2010年10月27日

棄てられた神



水蛭子あるいは蛭児と書いて、ヒルコ。
蛭(ヒル)といえば、ぬるりとした吸血生物であり、なんとも禍々しい名の神様です。

ヒルコ

ヒルコ

価格:1,680円(税込、送料別)



ヒルコは、イザナキとイザナミの最初の子として生まれました。アマテラス・ツクヨミ・スサノオの三貴神の兄にあたりますが、葦船に乗せられ海に流されてしまいます。
両親に棄てられたヒルコはどうなったのか、記紀は黙して語りません。本書は、神道研究家の戸矢学が謎の神・ヒルコの正体に迫り、もうひとつの建国神話を再現する野心的な試みです。
神話とは史実の反映であり、神々は実在した私たちの祖先です。そして神道は、古代人の思考体系であるといえます。

日本は四方を海に囲まれ、太古からさまざまなヒトやモノが渡来しました。日本列島に最初からヒトが住んでいたわけではありません(人類の起源はアフリカ大陸)。
スサノオを新羅からの渡来神(牛頭天王)だとする説があります。しかしスサノオが高天原から新羅のソシモリに天降ったのは、一時的に立ち寄っただけであり(しかも「ここには居たくない」と言って、すぐに出雲へ向かった)、いわゆる「朝鮮半島起源説」を厳しく戒めています。
では神々の原郷、高天原はどこにあったのか…

本書は冒頭で、いきなり衝撃的なことを書いています。それは天皇家に本来あった「姓」です。そこから導かれるキーワードは紀伊国、海人族、銅鐸、徐福伝説…ヒルコ神話から驚愕の真相が浮かび上がってきます。

(10月25日読了)★★★★★

【不遜文学交遊録・過去記事】
聖徳太子は怨霊か
陰陽師・明智光秀
邪馬台国は、ここにある。
消えた(消された?)神様


posted by 【電脳呆人】不純総合研究所 at 21:31| Comment(15) | TrackBack(0) | 歴史・民俗交遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蛭子と書いてエビスとも読みます。
Posted by おおくぼ at 2010年10月29日 10:27
エビスとは異人を意味する言葉ですが、語源はわかりません。

海からの漂着物が福をもたらすとの信仰を、エビス信仰と呼ぶそうです。
そこから海に流された神「ヒルコ」と、海からの異邦人や漂着物「エビス」を同一視するようになり、蛭子と書いてエビスとも読むようになったと考えられます。

ヒルコは本来「日る子」「昼子」で、太陽神?

蛭子=エビスといえば、蛭子能収さんを思い出します(笑)
Posted by 管理人 at 2010年10月29日 22:56
この本でもエビスが重要なキーワードになっていますね。
小松和彦さんと栗本慎一郎さんの対談本『経済の誕生』(工作舎)もそんな話だったことを想い出しました。
Posted by おおくぼ at 2010年10月29日 23:55
突然のご連絡失礼いたします。
“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。

私はNTTコミュニケーションズが運営する“My”アフィリエイトの広告プログラムを優良サイト様へご紹介する活動をしております。

貴サイトを拝見し、大変充実した内容だと感じました。
ぜひオススメの商品・サービスに関連する広告バナーの掲載にご協力いただけないでしょうか。
詳細をご覧いただいてからご判断いただいて構いません。
特典もありますので、ご興味がございましたら以下のURLから詳細をご確認いただければ幸いです。

http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
※申込フォームには下記の情報をご入力ください。
エントリーコード『168』 、サイトURL『http://blogs.dion.ne.jp/fujun/
※11/8までに広告掲載にご協力いただいた方が特典対象となります

この度の連絡で不快な思いをされた方には大変申し訳ございません。お詫び申し上げます。
Posted by “My”アフィリエイトスカウト事務局 at 2010年10月30日 17:08
栗本慎一郎と小松和彦の『経済の誕生』、そんな古い本の内容を、よく覚えていらっしゃいますね…

山の民と海の民が、お互いに無いものを交換し合って利を得たというのは一種のおとぎ話で、原初の交易は、異なる集団が境界線上で姿を見せずに行った沈黙交易だった…経済は物々交換から始まったとする「常識」を打ち砕いた経済人類学は、衝撃的でした。
Posted by 管理人 at 2010年10月31日 23:36
小松和彦さんの対談集は結構好きです。
荒俣宏さんとの『妖怪草紙』(工作舎)も良かったです。
『経済の誕生』では、弁慶が何故大工道具を武器に使うか?という謎解きが良かったです。
井沢元彦さんや梅原猛さんも怨霊信仰ですが、小松和彦さんも、同じ系列ですね。

異界とのコミュニケーションと怨霊信仰です。

京極夏彦さんの『姑獲鳥の夏』は、小松和彦さんの影響を受けていますね。
柄谷行人さんの最新作『世界史の構造』(岩波書店)も、文化人類学的な交換の話でした。
最近、「経済人類学」という言葉を見かけません。栗本慎一郎さんと共に消えてしまう運命なのか?
Posted by おおくぼ at 2010年11月01日 00:07
小松和彦といえば『鬼が作った国・日本』が、写真家の内藤正敏との対談でした。闇の日本史への入門書です。

栗本慎一郎と笠井潔の対談『闇の都市・血と交換』も、民俗学と経済学の融合ですね。笠井潔の『ヴァンパイアー戦争』にも、民俗学の影響が感じられます。

どうなるんでしょう、経済人類学…
グローバルな金融バブルの崩壊、IT化によるネットワーク社会、インフレ・デフレなどを、民俗学・人類学的に読み解くと面白いと思うのですが。
Posted by 管理人 at 2010年11月01日 21:57
『鬼が作った国・日本』、『闇の都市・血と交換』どちらも持っています。
『鬼が・・・』の方は京都入門でもありますね。

柄谷行人さんと中沢新一さんの本は「経済人類学」という言葉を使わないですが、栗本慎一郎さんと同じ流れだと思います。
Posted by おおくぼ at 2010年11月02日 00:09
経済人類学=栗本慎一郎というイメージがあまりにも強すぎて、他の人は使いづらいのでしょうか。

「タヌキの葉っぱ」でしかないお金でモノが買えるのは、貨幣が人々に魔法をかける呪物だからですね。
民俗共同体の呪物が、いつしか貨幣という交換手段になり、さらに貨幣はそれを貯めること自体が目的化します。
人間は生存のためには必要がないのに、高層ビルを建てたり、宇宙ロケットを飛ばしたり、ファッションに流行を生み出したりと、過剰な生産・消費をしています。
私がバタイユやボードリヤールを知ってしまったのは、栗本慎一郎の罪です(笑)
Posted by 管理人 at 2010年11月03日 23:25
栗本慎一郎さんはパンツ理論なんかも有名ですね。
明治大学の法学部の先生で、その後政治家になったので、法学部や政治学の教育にも熱心だったらしいです。

バタイユやボードリヤールも面白いですが、私は逆にフロイトやフレイザーやニーチェへと遡りました。
シュール・レアリズムなどの20世紀芸術の謎がわかって良かったです。
最近出たJGバラードの自伝にもシュール・レアリズムなどの説明があって良かったです。

岸田秀さんの理論では文明とは、本能が壊れて、自然から疎外された人類が補完するために生み出したという説でした。
そしてどんなに頑張っても、補完は不可能(=文明は発展する)だそうです。
20世紀は資本主義がドーピングのような効果を上げた時代と考えることもできます。
最近、文庫化されたドゥルーズ&ガタリの『千のプラトー』もそんな話です。

貨幣論は、岩井克人さんの『貨幣論』(ちくま学芸文庫)がいいですね。

Posted by おおくぼ at 2010年11月03日 23:55
共同体の内側だけで自給自足していたムラが、異人(エビスやマレビト)との接触で外部から富が持ち込まれ、市場や交易が生まれたとなると、民俗学と経済学のつながりは深いですね。

J.G.バラードは、交通事故に快楽を見出す変態さんを描いた作家でしょうか。
人間は本能が壊れた生物であり、自然界にはないテクノロジーを作り出して本能を埋め合わせするヘンタイ生物ということでO.K.ですか?(笑)
Posted by 管理人 at 2010年11月04日 22:07
>J.G.バラードは、交通事故に快楽を見出す変態さんを描いた作家でしょうか。

その通りです。
『クラッシュ』 (創元SF文庫) の翻訳者は、今回の自伝の翻訳者と同じで柳下毅一郎さんで、解説もいいです。
柳下毅一郎さんは殺人評論家でもあります。

JGバラードに関しては、浅田彰さんの『「歴史の終わり」を超えて』 (中公文庫)に対談があります(ボードリヤールとの対談もあります)。

テクノロジーや交通事故に美を感じるというのは人間らしいと思います(笑)。
NNHKが語りたくない戦争の魅力の一つです。
Posted by おおくぼ at 2010年11月04日 23:18
バラードの『クラッシュ』は、『現代思想』『ユリイカ』でおなじみ青土社から出ていた心理学雑誌『イマーゴ』の「特集=クルマの心理学」で知りました。

テクノロジーに美を感じるのは、人間の自然な感情です。超音速と運動性能を追求した戦闘機は、特に美しいと感じます。しかしながら、モノとしての兵器の美と、戦争はまた別ですね。
小学生の頃にTVでガンダムを見て、あっという間に破壊される雑魚キャラ(ザクやジム)にもパイロットが乗っていて、もしかしたら人が死んでいるのではないかと感じたことがあります。それ以来、罪悪感から徐々にガンダム離れしました。
Posted by 管理人 at 2010年11月06日 22:24
私はホラー映画好きですし、テロの美学というのに関心があります。
切腹や特攻隊や回天などなど。
バラードは大岡昇平の『野火』や三島由紀夫の自決に関心があったみたいですね。
イスラムの自爆テロは日本人の影響らしいです。

ボードリヤールは、911テロ事件を予言したことでも有名です。
『象徴交換と死』では、ツインタワーについての分析があります。
バタイユも死の美学について触れていますし・・・。
ハイデッカーの実存哲学も戦争と関係が深いですし。
Posted by おおくぼ at 2010年11月06日 22:57
よくわかります。
死や破壊や戦争には、抗い難い魅力があります。
一方で、それらを過度に怖れる自分もいます。
実際に目の前に死体が転がっているのは嫌です。

そういえば11月25日は、三島由紀夫の自決から40年です。
Posted by 管理人 at 2010年11月07日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。