岸の平均気温は大きく変わります。

ただ、そういうことを言い出すと複雑になるので、簡略化しているのだと思います。

Posted by おおくぼ at 2010年09月01日 22:13
補足

槌田敦さんの本だと、「気体の水蒸気」から「液体の水」に変わる時にエントロピーを多く排出するそうです。

広瀬立成さんの『地球環境の物理学 (図解雑学)』(ナツメ社)にも、わかりやすく図で書いてあります。
Posted by おおくぼ at 2010年09月02日 12:01
簡単に言うと、「水の循環」は地球のエアコンなのです。
「地球のエアコン」のおかげで、地球という室内の温度調整ができているのです。
Posted by おおくぼ at 2010年09月02日 20:16
水循環は地球のエアコン、いい言葉です。
地球は水の惑星であり、地表の7割は海です。
水蒸気は、最大量の温室効果ガスでもあります。

温室効果を説明するのに、いろんな要素を入れると複雑になりますが、実際に地球の気候システムは複雑怪奇です。温室効果ガス、太陽活動、宇宙線、北極振動、海流、森林、ヒートアイランド、ミランコビッチ・サイクル…

連日のように猛暑が続いていますが、南半球の寒波は全く報道されませんね。
Posted by 管理人 at 2010年09月04日 22:13
マスコミの報道は長期的な視点や、グローバルな視点は少ないと思います。
視聴率が取れないし、取材が面倒なのでしょう。



槌田敦さんの主張で、いいと思うのは「砂漠化と大気汚染への危惧」です。
どちらもグローバルな水の循環システムを壊してしまうのです。

海は太陽からの熱を貯蓄します。
海の貯蓄システムには謎がいろいろあるみたいです。
温暖化の謎も、海の貯蓄システムにあるのかもしれません。


今年の猛暑の原因は説明できますが、予測は難しいです。
たしかに複雑怪奇です。



熱力学の第二法則で、連想したのは虫眼鏡です。
太陽の拡散放射の逆だと思うのです。
虫眼鏡で、光を一点に集めると高温になります。
レーザー装置の仕組みも同じです。
放射と熱伝導の違いなんですが、奥が深い気がします。

量子論は、光の謎を分析することによって出来た分野ですが、新しい謎が見つかっています。
Posted by おおくぼ at 2010年09月04日 23:21
超理科系懐疑派の人達と違って、私は温室効果を否定していません。
でも「金星の高温の理由」を考えると、二酸化炭素の温室効果は小さい気がするのです。

金星の温室効果は大雑把に考えてプラス50℃〜100℃ぐらいだと思うのです。
この温室効果は、雲なども含んでいるので、二酸化炭素だけではありません。

金星が高温の最大の理由は、膨大な二酸化炭素量による断熱圧縮です。

金星の二酸化炭素による温室効果を、仮にプラス100℃と考え、その効果を「地球の二酸化炭素の量のレベル」まで落とすと、温室効果はゼロに近くなってしまうと思うのです。
Posted by おおくぼ at 2010年09月04日 23:42
マスコミ(TV・新聞)には期待していません(笑)
視聴率が取れない科学ネタは、ウェブで結構です。

金星の気温には、二酸化炭素による温室効果だけでなく、高い気圧も大いに関係しているのでしょうか。

今日はクリーン・コール(9月5日)で、石炭の日です。二酸化炭素排出量が多いとして敬遠される石炭ですが、まだまだ研究の余地はあると思います。
Posted by 管理人 at 2010年09月05日 19:32
>金星の気温には、二酸化炭素による温室効果だけでなく、高い気圧も大いに関係しているのでしょうか。

そうだと思います。
1気圧の金星上空の地点はかなり寒いそうです。
金星は地球の大気と違って、対流がありません。



石炭の消費量は減っていません。
中国は世界中から買い漁っています。
中国では石炭による死者が多いので、改良すべきでしょう。



>視聴率が取れない科学ネタは、ウェブで結構です。

NHKの教育はダメですか(笑)。
ただ社会ニュースでも、確率や統計を無視しすぎなので・・・。
犬が人を噛んでもニュースにならないけど、人が・・・
Posted by おおくぼ at 2010年09月05日 20:01
補足

金星の高温の理由は自分のブログに書いたことがあるのですが・・・。

熱を逃がさない構造にあると思うのです。
金星の謎は、自転速度が遅いのに、昼と夜の温度差がないことです。

ただ温室効果が無ければ、地上向きの放射がなくなるので、温室効果は重要です。
Posted by おおくぼ at 2010年09月05日 20:05
普通は自転速度が遅いと、昼と夜の温度差は激しくなりますね。
金星の大気は熱を逃がさないのか、熱が均等に行き渡る強力な気流があるのか。
美の女神ヴィーナスは、よほど厚化粧なんでしょうか(笑)
日本の探査機「あかつき」の活躍に期待しましょう。
科学の啓蒙には、NHK教育テレビも頑張ってもらわないと(笑)

私はほとんどTVは見ませんが、新聞のTV番組欄は隅々まで見ます。
それで大抵、世の中で何が流行っているか分かりますので。
本は、この世で最もお手軽な娯楽です。
TVは時間や場所に拘束されますが、本は好きな時に好きな分量だけ読めます。
Posted by 管理人 at 2010年09月06日 21:43
>美の女神ヴィーナスは、よほど厚化粧なんでしょうか(笑)

そうです(笑)。
金星は熱い雲のおかげで、熱が逃げにくく入りにくいのだと思います。
高度の高い所では強い風が吹いていますが、地表は無風だそうです。
Posted by おおくぼ at 2010年09月06日 23:57
金星の上空ではスーパーローテーションが吹き荒れていますが、地表付近はほぼ無風。
スーパーローテーションが吹く上空60km付近の気温は数十℃ですが、地表付近は400℃以上の高温です。
そうなると金星の昼と夜の温度が同じ理由は、スーパーローテーションによる熱の運搬だけでは弱いですね。
Posted by 管理人 at 2010年09月08日 21:46
桜井邦朋さんの『眠りにつく太陽(地球は寒冷化する』(祥伝社新書)を読みました。
丸山茂徳さんの説とほとんど同じなんですが、最新の太陽に関する資料が多くて勉強になりました。

でも「日本の自給率が40%しかないので危険である」みたいな話があったので、農水省に騙されているなあ〜と思いました。

最近はずっと菊池さんの掲示板的ブログに入り浸って、議論に熱中しまくっているので、自分のブログで自説を展開する方に力を入れないとマズいと思ったりしています。
Posted by おおくぼ at 2010年10月11日 00:50
専門家の先生は、自分の専門外にはお詳しくないようで…桜井先生にも川島博之さんの本をおすすめいたします。
元農水官僚の山下一仁さんも、食料安全保障論者ですね。

自給率40%はカロリーベースであり、国産の牛肉であっても輸入飼料で育てたら自給率ゼロです。その理屈でいくと、エネルギー資源や原材料を輸入に依存している日本経済そのものがダメということになってしまいます。
貿易がダメだというなら、近代文明そのものの否定です。

それでも食料の輸入が止まったらどうするかと心配する人はいるでしょう。
コメは100%自給できるわけですから、いざとなったら玄米を主食とし、日本の山林に照葉樹林を復活させて、縄文人のようにクルミやドングリを食べるという国家ヴィジョン(笑)を私は持っています。
Posted by 管理人 at 2010年10月11日 10:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。