2010年08月29日

またまた古墳と交遊

またまた古墳という言葉に惹かれて、行って参りました。
福井県鯖江市まなべの館(旧称:鯖江市資料館)
企画展「越の弥生王墓」(期間:平成22年8月7日〜31日)

鯖江市には、弥生時代の方形周溝墓が良好に保存された王山古墳群(弥生時代中期〜古墳時代前期)があります。日本海側のコシ(越)・イズモ(出雲)・タニハ(丹波)は、早くから海上交通による交流がありました。企画展では、福井県内で発掘された弥生墳墓の副葬品を展示するとともに、日本海側各地の四隅突出型墳丘墓や台状墓をパネル紹介しています。
首飾りだと考えられていた管玉やガラス玉は、布に縫い付けたり、ヘアバンド状に繋げて、頭飾りにしていた可能性があるそうです。建物や人の姿が描かれた家屋人物獣文鏡も、面白い出土品でした。

常設展も見てきました。
まなべの館の名称は、越前鯖江藩主で幕末の老中、間部詮勝に由来します。
2階には、藩主・間部家に関する「まなべの部屋」、越前吉江藩(現在の鯖江市)生まれとされる近松門左衛門の作品を紹介した「近松の部屋」、一万年以上前に遡る考古資料を展示した「考古学の部屋」があります。最も展示品が充実しているのは「考古学の部屋」ですね。
3階には、鯖江市出身の久里洋二(アニメーション作家)と西山真一(洋画家)のギャラリー。館内のエレベーターの扉にも、久里のカラフルなイラストが描かれています。文系ブロガーにとって久里洋二といえば、雑誌『現代思想』の表紙でおなじみですね。

本日は、貸し切り状態で観覧できました(笑)

【関連サイト】
鯖江市まなべの館
【不純文學交遊録過去記事】
王山古墳群と舟津神社


ラベル:古墳
posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 書を捨てて街へ出る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。